中高年の新しい生き方を目指す『AMANE STYLE』

中高年の新しい生き方を目指す『AMANE STYLE』

AMANEと言います。年を重ねてきて、もっともっといろんなことに挑戦したい。人と繋がりたい、いろんな経験をしたい、いろんな所に行ってみたい。勉強もしたい。そんな生き方について、書き留めていきます。

毎日、おもしろいかと問われたら。

微妙ではある。

 

しかし、私は、おもしろいことを探そうとはしている。

なぜなら。

普通にしていたら。

おもしろいことは、ほとんどない。

 

おもしろいことは、向こうからやってくるのではなく。

こちらから、見つけるのだ。

 

と思っている。

そのために、いろんなことに興味を持つ。

 

そしたら。

街はおもしろさで溢れかえっている。

 

スーパーは、エンターテイメント。

散歩は、気づきと発見の連続。

 

図書館などは、発見の宝庫。

本屋でも。

 

だから、私は、よく人から言われる。

なんでそんな楽しそうなんですか。

と。

違う。

楽しそうなことを見つけているだけである。

 

桜を背景に男性と女性が楽しく踊るイラスト無料(フリー)83567 | 素材Good

 

 

今日は、月に一度出席している。

 

顧問先の経営会議。

 

12時間参加します。

 

コメントを随所で求められるので。

 

全集中でのぞみます。

 

始めは、慣れなかったのですが。

 

今は、大丈夫。

 

オンラインライフも視野に入れて生活をしないと。

 

オンラインで知り合うひとも増やしたい。

 

今の課題。

 

オンラインで。

 

次から次へと、いろんなことに参加すること。

 

まだ、出来ていません。

 

リアルのように、一つに限ってしまっています。

 

この概念も変えなければならなすですね。

 

オンライン説明会の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

優しい時間を過ごしたい。

 

昔、テレビで見た記憶。

 

ある喫茶店では、お客様が自分の手でコーヒーの豆挽きをして。

 

そのコーヒーを飲むという喫茶店でのお話し。

 

そのゆっくりした時が。

 

優しさを感じました。

 

そのドラマのモデルになっていた喫茶店に行きました。

 

北海道の富良野にある『珈琲 森の時計』という店です。

 

今、私は真似をして。

 

コーヒーメーカーを処分して。

 

自分の手で挽くコーヒーミルを購入して。

 

珈琲を挽いて飲んでいます。

 

優しい時間です。

 

闇の教室 〜闇を知ると人は謙虚になれる〜: 優しい時間

 

 

5月2日岡山に行きました。

 

仕事です。

新しいお客様のところに行ってきました。

 

しかし、

仕事の関係と旅好きもあって。

 

本当に、全国詳しくなりました。

日本全国、結構小さな街まで。

網羅しました。

 

学生のころ。

小松左京のラジオ番組を聴いていて。

あまりにも、いろんなところに詳しいので。

 

あんな大人になりたいと思ったのが、キッカケ。

 

そんな大人になりました。(笑)

 

岡山も、何十回と行きました。

市内も詳しいのですが。

 

久しぶりに行ったものですから。

勘が鈍っていました。

 

これからも。

頑張ります。

全国。

どこにでも行きます。

 

観光写真ダウンロード|写真・動画ライブラリー|旅行会社 | 岡山観光WEB【公式】- 岡山県の観光・旅行情報ならココ!

さだまさしが好き。

 

いろんな曲があるが。

 

僕が童話作家になろうと思ったのは。

 

という歌詞が印象的。

 

今回。

 

童話賞に作品を提出しました。

 

童話作家。

 

あこがれます。

 

ちいさなお子さんの人生が変わったら。

 

嬉しい。

 

一生、覚えていてくれたら。

 

うれしい。

 

子供のころ。

 

うちには。

 

沢山の絵本があった。

 

童話があふれていた。

 

今でも、言葉を覚えている。

 

大の本好きにもなった。

 

僕も童話作家になろうと思った。

 

65歳だけれど。

 

日本童話選集(童話作家協会 編) / 古書からすうり / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」 / 日本の古本屋

また、ブログを書き始めました。

 

なぜか。

 

65歳を過ぎたから。

人からは、見えないですねと言われます。(笑)

 

しかし。

後ろが短くなると。

焦りが出てきます。

 

もっと、いろんなことをやりたい。

やりたいことも、一杯。

 

逆に、捨てなければならないことも。

 

優先順位もあるな。

本当に大事なことも、考えなければ。

 

昨日は。

オペラを映画館で観ました。

メトロポリタンオペラのライブビューです。

R・シュトラウスの『ナクソス島のアリアドネ』でした。

 

久しぶりにリアルのセミナーに参加しました。

日本の美と心「東山魁夷」

90歳の参加者のコメントの素晴らしいこと。

モーツァルト研究をしている方で、東山魁夷の絵の中にモーツァルトの音楽が聞こえたということ。

85歳の歌手の方もおられ、五曲ほど歌っていただきました。

 

年をとっても、イキイキとされている方がたくさん。

先輩たちに負けずに。

私も頑張ろう。

 

R・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》 | 演目紹介 | METライブビューイング:オペラ | 松竹

 

京セラの稲盛名誉会長の言葉です。

 

この言葉に、勇気をたくさんもらいました。

 

しんどいな。

 

うまくいかないな。

 

このままでは大変なことになるな。

 

もう駄目だ。

 

と思うこと。

 

たくさんあります。

 

実は、そこまで追い込まれたときが。

 

仕事の始まりなんだよ。

 

と教えられます。

 

言葉には、たくさん救われました。

 

いい言葉への出会いも大切なことだと思います。

 

忙しく仕事をしている男性会社員のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

あなたが輝いているときは。

 

と、尋ねられたら。

 

旅と答える。

 

それぐらい、旅をしているときは楽しい。

 

好奇心の強い私。

 

見るもの、聞くもの、感じるもの。

 

旅は、すべて新鮮。

 

興味津々。

 

予測不能が楽しいのだと思う。

 

だから。

 

旅をどれだけ出来るかが。

 

私にとって大事なこと。

 

時間・健康・お金に余裕がないと出来ない。

 

旅のためにも、頑張り続けたい。

 

旅Pocket|国内・海外「旅行&お出かけ情報」 by 旅工房

 

 

いろんな記事を見ていて。

 

印象的だったのが。

 

美しさ。

 

という言葉。

 

それも、イチローの記事を見ていて。

 

イチローは、美しさを大事にしていたそうです。

 

すべてにおいて、美しいかどうか。

 

練習においても。

 

試合においても。

 

だから、ヘタな選手の動きは見ないようにしていた。

 

そのこだわりが。

 

私は、感心しました。

 

基準を美しさにおくと。

 

日常のいろんなものの変わってきます。

 

参考にしたい考え方です。

 

日本人にとっての美しさとは | アライバルクオリティー

昔、言われたことがある。

 

会社に所属していたころ。

 

「本当に自由人ですね」

 

と。

 

確かに、自分の仕事は他に干渉されないようにしていた。

 

出来る範囲で、自由にやるようにしていた。

 

そんな姿を見ての言葉だと思う。

 

私は、誉め言葉と思っている。

 

まわりの人も、そうしたいのだが。

 

なかなか出来ない。

 

仕事がプロフェッショナルであること。

 

業績をしっかり出していること。

 

これが必要なのだ。

 

だけれども、これはみんなにもできる可能性のあること。

 

ジョブ型雇用などが叫ばれている時代。

 

自分でも、やってこれたことは誇りに思う。

 

愛知県プロフェッショナル人材戦略拠点 | 愛知県プロフェッショナル人材戦略拠点