『社員のやる気と会社の活力を形にする!』(株)スターフィールド代表取締役星野周の経営・組織・人事についてのつぶやき

『社員のやる気と会社の活力を形にする!』(株)スターフィールド代表取締役星野周の経営・組織・人事についてのつぶやき

経営・心理・組織・人事・育成・活性化の専門家が皆さんへのサポートを行います。

ビジネスをやっていて、あるいはいろんな人を見ていて。
考えるのは。
種を蒔くということ。
種をまかなければ、花は咲かない。
それも、何の種を蒔くのか。
ちゃんと育てるのか。
それによって、花の咲き方が違う。
しかし、種を蒔いている人は少ない。
今、花が咲いているので、それで満足してしまっている。
いつ枯れるのかは、わからない。
私は、素晴らしいお花畑を人生という花壇に咲かせたい。

 

房総の花摘み施設一覧と時期 | 房総タウン.com

新入社員教育の時に、自己紹介で趣味を聞きました。

 

その中で、多かったのが。

 

映画鑑賞。

 

私も映画が好きで、しょっちゅう隙間を見て映画館に通っています。

 

それで、最近何を見ましたか。

 

と、聞いてみると。

 

結構、古い映画。

 

もっと聞くと、携帯で映画を見ているとのこと。

 

そうなんだ。封切りではなかった。

 

自分の常識と、だいぶギャップが。

 

時代は、どんどん変わっている。

今こそ、マインドフルネスだと思う。

 

マインドフルネスとは、心を整え。

 

今、ここに注意を向けること。

 

瞑想をイメージしてもらえばわかりやすいかもしれません。

 

今、不安がたくさん。

 

今、不満もたくさん。

 

矛先は、国にいったり、会社にいったり、家族にいったりと。

 

心がここにあらずの状態。

 

欧米で大人気のマインドフルネス。

 

ストレス低減。集中力強化。創造力の向上。大事なことに気づく。老化防止。

 

いいことばかり。

 

日本でも、注目を集め始めています。

 

私は、今必要なスキルだと思います。

 

そこには、幸福の姿も。

 

ぜひ、皆さんもやりませんか。

 

そう、私は関西マインドフルネス協会も運営しているんです。

 

今、オンラインもやっています。

 

いつでも参加できますので。

ステイホーム。

 

4月から始めて、ほぼ2カ月。

 

家にいると、本当に太ります。

 

途中から、食事制限をしたのですが。

 

それぐらいでは、痩せない。

 

家にいて、テレビばかりみて動かないという生活は。

 

本当にまずい。

 

5月から、1週間ほど

 

ウォーキングをやりました。

 

しかし、あまり効果なし。

 

それで、始めたのが。

 

昔購入したビリーズブートキャンプのDVDをやること。

 

2週間続きました。

 

体重は、2キロしか落ちていませんが。

 

筋肉がつきはじめ、おなかは少しシャープに。

 

何とか、習慣にしよう。

 

私の尊敬する安岡正篤氏の言葉に。

 

『古典と歴史と人物の研究 これなくして人間の見識はうまれない』

 

というものがあります。

 

私も、そう思っており。

 

日々、勉学の日々です。

 

しかし、身についているかと

 

考えれば。

 

自信がありません。

 

一応、本は2万3000冊ほど読みましたが。

 

見識が生まれたとも思えない。

 

生涯、学び続けることが大事。

 

旅が好き。

 

旅に出れなくなると、むずむずする。

 

旅をしているときは。

 

ものすごく、幸福を感じる。

 

日本は、ほとんど行った。

 

世界も、50か国以上行った。

 

好奇心旺盛な私。

 

旅は、その好奇心を見たしてくれる。

 

特に、海外は、見るもの聞くものに。

 

へー。

 

の嵐。

 

早く旅に行きたいな。

 

今やれることは、英語と中国語の勉強。(笑)

 

今思えば、本当にありがたいこと。

 

約40年前に、京セラに入社。

 

あらたな世界は。

 

刺激の連続。

 

不可能への挑戦。

 

圧倒的な熱量。

 

誰にも負けない努力。

 

本当に、いろいろ経験させていただきました。

 

50歳なかばで、京セラを卒業させてもらい。

 

自分で、その経験を中小企業の皆様に役立てるように支援事業を。

 

しかし。

 

私の考え方は、本当に変わった。

 

そのベースは。

 

京セラフィロソフィ。

 

本当にありがたい。

 

今でも、その本質をつかむために。

 

勉強を続けています。

 

中国古典、哲学、心理学、歴史、会計、経営学、マーケティング、宗教。

 

学ぶことは多い。

 

 

 

自粛生活も長くなり

 

体重も増え。

 

まずいことに。

 

それで。

 

やり始めたのが。

 

昔、流行ったときに購入した。

 

ビリーズブートキャンプ。

 

買ったときには、やらなかったのに。

 

改めて、やると。

 

面白い。

 

身体にも。

 

良さそう。

 

失われた筋肉が、須戸とは戻るかも。

 

楽しみ。

 

あとは、持続性の勝負。

 

頑張れ。

 

自分。

 

 

ステイホームなので、ダイエットしようと思いました。

 

しかし、これがなかなか難しかったです。

 

とにかく、食事量は工夫ができました。

 

朝ごはんは、しっかり食べて。

 

昼ごはんは、春雨のみ。

 

晩ごはんは、サラダ、納豆、肉料理のみ。

 

時に、パスタをとってり。

 

気づいたこと。

 

太りはしませんでしたが。

 

体重は、維持だけで下がらず。

 

やはり、動かないことは。

 

熱量が少なすぎる。

 

今は、マスクをつけて人のいないところで、ジョギングを強化したい。

私は、京セラで稲盛経営を学びました。

 

その中での仕事の在り方は、目標を具体的にみんなで徹底共有して。

 

個々人の役割責任を明確にして。

 

具体的数字目標も明確にして。

 

その進捗をみんなで追っていく。

 

その進捗状況と役割責任がつかめるようになると。

 

それぞれの取り組みの難易度と達成度がお互いにわかる。

 

それが、評価につながる。

 

人事制度は、それができる組織と人材育成が必要。

 

一番肝心なことは、その仕組みを作ること。

 

そんなことを広げています。

 

稲盛流人事制度改革ホームページ

 

https://starfield-consulting.com/