ご報告が遅くなりました

12月16日 土曜日の午後
第4回 起立性調節障害 四国の会を
香川県高松市で 開きました

起立性調節障害の子どもたちの ご家族が
私たちの会に つながり、参加されたこと

一度参加された方が
また参加しよう…と 思ってくださっていたこと

学校に行きにくい子どもたちを
サポートされている先生が
起立性調節障害という病気を
理解するために
一人ひとり違う病態や、対応について
保護者の話や、想いを 聴いてくださったこと

私たちも
これまで多くの方々に、支えられてきたからこそ
みなさんと、お会いすることができました
ありがとうございます

できること できないこと
必要なこと 必要でないこと
やりたいこと やりたくないこと

子どもたちの症状や想いが 一人ひとり違うように
ご家族の想いも 一人ひとり違うから
知ることの大切さを、改めて感じる時間でした

会の中で、先生より
日々のサポートや
子どもたちや、学校との かかわりかたの
具体的なお話

高松市での
ICTを活用した授業について 説明がありました

詳しくはこちら → 
( 起立性調節障害(OD)香川県のブログへ )

娘が中学3年生のとき
無料のネット授業(自分で調べて見つけた)を活用して
自宅学習をしていたこともあり
学校から、ICTを活用した授業を
紹介していただきました

すでに、そのネット授業に慣れているからと
ICTを活用した授業は、お断りしましたが
その時その時の 子どもの想いに
寄り添ってくださった先生方に 感謝しています

塾や、家庭教師など
個人の先生から
直接学びたいという 子どもたちもいます
学びかたも それぞれです

不安が、少しずつ なくなっていくこと
安心して過ごせる居場所が 増えていくこと
支えてもらうこと、助けてもらうこと
子どもにも親にも 必要

大切なことは、ODを 正しく知ること
その子の ODとの付き合いかた
そして、その想いを知ること


愛媛に比べて、香川は寒くて驚きました
丸くて小さな山が見えると
香川県に来たなぁ…と 毎回感じます
険しいイメージの愛媛の山と 違うのですね

四国の会は
現在は、愛媛と香川で開いていますが
徳島や高知でも 集まれたらと考えています
この地域に 住んでいるからこそ
分かることがあります

必要な情報を 届けられるように

そして
ともに、子どもたちの未来を 支えていけるように
AD