大好きだから

テーマ:

先日、ムツゴロウさんご家族がインタビューされている映像を見る機会がありました。

突然無人島に住み始めて、のちに動物王国を作ったそうですが、生活には並々ならぬ苦労があったようです。

ムツゴロウさんの突飛な行動によくついていかれましたね、よく許せましたね、どんな気持ちだったのせすかと司会が奥様に聞くと

突拍子もないことする人は面白かった
ただただついていこうと思った
大好きだったから
畑(ムツゴロウさん)の前にも、畑の後にも、畑以上に好きな人はいなかったから
そりゃ、許せないこともいっぱいありましたよ〜
そんなときは、その気持ちと天秤にかけるんですよ
そしたら((許せないことより)好きな気持ちの方が勝つから、許すしかないの

そうおっしゃって笑う奥様の笑顔は幸せそうでした。

愛し尽くし、許し尽くせる
深い愛情と信頼で結ばれている

そんな関係性っていいなぁ
こんな風に人と人が繋がれたらいいなぁ
と思ったのでした。

近道

テーマ:


少し前のこと、私が街路樹のスペースに勝手に作っていた花壇が根こそぎ整理されてしまったので、たくさんのバラを植えて、一からバラ園を作ってみましたが、苗だったバラがたくさんの花を咲かせてくれました。

 

根こそぎ刈られてしまったと思っていた植物の一部は、根が残っていたようで、そこから新たに新芽が育ち、新しく植えたバラとともに信じられないようなスピードで成長し、ここ一ヶ月ほどのあいだ、すっかり花壇らしくなってきました。

 

以前は、狭いスペースがぎっしりいろんな草花で埋まっていましたが、今は、ほどよい間隔でこじんまりと綺麗にまとまっています。

 

古き物は整理されましたが、一部、残された物は美しく生まれ変わり、新たなものと調和して、さらに全体として美しくなってゆく様をみながら、宇宙も、私たちも、こんな感じで進化していくのだなぁ、“(根こそぎ)整理される”ことは、“進化の近道”なのだなぁと、大いなる御心に想いをはせていたのでした。

 

 

台風

テーマ:

 


今夜、大阪に上陸する可能性が高いようです。

 

 

前回の台風の被害は大阪のあちこちで大きかったようですが、実家は大きな被害はなかったものの、風が強くて家が地震のときほど揺れていたそうで、母が相当怖い想いをしたようです。

私は東京へは、もともと、明朝もどる予定にしておりましたので、今回は私がいるからと、母は少しは安心しているようですが、、避難したほうがええんとちゃう、、などと心配な気持ちは強いようで、、、、

なだめて落ち着かせています。

 

確かに、安全を考えるとそうなのかもしれません。

が、とくに、恐怖の想いもわきあがってきませんので、私は、実家で静かに祈ってすごすことにしました。

 

願わくば、台風がそれてくれますように、、、

来ても、被害がありませんように、、、

みんな、みんな、無事でありますように、、、

 

私は明朝もどる予定にしておりますが、朝一、二、三番目までの便の欠航が決まりましたので、

すこし遅くなります、私がもどるまでは、代診の先生に診察をお願いしておりますので

よろしくおねがいいたします。

 

 

テーマ:



小笠原に来てから、ほぼ毎日船にのり、イルカと泳いでいます。
 
ドルフィンツアーの中には、南島の散策も含まれていますが、参加は自由で、南島に上陸しなかった人は船にのこってドルフィンスイムをします。
今回、参加したツアーで、私と友人の2人だけが船にのこり貸し切り状態になることが、2回もありました。
ラッキー!
 
2回目は5頭のイルカたちと、長い間一緒に遊ぶことができましたが、1回目のときは1度だけで、イルカが海に潜ってしまったので、その後はイルカをさがしながら、海を眺め、たっぷり海を楽しむ時間となりました。
 
船長さんが 何度も何度も 「きれいだね~、ほんときれいだね~」と海を眺めながらおっしゃいます。
 
私達も同じ思いで、ほんとに綺麗な海、ありがとう~ という気持ちでただただ海を眺めていました。
 
船長さんの海を、海の生物たちを本当に愛する心が自然に伝わってきます。
 
私達の思いもまた同じで、そんな想いは海にも、海にいるイルカたちや他の生物たち、そして地球に伝わっているのだろうなぁと、想いながら「きれいだね~、ありがとう~」が胸の中でリフレインしているのでした。
 

小笠原です

テーマ:

今年もまた小笠原に参りました。

 

どこまでも青い海、青い空、まばゆい太陽、美しい夜空、、、、

 

なんだか、お水のたりなかったお花がお水をあたえられて生き生きするようなかんじで、

海に入ったとたん、私の細胞もいきいきしてきたような、、、

 

イルカたちも一緒にゆっくりと泳いでくれ、カメラを構えられないほどの至近距離になることもしばしばで、

初日から思いっきり癒されました。

 

ここでしか体験できないこと、これから満喫します!

大丈夫

テーマ:


最近、台風や地震などで、いろいろ大変な状況が続いています。

 

昨日、スーパーに母と買い出しに行き欠品している商品が多いことを知りました。

 

『しばらく入荷しない』とお知らせが出ている商品(北海道産の牛乳など)はほとんど残っておらず、

災害に備えての常備用に良さそうなもの(カップ麺、コーンフレークなど)も在庫切れや少なくなっていました。

 

『しばらく入荷しない』というお知らせを目にした人は、

“手に入らなくなるかもしれない”という恐れから、手に入れる行動にうつる、

あるいは、

被災したら食料が手に入らなくなるかもしれない、現に今被災地では不足している、

そうなったら大変だ、という怖れから、手に入れる行動にうつる、

その恐怖の想いを感じ取った人達にも怖れがひろがり、

どんどん棚から物がなくなってゆく、

 

あまり深刻に考えていなかった人達も、品薄の棚をみて、

自分も残っている分を持っておかなければとおもい、

さらに棚から物がどんどん消えていく、、、、

 

そんな感じでこの棚は空っぽになったのかなぁ、、、、

あちらこちらの空っぽの棚をみながら、私は推測していました。

 

 

すべては恐れからでた行動です。

 

非常時に備えて準備しておくことは大切ですが、

恐れから行動にうつすのではなく、、

いざのときでも、“大丈夫”という意識をたもち、冷静に行動できればよいですね。

 

 

 

 

命がけ

テーマ:

https://www.youtube.com/watch?v=cvChjHcABPA

 

MAMMA MIA HERE WE GOが今上映中ということもあり、昨晩はケーブルテレビに 2008年に公開された前作のMAMMA MIAが流れていて、久しぶりに見入ってしまいました。

 

主演はメリルストリープ、私が一番好きな女優さんで、彼女の映画はたくさん観ています。

彼女の素晴らしい演技や多彩な才能に触れ、ミュージカルまでもこなすにはいかほどの努力をしているのかと思うと、、その姿勢に圧倒され、さらに魅了されています。

 

どんな仕事でも、それに命がけで取り組む姿勢には、ただただ尊敬と憧れしかありません。

そして、そんな姿勢は私の目指したいところでもあります。

 

 

余談ですが、、今回、この映画のなかで、一番胸にぐっときた曲はこのSOSでした。

 


大阪は、1階がクリニックで、2・3階が自宅になっていますが、診察に降りるとき、スィーティーにいつも“びょういん行ってくるよ~”と声をかけていましたら、いつしか、スィーティーのほうから「、“いぃいってくるよ~、びょーいん”と言ってくれるようになりました。

 

診察にいくときは、かならず“びょういん いってくるわな~”といいますが、

宅配をとりに降りたりするときは、病院とはいわず、“ピンポーンゆうた、ハーイ”といいます。

 

お昼寝に、3階(私の部屋がある)に上がろうとすると、“ねんねしてくるわな~”といい、

降りてくると“Did you take a nap?”、

夜に上がるときは、“Good night グンナ~~イ ”

おトイレ(1,3階にある)にいこうとするときは、“プリプリ~いってくるよ~”(以前はdodoからなまったジュジュしてくるわな、と言っていましたがいつのまにやら、プリプリがお気に入りの単語になってしまい😅、、いつもプリプリしてないって!^^;)

いろいろなシチュエーションで、言う台詞をほぼ完璧に使い分けて先に声をかけてきます。

 

昨日私が診察に降りようとしたときの一言はこうでした、

“いってくるわな~、びょういん。ねんねしてくる”

 

実は、前日睡眠不足でしたので、めっちゃ眠かったのです。

 

顔をみて判断できるのには驚きました😮。

 

ドキッ😓、ねむたいけど、ねーへんで~。

 

人も、こんなふうに的確に状況判断ができると、気が利いたひとになれるでしょうね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

写経

テーマ:



どうしても、筆書きが必要なものがあり、久しぶりに墨をすりました。

硯のうえでゆっくりと墨をすっていますと心が静かになってゆきます。

墨の良い香りが漂い、さらに無心になってゆく、、、

ああ、この感覚、気持ちいい✨、、、、、

 

気持ち良すぎて、墨をたくさんすりすぎたので😅、何か書きたくなり、短いお経を2回書いてみましたが、

ちょっと書きたりない感じ。

 

そういえば、、、、

先日文房具店に参りました時、たまたま目についた、般若心経の写経用紙📜と、写経用の小筆🖌を買ったのを思い出し、早速取り出して写経をいたしました。

写経なんて何十年ぶりです😯

 

最後に “為”というところがあります。

何の為でもなく始めたのですが、、書いている間、しきりと父のことを思い出していましたので、父の戒名を書きました。

 

父の病気が発覚しました時、病気平癒を祈るとともに心を落ち着けるために写経をよくしていました。

父にも勧め、お寺に行って一緒に写経をした時もありましたので、その記憶が鮮やかによみがえっていたのでした。高3の冬でした。

 

もしかしたら、父のリクエストだったのかもしれませんね🤭


無心で書きましたので、すっと天に届いていることでしょう🙌

 

 

 

 

 

 

許すことが幸せ

テーマ:

 


先日、大切に長い間、育ててきた植物がすべて処分されてしまうという経験をしました。

 

街路樹のスペースに私が勝手にいろいろと植えて花壇にしていたので、私にどうこういう権利はないのですが、区から撤去しなさいと言われたわけではなく、近所のホテルのご主人が勝手に区に依頼して、“きれいにしてあげた”ということだったのです。

彼は以前にも、街路樹が大きくそだって葉っぱが落ちて掃除が大変だろうということで、勝手に区に依頼して、せっかく大きく育ち、我が家にとっては西日から家を守ってくれる存在だったその街路樹を切り株にしてしまったのでした。

その時も、今回も、絶たれなくてもよかった大切な生命が奪われてしまったことで、私の胸は張り裂けてしまいました。

 

取り返しのつかないことに、どうしようもない憤りとやるせなさを感じ、前回はしばらく胸が重く、切り株をみては“ごめんねごめんね”といって泣いていたことを思い出しました。

幸い、この切り株、数か月後に芽を出し、私の心を一挙に晴らしてくれたのでした。

でも、今回は根こそぎ引っこ抜かれてしまっていますので、そんな奇跡を期待できません、、、

 

一度ならずも二度までも、、、、私は尊いいのちたちに彼の行った身勝手な振る舞いを心から謝りましたが、

もう、この惨状を見た時は茫然自失、心がズタズタに引き裂かれ修復不能かと思えたぐらいでした。

家に入るやいなや、声をあげて泣き喚いてしまいました(滅多にないことですが、、)。

感情に圧倒されていましたが、涙が枯れてきたころ、落ち着きをとりもどし、どうしてこんなことが起こったのだろう、という考えが浮かんできました。

これから何を学べばいいの?

 

『水に流すこと』、そう天が教えてくれました。

ああ、天からあたえられたレッスンだったのね、、、

 

ならば、許そう、水に流そう、、、、

そう素直に思うことができました。

1時間ほどは泣き喚いてしまいましたが、起こってしまったことはいつまで嘆いていてももどるわけではないのです。

彼には彼なりの事情があったのかもしれません。一方的に悪者にする前に、彼の心を思いやってあげなければなりません。もしかしたら、生い茂る草木をうっとおしいとおもい見る度、不快にさせていたのかもしれません。

 

不思議なほど、あっさりと水に流すことができました。

 

2日たってこのことを振り返ってみました。

 

前回樹を切られたときにはしばらくの間、憤り悲しんでいましたから、それに比べますと、成長した自分に驚いています。

 

水に流すなんて無理、、、、そのように思う心もあったのですが、

なんと、1時間ほどで、水に流すことができたなんて。

 

前回樹を切られた時の、相手を許さず、憤りと悲しみをずっと心に抱え、それを癒そうともしなかった自分と、、

今回根こそぎ生命を奪われても、さっさと許して水に流し、心軽やかに魂の成長を喜べる自分と

を比べてみても、

どんな状況でも、ひたすら『許し』『水に流す』ことを選び続けることのほうがどれだけ幸せかわかります。

 

『許すことが幸せ』で幸せで、、、という生き方、をこれからも続けてゆきたいとおもいます。

 

今回のように、とてつもなく辛いことが与えられければこの経験はできなかったかもしれないと思うと、尊い生命を私の魂の成長のためにささげてくれた植物たちに改めて心から感謝の気持ちがわいてきます