View this post on Instagram

『ゴルフシューズの裏側』 今回は靴の裏側を分析!! 今回のシューズで着目する点は3つ! ①の部分 この部分は他の部分より少し硬めの素材が使われており外側にねじれにくい様になっています。 バックスイング時に骨盤がSWAYの防止やフィニッシュ時に安定性を得る事が出来ます。 ②の部分 この部分は少し柔らかく作られているため非常に曲がりやすくなっています。 そのため内側の安定性にかけてしまい、親指の付け根部分で踏ん張りたい方には ③の部分 このポイントの特徴はどの方向にも踏ん張れる様に8個の突起が付いています。 ただ素材が柔らかい傾向にあるため地面が硬い所には効果を発揮しますが、雨の日や地面がぐちゃぐちゃしてるところは踏ん張りがきかない可能性があります。 このように裏側をみることはシューズ選びには非常に重要な1つだと思います。 皆さんもシューズ選びの際は是非裏側をご覧になってください。 理学療法士の中田でした。 #shoes #golfshoes #insole #ゴルフシューズ #インソール #golf

中田 翔さん(@nakatashou.willlabo)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

おはようございます。 理学療法士の中田です。 昨日綾田プロがお越しになりました。 綾田プロとは2月に行われたプロアマでの出会いからインソールならびに靴のチェックをさせて頂いております。 今回は練習シューズを新しいものに変更していただいたのですが、1枚目と2枚目の違いがお分かりになるでしょうか。 これは全く同じデザインのシューズです。 同じ力で曲げていますが、1枚目は完全に真ん中で曲がってしまっています。 2枚目は全然曲がりません。 これは靴のミッドソールのへたり(劣化)でこのようになってしまいます。 最初に問題がなくても使ってるうちに靴自体が消耗してしまうためこのような形になってしまいます。 スイングの動画も掲載しますが、バックスイングやフィニッシュ時に安定性がないのが良くわかると思います。 靴のミッドソールの寿命は半年と言われているので自分のゴルフシューズも是非チェックしてみてください。 #insole #インソール #scarpe #shoes #golf #golfswing #golfshoes #ゴルフ #ゴルフシューズ

中田 翔さん(@nakatashou.willlabo)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

おはようございます。 理学療法士の中田です。 今日は石川遼プロがツアーで履いているこの靴 『ツアープレシジョン ボア18』 このシューズは表記サイズより1.5cm 大きく作られています。 革靴と同じようにつま先が長く作られてる分表記サイズより1.5cmも大きくなっていると思われます。 なので足サイズが25.0cmの人であれば24.5cmをまず履いてみてください(^◇^;) ヒールカウンターは問題ありません。 しかし、靴の背骨と言われるシャンク機能が全くありません。 これではラウンド後半の疲れやスイングの不安定性に繋がってしまいます。 また、靴底が地面に対して平行ではないので前方重心になりやすく前に負担がかかりやすくなっています。 日本人に多いとされる開張足の方はタコが出来たり、最悪モートン病になる可能性も、、、 ダイヤルロックが靴の脇に付いているのでアッパーとの一体感も得られませんでした。 全体的な印象として石川遼プロみたいなアスリートには問題ないかもしれませんが、アマチュアゴルファーにはむかないシューズなのではないかと思います。 #insole #インソール #scarpe #shoes #golf #golfswing #golfshoes #ゴルフ #ゴルフシューズ

中田 翔さん(@nakatashou.willlabo)がシェアした投稿 -