認知症は、運動することで脳を活性化するので、認知症の予防に繋がる。
 
近代社会で、認知症は各国でその撲滅に努力していますが、この「運動」との関係が今一つ不明でした。
 
私たちは、この説を感覚的に支持してきました。
 
しかし最近この関係について、イギリスとフランスの研究班が、イギリス人10038人の35歳から55歳までの対象者を、1985年から2013年までの28年間を追跡し、その調査データを基に、身体活動と認知症の関係を検討し、その結果を医学誌に報告しました。
 
この調査は、5年毎に行われ、この間7回にわたり行われ、認知症との関係は、1997年からと言われます。
 
この分析は、この15年間の身体活動の低下と、この27年間の身体活動と認知症リスクとの間に、統計的差異が見られませんでした。
 
1.即ちこの結果は、身体活動の低下と認知症との関係はないとされたのです。
そこで研究班は、調査後の時点で、認知症の人と、認知症でない人で、身体活動の影響を調査したところ、認知症と判断された人々には、9年ほど前から身体活動の低下があることを突き止めました。
 
2.即ちこの結果は、身体活動の低下と認知症とに、関係かあるとされたのです。

この1と2双方の分析から、その原因と結果が真逆となる、「認知症が発症する直前に身体活動が減る」という現象に主眼を置く、認知症に運動説優位の、逆因果関係があるとされたのです。
 
                                   健痩美寿[❝ロイヤルスムージー❞]
 
 
 
AD
あなたに浮腫みはありますか?

浮腫みは、貴方の「血液」と深く関係しており、その血流の悪さがその原因かもしれません。
血流不順は、あなたの身体の消化代謝作用を停滞させる、「健痩美寿」ダイエットの強敵となります。
 
血管は、必要な酸素や水分、栄養素などを各臓器へ送り届けていますが、その他に、各臓器で使用された老廃物や水分なども同じように血管を通して回収され、再び心臓から体内に循環して行きます。
 
人間の体は、血液、リンパ液、組織液という体液からなる水分が、約60%から70%を占めていて、この流れが循環しており、それらからの老廃物は、逐次体外へ排出されるのですが、この水分が何らかの原因によって血管本体(大静脈)に回収されなかったり、滞ったりしますと、本来循環すべき水分が一箇所に溜まり、浮腫み症状として現れます。
 
身体は長時間一定の姿勢を保ち続けるますと、身体の下部の水分が循環されないため、その部分に溜まって浮腫みとなるのです。
 
なおまた同じ姿勢を続けますと、筋肉が緊張して凝り固まり、それが周囲の血管やリンパ管を圧迫して水分や老廃物の循環を阻害し、浮腫みの原因となります。
 
次に多い原因は、女性や高齢者に多い「冷え性」が挙げられます。
 
起床後の顔の浮腫みは、その後動き回っているうちに次第に引いてきますが、足の甲は時間が経過すればするほど、逆に浮腫みが目立つようになります。
 
女性の場合の原因の一つとして「ホルモンバランスの乱れ」です。
 
女性の身体は、ホルモンの影響を特に受けやすく、月経前などの黄体ホルモンは、非常に多く分泌されるようになり、このホルモンが体内の水分を溜め込む作用がありますので、必然的に水分量が増え、浮腫みを発生しやすくなります。
 
月経前にだけ浮腫みが発生する症状の人は、この女性ホルモンが影響している可能性が高いのであまり心配しなくても良いでしょう。
 
このホルモンのバランスが乱れますと、この影響で、自律神経も乱れてしまうようになり、血管を収縮させ、それに伴う「リンパ液の流れ」まで悪化させてしまうことがあります。
 
リンパ液は体内の老廃物を運ぶ大切な役割りがあり、このリンパ管の流れが悪くなりますと、水分と共に老廃物まで溜まることになり、特に下肢の足の甲が浮腫み易くなります。
 
その他の原因には、エコノミークラス症候群、肝炎などの肝臓病、甲状腺機能低下症、高齢者に多い下肢静脈瘤などがあります。
浮腫みが病気でない場合は、生活習慣が影響している部分が大きいと言えます。
 
浮腫み対策には、
入浴やマッサージが効果的です。
タンパク質やカリウム、マグネシウムにビタミン類などを豊富に含んだ食べ物の摂取で、これらは、体内の水分を排出する作用があるために、浮腫みの効果的対策となります。
 
                 「健痩美寿」に「ロイヤルスムージー」
 
 
 
AD
日本人の腸は、米など穀物を主食とする国民なので、肉食を主とする西洋人よりも腸が長いと言われていたりしますが、東洋人も西洋人も人間の腸の長さに変わりはありません。
 
ただ動物の、肉食動物と草食動物の腸の長さには違いがあります。
 
肉食動物の腸は短く、草食動物の腸は長いです。
 
草食動物の腸が長いのは、草など難消化の植物から十分な栄養を摂取するのは、すごく大変で、植物の消化に十分な時間を掛ける必要があるからです。
 
では、人間の腸についてですが、他の肉食動物と比べて、人間の腸は、その体の割に腸は短かいのです。
 
人間より小さい羊などの草食動物は、人間より長い腸を持っています。
 
即ち、これらからも推定できますが、人間は草など摂取する草食動物の腸の構造ではなく、
むしろ、肉食動物の腸の構造になっているといえます。
 
つまり、人間の歯、胃、腸、などの体の構造から考えると、人間は、食の主体は、肉(魚、卵など)の栄養を摂取するようになっていて、草(穀物、野菜)などからは十分な栄養を摂取できない体の構造になっていることがお分かります。
 
 
 
とは言え、私たちは昔から、当たり前のように、米や麦や野菜を食べてきました。
 
しかし、現在は、人類発生から300万年と言われ、氷河期を終えた後の、人間の農耕時代の始まりは、その僅かな約1万年強で、それまでの殆どは、狩猟と採集の時代で、稲など農作物の摂取は、ごく僅かな食の歴史です。
 
この食生活の歴史は、人間の本来体の構造上、食べるものではない穀物などの糖類食を、以後急速に摂取し、近年は多量に摂取し、その結果が、糖尿病や高血圧、肥満などの生活習慣病を惹き起こしていると言えるのです。
 
人の集まりは、多量の食物を必要とし、食糧の安定から農耕文化が発展したが、人間の食生活の例で、アフリカの狩猟民族は、狩猟や採集は、週2.5日で1日6時間の、非常に効率で優雅な生活をしており、それに比して、農耕民族は365日、休まずに働く必要となったのです。
 
「断糖食」の大家、荒木博士は、私たちの健康は、本来食べるべきものではないものを食べるべきではなく、私たちは、本来食べるべきものを食べる必要がある」と警鐘を鳴らしています。
 
あなたも、本来の人間の体の機能を理解し、あなたの「健痩美寿」ダイエットに、あなたの現代食の知恵を活かした「断糖食」の摂取をお勧めします。

                                  「健痩美寿」に「ロイヤルスムージー」
 
 
 
AD
あなたが健康で生きるためには、栄養物のバランス摂取が必要です。
 
しかし、栄養物をいくら多く摂っても、それが消化吸収されなければ、
あなたは生きては行けませんね。
 
栄養素の消化吸収を司るのが、生命の源と言われる「酵素」です。
 
あなたの「健痩美寿」には、この「酵素」を意識して生活することが大切です。
先ず、食生活の第一は、食物が体内に最初に摂取される「口腔」です。
 
「口腔」は、あなたの健康を守る「玄関口」ですので、外部から栄養を摂り入れ、
外敵を除去する役割を持っています。
 
食物は、口腔で噛み砕く(咀嚼)され、唾液の消化酵素(アミラーゼ)と、咀嚼物
をネバネバで固める(ムチン)で、滑らかに柔らかくして、食道から胃へ向かいます。
 
ここでの「健痩美寿」の大事は、摂取の食物を良く噛む「咀嚼」です。
「咀嚼」を怠っては、「健痩美寿」は出来ません。
 
「咀嚼」を何十回も長く行うことは、「咀嚼」の噛み砕きで、物理的咀嚼時間を長くし、
なお、口腔内の「消化酵素」と、摂取の「食物酵素」との相乗で、良質の消化を促し、
摂取食物の大半を分解しますので、消化酵素の消費量の節約、(血糖値スパイクの
平滑化、細菌やバクテリアの殺菌)ができますので、これは、「健痩美寿」の非常に
大事な効果となるのです。
 
「消化酵素」の節約は、「潜在酵素」-「消化酵素」から、生涯の「代謝酵素量」
多く消費できることで、生涯の「健痩美寿」の保証に貢献します。
 
              酵素の補充 「ロイアルスムージー」
 
 
「酵素は「胃酸」で壊れる」と、時折そんな話を聞きます。
 
えっ!! 私が飲んでいる酵素は効かないの!!
 
あなたの身体は、「酵素」無しでは生きる事は出来ません。

あなたの呼吸もこの酵素の働きの一つです。
 
体内で産生される酵素「潜在酵素」は、口腔の唾液からから胃腸の胃酸までの間は、
「消化酵素」が産出し、食べ物が消化吸収された後は、体内の全細胞で代謝酵素が
産生されて、それら全細胞の生存が保持されます。
 
ただし「潜在酵素」は、体内で、「消化酵素」と「代謝酵素」に大別され、作用し
ますが、人が一生で作れる「潜在酵素」は、その人の遺伝子と加齢老化のために、
その生産量に、一定の限界量があるとされています。
 
即ち「酵素」は、人の生存に必須の物質ですが、それが、「胃」の「胃酸」で壊れる
(失活)となりますと、生きて行けない大問題ですね。
 
確かに「胃酸」は、その成分は強酸性の塩酸で、強い破壊力を持ちます。
しかし、あなたは今胃酸に晒されながらも生きていますね。
 
その「胃酸」の働きは、
1] .口から摂取の食物を、口腔で算出される糖質を分解する酵素(アミラーゼ)と共に、
    その他のたんぱく質や脂質を分解して、柔らかな「糊状」にします。
 
2]. 胃酸の強い酸性で、体内に入る細菌やウイルスなどの有害物の「殺菌」を行い、
   食べ物の腸内の腐敗を防ぎます。
 
これ等を見ますと、問題の「酵素は胃酸で壊れる」原因は見当たりません。
そうです。
 
ご安心ください。「胃酸」は、糖質(デンプン)の「アミラーゼ」、たんぱく質の
「プロテアーゼ」、脂質の「リパーゼ」などの「消化酵素」と混合して、強力な
「消化分解酵素」となっているのです。
 
                      健痩美寿 「酵素」
 
 
あなたの健痩美寿の人生には、あなたの「腸」の健康が最も大切であることから、より「腸」を正しく知り、生涯、「腸」と親しく優しく付き合う術を磨く必要があります。
 
【大腸の働き】
大腸は、食事の摂取後で、口腔、喉、食道、から、胃、小腸、で必要な栄養素を消化吸収し、その後の老廃物を排泄する最後の器官です。
 
大腸の構成は、1「盲腸と虫垂」、2「結腸は上行、横行、下行とS字の結腸」、3「直腸と肛門」の3部からなり、胃腸の最終部が肛門となります。
 
そして「大腸の機能」は、「植物繊維の発酵と水分と塩素の吸収」など、それら「残留物の排出」です。
 
食の最終工程となる「大腸」は、この老廃物は難消化成分を含み、この「大腸」では、消化酵素は産生されませんので、これら難消化成分の分解は、「発酵」となり、大腸菌と常在菌の担当となり、その老廃物を排泄します。
 
【小腸の働き】
小腸の働きは、外部からの栄養素の消化吸収し、全細胞にそれを補給することと、身体の免疫を担うリンパ球の60%が集結して、ばい菌などの体内の外敵を取り除くことにあります。
 
その「小腸」は、前臓器の「胃」の出口の「幽門」と繋がる、小腸入口部の「十二指腸」と、その大部分を占める「空腸」、そして大腸に繋がる出口部の「回腸」で3区分される、伸縮で3m~6mの最長の臓器です。
 
「十二指腸」は、その長さは約25cm〜30cmです。壁面は粘膜がヒダを形成し、胆のうと膵臓の膵管と結合していて、食物が十二指腸に入りますと、その粘膜を刺激して、膵管から「脂肪の消化酵素」の膵液と胆のうから胆汁を産生混合させて、「空腸」へ送ります。
 
小腸のヒダは、絨毛に張り巡らされている「リンパ細胞」で、このヒダで、消化酵素を産生し消化と吸収を行い、特に、回腸はこの免疫細胞が集中していて、「バイエル版」と言うリンパ組織を形成して、「全身の免疫機能」を担っています。
 
この様に、腸を中心とした消化管は、免疫細胞がびっしりと詰まった人体最大の免疫器官(臓器)であり、更に、テニスコート1面分にもなる腸面積に住み着いた腸内細菌(善玉菌)が、この体内免疫の活性化に深く関与しているのです。
 
腸を綺麗にする事は免疫力を高め、全ての病気から身を守る唯一の方法と言えるのです。
 
                    「ローヤルスムージ―」
 
 
 
潜在酵素
体内で産生する「酵素」は「潜在酵素」と呼ばれ、摂取した食べ物を分解し、栄養素を吸収しやすい状態に整えたり、吸収された栄養素を体内でスムーズに働かせ、不要物を排泄するまで関与する、膨大な役割を担っています。
 
そもそも「酵素」とは、生体内で、遺伝子情報(設計図)の指示で、その物質(基質)を設計の物質に組立てる工具に相当します。
 
これらの「酵素」で、一人の人間の細胞を作るために、1万3,000種類もの酵素が使われていると言われます。
 
酵素の特徴は、その作用する物質(基質)を選好みする性質(基質特異性)と目的の反応だけを進行させる性質(反応選択性)が、生命維持に必要な様々な化学変化を起こさせる作用をします。
 
さて、胃腸と深く関係しているのは「消化酵素」です。
 
食物の消化活動は、胃や腸が行っているイメージがありますが、実際に食べ物を分解しているのは「消化酵素」です。
 
「消化酵素」は、摂取した食べ物を分解し、栄養素を吸収しやすい状態に整えたり、吸収された栄養素を体内でスムーズに供給し、夫々の組織機能を働かせる役割を担っています。
 
しかし、どんなに栄養価の高いものを食べても、消化酵素の分泌が少なかったり、活性が弱っていると消化機能は十分に働きません。
 
そして、その消化されなかった不要物質をエサとする悪玉菌が増加し、これにより善玉菌と悪玉菌のバランス比が崩れ、消化不良などから、下痢や便秘などを始め、その他の体調不調が引き起こされるのです。
 
また、「体内酵素(潜在酵素)」は、加齢により年々の老化から、その産生量が減少しますので、そこで、不足の「消化酵素」を「食物酵素」で補う必要があります。
 
この、「食物酵素の主体は、野菜(大根おろし、山芋)や果物、肉や魚などの生鮮食品と、「発酵食品」の、味噌、ぬか漬け、麹漬け、納豆、ヨーグルト、チーズ、酵母菌、キムチ、イカの塩辛、みりん、醸造酢、などがあります。
 
「食物酵素」の大半は、「消化酵素」そのものにはなりませんが、消化を促進する代替酵素の役割をしますので、その補足量が、「潜在酵素」の「代謝酵素」量を潤すことに繋がるのです。
 
 
                                            「ローヤルスムージ―」
 
 
 
「栄養が大切」などと、その言葉を私たちは、常日頃あまりその言葉の正しい内容を意識せずに話又聞いています。
 
「栄養」の定義は、「生物が生命を維持し,生活して行くために,体外から適当な物質、滋養を摂り入れて,身体を成長させ,機能を保ち,エネルギーを得ること。」となっています。
 
一般的には、三大栄養素の「炭水化物」「脂質」「蛋白質」がありますが、五大栄要素は、「ミネラル」「ビタミン」を加えた内容となり、更に、「食物繊維」と「フィトケミカル」を加えて、七大栄養素と言われます。
 
この謂れは、エドワード・ハウエル氏の著書「酵素栄養学」で示した理論がベースとなっている概念と言われています。
 
さて、他の一つは、「分子生物学」と言われるもので、分子生物学、つまり、DNA=遺伝子レベルの栄養成分で、体内での代謝の仕組みを解明して、人の健康を、分子レベルから「栄養」を捉え直す、新しい学問的手法です。
 
これは、体外から摂取の栄養素が、体内で代謝や消化、エネルギーの源とならない物質で、これ等を繋ぐ「酵素」はそれに当たります。
 
故に「酵素」は、栄養学では「栄養素」に当たりますが、分子生物学では、「栄養素」から外れる物質となります。
 
                
               痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」                                                                     
 
 
 

 
 
 
「酵素は生物の生命活動には無くてはならない栄養素であり、これは、加齢によりその生成量が減少しますので、(体内酵素の全てを消費してしまうと生命寿命が尽きる?)不足する酵素を酵素ドリンクや酵素サプリメント等で補う必要がある。とされます。
 
酵素商品の説明には、「消化酵素」「代謝酵素」や食材に含まれる「食物酵素」と言う三分類がありますが、これは、酵素栄養学に起因するものです。
 
この学説は、エドワード・ハウエル氏の著書「酵素栄養学」で示した理論がベースの概念で、生物の一生で使われる酵素の総量は有限としますので、体内酵素が過剰に消耗されますと病気の原因となり、寿命が縮むとする考えです。
 
「酵素栄養学」では、潜在酵素が胎内で作られ、それ以降は、体内酵素の、消化酵素や代謝酵素は、体内潜在酵素から作られるので、加齢とともに消耗し不足するリスクを補うため、不足する必要な酵素量を体外からの食物で補うという考え方です。
 
しかし他方の「分子生物学」では、「人間の生命活動に必要な酵素は、人間の細胞内で遺伝子の塩基配列によって合成されるので、絶対量は定まっていない」とされます。
 
更に分子生物学では、生体内の酵素の種類は多種多様であり、消化酵素、代謝酵素に大別できるものではないというのが分子生物学の見方です。
 
また一般に言われる、代謝を担う酵素よりも消化のための酵素が優先されると説は、化学的に証明されていませんので、消化酵素を節約すれば、代謝に酵素を回せるので痩せやすい体質になるという説明は、その根拠が薄らぐことになります。
 
この双方の学説比較で、酵素は、分子生物学から、たんぱく質からできる化合物であり、栄養素ではなく化学反応を起こすための触媒で、体内で働く酵素は、体内で生成されるため、どんな方法をもっても体外から摂取することは出来ないとするのが、正しいのです。
 
また、体外から摂取の「酵素」は、胃の中の胃酸によって、その殆どがアミノ酸に分解されてしまうために、元の酵素としての働きは失われ(失活)ます。
 
それに食材の酵素は、分解された後でも大きな分子(高分子)であるため、腸管から直接吸収されることもないのです。
 
これ等の結論から、体外から摂取する補給する酵素に効果がないのかと、疑問が生じます。
が、総体的に考えて、酵素の世界は学説的に未解決であり、「酵素」の効果は、臨床にあると言えます。
 
酵素による体質改善の結果は、体内の酵素がスムーズに生成されて代謝が促進されるようなり、代謝の低い身体から、よりは痩せやすくなりますし、酵素ドリンクと呼ばれる植物発酵エキスは、腸内の悪玉菌を抑制して腸内環境を整える働きがあるので、これにより腸内環境が改善されることで、体内酵素の生成が活性化され、代謝がアップされ、時間は掛りますが、結果的に痩せやすい体質へと変るのは、確かです。
 
酵素ドリンクでは、その各商品のダイエット・プログラムで、飲用量等に多少の違いはありますが、毎日の食事を1食、多くても2食を酵素ドリンクに「置き換えるパターン」が、酵素ダイエットの肝となります。
 
酵素ドリンクは、色々と種類があり価格も様々です。
なお、酵素ドリンクとは、その中身は酵素そのものではなく、酵素を補うための材料となる、何十種の植物を熟成、発酵した体内発酵エキスと酵母菌なのです。
 
ダイエット食品として購入を検討する際には、つい手頃な価格なものやメディア等の露出度(話題性)等で選んでしまいがちですが、酵素を選ぶ重要な注意点は、添加物や保存料、人工甘味料、カラメル着色料が入っていないものを選ぶ事が大事です。
 
                     「ローヤルスムージ―」
 
 
 
痩健美ダイエットは、「第2の脳」と言われる「腸」が、その成功への鍵となります。
 
ご承知の通り、「腸」の主要な働きは、摂取した食べ物を分解・消化し、その栄養素などの吸収を行い、有害物や体に不要なものを排泄している器官です。
 
しかし、昨今の研究で、「腸」の「腸官壁」には1億個の神経細胞が存在し、それらの神経細胞が「腸神経系」を構成し、「脳」と「腸」は、相互の神経系が密接に関係しているのです。
 
「腸神経系」は、「第2の脳」となり、諸々の刺激のやり取りを行い、記憶し、幸せや安心感、満足感は、腸で感じることが分かっています。
 
腸には、「食欲」、「睡眠」、「安心感」、「喜び」、「幸福」、を感じる、センサー(セロトニンセンサー受容体)や、名誉や地位、美貌やお金の「快感」を感じるセンサー(ドーパミン受容体)、そして、「恐怖」、「怒りや」、「悲しみ」、「不安」、「心配こと」、「緊張」、などストレスを感じる、センサー(ノルアドレナリン受容体)があり、胃の調子が悪くなったり、便秘や下痢などを起こすことは、腸神経系の反応によるものです。
 
特に「食欲」・「睡眠」・「安心感」に関係する「セロトニンセンサー」は、腸に90~95%あり、脳には5~10%しかないのです。
 
この神経伝達物質の「セロトニン」は、「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」の暴走を抑えて、心と身体の安定を維持します。
 
この様に、「腸神経系」は「脳神経系」と密接な関係で、身体の健康のバランスを保っているのです。
 
痩健美ダイエットは、「腸」の健康を保つことが、基本の方策となります。
 
 
                 痩身美酵素「ローヤルスムージ―」