百咲美きもの教室
  • 14Mar
    • 女性文化大学 発表会

      ブログをご覧いただき、ありがとうございます。先日、年に一度のきもの教室の発表会があり、今年もドラマがありましたのでブログに綴ります!3月9日(土)一般財団法人民族衣裳文化普及協会開催の発表会「女性文化大学」が中区役所ホールで開催されました。我が百咲美(ももえみ)きもの教室からも生徒さんがステージで日頃の成果を発表しました。私の教室では、発表会の練習は12月からスタートし、3月の本番までは発表会に参加するしない関係なく全員が毎回発表会の練習をします。そして…何度も練習を重ね、最後の練習日は本番3日前。その日、なんと私はアレルギー反応と喉の乾燥により、朝から声がガラガラ ლ('꒪д꒪')ლ今回、発表会の総合司会を務めさせていただく事になっていた私は、悩んだ結果、耳鼻科受診を優先してお稽古は生徒さんに任せる…という決断をしました。この日のお稽古は5名。(中級2名,基礎3名)全員発表会に参加する生徒さんです。耳鼻科受診後、コミセンへ駆けつけると…中級の生徒さん2名が中心となって発表会の練習を進めてくれていました!もうビックリ!!嬉しすぎる風景でした。そして、私は生徒さんに恵まれてるなぁ…生徒さん達に助けてもらってるなぁ…って実感して感謝の気持ちが溢れ胸があつくなりました。そして本番当日。無事、総合司会を務める事が出来ました。私にとって初めての総合司会。今までは私自身も師範の会として、モデルさんに着付けをしていたため、本番直前にほんの少しだけ生徒さん達に声を掛ける事が出来るだけで、本番のステージを観ることは出来ませんでした。でも!司会の席は舞台袖にあるため、今年は生徒さん全員に声を掛け、近くで頑張る姿をこの目で観る事ができました♡私はそれが何より嬉しかったんです!!他にも開講講師の方はいらっしゃるのに…私だけ舞台袖で皆さんに会える特別感。これは!と思い、ステージに向かう全員の方を笑顔で応援させていただきました!発表会の様子①基礎講座発表会の様子②中級講座そして、無事終了。発表会終了後のグループLINEは、既に来年の発表会を見据えた内容が生徒さん同士で飛び交っていました!百咲美(ももえみ)きもの教室!私も含めてドンドン前進するぞー♡♡長くなりましたが……今年もドラマのある発表会!でも、最高に楽しい1日でした!!

      1
      テーマ:
  • 21Jan
    • 着付けショー

      先日、老人保健施設で着付けショーをさせていただきました。実は、この着付けショーで、施設利用者様に着付けをさせていただいたのですが、そこで、女性の美に対するPOWERなのか・・・きものが持つPOWERなのか・・・利用者様が笑顔になり、私自身、とても幸せな気持ちになれたので、そのおはなしをつづります。今回、施設側からの強い思いもあり、職員だけでなく、利用者様にもモデルとして着付けショーに出演いただきました。私が着付けを担当させていただいた利用者様は、日頃シルバーカー(手押し車)を使っていらっしゃる方。本来、着付けショーをお承りする際、利用者様に万が一お怪我があってはならないので、利用者様がモデルになる事はありません。でも・・・「もう一度きものが着たい」という利用者様の日頃からの思いを知る施設側から相談を受け、私もその気持ちに出来る限りお応えしたくて、きもの選び、着付け方、介助についてなど打ち合わせを重ね、万全の準備をさせていただきました。そして、本番当日。控室でお会いした時は、支えがないと立つことも出来ず、背中は曲がり、足元はリハビリ用の靴、笑顔も少なく「私は何をさせられるの?」と小さな声で不安なご様子でした。でも、着付けをさせていただくと見る見るうちに表情が変わり、背筋が伸び、気付いた時にはご自分のチカラで立っていらっしゃったんです!本番は、リハビリ用の靴のまま歩いていただく予定でしたが、「草履で歩きたい」と仰り、草履をお選びになりました。そして、私の耳元で「ありがとう。もう一度きものを着る日が来るなんて・・・こんな嬉しい事はないわ」と仰ってくださいました。本番は、歩きにくい草履なのに力強い足取りで、満面の笑みでモデリングしてくださいました。観客の利用者様からも「良いね」「似合うね」「素敵だね」と声が掛かり、会場全体が笑顔に包まれました。施設の担当者の方も、まさかこんなに背筋が伸びるとは思わなかった!こんなに表情が豊かになるとは思わなかった!と驚き、喜んでくださいました。その瞬間何とも言えない幸せなあたたかい気持ちになり、お手伝いさせていただけた事に改めて感謝をしました。これが2019年のチーム百咲美(ももえみ)始動の着付ショーでのおはなしです。チーム百咲美(ももえみ)とは・・・???チームは、きもの教室の生徒さんでもあります。中級講師以上の方は着付け担当基礎、初級講座の方はお手伝い担当もちろん、お稽古ではないので「やりたい!」と希望される方がチームに入ります。そして、チームで活動するための学びは怠らず、最高のチームを目指して頑張っています!チームは、成人式、結婚式、入卒などで着付けだけでなく、このような着付けショーも運営しています。このブログを読んでいただいた方の中に、チーム百咲美(ももえみ)の仲間になりたい!って思ってくださる方がいらっしゃったら、とても嬉しいです!老人保健施設の着付けショーにて

      2
      テーマ:
  • 18Jan
    • 着付け教室ってどんなイメージですか?

      いま、着付け教室に通いたいと思いますか?これから習おうと思っていますか?今回のブログは、‟これから着付けを習いたいけど…”と一歩を踏み出せずにいる方に読んでいただけるとうれしいです。だって・・・百咲美(ももえみ)きもの教室は、習いたいけど…の「けど」を解決できるかもしれない場所だからです!「きものは好きだけど…」「着付け教室に興味はあるけど…」けど…???「高い着物とか買わされそうじゃない?」「荷物も多いし、いろいろ大変そう」「着たい時に着せてもらえれば良い」その中で、特に多く聞かれるのは「きものを着る機会がないんだよね」「きものを誰かに着付ける予定もないし」好きだけど、興味はあるけど、に続くのは、マイナスイメージな言葉が多いんですよね。うんうん。確かに。そのイメージわかります。だって、きものじゃないとダメ…という場所やイベントがある訳でも無いし、いろんな不安はあるだろうし、お稽古へ通うにも荷物は多いし重いと思います。でも、百咲美(ももえみ)きもの教室の生徒さんから聞こえる声はちょっと違うんです。「最初は軽い気持ちだったけど…」「きものを着る機会は無かったけど…」「ゼロからのスタートだったけど…」けど・・・???「もっと上手になりたい!って思った」「入卒、結婚式、七五三で着る事が出来た」「きもの=むずかしい じゃなかった!」そして、共通して聞かれた声は、「お稽古以外の活動ができる事が嬉しい」でした。そうなんです!百咲美(ももえみ)きもの教室は、着付けの技術を学ぶだけではありません。希望する方は、その知識や技術を活かせるイベントやチームとしてお仕事する事が出来ます!着付けショーでモデルに着付ける自分が着物モデルになってステージに立つ記念日の着付けをさせていただく(お仕事)などなど・・・百咲美(ももえみ)きもの教室で着付けの技術を身に付けていただくとその先には、こんな楽しい事もあるんです。✿実際の活動についてはどんどん紹介していきますね!そして…もちろん、他のイメージにあったような着物の販売は行っていません!逆に「買いたい!」って時は・・・日頃利用している店を教え合って「よし!みんなで行ってみようか!」なんて事もありますけどね。その買物ツアー(と言っても、見るだけで買わない事の方が多いけど・・・笑)も楽しい時間だったりします。さいごに…名古屋市内だけでも、きもの教室は本当にたくさんあります。それぞれの教室が、みなさまにとって「良い点」「そうでない点」あるかもしれません。みなさまにとって「通ってよかった」と思うきもの教室に出逢えますように…そしてその場所が百咲美(ももえみ)きもの教室だと思っていただけたらとてもうれしいです!百咲美(ももえみ)ホームページ生徒さんと共に

      1
      テーマ:
  • 17Dec
    • とても嬉しかったこと

      ブログをご覧いただきありがとうございます。百咲美(ももえみ)きもの教室の橋元百恵です。先日、とても嬉しい事がありました。それは、百咲美(ももえみ)きもの教室の生徒さん2名と一緒に中部講師会に参加したことです!中部講師会とは、私が所属する一般財団法人民族衣裳文化普及協会の中級講師認定者以上の講師のみが参加出来る講師会。私が参加した日は、中部地区から約100名の講師が集まりました。その中の2名が私の生徒さんだったのです。私がきもの教室を開講したのは2016年9月。開講と同時に4名の生徒さんが基礎講座に入会してくださいました。第一期生です。きもの教室の開講講師としての経験はゼロだった私を信じて入会してくださった4名。きものを自分で着た事が無い生徒さんが毎週、毎月、夫々のペースでお稽古して、一歩ずつ一歩ずつ上達しながら約2年が経過。同じように私も、きもの講師として毎日毎日示範(実技)の練習、話し方の練習、時間内にお稽古をする為の時間配分を計算したり…当時も今も変わりはしませんが、まさに‟学びながら教え、教えながら学ぶ”日々。一歩ずつ一歩ずつ講師になっていった2年だったように思います。その第一期生が、現在では中級講師認定を取得し、着付けチームとしてもデビューしようとしています。そして…その第一期生のうち2名が今回私と一緒に中部講師会に参加してくださいました。思えば、認定式の時、生徒さんが壇上に上がった姿を見た時、一緒に頑張った日々、必死についてきてくれた生徒さん、いつも必死に練習していた生徒さん、いつも笑顔で‟お稽古が楽しい”って話してくれる生徒さん…色々な思いが溢れ、嬉しい気持ちと感謝の気持ちで胸が熱くなり、涙が溢れたんです。認定式の生徒さんの姿は毎回涙が溢れる私ですが、やっぱり初めての時の思いは、今とはちょっと違う感謝+感動みたいなものがありました。いつか、一緒に講師会に参加できると嬉しいな…と思っていた私。今回、その夢が叶いました。きもの開講講師としての経験は3年目に突入したばかり。まだまだ夢は沢山あります。目指す場所はまだまだずっと先にあります。その為に学び、成長しなければならない事が沢山あります。現在、少しずつですが生徒さんも増えてきました。大きな和室のあるコミュニティーセンターを借りてお稽古できるようになりました。百咲美きもの教室は、まだ開講3年目のひよっこかもしれません。でも、生徒さんとの距離感は近く、一緒に学びながら一緒に成長している教室です。そして、共通して皆さんいつも笑顔!常にお稽古では笑い声が聞こえてきます。だけど、皆さんとても真剣です。以前、生徒さんが「私は、単に着付けを学びに来ているだけではなくて、自分時間が欲しい、笑いたい、話したい、癒されたい…そんな楽しみがあるからお稽古に来てる」と、話してくれた事があります。すごく嬉しかったんです。この言葉。私が目指すきもの教室は、そんな場であって欲しいと思っていたから。なので、自分時間が欲しい、笑いたい、話したい、癒されたい…そんなきっかけでも構いません。百咲美きもの教室は、そんな生徒さんをお待ちしています。あれ?なんだか話がズレてますね。そうでした!!百咲美きもの教室を開講して丸2年。みんなで笑顔で成長して、この度、生徒さん2名と中部講師会に参加してまいりました。それがとても嬉しく、そして気持ちが引き締まる思いでもありました。これからも、学びながら教え、教えながら学び、生徒さんと一緒に成長していきたいと思います!最後までお読みいただき、ありがとうございました。生徒さんとピースで自撮り(中部講師会にて)百咲美きもの教室HP

      11
      テーマ:
  • 27Nov
    • 私のお客様ってどんな人だろう?

      ブログをご覧いただきありがとうございます。名古屋市熱田区を拠点として「百咲美(ももえみ)」という名前できもの教室を開講している橋元百恵と申します。さて、今年の夏、自分自身の思いや目標としっかり向き合い前進していきたい思いから受講しているにわっち塾。月1回、様々な業種の女性起業家さんや起業を控えた女性が集まり、自分自身や自分の仕事と向き合いながら、自分の目標を明確に持ち、そこに向かうべくワークを続けています。にわっち塾の様子そして、今回は「私のお客様」について具体的に掘り下げていきます。これが課題。まずは、現在の私の事業内容と目標を改めて確認する作業からはじめてみました。❖私の事業内容と目標①きもの教室の講師 (きもの講師の資格が取れる講座を開講)②きもの着付け師 (記念日等のご依頼による着付け)③つまみ細工師 (不定期教室開催)④ハンドメイド和小物の物販 (サロン等で販売)私は、現在4つの事業を立ち上げていますが、その思いはひとつ。「私らしい笑顔」の花を咲かせて欲しい。(そして、その輪を広げたい)例えば、自分できものを着たり、お子様やお孫様にきものを着付けてあげられるようになる喜び。それが叶わない方には、着付け師としてご依頼主様やご家族の気持ちに寄り添いながら着付けをさせていただく事で笑顔の輪が広がる。その思いがあり、私は着付けチームを作っています。そして、チームの質を高めるために、技術と発想力、お客様にとって心地良い接遇も出来るよう質の向上に努めています。しかし、着付け教室も、着付け師も、つまみ細工も…大手は沢山あります。腕の良い着付け師も沢山います。だからこそ、私自身が「私らしい笑顔」になれる事業に育てなければと日々向き合うようにしています。これが事業内容と目標を簡単に纏めたもの。さて、続いては・・・❖各事業に対するお客様①きもの教室の生徒さん②着付けチームの希望者③着付けのご依頼主様④つまみ細工や和小物を購入いただいたお客様⑤今後お客様になる可能性のある方単純に考えるとこんな感じになると思います。そして本題の課題へ。①~④のお客様はそれぞれ違うから、今回のテーマ「私のお客様」について、どの事業のお客様について書こうかな・・・と思ったのが最初。でも、まず大切なのは全ての事業における「私のお客様」について掘り下げていくこと。そこから、見えてきたものを素直に書こうと思いました。結果…私のお客様・20代~60代の女性・ライフイベントにはきものを着たい・自分磨きが好き(習い事・エステ等)・アクティブに活動している・人と関わる事が好き全ての事業に共通して出てきた言葉でもあり、現在、頑張ってくれている生徒さんや着付けチームにも共通して言える事だと思いました。私のところに集まってくれている人=私のお客様そのものだったと実感した瞬間でもありました。……あれ??もしかして??今まで集まってくれた人たちの魅力が私にとって心地よくて、私のお客様はそうであって欲しいと願った現れなのかなぁ?と思い、そして、私自身もまた、同じタイプだな…と思いました。昨年、私のお客様ってどんな人だろう?と同じワークをやりました。その時の私は、親子できもの教室。‟ママに着付け、子どもに躾(しつけ)”をテーマに考えていた時期でした。そして、その親子できもの教室の事業を実現させるために色々考えていた時のワークのひとつ。結果、私が思うお客様像と私がやりたいと思っている目標に相違がある事に気付きました。そして、改めて自分と向き合い、現在のカタチになりました。軸はブレないでいよう「私のお客様」って、もしかするとまた変わってくるのかもしれません。でも、今の私にとって…を常に考え、新しい事を始める時、悩んだ時など、間違った方向へ進まない様に軸をしっかり保っていきたいと思います。百咲美ホームページ

      7
      テーマ:
  • 29Oct
    • 憧れの王朝装束

      光源氏になりました「装束から学ぶ源氏物語 女性の美と恋」一般財団法人民族衣裳文化普及協会おもてなしadvanceのカリキュラムのひとつ、理事の講座です。この日の先生方は衣紋者(えもんじゃ)の装い。許された方のみ着ることが出来る紫色の色無地。いつも和気あいあいとした雰囲気の教室も、この時はどこか緊張感のある空気感。なんだろ…こうゆう空気感、私は心地よく感じたりするタイプです。さて、そんな中での王朝講座。衣紋者(着付け)は小野 道子先生と中村美佐子先生。私の前と後ろを夫々が担当されます。ひとつひとつ確認しながら、息を合わせながら着付けていくタイミング、力の入れ具合。モデルをしていると、その心が私にも伝わってくるんですよね。何とも言えない緊張感により、私の背筋もドンドン伸びて光源氏の気持ちになる訳です。いつも客席から観ていた王朝装束の着付け。舞台の上ではこんな空気が流れてるんだな…と初めて知って、更に私の気持ちは高ぶります。写真は小野先生!私にとって憧れの先生のひとり。小野先生は自撮りが上手!憧れの王朝装束衣紋者になりたい!学びたい!民族衣裳文化普及協会 では、師範の会に所属していると王朝講座を受講する事が出来ます。私は師範の会に所属しています。受講資格もあります。でも、今までは、他にまだ学ぶべき事があると思い、着付け講師としてのスキルに直結する継承塾(理事から直接学ぶ基礎講座…と言った内容)や、おもてなしadvance講座(所作、茶道、英語、中国語、手話などを学ぶ講座)を受講してきました。まだ、私のスキルは王朝装束を学ぶまで達していないのでは……と。きっと勝手に自分で線引きしてたでも、本当にやりたかったら、もう学んでたような気もしてるんです。きっと、自信の無さが邪魔をして一歩を踏み出せず、自分で何やら理由を付けて線引きしてたんだろうな……と。でも、やっぱり王朝装束を学びたい気持ちはずっと心の中にあるんです。悩んでいるのはやりたい証拠以前、友人にこんな言葉を言われた事があります。今回、光源氏の装束モデルをさせていただいた時、この言葉が頭を過ぎりました。やっぱりやりたいんだ!そんな気持ちを強く持った1日でした。最後まで読んでくださりありがとうございます。写真は、講義が終わり着物に着替えたところ。ぺったんこの前髪で、苦手な自撮り。

      8
      テーマ:
  • 24Oct
    • 私のウェルネスコーチ 野村かおりさん

      私は現在、10年前のスタイルに戻すぞ!と目標を持ち、ダイエットに励んでおります。そして、私のダイエットをサポートしてくださっているのがウェルネスコーチの野村かおりさん。今回は、私のダイエットをサポートをしてくれている野村かおりさんをご紹介させていただきます。かおりさんは、現在、愛知県一宮市にあるヘルシー倶楽部というお店でウェルネスコーチをしています。ウェルネスコーチっていうのは、痩せるだけのダイエットとは違って、健康なカラダを作る事でスタイル改善したい人をサポートする仕事なんだそうです。そして、コーチのかおりさん本人も産後太りから健康的に美しいスタイルへ見事変化したダイエット経験者…成功者なんです。こちらが、かおりさん!優しい笑顔の綺麗なお姉さんです。(私と同じ寅年生まれなんですけどね~)かおりさんとの出会いかおりさんに初めて会ったのは、今年8月から受講している「にわっち塾」の初日。なので、出会ってから約2ヶ月。ビックリ!まだ2ヶ月しか経ってないんだ…と、このブログで驚くほど私にとっては以前から知ってる友達みたいな感覚になっていました。にわっち塾初日、隣の席に座ったのは今思うと必然だったのかもしれない…なんて思いますが、第一印象は、抜群のスタイル!そして可愛い!プリンセスみたい♡お話しの仕方も、優しさが溢れる口調。とっても話しやすい人だな~っていうのが私の印象でした。私…初対面の方に対して無意識に警戒してしまうところがあります。人見知りとはちょっと違って、出会って数分ですぐ警戒が緩む時もあれば、心を許すまでとても時間が掛かってしまう時もあったりして…でも、かおりさんへの警戒心はあっという間に緩みました。というか、警戒してなかったかも。なんでだろうって思ってみると、それは、かおりさんが、優しい笑顔で話し掛けてくださり、そして私の思いに寄り添いながら心地よい雰囲気作りをしてくれたからなんだろうなって思いました。心から相手の幸せを願える人は自分も満たされてる私の警戒をいとも簡単に解いてくれたかおりさん。かおりさんは「人のお世話ばかりしてしまう事が長所でもあり短所でもある」と話してくれました。出会った人達が、求めている事を叶えられる自分になりたいし、誰かの役に立ちたい。ダイエットや健康を求めている人達の人生を変えるきっかけになる人でありたいという強い思いを持ち、日頃からウェルネスコーチとしてサポートしているのだそうです。でも、お世話が過剰になってしまうと依存になってしまうから、依存にならないよう、自分のココロの声を聞きながら自己メンテナンスを欠かさずしているんですって!凄いと思いました。だって、私は人の幸せと自分の幸せは分けて考えてる気がするから…。というかそこまで深く考えてなかったのかも。相手に合わせて過ごした幼少期かおりさんは小学1年生の時に転校し、お祖父さんの家で、かおりさん家族が同居していたそうです。遊ぶ時は近くに住むお友達と2人で遊ぶ事が多く、自分で「遊ぼう」と誘う事もあまりしなかったそうです。転校生としての疎外感。嫌われたくないという思いもあり、自分から…というより、相手の気持ちや思いを考え、相手に合わせながら過ごしてきたそうです。性格も、人に合わせるタイプだと思う。とも話していましたが、かおりさんは幼い頃から人の心に寄り添ってきたんだなぁ~、だからかおりさんと居ると心地良いんだって思いました。でも今は、合わせるだけではなくて、お話し上手の聞き上手。そんな心地良さのある方。冷凍食品を一切使わなかったお母さんかおりさんのご両親は共働きだったそうです。会社員のお父さんとパートのお母さん。お母さんは、どんなにパートで忙しい時も冷凍食品を使わず手料理を作ってくれていたそうです。それは、家族の健康を考えてのこと。お母さんは天然で、純粋で、頼りなくて、自由な人。と話してくれましたが、家族を愛するとても優しいお母さん。忙しいとつい冷凍食品に頼りがちですが、手料理を作ってくれていたお母さん。その話を聞いて、今、かおりさんがダイエットだけでなく「しっかり栄養をとって健康なカラダになる」という栄養への拘りのルーツはここにあるんだろうなって思いました。私が全てをさらけ出したのは野村かおりさんだから私は現在、かおりさんのサポートを受けながらダイエットをしています。サポートをお願いしたいと頼んだのは1回目のにわっち塾のあと。ダイエットのサポートをお願いするという事は、自分の体重は勿論のこと、カラダのサイズ、食生活、日頃の運動量、全てをさらけ出す必要があります。警戒心の強い私が、たった1回かおりさんに会っただけで、かおりさんのお店へ行こう!かおりさんにだったら自分をさらけ出せる!と思ったのは、かおりさん自身がダイエット成功者だったからではありません。かおりさんの相手の心に寄り添いながら心地よく迎えてくれる人柄に私も安心して自分をさらけ出す事ができたのです。私が思う野村かおりさんってそんな人。健康なカラダを作る事でスタイル改善したい人は、一宮市のヘルシー倶楽部でかおりさんに相談してみてはいかがでしょうか?ヘルシー倶楽部

      テーマ:
  • 22Oct
    • 一般財団法人民族衣裳文化普及協会 認定式&中部35周年パーティ

      10月21日(日)私が着付け開講講師および師範の会として所属している 一般財団法人民族衣裳文化普及協会の認定式および中部35周年記念式典&パーティが開催されました。私が携わった4つの幸せな出来事私はこの日、4つの幸せな出来事に携わっていました。その① 実行委員私は、パーティの実行委員として準備のお手伝いをさせていただきました。私の担当は、平均年齢50歳overの44人で約4分で振袖を着る「ひとり振袖」のオープニング動画、そしてエンドロール動画の制作でした。「ひとり振袖」は私も参加させていただいたので、オープニング動画を作る時も色んな思いが入ります(^-^)エンドロールは300名を超える参加者全員の名前を紹介させていただきました。大切な35周年パーティなのに、私が作る動画で良いのだろうか……と思いながら、実行委員としてお声を掛けていただけた事が嬉しくて、とにかく楽しみながらワクワクしながら精一杯お手伝いさせていただきました。その② 認定我が百咲美(ももえみ)きもの教室の生徒さん2名が中級講師認定を受けました。2人は私が着付け講師として教室を開講した2年前からずっと通って下さっています。2人は仕事をしながら子育てをしているママ。お稽古の参加も月に1回平均の参加です。でも、10月の認定式に間に合うように試験を受けて合格したい!そう目標を明確にして、この夏、必死に練習しました。私もその思いに応えたくて、お稽古開催日ではない日も「この日ならお稽古行けるんですけどお願い出来ますか?」の言葉に私も協力させていただき、こうして認定式を迎えた2人なんです。頑張ってきた2人。自分の生徒さんがこうして認定書をいただけるのは本当に幸せな事です。そして、実は私もおもてなしadvanceの認定をいただきました(^-^)その③ ひとり振袖最初にも書きましたが…平均年齢50代、総勢44名のギネス並みの人数で約4分で振袖を着る技術「ひとり振袖」を今回のパーティで披露させていただきました。私もその1人として参加!でも、当日を迎えるまでの4ヶ月間は自分の足らない技術熱い夏から練習が始まり、12回の練習では上達するのに時間が足らない事を悟った私は自宅で夜な夜な怪しくそっと練習。ギリギリまで課題が見つかるという状態でしたが、今の実力をしっかり出せた事で清々しいくらいの達成感がありました。その④ チーム百咲美今回の認定式&パーティに、我が百咲美きもの教室から認定を受ける仲間の拍手隊として、沢山の生徒さんがパーティに参加してくださる事がとにかく幸せでした。全てが笑顔に繋がる時間でした私は、イベントもお稽古も…何かする時に必ずポイントにしているのは、皆さんが笑顔に繋がる時間を提供したい。これを常に考えています。今回のパーティ後、参加した生徒さんから「楽しかったー」って着付け教室のグループLINEにメッセージや生徒さんが撮ってくれた写真が届きました。すると、パーティに参加出来なかった生徒さんからも「楽しそうですね~」って。嬉しい瞬間でした。忘れてはいけないのは感謝のきもち実行委員として、ひとり振袖メンバーとして、開講講師として。当日を迎えるまでの期間はとにかく全力投球!!!!!実力2割増しで臨みました!でも、とっても幸せな時間でした。そして、毎度の事ですが、今回もやはり家族や実家の協力無しでは出来ない事ばかり。帰宅すると、娘は私に冷たいお茶を準備してくれて、そのまま私の肩をマッサージし始めました。もう泣きそう♡♡幸せをありがとう。協力をありがとう。全てに感謝の気持ちで、また一歩ずつ前進していきたいと思います!長いブログになってしまいましたが…最後までお読みいただき、ありがとうございました。

      1
      テーマ:
  • 15Sep
    • 私が本当に叶えたい事業の目標

      私がきもの教室を開講したのは2016年9月。2年前の事です。そして、「百咲美(ももえみ)」という屋号で開業届を提出したのは2018年1月。この2年間、ずっと考えている事があります。それは・私はなぜ今の仕事をしているのだろう・私は何を目指しているんだろう私がきものに興味を持ち始めたのは成人式先ずは、私がきものに興味を持ったきっかけを振り返ってみます。私の母は着付け教室の師範です。きもの教室の講師をしていた事もありました。私が学生の頃から母はきものを着る生活を送っていた事もあり、当時から「きもの」に対する距離感は近かったように思います。そんな事もあり、私の成人式では当然の事のように母が振袖を着付けてくれました。当然の事のように思っていた母の着付け。ひとつひとつ、とても真剣な顔で丁寧に進め、着付けていく母。母は私に言いました。「お母さんはね、百恵に振袖を着付けてあげたくて着付け教室に通い始めたんだよ」私はビックリした事を覚えています。まさか、私に振袖を着付けたかった事がきものを始めたきっかけだったとは!そう思うと同時に、それがとても嬉しくて幸せに感じ、将来、娘が生まれたなら同じことをしてあげたい。そう思い、私は着付け教室に通い始めました。これが、私がきものに興味を持ったきっかけ。そしていつか、私も母のようにきもの教室の講師になれると良いな…と思い始めたのもこの頃。しかし、その後師範の認定まで取得したものの、当時の仕事を優先し10年間という長い間、きものから離れてしまうようになるのですが・・・最初目指したのは親子きもの教室の開講さて、話は戻りますが、私がきもの教室を開講したのは2年前。そのきっかけは娘の七五三。娘にきものを着付けていた時「あ…母が私にしてくれたように、私も娘にきものを着付けてあげたかったんだ」と思い出した事で、消えかけていたその思いに再び火がつき、きもの教室の開講に至りました。しかし、その頃の私はきっかけが単純で今思うと事業計画も酷い内容でした。「母娘」というキーワードが頭から離れず、安直にお母さんに着付けを教えて子ども達に紐の結び方や躾、礼節を教える教室を作りたい!なんて結構真剣に考えていました。なんか違うと思ったのはランディングページを作り始めた時やる気だけで突き進んでいた私は、早速ホームページを作りたいと思いランディングページを作っていました。すると・・・私が本当にやりたかったことって本当に親子きもの教室で良いのだろうか?本当に事業として確立できるのだろうか?そう思い始めると、ランディングページを作ることが出来なくなってしまいました。言葉が出て来なくなったのです。ちょうどそのころ、女性集客コンサルタントの丹羽綾さんと知り合い、きもの講師としてコンサルを受けていました。そして、もっと自分と向き合い、自分が目指すもっともっと奥深い思いを探る事が大切だと学びました。そして、今年8月。丹羽綾さんの「ありがとう」と言われて買ってもらえるイマドキのSNSマーケティング。いわゆるにわっち塾の塾生となり、この数日、更に更に自分探しを行いました。自分探しは色々な角度から行いました。・今の思いから未来を描いてみたり (私は将来、どうなりたいのか?)・過去の思いを振り返ってみたり (私は昔、どんなだったのか?)・私っていったいどんな人なんだろう (私の本質、どんなだろう?)そして、ひとつの思いにたどり着きました。私は、きものを通して自分に自信を持ち心から笑える女性を増やしたい現在、私の事業内容は、①きもの教室の講師 (きもの講師の資格が取れる講座を開講)②きもの着付け師 (記念日等のご依頼による着付け)③つまみ細工師 (不定期教室開催)④つまみ細工を使った和小物の物販 (サロン等で販売)この4つの事業が私の思いに沿わないのであれば今はやらない方が良いな。と思い、ひとつずつ検証しました。結果、全ての事業の中に「自分に自信を持てる」「笑顔になれる」のワードが出てきました。そしてやっぱり、私の思いはこれだと確信しました。思えば、事業を始めるにあたり考えた屋号「百咲美(ももえみ)」もそうです。「ももえみ」という名前は私の名前「百恵」と「笑顔」を組み合わせた造語です。そして、笑うという直接的な漢字ではなく、女性らしさを兼ね備えたかったので、沢山の美しい笑顔が咲きますように。の思いを込めて「百咲美」と屋号を決めたのです。この時の思いが、まさに事業の目標だったのだと重なりました。そして、目に見える目標は・きもの教室の生徒さんの中で〝きものチーム″を作りたい!きもの教室を通して自分できものが着られる、人に着付けられる喜びを経験する事で自分に自信を持って欲しい。誰かにきものを着付けてもらう事で、着物姿の自分を好きになって欲しい。つまみ細工も同じ。そう思っています。そして自分に自信が持てるようになり自然と笑顔になる私にとって、その目標を叶えるツールが「きもの」であり「つまみ細工」であるのだと思います。さて、この目標を叶えるためには何をすべきだろう。そこも毎日掘り下げています。そして、今やれる事は全て真摯に全力で頑張ろう!みなさまにとって、自分に自信が持てるもの、自然と笑顔になれるものは何ですか?みんなが笑顔になれますように・・・※生徒さんと発表会にてとっても長いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

      8
      1
      テーマ:
  • 31Aug
    • 「こころ」と「技術」のある着付けチーム

      私は、日頃きもの教室の講師をさせていただいています。開講したのは2年前。生徒さんも少しずつ増え、いつも楽しくお稽古させていただき、好きな事を仕事に出来る喜びを感じている日々ですが…私には、きもの教室を通して目指している目標があります。それは……着付けチームを作りたい!ということ私は、美容院や結婚式場、個人の方などからご依頼いただき、着付けのお仕事をさせていただく事があります。しかし、現在はご依頼いただいても自分のできる範囲でしかお承りする事が出来ません。・ご依頼を私の都合でお断りしたくないそこが、私が目指したいと思ったきっかけでもあるんです。もちろん、着付けを習うきっかけや目標は、生徒さんにも夫々あると思います。・自分で着られればそれで良いと思っている。・娘に着付けてあげられれば…・講師になりたい!色々あると思います。私もきものを学び始めたきっかけも成人式の時に母からきものを着付けてもらった事が嬉しかったからなので、勿論私は全力で応援したいですし、生徒さんの目標を達成させてあげたいです!でも、生徒さんの中から、私の着付けチームに入って、一緒に着付けのお仕事をしたい!と、目標を持ってくださる方も増えると嬉しいなって思ってるんです。既に、生徒さんの中で「チームに入りたい!」と頑張っている生徒さんもいます。とっても嬉しいです。とってもありがたいです。でも、勿論それには条件もあります。だって…お稽古ではなくてお仕事だから私が目指しているチームとは…・私に出来る心からのおもてなしをしたい・お客様に非日常を味わっていただきたい・お客様に笑顔になっていただきたい着付けるのが上手。なんて、当たり前の事です。私より技術の高い着付け師は山ほどいます。満足していただきたい。これも当たり前。満足していただくのは当然の事。私は、上手な着付けで満足していただく…だけではない。「こころ」を届けたいんです私の前職での話になりますが…私は、きもの教室の講師を始める前、20年間、100年以上続く老舗の貴金属ジュエリー会社で働いていました。接客業です。とても接遇には厳しい会社でした。私も何度も研修を受けた事があります。そして、何より20年間、パート、マネージャー、店長…色々な立場で売場に立ち、接客をさせていただき、お客様のナマの声を何度となく耳にし、心に響き、反省し、私なりに成長してきたつもりです。スタッフとの関係もそうです。自分以外全員お客様これ、前職で学んだ事でもあり現在も、着付けチームを作るにあたり皆さんに伝え続けている事でもあります。ご依頼いただいたお客様にとって、心からのおもてなし(着付け)をさせていただくには、最高のチームでなければならない。だから、チーム同士においても心からのおもてなしが必要だと考えています。私は、きもの教室を通して、そんな、心の部分もお伝えしています。だって、チームになっても、ならなくても、自分以外全ての方へ心をお届け出来る事って大切だと思うから。そんなきもの教室を目指しています。そして、そんなチームの輪を広げたいんです。もちろん!当然ながら技術も必要です。だから、私のきもの教室では、着付けチームに入りたくても、中級講師認定者でなければなりません。私は、一般財団法人民族衣裳文化普及協会の認定講師なので、ここが認定している中級講師認定の事です。私のきもの教室は、そんな、技術も、心も成長できる講座であり続けたいと思っています!だから、私自身、もっともっと学んでいきたいと思っています。写真は、つい先日着付けチームに入りたい!と頑張ってた生徒さんが中級講師認定試験に向けて練習しているところ。本当に、真剣に真摯に取り組んでいただきました!見事合格!さて、チームに入るためにはここからが大切!お客様にとって心地よい接遇が出来る「こころ」を身に付けないといけません。そしてお客様にとって着心地の良い着付けをして差し上げられる「技術」を身に付けないといけません。これで選抜チームに入れます!きもの教室には色々なスタイルがあります。我が百咲美(ももえみ)きもの教室のスタイルに共感いただけた方はぜひ!いつでもお待ちしています(^-^)とても長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

      5
      テーマ:
  • 29Aug
    • 私のゆめ

      ブログをご覧いただきありがとうございます。百咲美(ももえみ)の橋元百恵と申します。さて…日曜日につまみ細工体験講座を行いました。きもの先輩講師の教室で毎年夏の恒例になっている小物作り。今年はつまみ細工にされるとの事で、つまみ細工講師としてお呼びいただきました。その時、私のヤル気スイッチを押す日にもなったので、その思いを綴りたいと思います。今回のつまみ細工は前回の日曜日バージョン。平日参加出来ない方に向けての講座です。場所は名古屋市東区の東白壁コミュニティセンター。とても天気の良い暑い日でしたが、とても綺麗な青色の空でした。はい。私は空を見るのが大好きです(^-^)さてさて本題のつまみ細工講座ですが…今回はとても多くの方に参加いただいたので、参加者の皆様の机を口の字にして、私は中に入ってグルグル回りながら説明させていただきました。こんな感じ↓↓↓皆さんとても楽しそうに…そして真剣にピンセットを持って作業していて、仕上げのビーズを選んでいる時の楽しそうな顔を見てると私も幸せな気持ちになれました。今回は可愛いゲストも居て、ママが帯留めではなくヘアピン金具を付けて仕上げていましたよ。とっても似合ってる♡♡♡ここで少し私の話…私は現在、きものの着付けについては教室を持たせて頂いていますが、つまみ細工については不定期で体験講座を行ったり、ご依頼をいただく事で短期講座をさせていただく事はありますが、教室は持っていません。つまみ細工教室を開講したい! つまみ細工の楽しさを伝えていきたい!つまみ細工については、製作と販売がメインで講座は単発で良いかな…と思っていた私。本音は教室を開講したいのに……。でも、この思いがものすごく強くなりました!日曜日の体験講座は、私のヤル気スイッチを押してくれるきっかけにもなりました。私、学生の頃から「人の前に立つ」とか「指導する」「教える」事が嫌いじゃないんです。あ……上手い下手は別の話です(^_^;)部活では部長をやり、高校時代は3年間、前期も後期も何故か学級委員長。生徒会を務めていた時も確か学級委員長だった気がします。社会人になると、バイト時代もリーダー、正社員の時もマネージャー、チーフ、店長を務めました。そして、母になると父母会役員をやったり……常にその時のメンバーのまとめ役を任されてきた私。やるとなったら!!今までも常にやり切ってきました。そんな私なので!!ヤル気スイッチが入ったからにはやりますよ~!という事で!!10月or11月からつまみ細工教室開講したいな…と考えています。開講したら作品展もやりたいな~♡そんな私のターニングポイントにもなったつまみ細工体験講座。話は戻りますが今回も、皆さんのセンスが光る作品が出来上がりました!楽しかったーーー♡♡♡

      1
      テーマ:
  • 20Aug
    • にわっち塾 3期生 はじまりました

      私…にわっち塾の塾生になりました!これからわたし、ドンドン変化していきます!!と、そんな宣言から始まったブログですが…まずは、今…何故…私がドンドン変化したいと思い、一歩を踏み出したのか…そこから少しお話します。きもの着付け講師をしている私。1年前、きもの講師が集まって初めて受講した「SNS講座」そこで、丹羽綾さんと出会いました。集める集客ではなく集まる集客きもの講師を始める前、20年間勤務していた会社でずっと集客するために・・・を考えてきた私にとって、この言葉は衝撃でした。集まる集客ってなんだろう・・・。最初から、かなり興味津々。整体師の丹羽綾さんが、ご自身の経験談と共にお話ししてくださいました。そして、講座が終わった時の私。私にとって、とても心地いいテンポで、私にとって、とても解り易く、私にとって、とても興味深い、そんな講座でした。そして、もっともっと丹羽綾さんの話が聞きたい!と思いました。そんな時、きもの講師の先輩が入塾したのがにわっち塾女性集客専門コンサルタントでもある丹羽綾さんが、集まる集客に繋がる発信を自分でちゃんと出来るよう鍛えてくださる!?きっとそんな塾なんだろうな・・・なんて、当時は思っていた にわっち塾。SNSってナニ??状態だった先輩が毎日SNS発信、内容もドンドン面白くなってくるし、先輩らしさが増してきて楽しくなってる!更に‟集まる集客”をしっかり実現させている!そんな先輩の姿を目の前で見ていた私です。迷う理由なんてありません!私も頑張らなくちゃ!!次の募集で私は塾生になり、私も変化(成長)したい!そんな思いで、にわっち塾に申し込みました。ではにわっち塾の7ヶ月間でどうなりたいの?私……自分らしい発信が出来るようになりたい!そして、今やっている仕事の輪を、もっと広げていきたい!SNSをはじめて、気付かされたのは発信するのが苦手だということ。慣れない方と絡むのも苦手。コメントを入力するのも実はとても勇気が必要なんだと知りました。性格も、人見知りという感覚とはちょっと違って……警戒心がとにかく強いんだな…と。人にも。物にも。そこも、発信するのが苦手につなっっているのかな…とか。しかも、そんな私の性格もきっとちゃんと伝えられていないんだろうな…とか。なので、まずは自分らしい発信が出来るように!そこからスタートです。そして、橋元百恵から着付けが習いたい!橋元百恵に着付けてもらいたい!そう言って下さる方を増やしたい!今日はにわっち塾1回目。もちろん!自己紹介からはじまりました。持ち時間は1分。この課題を知ってから何パターンも考えては声に出して練習しました。結果、練習の成果もあって1分の体内時計はほぼ正確の58秒。でも、内容は未だ未だ……という反省。全然伝えられなかったというか、伝わらなかっただろうな…の 反省。だから、とにかく発信!発信して自分といっぱい向き合う7ヶ月にする!頑張る!真剣に!楽しむ!にわっち塾3期生の皆さんは殆どの方がはじめましてでした。新しい出会いは刺激がいっぱい!これからがとっても楽しみです!綾さん、皆さん、これからよろしくお願いします!

      3
      テーマ:
  • 15Aug
    • ラフな着付け

      ブログをご覧いただきありがとうございます。日頃、きもの教室の講師をしている私ですが、着付けをさせていただく事もあります。今回は着付け師としてのお話しです。先日、お久しぶりのお客様からご依頼をいただき、着付けをさせていただきました。ご依頼は長襦袢+ゆかた。「帯のイメージは粋な感じでお任せ」というご希望でした。初めてのお客様ではないし、お客様の雰囲気も存じ上げているので、“粋な感じで ”というご希望のみで仕上がりのイメージがほぼ出来上がります。あとは、当日の浴衣や帯、お客様のヘアスタイルを見て着付け方や帯結びを決定!ここで少し余談。着付けをする場合、当日の着付けの仕方や帯結びについて、①事前にある程度イメージしておいて、あとは当日決める!というパターンと、②事前にお打ち合わせしたり、着物や帯を先に拝見して帯結びもしっかり決めてから当日を迎えるパターンがあったり、ご依頼元よっては③お客様の顔も体型も着物も帯も全て当日まで判らないからその場で全て決める!というパターンもあったり…色々。私がお承りする場合においても、この、どのパターンもあります。今回は①のパターン。お客様の好みを知ってるのは有難い(^-^)けれど、逆に好みを外れないようにする腕が必要。本題に戻って……今回事前に決めたテーマは「着物っぽいのに全体的にラフな感じ」ビールをガッツリ飲みたい!!!との事だったので、そう決めました。笑顔でポーズを撮ってくださいました↓↓↓そして、帯結びはラフな創作お太鼓結び。椅子にもたれても形が崩れませんように…そんな願いを込めて♡全身鏡をご覧になりひとこと。「大満足!」いただきましたーーー!お盆休みは今日でおしまい。明日からまた頑張りまーす!!!

      テーマ:
  • 08Aug
    • つまみ細工体験

      ブログをご覧いただきありがとうございます私は名古屋市熱田区を拠点にきもの教室を主宰しながらつまみ細工の製作、物販、講座を行っている百咲美(ももえみ)の橋元百恵と申します。さて、先日、つまみ細工体験講座をさせていただいたので、こちらでご紹介させていただきます。今回の講座のきっかけは、きもの着付講師の先輩からのひとこと。「つまみ細工の体験講座を企画しようと思ってるんだけど、講師をお願い出来る?」ってお声を掛けていただき、もちろん私は即OK!その日からどんな講座にしようかな…???とウキウキワクワク♡♡そんなつまみ細工体験講座。製作したのは、きもの教室が企画している事もあり「帯留め」ちなみにこちら↓↓↓実際に使うとこんな感じ↓↓↓サンプルを作ると、こうして必ず実際に使用してチェックします。通常の体験講座ならデザインは1つ既に決まっいて、全員が同じものを作る事が多いのですが…百咲美(ももえみ)としては、他の体験講座とは違うスタイルにしたいなって思って、2種類帯留めのサンプルを作り、サークル型かスクエア型をお選びいただけるようにしました。しかも今回は、帯留めを希望しない方に向けてブローチにもなる金具も用意させていただいたり、布の色も、飾るビジューもお好きなものをお選びいただける「自分スタイル」が作れるように準備させていただきました。更に!!!本番前にピンセットで布を折りボンドを付ける練習もします。もちろん、布は本番で使うものと同じタイプ!色々自ら体験したり話しを聞いたりすると、これを体験でさせてくれるところはなかなかありませんが、百咲美(ももえみ)ではそれをやっちゃいます!だって、体験だとしても自分で作ったモノはせっかくだから使っていただきたいし、使いたいと思える仕上がりにして差し上げたいから。すると…選ぶところから皆さん真剣!作り始めると、すごい集中してるからピンセットの音しか聞こえない時もあり「いつものお稽古とは全然違って今日は静かだね~」って♪♪♪それだけ真剣に作ってくださいました。ご自身で選ぶと「丁寧に作るぞっ!」の気持ちが倍増するのかな♡仕上げの頃には集中から解放されて、いつもの皆さんに戻ったのかな???とても楽しそうにお互いの作品を見ながら写真を撮っていました。その写真がこちら↓↓↓写真を見ると…ほんと個性が光ってる!世界に一つだけの帯留めが出来上がりました♪♪皆さん楽しんでいただけたようで、本当に嬉しいっ!ぜひ、実際に使ってくださいねーー♡♡私も♡とっても楽しい時間でしたーーー♪♪そして…今月もう1回!8月26日(日)にも開催します!若干お席があるそうです。興味のある方は、ぜひ♡ 一緒に作りませんか?✿ご案内✿日時:8月26日(日) 13時~17時場所:名古屋市 東白壁コミュニティセンター料金:4500円 お茶、おやつ付き内容:2時間でつまみ細工帯留めを作ります。 なるべく15時頃までにはお越しください。企画:小野道子きもの教室 お申込み、詳細はこちら

      1
      テーマ:
  • 07Jul
  • 01Jun
    • 「きもの」イベントでお伝えしたかった事

      久しぶりの投稿は5月31日にイベントについて。私、名古屋市熱田区を拠点にして「きもの教室」を主宰しています。でも、お教室で伝えたいのは着付けの技術だけではありません。誰かの気持ちに寄り添う心、笑顔の幸せ、そして、自分を好きになって欲しい。そんな事をお伝えしたい。そう思っています。「きもの」は、そのツール。だから日頃はきものの先生をしたり、着付けをさせていただく者として活動したりしていますが……今回は「きもの」を通じてみなさまに温かい気持ちになって欲しいと立ち上がったきもの先生4人がイベントを行いました。久しぶりのブログ更新は、その時のレポから。長文ですが、よろしければお付き合いください。2018.5.31名古屋に拠点を置き、日頃、きものの先生として活動している4名が初めてイベントを企画して、お客様をお迎えしました。イベントのタイトルは、「逢いたくて、いま 名古屋小町のきもの物語」この会は、純粋に、タンスに眠っている「きもの」に袖を通してみませんか?とか、着物を着てみたいけど、着物で出掛ける場が無い…という方へ「きもの」でお出掛けしませんか?とか、「きもの」を楽しみましょう!そして、温かい気持ちになって美味しいフレンチを食べていただきながら楽しんでいただきたい。という会。会場は、名古屋駅近くにあるフレンチレストラン「オペラ」をランチタイムに貸切りました。ありがたい事に50席分用意させていただいたチケットも無事完売!沢山の方にお越しいただき、お客様にも会場を盛り上げていただき、そして助けていただきながらの2時間でした。5月31日の名古屋は土砂降りの雨。そんな中でのイベント開催なのに、多くの方が着物で参加してくださいました。会場で着替えた方は特に荷物も多かった事と思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。改めて…ありがとうございました。実は、今回のイベントをさせていただくにあたり、私達4名は「名古屋小町」という名前を付けました。そして、今回のイベントで拘りたかったひとつが会場の空間を名古屋小町色にする事。この名古屋小町をイメージした会場作り、雰囲気作りをしたくて昨日だけはフレンチレストランを和テイストに飾り付けさせていただきました。名古屋小町の1人、桐谷 さゆりさんしつらいのつまみ細工は心温まる作品ばかり。これを見て沢山の方が「素敵だね」と、声を掛けてくだいました。そして…イベントは、約4分の間に、洋服の上から着付けをさせていただく「早着付け」からスタート!私はこちらを担当させていただきました。(写真が無くて残念…)モデルさんの前と後ろを夫々が担当して2人で着付けます。息が合わないと4分間では綺麗に仕上がりません。曲の終了と共に仕上がった本番!!!ホッとしました♡拍手も沢山いただき、良いスタートを切ることが出来たかな…と一安心………する間もなく、今度は私から皆様へ「きもの」を通して私がどんな人生を歩んできたのか。何故、きものの先生になったのか…をお話しさせていただきました。私が伝えたかった物語は「母と私のきもの物語」ひとことで言うと母はなんでもお見通しなのかもしれない…という事。私の母も着付け講師をしていた時期がありました。「きもの」に長年携わってきた母にしてもらった事、教えて貰った事、たくさんあります。成人式の振袖が白地だった事もあり、友人の結婚式に着ていけるようにと赤色の振袖も用意してくれたり、母の着物がいつか私が着る時に着やすい様にと私のサイズで仕立ててあったり…いままでは、それが当たり前という訳ではないけれど、我が家の普通になっていましたが、それは実はとても贅沢でありがたい事なのだと、改めて感謝する事も出来ました。母の気持に寄り添う事で、沢山の母の想いに気付く事ができたような気がします。そして、実はイベント当日の朝までは、違う結論を考えていました。でも、マイクを持ちながら、また、気付いたこと。それは、母は私の事をお見通しなんだな…ということでした。母ってすごい!(あ、これは私の母がすごいではなくて、世のお母さんって事です)母娘だからこそお見通しの部分もあるのかもしれないし、仲が良いからかもしれない。でも、結局のところ、娘の気持ちに寄り添う母の想いというのは深いということ。私にも娘が居ますが、やはり娘の気持ちに寄り添いたい思いは別格です。私は、今回のイベントで、誰かの気持ちに寄り添う事で、誰かが自分に寄り添ってくれている事を感じられる…そんな幸せを味わうことが出来ました。最後に…今回のイベント開催にあたり、沢山の方のお力添えがありました。私達の企画をずっと見守り、間違った方向へ行かないよう沢山のアドバイスをしてくださった尊敬に値するスーパーウーマン!!!イベント当日、会場の着付けを担当してくださったきものの先生!急なお願いでも快く司会を引き受けてくださったイベントプロデュースをされている笑顔の素敵な女性♡この日の為だけに和テイストのフレンチフルコースを考案してくださった会場オペラさん。そして、早着付けのモデルを引き受け、洋服の上から着物を着て2時間過ごしてくれたのは、私の生徒さんの知り合いの方でした。ご参加いただいた皆様と、沢山のお力添えをいただいた皆様に、心から感謝申し上げます。名古屋小町は、まだ始まったばかり。これからも、皆様が笑顔になれるイベントを沢山企画していけたな…と思っています。ありがとうございました。

      4
      テーマ:
  • 20Sep
    • きものミニ着付けショー

      ブログをご覧いただき、ありがとうございます。着物大好き!つまみ細工大好き!日本の伝統文化を伝承していきたい♡でも、新しい事も大好き!だから今昔を融合しながら発信していきたい!前置き長ーーーくなりましたが、そんな色んな思いで現在はきもの着付講師を中心に活動しています。橋元百恵と申します。さて、先日きものミニ着付けショーのお手伝いをさせていただいたので、ご紹介です。きものミニ着付けショーを主催したのは、きもの着付講師としてお教室を開講している仲間。ほぼ同時期に開講したのに…ミニとはいえ着付けショーを主催するとは!!!すごい私も頑張らなくちゃ!と思っていたら「手伝って欲しい」と声が掛かり、迷わず「もちろんOK!」と返事をしたのが8月半ば。私は、モデルの着物選び(コーデ)、ステージ構成、ウォーキング、音響に携わり、本番はモデルの着付け、そしてモデル&着付けパフォーマーとしてもお手伝いさせていただきました。私は学生時代演劇部に所属していました。社会人になった頃には自分達で劇団を作り舞台に立っていた事もありました。その頃の思いが目覚めたんですね!とてもタイトなスケジュールでしたが、すごーーく楽しめました。何より刺激がいっぱい私のヤル気スイッチもバシッと押されましたさてさて…文章が続くと飽きちゃうので当日の様子をご紹介します。(今度は写真が続きます)まず最初に……会場は、愛知県みよしにあるCar-Den。ライブも出来るお洒落なカフェですそしてステージの様子。秋にも浴衣を着よう!夏ゆかた、秋ゆかたのご紹介。長襦袢に名古屋帯や半幅帯を合わせたゆかたコーデです。4分で着物→袋帯の二重太鼓まで着るパフォーマンスは講師の師匠が披露。振袖モデルさん、紋服モデルさん。大学生のお2人には、モダン柄の振袖と青紋服で現代風成人式をイメージ。初めて着る小紋をイメージしてこちらも大学生モデルさん。あえての古典柄。帯結びも数種類ご紹介しました。こちらも振袖モデルさん、紋服モデルさん。正統派成人式コーデ。ステージ上で帯結びの変化結びのパフォーマンス。写真は、文庫結びから花文庫結びに変化中。こちらも変化結びのパフォーマンス。ふくら雀を松重ねに変化させているところです。ステージ終了後はモデル全員で記念撮影しました。この中に私も居ますそして、出演したモデルさんの中につまみ細工師さんが数名。ショーの主催者でもある仲間の着付講師も、その1人。着付ショーの会場で作品を展示販売していましたよとても可愛い作品でしたっよーし!私も頑張らなくちゃっ!!

      4
      テーマ:
  • 04Aug
    • ゆかたで野球観戦

      ブログをご覧いただきありがとうございますきもの着付講師の橋元ももえですご紹介が遅くなりましたが…先日、ゆかたで野球観戦してきましたゆかたは、私が所属する一般財団法人民族衣裳文化普及協会と中日ドラゴンズがコラボしてデザインしたドラゴンズゆかた。保育園のママ友とお揃いのゆかたを着て、子供たちも一緒に観戦我が家の娘ちゃんはドームの雰囲気でテンション上がってすっかり満足してたかもソフトクリームに夢中この日はドラゴンズ連敗中必死に応援した結果………ドラゴンズ見事勝利無事連敗stopとなりました…そして、試合後は…盆×DANCEパーティ!グラウンドにおりて盆踊りSKE48もゲスト出演!凄く盛り上がりました娘も私もステージに上がって盆踊りをめいいっぱい楽しんじゃいましたとっても楽しい夏の思い出になりました既に来年が楽しみっ最後に…先日創作帯結びでミニーを考えたので、ミニーの帯結びをヒントにドアラ風帯結びにチャレンジしてみました。来年までにもう少し改良しておく必要がありそう

      テーマ:
  • 23Jul
    • 夏まつり

      ブログをご覧いただきありがとうございますきもの着付講師のももえです先日、娘が通う保育園の夏まつりがありました。娘は年長。今年が最後の夏まつりなので、晴れて良かった~~(結構この夏まつり…雨率高いんです)なんて思いながら、大人も子供も楽しみました。私はきもの着付講師をしています。夏まつりとなると、少しでも沢山のママに浴衣を着て参加して欲しいのですゆかた講座を開催したり、色んなママに「浴衣着ようよ~」と声を掛けたり…果たしてどれくらい浴衣ママに会えるかな??とドキドキしていましたが………(例年はほぼ浴衣ママは居なくて浴衣着ると目立つくらいなんです)予想以上にゆかたママに出会えましたそんな日の私の浴衣コーデはこちら大柄の浴衣にチェック柄の半幅帯。柄×柄ですが、浴衣の柄に使われているピンクに半幅帯の色を合わせ、統一感を持たせました。帯結びは…写真を撮り忘れてしまいました同じクラスの仲良しママみんなの浴衣姿、とっても素敵でしたそして、簡単ではありますがアレンジのお手伝いもさせていただきましたその中でも私の自信作はこちら赤と黒の半幅帯だったのと、ディズニー好きのママだったので、これは!と思いミニーちゃんの帯結びにしました。三重紐とヘアゴムを使ってふくら雀の結び方を参考に創作してみました最後に夏まつりの雰囲気を少し卒園しても、またみんなで集まれると良いな~と思う私でした

      テーマ:
  • 07Jul
    • 七夕

      ブログをご覧いただきありがとうございます今日は七夕ですね。みなさまの願い事は何ですか?さて、この度貴金属ジュエリーの老舗GINZA TANAKA名古屋店さんからのご依頼で、ゆかたの着付けをさせていただきました。じつはGINZA TANAKA名古屋店は、昨年春まで勤務していたお店。スタッフから「ゆかたの着付けをお願い出来ませんか?」と連絡があり、喜んでお承りしました。開店前ではありますが、お店の雰囲気(七夕イベント部のみですが…)貴金属の老舗の笹竹はこれ!豪華です!キラキラです!!笹竹に飾られているのは、金箔で作られた短冊。金箔の短冊に願い事を書かせていただけます。ちゃんと奉納していただけるんですよ笹竹に短冊を飾る浴衣姿の女性…夏ですね~ちなみに、金箔の短冊短冊にはハートや星が可愛くデザインされています。私も短冊に願いを……みなさんの夢が叶いますように…さて、橋元百恵きもの着付け教室は、お教室だけでなく、着付けのご依頼もお承りしております。ゆかた、小紋、訪問着、留袖、振袖、袴など…何でもご相談ください。出張可能地域、時間帯、料金など詳細はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらみなさま、素敵な七夕をお過ごしください…

      3
      テーマ:

Ameba人気のブログ