今日は、ピアノ講師のなおこ先生からのお知らせです。



動画完成しました✨

先生の演奏がパワーアップしました☺️9/5





    

オルタナティブ協議会

音楽企画室

〜ピアノの音色で癒されてみませんか?

優しくてアットホームな音楽教室です〜



皆さんこんにちは☺️

ピアノ講師のなおこと申します。

普段は主に埼玉県内の音楽教室でピアノ講師をしております。


この度、埼玉オルタナティブ協議会にて🎹♫ピアノレッスン体験会♫🎹を企画して頂くはこびとなりました。


私自身も数年前精神的な事で悩んでいた時期がありましたが、今はおかげさまで元気に仕事をしたりと以前と同じ様な生活を取り戻しました。


そうなれたのは身近な人たちの支えもありますが、オルタナティブ協議会サードオピニオンとの出会い、そして音楽の力と支えは大きかったと思います。


ピアノを弾くという動作は精神的身体的全てを使った運動です。指先だけに注目されがちですが、指を支える手首や肘から肩にかけての柔軟性、それらを支える体幹や足腰も重要になってきます。


そして何より音楽を指先で奏でることは脳神経糸と精神に深い癒やしを与えると私は感じています。


同じ当事者として学校に行けないお子さんにも、精神的な悩みを抱えた方にも、誰にとっても心地良い空間とレッスンを提供していきたいと思っております。


私自身、幼児さんからご高齢の方までを対象に10年ほど講師をしてきた経験がありますので、様々なご年齢の方々👦🧒👵👴に音楽の楽しさを体感して頂けるかと思います。


外に出れない方、また遠方の方は、💻オンラインレッスンコース🎹もございますので、お気軽にお申し込みください。


それではレッスン室でお待ちしております!




ピアノ体験レッスン会


参加費

500円



会場


浦和コミュニティセンター


武蔵浦和コミュニティセンター


美園コミュニティセンター




体験会開催日時、募集人数、その他、詳細はチラシ•動画をご覧ください。




ご自宅にビアノやキーボードがあるのが理想ですが、無くてもレッスンは出来ますので、お気軽にお申し込みください。声楽や基礎的な楽典、リトミックを織り交ぜたレッスンも承ります。



※利益はオルタナティブ協議会音楽企画室、埼玉オルタナティブ協議会、全国オルタナティブ協議会にて活用されます。

ご興味のある方、ご賛同頂ける方は障がいの有無に関わらず、ふるってご参加ください。



オンラインレッスン、承ります。

※詳細は、チラシ画像をご覧ください。





講師紹介:なおこ

埼玉県立芸術総合高等学校

舞台芸術科卒業

国立音楽院 短期科卒業

Trinity College London

ビアノ演奏家ディプロマATCL取得

幼児期からミュージカルや合唱等

様々な音楽活動を経験

埼玉、東京の音楽教室のピアノ講師

として10年勤務。現在も勤続中。



教室の様子




問い合わせ先





お問い合わせ、お申し込みは

alternative.musicteam@gmail.com

オルタナティブ協議会音楽企画室

までお願いいたします




Facebookページ






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへ

 ポチっとお願いします♪

 



 【お知らせ】







自分で決める!

薬を飲む飲まないキャンペーン

 (画像クリニックでサイトへ)



 



あなたの街、あなたの福祉事業所等で

サードオピニオンを開いてみませんか?

全国各地へ、全国オルタナティブ協議会代表の中川が伺います。

お気軽にお問い合わせ下さい。

メール

電話

info@@alternativejapan.org

(@を一つ消してお送りください)

TEL 090-4628-3605




💌記事や活動に関するお問い合わせ・連絡先メールアドレスはこちら 

 


埼玉オルタナティブ協議会

登録はこちらから

http://nav.cx/bw4REpH



全国オルタナティブ協議会、関西メンバーさん企画。


スポーツの秋、

登山の秋!

今年は久しぶりに10月10日がスポーツの日なんですね。

山登りが好きな方は勿論、
あまり慣れてない方でも。
高尾山など、どうでしょう?



●年月日 : 2022年10月10日(月)スポーツの日


●場所 : 東京八王子高尾山 🗻599m


●集合 : 京王高尾山口(10時)


●参加 : 最後まで歩こうという気持ちのある人


●費用 : 千円(保険・地図資料代)


●持ち物 : 運動靴orハイキンクシュース、リュック、帽子、・昼食・飲み物


●予定 : 京王高尾山口(10時)〜ケープル山上駅〜薬王院〜(12時)高尾山〜京王高尾山口(14時)エスケープ:ケーブル利用


●その他 :

   ①雨天中止

   ②緊急時連絡先として個人情報をお聞きします。

 ③参加は自己責任でお願いします。


主催:小林善昭(090-7751-9823)





因みに、埼玉代表半谷は小1の娘を含めた家族で参加します☺️



参加希望者は、主催者さんに直接電話をして頂くか、下記QRコードから、主催者さんのLINEアカウントに繋がりますので、LINEでご連絡ください。







もし、LINEのQRコードの画像が潰れて上手くアクセス出来ない時は、

オルさいにLINEで「10/10高尾山登山希望」とメッセージを下さい。

主催者小林さんのLINEをお伝えします。




 埼玉オルタナティブ協議会LINE

(登録はこちらから)

http://nav.cx/bw4REpH





PS

こちらもどうぞよろしくお願いします☺️





 

~治療より、快復を目指したい~

 

病気や薬の話ではなく、まずは、人生の話をしてみませんか?

 

良かったら、あなたの人生にちょっとだけ関わらせていただけませんか?

 

 

(…もし、良かったら、ほかの人の人生にも、ちょっと関わってみませんか?)

 

 

埼玉オルタナティブ協議会は、薬物治療に頼らないメンタルヘルスについて、または、その人の今後の生き方について、皆で話し合い考えていく市民団体です。

 

 

 


サードオピニオン(精神疾患) 相談会・対話会 in さいたま(浦和美園)  
 

2022年10月16日(日)
13:30~16:30


浦和美園コミュニティセンター
第5会議室


埼玉高速鉄道 浦和美園駅 徒歩1分

 

※場所は毎回ご確認ください。  
 

 
「統合失調症は一生治らないの?」
 
「双極性障害は薬を辞めたら再発するの?」
 
「失恋して死にたい。精神科に行ったら楽になるの?」
 
「主治医は全く悩みを聞いてくれないなあ…」
 
「悩みを相談する相手が誰もいない。私って病気なの? 精神科に行った方がいいの?」
 
「うちの子、ふつうの子なのに、担任に発達障害と言われてしまって…」
 
 「病名や障害名に囚われず、充実した人生を送りたい!」

 

 

 

 

メンタルヘルスの問題を根本的に解決するには、医療・福祉以外のオルタナティブ(選択肢)が必要です。こうした当事者同士の集会はヨーロッパなどの諸外国ではごく一般的に行われ、市民の間で定着しています。

 


参加ルール(重要)

この場では、問題の専門家は、当事者であり、支援者や医療者が問題を解決するのではありません。
それぞれは、相互に問題解決のサポータ-となります。
当事者にとっては、自己の問題解決能力の向上。支援者、医療者にとっては新しい問題解決の手法を探る場としてご活用ください。
入退室自由、匿名での参加も可能です。MC 中川聡(
全国オルタナティブ協議会•代表)

 


参加費(資料代) 1000円

定員 10名程度

 


誰でも参加できます。(当事者や家族のみでなく、医療・福祉・教育など、支援職の方の参加も歓迎致します)


病名より、症状より、お薬より、一番大切なのはあなた自身の意思です。あなたはこれからどんな人生を送りたいですか? その為にあなたは何を選択すべきなのか、一緒に考えてみませんか。
サードオピニオンへの参加は支援側にとっても学びがあります。減断薬(脱・医療)をしていくことで快復に向かう相談者に出会うこともあり、勇気を貰えます。



匿名での参加を希望される方へ会場からのお願い

平時には匿名での参加を受け付けていましたが、COVID-19対策の為、会場からの約束事としてお名前と連絡先(携帯番号)を必ずお聞きすることになりました。話し合いの中で皆さんの前で名乗りたくない場合でも、主催者にはお知らせいただいております。ご了承ください。


 

天候や行政の指導など、やむを得ない事由でイベントの日程を変更又は中止になる場合、こちらからご連絡をさせて頂きます。

お申し込みの際のメールアドレスはいつも使っているものをご記入下さい。




お申し込みはこちらから!


 

サードオピニオン会は反精神医療の会でも減断薬の会でもありません。

その先の幸せな未来を見据えた会なのです。

それを理解し、共感していただける方。

是非、サードオピニオンに来てみてください。

 

 

 

 

オルタナティブ協議会がめざすもの

 

・ストレングスモデル(リカバリーモデル、社会モデル)の実践。

・対等な関係性とその居場所(役割、仕事)の提供。

・病気の話ではなく、人生の話をする。

・障害者として人生を制限しない→合理的配慮を提供する。

・その人の人格を認め、その人の「より良く生きたい」を応援する。

・多対一の関係性→本人中心主義、参加者全員でその人を応援する。

・自己決定とその実践を応援する。

・参加者は、応援される側であると同時に応援する側である。

 

 

4つのストレングスアセスメント


⓵個人の性格 ⓶才能・技能 ③環境 ④関心と熱望 
 

これらを使って、より良い生活を目指していくという考えです。
 
精神症状は、人生のクライシスにおける正常な反応です。
 
その人がより良く生きることが出来たとき、不快な症状(うつ症状、不安、幻聴、妄想など)は消えていきます。
 
サードオピニオンは社会モデルでの応援コミュニティへの入り口であり、過剰投薬状態からの脱却のための情報提供もしています。
 
  • 精神疾患において薬物治療に偏った対応を見直し、服薬に依存しない快復プログラムを模索します。
     
  • オルタナティブ協議会には、全国に快復事例があり、精神薬を卒業した仲間たちがいます。

 

サードオピニオン資料について

サードオピニオン会で使用されている資料は、全国オルタナティブ協議会代表中川聡氏が作製し、精神科医野田正彰先生が監修しています。


[野田先生おすすめ図書]
 

うつに非ず うつ病の真実と精神医療の罪


社会と精神のゆらぎから(2020年3月発売・自伝)

 

 

医師が患者に薬を飲ませるということは、外科手術においてメス等で体を傷付けることと同等の侵襲行為です。お薬を飲むことも、飲まないことも、選択の権利は当事者自身にあります。 (※法務省に確認済み)


オルタナティブ協議会は、反精神薬、反精神医療団体ではありません。その人の人生を取り戻し、人生をより豊かにしていく方法を考えていく団体です。
私たちは、そういった人間として当たり前の権利を啓蒙し続けていきます。


お薬との付き合い方やご自分の人生との向き合い方を、一緒に考えてみませんか。

 

当会を卒業された方のなかには、お薬を減らし、ご自分のやりたいことを見つけたことで、少しずつそれが収入になり、生活保護から、めでたく卒業された方も、何人かいます。



どなたでもご参加頂けます。
皆様のご参加をお待ちしています。

 

 

文責:埼玉オルタナティブ協議会代表 半谷絵美