医療機関では、患者様の症状を回復したり、向上させたりすることが大きなテーマとしてあり治療、改善する事に重きを置きます。もちろんそれが最重要ミッションとなるのですが、そこにしか目が行かなくなってしまうと立場や関係性上、ただ治せば良いと思ったり、流れ作業のように治療をこなすだけになる可能性が出来てしまうのです。

 

患者様と目を合さないで話を進める、いつもと変わらない症状だから適当に返事をする、患者様からの質問にイライラする等

患者様との対話を蔑ろにし、適切なコミュニケーションが取れていないまま業務をこなす。

あなたはそんな残念な医療従事者に出会った事はないですか?(もちろん全ての人がそうではないですが)

 

コーチングはコミュニケーションを取り扱うスキル、だからそのコーチングを使って患者様との関わり方を見直し治療と対話のバランスを取ることが、患者様の満足度を上げ総合的な症状の回復に繋がるのではないでしょうか?

 

どの世界、業界にも言える事ですが人と関わる仕事をされているのなら適切なコミュニケーションは必須です。

そのバランスが取れないと今の時代、淘汰される事が当たり前になるかもしれません。

 

私自身も色々な事を経験しましたし、その中で医療でのコミュニケーションの大切さを少しでも知ってもらいたいと思っています。

 

   今一番、貴方がコミュニケーションを学んで欲しい人は誰ですか?

 

私のオフィシャルコーチングサイトからもトラストコーチングスクールの公式サイトを載せていますし、少しでもコーチングに興味がありましたら、一度サイトを覗いてみて下さい。 

 

トラストコーチングスクール認定コーチ

田井 淳哉

オフィシャルコーチングサイト

www.coach-taitrust.com