うしろむきだけど、まえむきに

うしろむきだけど、まえむきに

一人暮らしになりました。
ひとりになってからの、ひとりになる前の思いを少しずつ綴っていきます。

お彼岸が過ぎて

いっぺんに日暮れが早くなりました。

 

気がついたら

ことしも四分の三を過ぎてる

びっくりします。

 

夏がぐずぐず、長逗留だったので

時間がいっぺんに過ぎてしまったと

感じるのかな。

 

うまくいかないことばかり

お母さんの前で何度泣いたやろね。

 

おつぼねにも相変わらず

困らされてるもんね。

 

このあいだ車で

おかあさんといっしょによく来た

和食ファミレスの前通ったよ。

 

病院の診察の帰りに

よく寄ったよね。

 

いつも通ってて、

いつもはあんまり、そんなことないのに

なんか、その時は

日暮れに浮かんでる灯りに

また、涙が出てきた。

 

また、いっしょにいこか。

 

でもやっぱり

 

あのときのおかあさんと、

いっしょに、いきたい。

 

おせち、注文しました。

いつものおせち。

この買ったおせちに

なんとか、私たちでつくったおせちを

お重に詰めます。

 

よろよろ、よちよち

めそめそしながら

ここまで来たんやなあ。

おかあさんといっしょに来たんやなぁ。

 

これからもおかあさんと

いっしょに暮らそう。