2009-08-25 20:39:58

2、アートとは感受する性質の染まり具合?♪

テーマ:アート
感受性=感じ受ける性質、ん?
一体どういう意味。
何となく解ったつもりになっていて、
さらに、だんだん時間と共に解って来た事があります。

感受性が強い人、という言い方がされる場合、
感じる力が強い、?という事かしら?

日本人のルーツとも言われる、
縄文時代の謎の古代人であった、
カタカムナ人は、
そんな時代には当然漢字はなかったので、
もっとシンプルに、
天然自然界のサマザマな様子を
アマ(天)の響きの音によって捉えアラワシテいます。

それをアマウツシと言い、
性の事も芸術もアマウツシと言います。
全てはアマの中にあってアマを得る行為だからです(あまえる)
私達はいつもアマサマ天然自然に甘えて生きていますものね。

ひとつひとつのオト(音)に意味があり、
例えば、マ(間)は空間のマですが、
り(理)は物理のリ。
合わせてマリで間理だから、空間の理という事で
物理をあらわしています。

その頃の言葉も生き方も主観ではなく、
カムカエル(考えるの語源)
形が無いカムの世界へ還る、
つまりは全て(言葉も感じる事も)
循環の中に添う、という作業でした。

そういった事をなるほどと思い、
そのような視点から考えると、
頭で考えなくなり、
直感で色んな物事が響いていた意味が解ります。

それをこんな風に感じたと、
言葉に表さなくても、
涙が溢れるくらいの感動がはっきりと、
心を揺さぶり、心に響き、染まって行く様子が解るはず。

アートは感じた事を自身を通して表現する行為です。
そして、アートを感じる事自体も、
やはり、自身を通さないとしみじみと染みません。

染め物をやると、その様子が解ります。
色一色でも綺麗ですが、
バランスよく混じりあう色合いは
より綺麗で深みを感じます。

何かをいっぱい感じて
色んな色に染まってしまった私です。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-30 18:51:28

1、アートと共に生きるきっかけ☆

テーマ:アート
079色石
『色石』
アートのきっかけ?ってなんだろう。
そもそも、アートって何?
という話は後にする事にして、
これから、改めてアートについて、
子供の頃の体験から
書いて行きたいと思います。

私が産まれた時、実家は芸者置屋を営んでいました。
5才くらいまで営業していましたので、
その間の多分3才~5才までの記憶が、
今でもその時の情景を思い出させます。
当然、家の中や周りは
日本的な環境でしたし、母も和服しか着ない人でした。

午後3時くらいになると、大きな鏡の前に、
芸者さん達が何人も並んで座って、
いっせいに化粧をし始めた様子を
香りと共に思い出します。
その頃はまだ自分の髪で日本髪を結っていました。

和服も今のような化繊の物は無かったはず。
本物志向でプライドが高かった母は
芸者さん達を妹や娘の様に愛し、
思いっきり奮発して良い着物を選んでいました。

時々行商人がやって来て、
宝石や和服やかんざしを広げて見せていたので、
子供の私もいつも楽しみにしていました。
全てがまだ本物の時代でした。

人が貧しくても心を失っていない時代。
皆面倒見が良く、
外で暗くなるまで一人で遊んでいても
心配や怖いという感覚もなく、
大人はよく叱るけれど、優しかった。

芸者さん達にはよく遊んでもらいました。
女性が女らしくて、男性は男らしい。
その頃のファッションはといえば、
ギャザーやフレアースカートが主流。
あの頃の大人は自然体にエレガントだったなぁ。

そんな環境のせいか、
子供の頃から人一倍、
美しい物事に興味を持つようになりました。
その頃の芸者達が着る和服というのは、
とても艶やかで、美しく、
そして、工夫が凝らしてありました。

例えば、
着物が波の柄だったら、
襦袢(ジュバン)に
魚の絵が描かれていたりして、
絵や柄に関係性を持って来て、
粋な遊びをしていました。
特に、芸者さんの着る襦袢(下着)
は絹が多く、色も派手でした。

多分、私のアートのきっかけになる原風景が
ソコにあるので、色んな色を操る事が
出来る様になったのではと思っています。

世界はアートで出来ていて、色々とカラフルです。
色んな色があり、全てに意味を感じています。
天然、自然、アマサマはカラフルで美しい。
動物も人も色々ですから、
全てを大切に感受して、
活き活きと生きて行きたい。

つまり、アートの原点は感受性なのですね☆



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。