はたらきかた「プチ」改善 by沢渡あまね

はたらきかた「プチ」改善 by沢渡あまね

業務プロセス&オフィスコミュニケーション改善士 沢渡あまねです。元ITサービスマネージャ、運用エンジニア、広報。
「らしさ」を大切にした、業務改善プロセス改善、働き方改革、インタナールコミュニケーション活性。ダム好き。

毎月恒例の日経xTECHさんの「IT職場あるある」。 

 

 

今回のテーマは
過剰で減らない「管理・間接業務」、日本の組織はどこから変えていくべきか
 
 

 「アンラーニング(unlearning)」と「リスキリング(reskilling)」――。

 

どちらも最近にわかに新聞紙面やビジネス誌をにぎわせているビジネスキーワードだ。  

アンラーニングは日本語では「学習棄却」と説明される。個人や組織が既に獲得した知識、技術、価値観などのうち賞味期限切れになったものを捨て、代わりに新たなものを取り入れる行為を意味する。

 

アップデートと言い換えてもよいであろう。リスキリングは、技術革新やビジネスモデルの変化に対応するために、新しい知識やスキルを学ぶ行為を指す。

 

・・・続きはこちらから

 

 
 
過剰で減らない「管理・間接業務」、日本の組織はどこから変えていくべきか| 日経クロステック(xTECH)

 

 

 

 

 

▼最新著書