あめんぼすいすい

あめんぼすいすい

無駄に長いのが取り得のブログでございます。
最近は不定期更新という名のさぼり病にかかってます(;´ω`)ノ

虹ユニリーバ東日本大震災クリック募金
 
無料です。一日1クリックを習慣に♡

$あめんぼすいすい-虹


キラキラNew!!キラキラ

地球(世界中の気象状況をビジュアライズ)

※スーパーコンピュータが予報。3時間ごとに更新。

東アジア大気汚染物質濃度分布予想図

気象庁 黄砂情報


カメラ尖閣諸島が日本の領土という動かぬ証拠目目
$あめんぼすいすい-動かぬ証拠
     ↑
出所は字が小さいですが
「世界地図集」1960年4月第1版北京市地図出版発行
尖閣諸島が琉球群島と区分けされて日本のところに載っている。

この画像は水間正憲氏のブログ『水間条項』 から転載したものです。
参考:1972年外務省情報文化局/世界日報


$あめんぼすいすい-ワシントンタイムズ尖閣諸島の地図

この地図はワシントンポストに載っていたものです。
地図の下には英語で説明が書いてあります。
(訳ー大まかな意訳をしています)

1969年に中華人民共和国から発行された機密公式地図、
日本の領土『尖閣諸島』より引用。中国政府は最近になって
「これらの島々はDaiyoutai Island(魚釣島群島)と呼ばれる
中国の領土」だと主張しているが、この地図は
日本が主張する領有権の根拠となる。

ちゃんと『尖閣群島』って中国自ら書いてますよね。
参考:The Washington Times/ Inside the Ring


目目
こちらも。竹島の日Kの古地図の比較動画です。
www.sns-freejapan.jp/2012/02/10/jinken-4/

近年、周囲のならず者国家どもが人海戦術で
世界各国の古本屋から証拠となる古地図を買いあさって闇に葬ったり
また、世界各国の地図や地球儀に書き込みや汚損してまで
地図を改ざんしているのでこういう証拠の動画は
貴重と思われます(要拡散)。
(ただし、Youtubeの幹部がK人と結婚したから
こういう関係の動画もどんどん削除されているらしいけど)

目目
ミコスマ

※このブログに貼った他所からの記事、リンクの著作権ははすべて
出所、リンク元に帰属します。


ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球 NEW !!

スミソニアン博物館の所蔵物約4万点が無料で

http://www.asia.si.edu/collections/edan/object.c

 

皆さま、おこんばんわ(^o^)

 

生活の方が色々かわり、かつまたPCの調子がかんばしくなく。

あとは、一旦お休みしてしまうと休み癖がついてしまいまして、

長期にわたってブログサボってました…(~_~;)

ご心配頂いていた方々、申し訳ありません。

そして、気にかけて頂いてありがとうございます。

 

政治ブログを書き纏めるための時間が確保できず、

かつ発信疲れという形で気力が減退してしまって。

このままフェードアウトしてしまうのかもな、

とか自分でも思ってたり。

あと、経済面とか色んなものをブログ休止中に見たり読んだりしている間に、物事の見方や考え方というのが多少変わって来ている部分もあって、

今までの調子で記事書けるか不明なのもある。

基本的な部分は変わらないけどね。

 

でも、ピグ終了によって、一時的ではあるにせよ、

ブログを復帰しました。

これからも不定期更新になるかとは思いますが

忘れた頃にボツボツでも細く長く続けられたらな、

と思ってます。

気長にお付き合い頂ければ嬉しいです。

 

今日の記事は、以前、ハブ茶(エビスグサ)という植物の種を送っていただいた

マロさんに、ハブ茶の様子を報告する為。

マロさんのブログです。↓

ニャハハの家庭菜園ー水耕栽培とポタジェ

 

ハブ茶は漢方で決明子(ケツメイシ)といわれるもので

その種子を焙煎してお湯で煮出して飲むのが一般的。

赤みを帯びた茶色の香ばしいお茶です。

 

あめんちの父の子供の頃からの思い出の食材で。

父の実家の地域は、ハブ茶を煮出してお粥に入れて

茶粥にするのだそうで。父の好物なのです。

毎年、畑付近に勝手に種が落ちて野良化し自生していたのが、

近年の梅雨時の大雨で絶えてしまい困っていたところ、

マロさんのブログで種を分けていただけるという事で

お願いして送っていただいたのでした。

 

そのレポートです。

 

まず、種がなかなか発芽しない。

教えていただいた通りに種の一部に傷を入れ

水に浸して芽出しさせてポットで育苗しても

根付かなかったり、途中で枯れたりで

意外と難しかったです。

4度目くらいに、ダメ元で表皮に傷をつけた種を

直まきしたものが4本育ったよ。

しかもそのうち1本はすごく芽が出てくるのが遅かった。

発芽が揃わない理由は全く不明…

これはそのうちの1本。

めちゃ草だらけ(;´д`)

 

途中の写真は撮り忘れてしまった(;´д`)

生育初期はなかなか大きくならず。

でも梅雨時が終わり夏頃に一気に大きくなった印象。

 

で、いきなり大きくなった画像(^^;)

画像の向き変えれず、横向き…

夕方に畑に行くと大体、こんな感じで葉を閉じて寝てます。

黄色い点々はエビスグサの花。

この時点で草丈、大体1mくらい。

 

これはもう実が入った鞘ができているところ。

上から2番目の画像の株です。

 

写真の撮り方が悪いので丈が想像し難いけれど、

草丈は1.3mくらい。草幅も結構広がりました。

直径、2mくらいかな。

鞘が重くて枝が地面に付いたり、風で煽られて折れるので

紐で支柱に紐付けして支えてます。

台風でもこれで大体大丈夫だったよ(=´∀`)人(´∀`=)

 

収穫は随時、鞘が茶色になった分からハサミで。

一株でも結構な鞘が穫れました。

 

近所の方があめがハブ茶の種を求めていたのを覚えていて

その後庭に生えてきたのを育ててくれていて。

鞘が付いた株を引っこ抜いたものをくれました。

晴れが続いた日に株ごと引っこ抜いて、木ごと乾燥さす。

鞘が乾燥したら、鞘を離して実を取り出す。

こういう方法のようです。

 

以上、簡易ながらハブ茶の記録でした。