6泊8日のイタリア旅行の最後は、ローマです。

 

わずか6泊8日で北から南まで、欲張りな名所めぐりは、ヘトヘト状態でしたが、

 

もう来ることはないかと思うと気力で乗り切ります。

 

まずコロッセオは、巨大な円形競技場です。現代の15階建てのビルに匹敵すし、古代ローマを象徴する建物です。

 

この建物は、約5万人の観客席があり、その中央舞台では、捕虜や奴隷の中から選ばれた剣闘士が猛獣と戦う

 

といった当時の娯楽場だったみたいです・・・驚きです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルあせる

 

 

 

 

トレビの泉では、もちろん、泉に背を向けて右に手にコインを持って左肩越しから泉に投げ入れましたヨ。

 

「またここへ来ることが出来ますようにおんぷはーと

 

 

その後ろにはスペイン広場があります。

 

ここでも、映画の「ローマの休日」のキュートなオードリーヘップバーンが座った階段に

 

その気になって座ってみましたハート

 

 

本場のピッツァを昼食いいただいた後は、

 

ヴァチカン市国、サンピエトロ大聖堂、ヴァチカン博物館です。

 

 

 

 

 

 

天井画や壁画には、あまりの見事さに、ただ、ただ・・・、びっくりです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

ハードスケジュールの旅でしたが、感動をいっぱい頂き、

 

出来ることなら、数年住みたいと思うほど素敵なところでしたラブラブ

 

この週にお休みをいただきまして、生徒の皆様には感謝いたします。

 

お陰様でこれから1年は頑張れます・・・頑張りますうふふハート

 

さて、レッスンは、この時期ならでは花材”ひまわり”です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりは、ガーベラと同様顔の向きや角度が重要です。

 

皆さんとても上手に出来ています。

 

バスケットのアレンジのハンドルは、ニューサイランで三つ編みにしています。

 

凝っているでしょう…ステキですネうふ

 

体験者の方々は、お生花ではユリを使ったラウンドを、

 

プリザの方々は、ブルー系のバラ、アジサイを使ってさわやかなアレンジを作ってくださいました。

 

これから、いろんなデザインや花材で生活に心豊かな時間をお過ごしくださいネハート

 

レッスンでお会いしましょうねうふふ

 

どくしゃになってね!

 

 

 

 

 

 

イタリア旅行5日目は、ポンペイです。

 

ヴェスヴィオ山の爆発で、一夜にして埋没した街は、発掘を続けられています。

 

浴場、円形劇場、水道、美術品、犠牲者の姿も発掘され、

 

ローマ時代の機能と風俗にとても驚かされます(゚Ω゚;)

 

 

 

 

 

イタリア旅行の次回はローマです。

 

レッスンは、基本形ですョ。

 

交差を表現する、ユーバシュナイデント

 

アルファベットのLを表現する、エルシェイプ

 

 

アルファベットのTを逆さにした、インバーティッドティー

 

 

 

 

 

 

体験者はラウンドです

 

基本形は、エルシェイプやインバーティッドティーなどの形のハッキリしているものは、

その形を作るために花材の選択が重要です。

 

また、比較的目立つ花材を、そのスタイルが分かるように配置することも重要です。

多くの生徒さんは、中央に寄せがちですが、それでは、見る人の目線は中央部にいってしまい、

そのスタイルが目立ちません。

 

まだまだ注意事項はありますが、このようなことに注意しながら、毎回のレッスンに挑戦すれば、

完成度の高い作品になりますョLOVE

 

毎回のレッスンに、真剣に取り組んでくださっている皆さんに、嬉しく思いますハートうふふ

 

お花との時間を大切に、またレッスンでお会いしましょうハート

 

どくしゃになってね…

 

 

 

 

 

 

イタリア旅行も後半です。

 

フィレンツェから列車でナポリへ、

 

ナポリからは高速船でカプリ島へ行きます船

 

今回の旅で一番楽しみにしていた、青の洞窟に入って、

 

光の屈折で見える神秘的な青色の海水を見ることです。

 

カプリ島に着いた日、小型のボートに乗り換えるため、船着き場で待ちます。

 

青の洞窟に入るには、小型のボートでしか入れません。気持ちはワクワクです音譜

 

ところが洞窟の入り口はたいへん小さく・・・、波が荒いと入れません。

 

波が落ち着くのを待ちますが、結局この日は断念します。

 

カプリ島で1泊するので、チャンスは明日朝にもあります。

 

明日を楽しみに、ホテルの近くを散策です。

 

カプリ島は、大変を美しい島で、避暑地を思わせます。

 

レモンの木が多く、お土産もレモンにちなんだレモン石鹸、レモンチョコ・・・レモン

 

さて、翌朝、青の洞窟に再チャレンジです。

 

しかし、波は高くて、入れないとのこと・・・。

 

諦めきれない私たちは、洞窟の入り口だけでも見たい・・・あせる

 

上の写真の大きな穴は、洞窟の入り口ではありません。

 

さらにその奥に見える小さい穴・・・、あれが青の洞窟の入り口です。

 

あれでは、ボートにへばりついても、顔中血だらけになりますあせる

 

残念ですが、諦めがつきました(ノ_-。)

 

5日目はソレントからポンペイへお楽しみにラブラブ

 

レッスンは、EFDプリザ6月のカリキュラム、アクアリウムリースです。

 

体験の方が2名参加してくださいました。

 

 

体験は、花器に青、水色、紺色などのプリザーブドのバラ7輪とプリザーブドの水色アジサイをアレンジしてます。

 

さわやかで豪華なアレンジに仕上がりました。

 

アクアリウムリースは、やはりブルー系のプリザーブドのバラとアジサイと

貝殻や、タツノオトシゴ、エンジェルフィッシュなどをリースにアレンジした、涼しげで楽しいリースです。

 

 

 

 

 

 

 

これから暑くなりますから、こんなリースで、お部屋を涼し気に装いましょうおんぷはーと

 

お疲れさまでしたLOVE

 

またレッスンでお会いしましょうハート

 

どくしゃになってね!

イタリア旅行…3日目はフィレンツェをご紹介します。

 

フィレンツェは、グッチやフェラガモが生まれた所だけあり、おしゃれな街です。

 

また、ゴシック建築が大変美しい街です。

 

私の後ろに見えるドゥオーモ(丸天井)・・・少し欠けてますが・・・(;^_^A

 

 

 

 

建物にこんな彫刻も・・・素晴らしいでしょハート

 

 

シニョリーア広場から撮ったヴェッキオ宮殿です!!!

 

素晴らしいですネおんぷはーと

 

ウフィツィ美術館では、美術鑑賞です。それはそれは素晴らしいですビックリマーク

 

数枚ですがご一緒に鑑賞してください

 

「ヴィーナスの誕生」

 

「トンドドーニ」

 

「春」

 

 

「メドゥーサの首」

 

 

 

次回はカプリ島をご紹介します。

 

さて、

 

レッスンはピオニー・3段アレンジ・2ポイントアレンジです。

 

<ピオニー>

 

ピオニー・・・シャクヤクです。

 

アレンジの時はまだつぼみで、バラが目立ってますが、

 

咲くととても華やかな花ですハート

 

咲くことを楽しみにしていてくださいネほわり

 

 

 

 

<3段アレンジ>

 

大中小の花器を重ねてアレンジします。

 

 

 

<2ポイントアレンジ>

 

 

 

 

3段アレンジは、3つの花器を見せるように、

 

2ポイントアレンジは上下のつなぎのジョイントを見せるようにしましょうネLOVE

 

テーブルフラワーに素敵なデザインですおんぷはーと

 

こんな素敵なアレンジをテーブル中央に配置して、

 

ゆったり気分でワインなどはいかがですかびっくりはてな!

 

忙しい日々にそんな時間があってもいいですヨネハート

 

お花との時間をどうぞ楽しんでくださいネうふふ

 

 

どくしゃになってね…

 

 

 

 

 

 

今日は、イタリア旅行の続きフィレンツェのご紹介ではなく、

 

ワールドプリザーブドフラワーコンテストに入選したことをお伝えしますおんぷはーと

 

ブライダルをテーマにブーケ部門かブライダルアクセサリー部門の応募です。

 

私は、もちろんブーケで参加しましたブーケ

 

応募用紙は2月末~3月初めごろに来たでしょうか・・・?!

 

直ぐに参加したいと思いましたひらめき電球

 

使う花材もすぐに決まりましたチョキ

 

今年の新色オレンジと黄色のチューリップです。tulip

 

ライン系のチューリップを生かしたデザインが3つほど浮かびました!!

 

迷い・・・迷い・・・迷いますビックリマーク

 

次に浮かんだのは、途切れることのないリース状の何かをデザインに入れたい・・・です音譜

 

幸せが途切れることのないリースのように、永遠に続きますようにという願いを込めて・・・・・。

 

リース状の何か・・・・リボン、パール、クリスタル・・・ヽ(;´Д`)ノ

 

そして試行錯誤の結果、パールとリボンを使って、3層のリースを作ります。

 

リースの形に添うようにクレッセントブーケをチューリップで作ります。

 

クレッセントの両サイトのラインのところにチューリップを配置します。

 

中央は大きなメリアにします。

 

メリアの色は・・・オレンジ?・・・黄色?・・・白?

 

ベルベット生地のようなアモローサの赤のバラにしました。

 

制作は、日中が日々のレッスンがあるので、夜の作業になります。

 

3層のリース部分は、時間がかかりました。

 

筒状のリボンにワイヤーを通しますが、これがなかなか通らないあせる

 

3本作り、その周りにパールを絡めます。

 

フリルリボンにもワイヤーを貼ってます。

 

クレッセントブーケとリース部分を合体させ・・・8割かた出来たとき、

 

迷いがでます(´ε`;)ウーン…

 

キラキラのクリスタルを飛ばそうかしら・・・?!

 

やってみますが、う~ん・・・・(-"-;A

 

あまり煌びやかなものは、合いません(><;)

 

ここ数年のウエディングの傾向は、ナチュラルな傾向にあります。

 

やはりこのままプリザーブドフラワーのチューリップを生かしたデザインで決まりですピンクビックリ

 

 

制作期間2か月10日・・・・・、自分の思いを十分出せた作品です。

 

大満足ですハート

 

また挑戦しますLOVE

 

どくしゃになってね…