星屑の道標

星屑の道標

インナーチャイルドカード・西洋占星術によるセッションを行っています。

NEW !
テーマ:


高尾山へ行って元気になったわたし。

通りの見えるカフェでぼーっとしてたら、カードを引きたくなった。
なったのだけど、いま、自分に問うことが思い浮かばなくて。
高尾山でも「願いをかける」ところで、なんだろう~?となってしまった。
欲しいものや、願望がないわけじゃないのだけれど。
自分にないなら、誰かいないか。


どうしようかな、とカード引いたらピーターパン。
顔馴染みの方、
はじめましての方、
以前鑑定を受けてくれた方、
予想以上に反応いただき、ありがとうございました。
皆さまをネバーランドにお連れ出来たでしょうか。

あんまり、こういうことやらないもので、自分自身も興奮してしまいましたね。
やー、でも楽しかったです。
ひたすらカード引いて言葉にするの。
それと、こういうときの間合いの取り方とか、テンポ感とか、とても勉強になりました。
ありがとうございました。

また、機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・

やってみての雑感~。
占いやっててアレなんですけど、こういうのって、どこを読んでいるんだろうな?と思うんです。
占い師の読みやすいようにカードが展開される、とか、よく当たる!とか、どこで差がつくのかな~、って。
基礎的な知識や経験は別ですよ、それは前提として。
私は自分の直感とか、そういった感覚を信じきれていないと思う。
すごーい、とか、ありがとうございます、と言われても、本人の力だしなー、と思ってた。
でも、自分が存在する限り、相手にも世界にも干渉しているんですよね。
無関係な訳がない。

今回も、相手の状況がわからないままパッと引いてパッと言葉にしていく。
同じカードをみても目の行く箇所が違ったりして、不思議なものだなと。
カードによって、訴えかけ方も違う。
なんでそんな単純な言葉を繰り返すんだー?
と思ったり、
おいおい、大げさ過ぎやしないかー?
と思ったり。
でも、それでも相手には届く。
(届いていると信じたい。)

「言わされてる」
とまでいかなくても、カードの言いたいことがなんとなくわかって、自分を通して言葉になる。
あ、これが"筒になる"っていうこと?

何が伝えてきてるんだろーと、終わってから思い巡らせていた。
それは、相手の上の存在なのかなー。
相手そのものでもあるんだけど、より見通しが立っていて、本人に何か伝えたい存在。
その存在と、どれだけシンクロするかどうか。
それが相手への伝わり方の度合いに出るのかも。
そして、上の存在にも色々個性があるのですねー、これはまだなんとなーく感じただけですけど(^o^;)
ストレートな方、
斜に構えた方、
すぐの課題を出す方、
先の展望を伝える方、
心配性な方…。
その存在を含めて相手があるので、本人自身とも思いますけど。

…スピの世界は不勉強で、当たり前のことだったらすみません。
どうしてもひとつひとつ体験して理解していく土女。

・・・・・・・・・・

たくさん活性化して、エネルギーが動き、また冬至までの半年が過ごせそうです。

まずはこの夏ですね。

平成最後の夏、思い思いにお過ごしくださいませ。