オール浄水

オール浄水

オール浄水のススメ

今回は名古屋市緑区のお客様の浄水器フィルター交換でした照れ

 

フタを開けると、黒いタールのような異物がたくさん!
本体内の底に溜まった水は薄い茶色になっていて

大きめの異物が沈んでいました。

 

 

お掃除後のタオルをお客様に見ていただいたところ

「こうなるんだねえ。フィルター交換がいつもより(1年ごと)少し遅くなったから気になってたんだよ」

と苦笑いされていました。

 

ご利用されている水には問題は感じなかったそうなので

しっかり浄水はされていたとは思いますが

やはり定期的な交換が必要だね、とご納得いただきました!

 

 

実はフィルター交換の後には「空気抜き」という作業を行います。

これは水道管内に入った空気を押し出し、

多少でも入ってしまった汚れた水を押し流すために行うものです。

 

最初は細かな空気の泡が混ざった白い水が出てきます。

それが透明になるまで、お庭の散水栓などで水を出すのですが...

どんな違いがあるかをお見せしますね!

 

こちらが空気が混ざった白い水。

最初に「ボコボコッ!」水が弾け飛ぶこともあります。



 

 

こちらが透明に戻った水。

これで空気も抜けたわけですが

念のためお客様にも、台所などで同様に水を出して頂いています。

これでまた、安心してキレイな水を使える状態に戻ります!




 

 

 

浄水器の詳細はこちら↓

 

 

本日はハロウィンですね!

古代ヨーロッパで古くから伝わる儀式で秋の収穫を祝い、

悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事ですがハロウィン

現代の日本においてはハロウィンは仮装を楽しむ新たな文化になっていますねおばけくん
 

なかなか仮装する勇気がありませんが、一度したらヤミツキになりそうですね。

さて今日は岡崎市のフィルター交換に行ってまいりました!
最近水の味がマズイ…
ということでご連絡をいただき調べたところ期限も過ぎていたのでさっそく交換へ。

フィルター汚れの目詰まりにや経年劣化より変形していないか心配でしたが

フィルターは破損しておらず安心しました。


長期に使用してしまうことでフィルターが破損してしまい

カーボンやセラミクスが家中に流出してしまうと

専門業者に依頼するためにとんでもない高額な修理が必要になってしまいます…。

フィルターは決められた交換サイクルでの

交換を守っていただくのが一番安心ですのでお気を付けくださいね。

本体の中を開けてみたら見事に汚れておりました。


しっかり中を掃除させていただき

新しいフィルターに交換させていただきました。

これでお水もきっと美味しい水に戻り

快適な水でまたお過ごしいただけらと思います!

今回は刈谷市内のマンションにお住いの方の浄水器フィルター交換でした気づき

 

お客様は特に水に関して気になることはないとのことで

いつものように交換作業を始めたのですが

 

ふたを開けてビックリ!

すごい量のサビが溜まっていました!

新品のフィルターと並べるとよくわかります。

 

 

ちなみにこのサビは「もらいサビ」というようです。

 

さらにこのサビは本体底にもあり、固まっていました。

 

 

本体はステンレス製で

しかも内側は常に水で満たされている真空状態なので

サビが発生するはずはありません。

 

このサビの原因は入水口で、

ここから入ってきたサビが溜まって固まったようです。

 

これにはお客様もビックリ!

通常は1年に1回の交換ですが水のにおいや勢いが弱くなったなど

気になることがありましたらすぐにご連絡くださいとお伝えしました。

 

これでまた安心してお水をお使いいただけます照れ

 

 

浄水器の詳細はこちら↓

https://home.tsuku2.jp/f/m2contents/m2jigyou/kousui