10月19日、木曜日、昭和大学大学院保健医療学研究科/昭和大学江東豊洲病院小児内科 准教授 田中大介先生をお迎えして、第27回鹿児島起立性調節障害親の会を開催しました。

2年前にも、鹿児島の親の会で講演をして頂きました。
今回、先生は福岡での学会出席のため前日は移動日で、空いた時間を親の会のお役に立てればと申し出てくださり、鹿児島の親の会にお迎えすることになりました。
2年前、先生の講演を聞かれたお母さん方は、後に続くお母さん方の相談役として、鹿児島の親の会のために、ご協力くださっていますが、2年ぶりの先生との再会を楽しみにされていました。
また、先生の講演を初めて拝聴するお母さん方も、先生との初対面を楽しみにされていました。

 

今回の親の会には、平日にも関わらず、18人の方が参加してくださいました。
県外からは、東京から、ブログで田中先生の講演があると知り急きょ飛行機で参加された方、四国から田中先生にお会いしたいと来てくださった方、そして、2年前にも参加され、その後の熊本地震で被害に遭われ、先生が心配されていたお母さんも先生にお会いしたいと参加してくださいました。

県内では県北の出水市、南は屋久島、阿久根市、姶良市、霧島市、鹿児島市から参加がありました。
お父さんの参加がおひとりと、後半から学校関係者の参加もありました。

 

講演は先生が作成されお忙しい中印刷までして持ってきてくださった資料とプロジェクターを使って、解りやすく起立性調節障害の基本的なことや、注意すべきことや親の心構えなどお話しいただきました。

2年前とすると今の起立性調節障害を取り巻く状況は情報が溢れすぎ、真実を見落としていると感じることがあります。
医療で大切なEBM〔根拠に基づく医療〕とNBM〔物語と対話に基づく医療〕についてもお話がありました。
インターネットで簡単に様々な情報を入手することができるようになりましたが、ネットの情報には真実ではないものがあり注意が必要で情報をうのみにしないことが大切です。
田中大介先生はNHK「あさイチ」に尾木ママと一緒に出演され、起立性調節障害の解説をされた起立性調節障害の専門医です。
今回、東京から、田中先生の講演が聞きたいと参加してくださったお母さんがおられましたが、田中大介先生のような起立性調節障害の専門医の書かれた本や、講演を聞き、まず、親が正しく起立性調節障害を正しく理解することがとても大切です。
 
先生は1時間の予定を2時間かけて丁寧に解説してくださいました。
専門医のいない地方に住む起立性調節障害の親と子にとって、このように丁寧に講演していただけることをただただ感謝するばかりです
 
親の会終了後、場所を移し、13人で黒豚料理のお店で懇親会開催。
先生は料理を味わう暇もなく、一人一人のお母さんの質問や相談に応じておられました。
サインをお願いすると、一人ひとり丁寧に、子どもとお母さんへのメッセージを書いてくださり、お母さん方は感激されていました。
 
懇親会終了後は、先生をお誘いしてお母さん6人でカラオケへGo
先生は大学のコーラス部の顧問をされており、職場でも合唱をされています。
誰かが歌うと先生がハモってくださってさすが合唱部!!
4年ほど前東京アリスの会の打ち上げで、先生とカラオケをご一緒した時、ビリーブをハモってくださいました。
それ以来、同じ合唱の同志として、勝手に親近感をもっていたのでした。
先生の歌も聞けて、ハモってもらって鹿児島のお母さん方はラッキーチョキ
最後は「世界に一つだけの花」と「ビリーブ」を皆で合唱しました音譜
 
田中先生は日ごろから、著書などで親の会の役割は大切といわれています。
先生は、お忙しい中皆さんの役に立てばと、ご自分の時間を使って親の会のために準備、講演してくださいました。
本当に謙虚で、誠実で優しいお人柄の素晴らしい先生です。
今回わざわざ鹿児島に来ていただき、起立性調節障害の子どもと親に優しく寄り添い、講演してくださった田中大介先生に鹿児島の親の会の皆でお礼を申し上げます。
 
平日に都合をつけて参加してくださった皆様、遠くから参加してくださった皆様、学校の先生、参加してくださった皆様のご協力により有意義な会になりましたこと心から感謝申し上げます。
 
次回親の会は11月26日(日)鴨池公民館、13時から17時、成人されたOD先輩の体験談と子ども同士の交流を予定しています。
次回は、子どもさんと一緒に皆様の参加お持ちしています音譜
 

 

 

 

 

田中大介先生から鹿児島の親の会の皆さんへのメッセージ

AD