みなさんこんにちは。

MAGICOです。

 

みなさんはストレス(不快)の排除、実践されていますか?

 

私は最近、過去の自分の日記のストレス項目などを眺めて、

随分とストレス(不快)が減ったなあと感じています。

 

仕事をしていない時は、

今の生活の充実感とストレスフリーを噛み締めて

「あ、私の人生からストレスが完璧に消えたじゃん。めちゃ幸せじゃん。。。」

となるんですが、

 

いざ仕事をしていると、

イラーとすることや

いい加減にしろーと言いたくなることや

不安になることも

まだまだあります。

 

あ、でもこれも1ヶ月前よりはだいぶ減りました。

 

私事ですが、まだあるストレス(不快)を具体的に分析して、

Happy理論で解決へ持っていきたと思います。

 

まず、仕事でイラーとすることやえー

いい加減にしろーと言いたくなることに関して。プンプン

 

これは大体(当たり前ですが)

下請けやクライアントに対してです。

 

最近あったのでは

 

・クライアントが日数に余裕がない中で、発注を増やされた

 

・信頼している下請けが、納品期限を忘れていた

 

・下請けが納品してきたもののクオリティーがめちゃ低い

 

です。

 

 

これに対して私の願望は

 

・クライアントが日数に余裕がない中で、発注を増やされた

→クライアントには余裕を持ったスケジュールで仕事の発注をして欲しい

 

・信頼している下請けが、納品期限を忘れていた

→納品サイクルをもっとレギュラーなものにして、忘れられるようなことをなくしたい

 

・下請けが納品してきたもののクオリティーがめちゃ低い

→一定のクオリティーを満たさない人とは仕事をしたくない。

→良い人材が集まったパーフェクトなチームが欲しい。

 

というものがありました。

 

 

不安になることに関しては、

 

(これから案件が増えるにつれて)いい下請けが見つからなかったらどうしよう

 

今仕事をお願いしている良い人材がやってくれなくなったらどうしよう

 

クライアントが商品を気に入らなかったらどうしよう

 

という

 

今はまだ起こっていない

漠然とした未来への不安です。

 

 

こういった症状をHappy理論なら

 

「今問題は何も起こっていないよね」

 

という診察結果がでてきますよね。

 

ただ、今私はこの未来が浮かぶ時に

ストレス(不快)を感じている。

 

 

Happy理論に沿って

不快の裏を探っていきます。

 

それは不快の裏に隠れた快の願望を見つけることです。

 

私の今の仕事に対する願望は、

 

・能力が高い人

・気持ちよく仕事をしてくれる人

・仕事内容が好きな人、得意な人

・積極的に仕事をしてくれる人

 

と仕事をすること。

 

一文にまとめてみると

 

私が仕事をしやすくて、自ら当事者意識を持って仕事を進めてくれる、能力の高い人が集まったチームを作りたい

 

いや、なんかこれ熱血っぽいしなんか違うな

 

 

本当の本音は????

とさらに探っていくと

 

「私が楽できるように優秀な人で周りを固めたい」

 

でした。。。。。

 

 

MAGICOの今の願望は、

 

優秀な人たちがビジネスを手伝ってくれること。

そしてそれを喜びとしてくれること。

 

です。

 

オーダー整いました!!お願いお願いお願い