星屑の道標

インナーチャイルドカード・西洋占星術によるセッションを行っています。


テーマ:
土星講座の御礼と今月のスケジュールでブログが停止しておりました。

土星講座の熱も冷め……と言いたいところですが、カルミックインプリントモニターの方が佳境に入り加熱状態のため、土星熱は冷めやらず……と言ったところでしょうか。
(土星熱ってなんだよwww)

今月のカフェ鑑定のお申し込みは満了のため締め切りました。ありがとうございますm(__)m
来月前半の予定も出し始めておりますので、どうぞご利用ください。
モニターに関しましては、来月いっぱい、または、規定人数までの受付とします。詳しくは、来月のスケジュールの際に載せますね。

◎12月の予定
12/6(水) 15:00~、16:45~18:30@新宿(終了18:30)
12/10(日) 16:00~19:00@南阿佐ヶ谷または新宿
12/16(土) 14:00~18:00@渋谷

詳細はこちらからどうぞ→

*****

土星講座の次の日に行った預言カフェや濃いインナーチャイルドカードの話が、講師陣のブログにアップされていました。





もう他の先生方は、アップされて次の段階へと進んでいます。
すぐアウトプットする理由って、そういうとこ(やり残しなく終わらせること)にもあるのだなと感心しています。

私は預言カフェの内容も、インナーチャイルドカードの意味も、すぐに「ピン」と来なくって(反応が薄い)
どちらかというと、あの時間はあかね先生やミズマミ先生やたまき先生たちのためにあったのだろうと思っていました。
まぁ、それ自体が私の陥りやすい罠なんですけれども。
当事者意識を持たないことで、現実を少しスライドさせて見てしまうというか。
自分を楽な位置に置いておくことで、喜びも悲しみもすべて流せるようにするという自衛。

預言カフェの内容をようやく書き起こしてみると、自分はずいぶん迷っているのだなと。
大丈夫、大丈夫、と言われているのに自分を疑うことを止めようとしない。
どんな未来があっても、自分の受け取り方ひとつですからね。

カードについても、メモをもらっていてようやく見返したのですが…
"やるとよいこと"のカードでハートの8を引いて
「寂しさ、苦しみも共有できる関係(をつくる)」
と書いてあります…やーん、ショック。
共有する前に自分が寂しさや苦しみを出さなくてはないではないか!(笑)なんとも蠍木星ぽいテーマ~。


"やるべきこと"で引いたのはソードの9
「どう見てもこのドラゴンが甘夏」
と周囲の人に言われたのですが…そうなんです??よくわからない。
思い込みに囚われている人に気付きを与える、みたいな感じでしょうかねぇ。
ふざけて「アサシン甘夏」とか呼ばれてますけど、別に何か特別なことをしようとはしてなくて
見えてるくせに見ないようにしてる、もうわかっていることを言うだけです。
……ドラゴンってそういうこと!?

土星講座では「集団性」が隠れキーワードとなっていたところもありますが、振り返ると私はより「個人」を意識するところが多かったです。

「私は○○したい」

という主張をしなければならなかったし、そう在ることであの場に立てたのですから。
でもそれは、普段の組織社会にいる自分からすると、とても慣れないこと。
何より「主張が通ってしまう」ことが慣れませんでした。自分の意志が現実化することに対する怖さと責任。
(言ったことが叶うのって怖くないです??私は怖い。そういえばそういうカードも引いた…)
それが第3チャクラのカードを引いた理由かなと思います。

そういえば、講座の前日、牡牛座満月のタイミングで、香水のビンが割れました。
ポーチの中で割れて、今もまだ匂うのですけど。
自分の想定する枠がだいぶ小さくなっていて、中身がめりめりと大きくしようとしているのかな、と感じます。
単純に言えば、中と外のギャップのような。
入れ物を少し、替えた方がいいかなー、という感じがします。

いいね!した人  |  リブログ(0)