ネット起業成功10年「天野裕之流儀」!市役所→六本木IT社長へ!

ネット起業成功10年「天野裕之流儀」!市役所→六本木IT社長へ!

市役所から六本木のIT社長になった天野裕之のネットビジネス成功の流儀を伝授します!


テーマ:

------------
★今日の一言(いちげん)
------------

成功できない原因は思ったとこと
違うところにあるかもしれないよ。

僕は脚を指圧されたら腰の痛みが
なくなったんだ。

------------


インターネットビジネスを
やっている人の中で、

95%以上の人は、ほとんど
稼いでいないと言われます。


かたや、稼いでいる人は
1ヶ月に100万、200万、500万、
1,000万円以上稼いでいます。


この差はなんなのか?


その一つに、稼いでいない人は
稼げない原因を知らずに、

稼げないやり方で進めている
ことが挙げられます。


稼げない原因を取り除かないと
いくらやっても稼げません。


しまいには、稼いでいる人は
自分にはない才能があったり、

何か特別なことをやっているん
じゃないか?

などと考えて諦めてしまいます。


でも、思っているところと別の
ところに原因があることが多いです。


これを整体に例えたりしますが、
私はたまに腰が痛くなるため、

マッサージに行って腰をもんで
もらったことがあります。


しかし、全然良くなりません。


そして、私が長年通っている
遠方の整体に行くと、

「これは脚から来てますね。
いくら腰をもんでも治りませんよ」

と言われました。


そして、脚を中心に指圧して
もらうと、嘘のように痛みが
緩和されたのです。


腰が痛い原因は腰そのものでは
なくて、脚の張り、かたまりが
原因でした。


この原因を知り、取り除いたので
腰の痛みが緩和されたということ
ですね。


ビジネスでも同様です。


稼げない原因を取り除いて、
稼げる方法で取り組めば、
必ず稼げるようになるのです。

なので、もし全然稼げなかったり
微々たる収入しか得られなかったり
する人は、

師匠や仲間に自分のやり方を話し、

どこがダメで、どう改善すれば
良いかアドバイスをもらうことを
お勧めします。


そうすることで、正しい成功への
道を進んでいくことができますよ!


今回は、稼げない原因を把握して
成功への道を進もうというお話を
させていただきました。

 


テーマ:

------------
★今日の一言(いちげん)
------------

成功者も普通の人も時間だけは
平等だよね。

時間の使い方で逆転できるよ。

------------


「成功者と普通の人はどこに差が
ありますか?」

という質問をたまにいただきます。


これが完璧に分かれば凄いこと
ですよね。


まず、言えることは、人は生まれた
時点で、既に平等ではありません。


生まれたながらにお金持ちの家や
貧乏な家があって、

もともと起業家や医師、弁護士に
なるような教育を受けることが
できた人もいれば、

食べるのが精一杯という家もある
のが現実です。


自然と付き合う人間も違ってきて、
入ってくる情報も違い、更に大きな
差が付いてしまいます。


しかし、「時間」だけは平等です。


みんな持ち時間は1日24時間しか
ありません。


だから、逆転しようと思ったら、
時間をフルパワーで有効活用する
しかないです。


成功するコツをつかむまでは、
無駄な時間を過ごすことはでき
ません。


できるだけ、自分が目指すような
人と会って話したり、

セミナーや懇親会に参加したり、
勉強したり、本を読んだりして、

成りたい自分に成れるように努力
していきます。


コツをつかむまでは成功者に教えて
もらったり、

ガムシャラに頑張ったりするしか
ないのです。


たまに、私のお話をしていますが、
私が市役所を辞めて起業したとき、

1年間で外出したのはセミナーと
コンビニだけでした。


時間がもったいないと感じて、
お風呂も2、3日に1回、

ご飯や歯磨き、トイレなどの
必要なこと以外は、

当時やっていたサイトアフィリ
エイトの作業に集中してました。


それでも半年間以上もゼロ収入です。


しかし、これを1年間続けていく
うちに、どんどんコツをつかみ、

1年後には月収100万円を超えて、
翌月には200万円を超えることが
できました。


さらに次の年には500万円、
その次の年には1,000万円まで
達成することができたのです!


なので、時間の使い方次第では、
ゼロからでも大きく飛躍することが
できます。


特に、資金が少ない場合はよくよく
考えて、

誰もが平等な時間を最大限に有効
活用するようにしましょうね!


今回は、成功者も普通の人も時間
だけは平等というお話をさせて
いただきました。

 


テーマ:

------------
★今日の一言(いちげん)
------------

泣きっ面にハチにならない
ようにね。

反省している人は慰めよう。

------------


ビジネスの場面で、スタッフや
部下が失敗してしまうことが
あります。


例えば、私の会社でも、以前の
スタッフが、

3日間かけて作成したテキスト
ファイルを誤って完全削除して
しまったことがあります。


また、主催しているスクールの
セミナーの配布用動画を撮影して
いるとき、

確認漏れをして、途中までしか
撮れていなかったこともあります。


この時は、仕方なく、撮れていな
かった部分を講師に自宅で撮影して
もらいました。


これらは、とても重要なミスで、
会社の人件費や外注費を考えれば
損失になります。


もし、いい加減な気持ちでミス
したのなら、怒ってしかるべき
ところでしょう。


しかし、真っ当な人なら失敗した
本人が一番落ち込んで、反省して
います。


そんな時に、めっちゃ怒ったり
怒鳴ったりしても、

泣きっ面にハチにり、委縮して
仕事のモチベーションが下がって
しまうだけです。


同じ失敗を繰り返さないように
アドバイスや注意することは
必要ですが、

それ以上に、しつようにその事に
触れないほうが良いのです。


そして、失敗して深く反省して
いる人には、

仕事のモチベーションが下がら
ないように器を大きくして、

慰めるくらいの対応をしてあげる
ようにしたいですね!


今回は、失敗を反省している
部下やスタッフに怒り過ぎない
ようにしようというお話をさせて
いただきました。