何か得意とする分野のある人ならば、「自分のお店を持ちたいピンクハート」という夢を持っている人はとても多いと思いますが、インターネット上ならその夢もやる気次第で叶う時代になってきましたよね。

なので、私もこの度、DLmarketというサイトに、ネットショップを開店してみました!

下矢印下矢印

 

 

ここで何を売っているかというと...私が過去に作編曲した作品で今後発売の予定がない楽譜です。キラキラ

ダウンロード販売ですから、もちろん出勤もないですし、とっても気楽なんです!爆  笑

そして、こちらのサイトがいいのは、クレジットカードだけでなく、コンビニ払いや、電子マネー、銀行口座など支払い方法がいろいろ選択できるという点。

 

 

時々、過去の演奏の記録を見て、「楽譜が欲しい」とお問い合わせをウェブサイトからいただくことがあります。(特に編曲作品が多い)

今まで仕事したほとんどの作品の楽譜は、本番が終わると演奏される機会なく、私の部屋のクローゼットで長い眠りにつきます。zzz

でも、お問い合わせをいただくということは、実は需要は他にもあるのではないだろうか?と思いまして、半年くらい前から気軽に販売できる方法はないかと考えていました。ひらめき電球

 

ということで、とりあえず開店の品揃えとして3作品をアップしています。

準備出来次第、続々他の作品も販売する予定ですので、お楽しみに。

 

 

まずはこちら下矢印

 

リベルタンゴ -やさしくて聞き映えするピアノトリオ編曲

 

ご存知、ピアソラの「リベルタンゴ」をピアノトリオ(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)に編曲した作品。

やさしいのに聴かせどころがあるので、アマチュアの演奏会にも最適。ピアノやチェロがかっこいいです。口笛

案外ピアノトリオ版って少ないようなのでぜひ。

今回、「リベルタンゴ」の原権利者および日本での販売権をお持ちの、シンコーミュージックパブリッシャーズ(フジパシフィックミュージック)様に販売許諾を頂きました。ありがとうございます。

 

 

 

そして次はオリジナル曲下矢印下矢印

雨の島ー2台ピアノのための(中村彩子作曲)

 

こちらは2013年に椎の木ホールで初演した2台ピアノの曲です。

現代っぽくない、綺麗なピアノ曲です。

そんなに難しくないので、ピアノ学習者にもオススメ。2台ピアノに挑戦してみたい人はぜひ。

新作は音源がないと楽譜販売は難しいと思ったので、今回は動画を作ってYouTubeにアップしました。

当時の演奏のビデオもあるのですが、保存状態が悪く、画質が悪かったのでミュージックビデオ風に(笑)

今回、JASRACにもきちんと楽曲登録届け出ました。

 

 

 

 

 

三作目は最新作です。こちらもオリジナル。下矢印下矢印

【ピアノ連弾】昔の未来、今の夢 中村彩子作曲

 

こちらは、まだ記憶にも新しいですが、7月30日に熊本市の平成音楽大学サテライトステージで開催された、日本作曲家協議会主催の「こどもたちへin熊本」のために書いた作品です。

子ども向けのピアノ連弾曲で、復興する熊本の街をイメージ、「あんたがたどこさ」をモチーフに使用しています。

 

こちらも新作なので、YouTubeに動画をアップしています。

こちらの動画は、熊本で初演してくれた子との演奏ではなく、その後、8月20日に札幌で行われたコンサートで、札幌教室の生徒の大野虹歩ちゃんと演奏した映像です。ぜひ参考音源にしてください。

 

これから、熊本ももちろん、全国の子どもたちが演奏するようになるといいなあ。

 

 

DLmarketの情報やリンクは、ウェブサイトの方にもアップする予定ですが、現在iMacを新しくした関係で、サイトリニューアルに時間がかかっています。汗汗汗

今しばらくお待ち下さい。

一足早く、このブログでまずはお知らせいたしますね。

 

 
AD

iMac買いました〜

テーマ:

私はMacとWindowsの二刀流なのですが、仕事や使用目的、業務内容によって、どちらのコンピューターを使用するかを決めて、使い分けています。

基本的には、音楽制作にはiMacを使っていて、その他の仕事はwindowsで対応していますが、出かけることも多いので、出張時に持ち歩いているノートはBoot CampでMacとWinを切り替えられるようにしています。

 

iMacは10年前のものを大事に使ってきました。

しかし、10年選手ともなると、ファイルの書式や、読み込み形式が対応できなくなってくるものもあります。

だけど、ソフトウェア音源などをいっぱい入れちゃっているので、怖くてOSをアップデートできないのです。あせる(OSが変わると対応できなくなるソフトもあるので...アセアセ

 

けれど、思いました。

やはり、どこかで決めないといけないのですよね。

変化に対応できなければ、時代の流れに取り残されてしまいます。

 

そんなふうに決意した先日、なんと、買い換えようと思っていた10歳のiMac君ではなく、まだ5歳のBoot Camp君のWindowsがおかしくなりました...ガーン(Winを立ち上げるのに3時間くらいかかる〜あせる

先月のデジカメに加え、電話も...最近よく電気製品が壊れます...(変化の時期か?ウインク

 

2台買い換えることができれば最高なのですが、そんな予算もないし。

それで、すごく悩んだのですが、やはり10歳のiMac君には引退してもらい、winで行っていた業務でできるものは全てMacに移行することにしました。

どうしてもWinでしかできない事務作業だけは、当面、古いWindowsPCでオフラインで作業することに。(リサイクルに出そうと思っていたPC、捨てなくてよかった!ハート

というわけで、今日からこのblogもMacで更新です。

 

そして、昨日、我が家に新しいiMac君がやってきました。

下矢印

 

 

古いiMac君からデータは簡単に移行できるのですが、ソフトウェア移行したり、整理したりするのにはかなり時間がかかりそう。タラー

まだまだ当面は、古いiMac君と併用しつつ、移行しなければならないので、机の上は4台のパソコンが横並びになっているという、すごい光景になってます。キラキラ

 

現代の作曲家にとってパソコンはもはや必需品です。

それだけに、新しいパソコンを購入するって、やる気が出てきますね〜!ルンルン

これからも、音楽のおしごと、頑張るぞぉ!キラキラ

AD

8月20日(日)に札幌のルケレス南円山ミュージアムホールで行なわれた、ちいさなちいさなホームコンサート12 におこしいただいた皆様、ありがとうございました。

また、関わっていただいた皆様方、出演者の皆様、お疲れ様でした!音譜

 

演奏時間が伸びてしまった生徒が多く、1部~2部が延びてしまいましたが、その他には、大きな問題はなく、穏やかに、楽しく演奏会を終了させていただきました!

 

1部~2部は札幌教室の生徒のみなさんの演奏発表。

練習より上手くいった生徒が多かったのにはびっくり。とても良い演奏でしたウインク

 

3部の生徒のアンサンブルもすごくよかったです。

3条3丁目アンサンブルの演奏に涙ぐんだお客さんもいるとか・・・おねがい(笑)

 

そして、4部は畔田先生と私の講師演奏発表。

私は自作のピアノ連弾曲で、7月30日に熊本で初演した昔の未来、今の夢」を再演しました。

熊本で子どもが演奏したパートの子役は、高校生の生徒にお願いしました・・、というか、実は熊本で初演するために、ずっと札幌の教室の高校生に練習台になってもらっていたのです。

下矢印

さすが、高校生あって、余裕の演奏でした。爆  笑

ご協力どうもありがとう。ハート

 

そして、5部のゲスト演奏は、東京二期会のソプラノ歌手で、モーツアルト劇場主宰の高橋照美さんをお迎えしました。下矢印

 

赤とんぼ」や、「浜辺の歌」など、美しい日本語の歌と、「夏の思い出」をお得意なフランス語で歌うなど意外性のある演奏を披露してくださいました。

選曲も子どもにわかりやすく、聴衆みなさんが知っている曲ばかり。

拍手が鳴り止まず、最後は、アンコールとして会場全員で故郷(ふるさと)を歌うなど、大いに盛り上がりました。キラキラ

ピアノ伴奏は安藤むつみさんです。

 

そして、また今年も生徒の保護者の皆様より、私と畔田先生宛に、ゴージャスな花束をいただいてしまいました。ブーケ1本当に毎回ありがとうございます。下矢印

 

また1年半後にお会いしましょう。

それまで、生徒の皆さんは普段のレッスンを頑張りましょうね。

次の企画をお楽しみに。ニコニコ

 

 

 

 

 

AD

8月20日に行なわれる予定の「ちいさなちいさなホームコンサート12」の本番が近づいてきて、札幌教室も今週は大忙し。アセアセ

音楽教室では、生徒たちが最終練習を行っているところです。

 

ところで、今回、チラシやプログラムに出演者として、新琴似3条3丁目アンサンブル というグループの名前がリストされています。

これは何なんですか?と質問をいただくこと多数・・。爆  笑

 

これは、私の教室の生徒の中で、同じ町内会に住んでいる子が集まり、さらにその保護者を加えたメンバーで結成したアンサンブルチームなのです!

その町会の名前をとって 3条3丁目アンサンブルと名付けられました。キラキラ

 

演奏メンバーは生徒4人とその家族たちで、ピアノ以外を演奏できる生徒には、管楽器などに回ってもらいました。

構成は、フルート、ソプラノリコーダー、テナーリコーダー、ホルン、ピアノ、パーカッションの6人。

演奏メンバー以外の家族も、毎日練習に自宅を開放したり、オリジナルのペナント(譜面隠し)を作ったり、4家族みんなでアンサンブルを支えています。スゴイ盛り上がりです。メラメラ

 

今回、コンサートでは、スメタナ作曲「交響詩わが祖国」より「モルダウ」を演奏します。

原曲のオーケストラ版は12~3分ありますが、今回の編曲版はダイジェストで、7分少々に短縮していますが、原曲の雰囲気を生かし、通しで演奏します。

子どもやアマチュアが演奏するには大作でしょう。爆  笑

 

実は、この編曲、私が担当しています。

というのも、メンバーが持ち寄った楽器の構成を考えると、既存の曲では楽譜がないのです。アセアセ

また、何かの編曲版を変えて使うのも無理そう・・・子どもが演奏者に混じっていると言う事で、演奏技術的にも限度があるのです。アセアセ

そのような、メンバーの希望を全て叶える楽譜がない・・ということで、私が作編曲してしまったほうが早いなあと思ったわけです。ニコニコ

また、私が編曲するなら、著作権の問題もあり、さらに選曲の範囲が狭まります。

そんな様々な条件の中で、スメタナのモルダウが曲の知名度としても、演奏会の趣旨としても最適ではないかと思った次第です。

編曲楽譜は後日ネットでも見られるようにしたいと思っています。

 

さて、昨夜、音楽教室で、3条3丁目アンサンブルの最後のあわせ練習を行ないました。

 

上矢印

アンサンブルオリジナルのペナント(譜面隠し)がカッコよすぎ!!札幌の大通公園が印刷されていて、ALWAYS 三丁目の夕日風にしたんだそう。思わず写真を撮ってしまいました。

 

札幌教室の発表会とゲストコンサートが一緒になった「ちいさなちいさなホームコンサート」は、今回で12回目。

毎回前代未聞のことが何かしら起こる、というのが、私の教室ならではなのですがアセアセ、今回は新たなアンサンブルチームが結成されるという、前代未聞のプログラムになっています。

 

さあ、3条3丁目アンサンブルの記念すべきデビュー、「モルダウ」はどんな演奏になるのでしょうか!?

ぜひ8月20日(日)のコンサートに足を運んで確かめてみてくださいね!

そして、ばっちり演奏が決まったら、ぜひブラボー!!音譜の掛け声をお願いします。ニコニコ

 

 

演奏会情報はこちら。下矢印

 

ちいさなちいさなホームコンサート12


日時:2017年8月20日(日)13:00開演 ※講師とゲスト演奏は14:45予定

場所:ル・ケレス南円山ミュージアムホール(札幌市中央区南7条西22丁目1-22)

出演者:高橋照美(ソプラノ)、安藤むつみ(ピアノ)、中村彩子(作曲家)、畔田亜加理(ピアノ)、新琴似3条3丁目アンサンブル、中村彩子音楽教室生徒たち

入場料:無料

8月20日に行なわれる札幌教室の発表会でもある「ちいさなちいさなホームコンサート」。

8月に入り、そろそろ本番が近づいてきまして、札幌教室も慌しい様子になって来ています。

 

今回は、ゲストにモーツアルト劇場主宰の高橋照美さんを東京からゲスト迎えるということで、問い合わせも多かったため、コンサートのチラシを作成しました。キラキラ

下矢印

 

チラシを作ったということで、せっかくならきちんと宣伝をしよう・・ということで、札幌市営地下鉄大通駅(5番出口横コンコース)にある大通情報ステーションにチラシを置かせていただいています。

下矢印

写真:トリップアドバイザー提供

 

この「大通情報ステーション」は、日本語、英語、韓国語、中国語にも対応している、多くの観光客が集まるイベント情報センターで、札幌市民ももちろん、世界各国の方が札幌のイベントを知るために立ち寄るスポットです。

札幌市が運営していると言う事で、札幌市役所で配布されるフリーペーパーにも掲載されるのだそう。

また、大通情報ステーションウェブサイト上でもこのコンサートの情報を検索できるようにしています。

 

自分たちの発表会のチラシが出来た!と、生徒のご家族には大変好評でしてウインク、チラシは生徒の皆さんはじめ、多くの関係者がいっぱい配ってくださっています。

ですので、あまり多く残部がなく汗、大通情報ステーションには少ししか置くことはできなかったのですが、まだあるはずです。アセアセ

地下鉄大通駅を利用するときには、ぜひ立ち寄って探してみてくださいね。音譜