こんにちは!済生会前店の長江です(´v`)

 

一年を通しての紫外線量は、7,8月に続き、5,6月は多い月となります。そこで、今回は、紫外線とその対策についてお伝えしたいと思います。 

一日の中で、紫外線が強いのは、午前10時から午後2時頃です。特にこの時間は肌を紫外線から守るようにしましょう合格

 

紫外線は、肌の老化にも大きく影響しているので注意が必要です。

 

紫外線は、UVAUVBUVCに分かれますが、実際に地表に届くのはそのうちUVAUVBですキラキラ

 

UVA】太陽から届く紫外線の約95%を占め、肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こし、シワ、タルミの原因になりえます。

 

UVB】太陽から届く紫外線の約5%と量は少ないが、肌への作用が強い為、短時間でも日焼けによる炎症や、しばらくしてから色素沈着反応などを引き起こし、シミやソバカスの原因となります。


 

参考までに天候から見てみた場合ですが・・・。

 

快晴の日の紫外線量を、100%とした場合、晴れ:90% 曇り:60% 雨:30%あるとされています。

 

その為、晴れていない日も紫外線対策を怠らないようにしましょう。そして、日ごろからサンバイザー、帽子、手袋、日傘、日焼け止めクリームなどで、こまめな対策を心がけましょうハート3