フラ・レッスン再開

テーマ:

フラを習い始めたきっかけは、ママ友から誘われて、でした。

もう5、6年くらい前のこと。

 

日本人の同じくママさんが先生で、

生徒のママさんたちは皆小さい子供達をはべらせながら

時々は子供を抱っこしながら

月に2回だけレッスンを受けていました。

 

私はちっとも上手にならなかったけど(笑)楽しかった。

 

ママ友たちは仕事を始め人数が集まらなくなり

解散してしまって、もう2年ほど立ちます。

 

どこかでまた習いたいな〜と思っていたら

お友達に紹介してもらって、

先週初めて体験レッスンに行きました。

 

そのクラスは、ハワイアンの男性のクム。

男の先生も初めてだけど、ちゃんとしたハラウに入るのも初めて。

 

ちゃんとお揃いのTシャツとパウスカートがあった。

 

そして、決まり事がちゃんとあった。

 

1)クムの言うことは絶対である。

2)ポジディブな態度で協力し合うこと

3)スカートは頭から着て、頭から脱ぐ

4)練習風景の写真や動画を撮ることは禁止

 

などなど・・・

 

厳しいって、気持ちい!と感じました。

 

規律があると緊張感がある。

 

礼儀正しさは美しい!

 

でも、アロハなハワイだからもちろん愛がいっぱいで

心地よいことには変わりない。

 

踊っている時も、気持ちよかった〜!

やっぱり私は下手だけど、フラが好きだな〜♡

 

そして、レッスンの最後にはみんなで手を繋いで感謝の祈りを捧げ、

一人一人をハグして解散。

 

まるでレムリアン・ヒーリング®︎のティーチャーコースの終わりの風景の縮小みたい。

 

「厳しさ=美しさ」に、その日初めて気づいた気がします。

 

読んでくださってありがとう!

まさこ