皆様 お久しぶりです。宮司のNOBBYです。

FACEBOOKを使い始めてからついついブログを書かなくなりましたが、人様のブログを拝見すると読み応えがあるのはブログ!と思い戻って参りました。

 

今日は、明後日5月28日に開催される「尼崎えびす神社手作り市」についてのPR.

 

この尼崎えびす手づくり市はH28年、昨年から始まったまだ歴史の浅いイベントです。

私がこれまでいろんな地で訪れたマルシェ、市場、骨董市と名乗るイベントに魅力を感じずっと希望をしていた憧れのイベントでした。

 

何が魅力かと申しますと、、、

 

1.薄利多売の時代、世界中、皆同じような物を身に付け、所有し、生活している時代に

  ひとつひとつ個性がある物って愛着を感じます。

  「君は私に出会うに産まれてきたんだね」という感じ。

 

2.日本人のものづくりの能力は昔からやっぱりすごい!

  私の周りの身近な人々、それも結構な数、お料理、手芸、服飾、絵画などすごい

  アーティスト、プロデューサーがいらっしゃいます。趣味レベルであるのがもったいない。

  そういう人達の能力が生かせる場があればいいな~と思っていました。

 

3.空の下、開放感、気持ちがいいと機嫌もいい。

  うきうきな時は、きっとお店の方々やそこで出会った人たちと交流できるはず。

  人間のしあわせは人からしか生まれない。

 

そんな魅力を感じてきました。

そして昨年想いは通じて公園利用のプロ、出店のプロなどと偶然にご縁があり

ついに開催という運びとなりました。

 

今年は第2回にして、出店数が締切よりもだいぶ早い時期に満席御礼、50店舗くらい

でます。尼崎のユニット、あまゆ~ずさんもパフォーマンスにきてくださいます。

お天気予報も晴れマーク。サッポロビールさんとのコラボで、えびすビアガーデンも

ありますよ。近隣商店街さんも市もサポートしてくださっています。

皆さんのやる気できっと盛り上がると思います。

 

是非手作り市にお越しください。

 

5月28日(日)

尼崎えびす神社にて

10時~16時

https://www.facebook.com/amaebisu.tezukuriichi/

 

 

 

 

 

AD

十日戎祭を終えて

テーマ:

十日えびす大祭を無事終えることができました。
ご協力頂きました皆様ありがとうございました。神職といたしまして崇敬者の方々の幸せを祈らずにはいれません。
今後も「人様の幸福、願望成就」についての研究に励み「癒され叶う神社」を体験して頂きたく思います。
十日えびすは主に西日本の文化で、えびす様を御祭神、または摂社末社の神様として祀られている神社数が関西は、東に比べて一桁多いのです。関西人の商売繁盛に対する切実な熱意がうかがわれます。
これまた関西の縁起物である福笹には、節目正しく、いつも青々とエネルギーに満ちて枯れないでいるという意味が込められています。...
そんな関西人の特質が現れているザ・関西文化が廃れないよう尼崎からも十日えびすの賑わいを発信できればと思っております。
崇敬者さま、地元の皆様、どうぞ今後とも尼崎えびすさまへの崇敬とご協力を賜わりますようお願いいたします。

(十日えびすで知人、友人の方々とお会いして、ひと笑いするのが実はめっちゃ楽しみの宮司でーす!)

FB  より

 

 

 

AD

新年ご挨拶「酉」を考える。

テーマ:

新年あけましておめでとうございます。

本年も皆様にとってしあわせ多き年となりますようご祈念申し上げます。

 

今年は新たな年明けに相応しい快晴の元旦~お正月休みとなりましたね。

当神社へも多くの方が参詣にお越しくださっています。

 

今年は「どんな年にするか」という決意はなされましたか。

新年に定めるべく今年の抱負というのは社会的に定番となっているため、決めないのも不安、決めるにもマンネリ化または、無い、などなかなか難しいと思います。

そこで平成29年の個性、「干支」から考えてみませんか。

今年は「酉」年ですが、この漢字、普通「とり」とは読みません。「鶏」が正しいですよね。

ちなみに私は長年の慣れで、何のためらいもなく読んでますが 十二支全ての漢字は本来動物を表すものではなく、、暦において、方角や年月を表す漢字だそうです。それを(中国人にとって)わかりやすくするため、馴染みある動物を当てようということで12の動物が無理からあてがわれたそうな。(♪酉の方角というより、ニワトリさんの方角ね~という方が覚える!)

なので、国によって動物が若干変わっていることもあります。ベトナムはうさちゃんのかわりに

にゃんこだそうです。うしは水牛限定!

「酉」は暦上10番目を表す漢字。

10番目の月は酒造りの季節だったゆえに「酒」に近い「酉」にしておこうや、

てな感じで決定したとのことです。もう、なんだかノリで行っちゃっている感じですね。

「酉」は本来お酒をいれる壺のようなものを表したようですが、酒造りのプロセスを考えたとき、収穫、抽出、成熟。そこから「酉」の年は実、達成する年とされているようです。

 

若干無理はありますが、なんでも前進するためにはたたき台が必要です。

「干支の意味」を自分なりに考えて一年の目標を立てることも素敵だと思います。

なんでも長い歴史あるもの、継続しているものって、質が高く、不動の力があるように思えるのです。ご自身の開運にもきっと繋がると思います。

わたくしも、チキンと、いえ、きちんとお酒を楽しみ、目標が叶う年にしたいと思います。

  (「酒」は関係ないか~っ。)

                 

              

 

 

AD