妄想キャリブレーション 雨宮伊織オフィシャルブログ「雨のち伊織ちゃん」Powered by Ameba

妄想キャリブレーション 雨宮伊織オフィシャルブログ「雨のち伊織ちゃん」Powered by Ameba

妄想キャリブレーション、紺色担当!雨宮伊織のまいにちです。


テーマ:

2019/2/23のZeppDivercityをもって、妄想キャリブレーションの活動を終了します。



妄想キャリブレーションが大好きです。

メンバーも、ファンの皆さんも、楽曲も、振り付けも、このグループが纏う空気も、全てが大好きです。

良い事ばかりじゃなかった。だけど、どれかひとつ選んだ先がここで良かったって 心から思います。

ただの大学生だった私に、想像もできないような夢を見させてくださいました。

初めてのステージに立った日から全部全部、昨日のことのように痛い程鮮明に覚えています。


新メンバーとして途中加入してすぐの頃、歌パートはほとんど貰えず、ダンスもついていくことができなくて、ステージの隅で踊ることばかりでした。悔しくて情けなくて一人で泣いたのが懐かしいです。

少しずつ増えていった歌割りや、センターに立って踊る機会が増える度、伊織推しのみんなは自分のことのように喜んでくれたね。

みんなが私を一番に選んでくれたことに対する最大の恩返しは、私がここで一番になることだ、そう思って頑張ってきました。いつも完璧にできなくて、ごめんなさい。

4年間ずっと私の原動力はみなさんそのものでした。出会ってくれてありがとう。

自分のことが大嫌いだったけど、雨宮伊織としてみんなの前に立って、少しだけ自分を好きになることができました。


47都道府県ツアーの終わり頃から、活動を続けること自体に意地になっている自分がいて、私自身それは少し違うな、と感じ始めていました。

メンバー全員で何度も話し合い、お互いの意見を尊重した結果、今回の決断に至りました。突然の発表で、皆さんを驚かせてしまいごめんなさい。自分の悲しみには耐えられるのに、皆さんの悲しい顔を思い浮かべるのがとても辛いです。


私は妄想キャリブレーションを最後に、ステージに立つことはありません。


このお仕事をする中で色んな場所に行き、色んな方に出会い、自分の視野の狭さを知り、世界の広さを知りました。

魅力的なものに触れ、心を動かされた瞬間がいくつもあって、人生が一回じゃ到底足りないと思うくらいやりたいことがたくさんあります。

妄キャリを通して作詞や作曲、衣装デザインや舞台演出などに携わらせていただく機会があり、何かを作ることに大きな魅力を感じました。これからは雨宮伊織として以上にひとりの人間として、何かを作り、形にして届けていくことができたら素敵だなと思っています。



夢は必ず叶うなんて、そんな綺麗事私には言えないけど、私の日常はいつも素晴らしいことで溢れていました。そこにはいつも応援してくれるファンの皆さんやメンバーがいました。本当にありがとう。


4年間ほとんどの時間を一緒に過ごしたメンバーは私の誇りです。真剣にぶつかって、良い事も悪い事も分け合って、笑って泣いて自分をさらけ出せる仲間に出会えて良かった。ひとつ夢が叶うたび肩を組んで飛び跳ねて喜んで、本当に楽しかった!大好きだよ。


私にとって世界一のメンバーと アイドルとして最後のステージに立てることは本当に幸せです。


この先どんなことがあっても、誰に何を言われても、妄想キャリブレーションが絶対に一番良いんだって、私が信じていられるから大丈夫。

最後の1秒ステージを降りる瞬間 皆さんが最高だったって思えるように 私が私を認めてあげられるように 全てを懸けてパフォーマンスします。


私は絶対、後悔しないし後悔させないからね。

待ってるよ!




2018.10.09 雨宮伊織






Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース