真崎明 監督ブログ

真崎明 監督ブログ

真崎明 監督ブログ


その日の昼休み、話があるからと知花を誘い校舎裏に行った。

私のただならぬ雰囲気で、知花は何かを察知して一言も話さずにあとに続いた。

「熊本県の山鹿市に引っ越すことになった」

「なして」

私は父の転勤の事情を話した。

知花は、転校しない方法は何かないのか必死に訴えてきたが、もうどうにもならないことを繰り返し私は伝えた。

私が住むマンモス国鉄官舎の前に南中学校と南小学校はあった。

だから、親が国鉄勤務という生徒たちは実に小学校も中学校も多かった。

ゆえに毎年、転入転校生はたくさんいたのである。

私も小学四年生の時に、宮崎から引っ越してきたのだ。

国鉄の人事で父親だけが単身赴任で転勤先に行くなどということは、当時は皆無だった。

だから、親が転勤なら子供の転校は当然のことだ。

南小時代から親友である知花はそのことを痛いほど理解しているはずだ。

「なんか転校しなくてもいい方法があるはずやっど」

知花の方があきらめきれない様子だった。

その日、知花は終始無言で暗い表情だった。

私は知花の様子を見て、急に誰にも転校のことを告げる勇気が無くなってしまった。

仲の良い剣道部の仲間たちと別れたくなかった。

生徒会のメンバーともすこぶる仲が良かった。

クラスでは、7割近くが以前のように交流が出来るようになり居心地はとても良くなり始めていた。

私に対するイジメは、自然消滅しつつある。

私は、知花の言う通り何か転校しない方法がないか必死に考えた。

知花は、私が転校するということを誰にも話していない様子だった。

それから数日過ぎてからのこと、部活が終わり家に帰るとお袋が段ボールに服を詰めながら言った。

「今度の官舎は温泉がすぐ近くにあるみたいだよ。でも学校はね、ずいぶんと距離があるみたいなんだよ」

私はハンマーで殴られたような感じだった。

もうすでに住むところが決まっているじゃないか・・

せめて高校生だったら下宿する方法もあったかもしれないが中学生では無理だ。

私は、もはや運命には逆らえないと思った。

翌朝、隣の教室に行き知花を連れ出した。

「知花、今度行くところは温泉街じゃど。もう住むところも決まっちょった」

知花は返事をせずに俯いた。

「おいは、今日は稽古が終わったらみんなに話す」

「寂しくなっど、お前がおらんと」

私以上に知花が落ち込んでいるように見えた。

振り返れば小学校のころからいつも知花とは一緒だった。

たとえクラスが変わっても毎日のように遊んだ。

中学になると部活すら共に剣道を学び、今や私が主将、知花が副主将で名コンビと言われた。

私はいつも目立ったが知花は常に陰で支えてくれた。

映画は主演が私だが、準主演は知花だった。

私はヒーロー役で知花は数多くの悪役をこなしてくれた。

私はあくが強いから嫌われることもあったが、知花は誰からも好かれた。

女子からは信頼も厚かった。

私が親しい友人は知花も親しい友人になった。

私は、知花という存在がいなかったら、剣道部も主将を続けて来れなかっただろうし、映画も撮影はとうてい不可能だっただろう。

どんな時も味方になってくれた。

知花が納得してくれないうちは友人の誰にも話したい気持ちになれなかったのだ。

「映画はどうすっとか」

「どこまで出来っかわからんじゃっどん、ギリギリまで撮影はすっど」

「わかった、急がんないかんど」

どうやらわかってくれたようだ。

知花が急に頼もしく見えた。

部活が始まる前に体育教官室を訪ねた。

「入れ」

なぜか、その時、教官室は剣道部顧問の福田先生しかいなかった。

じろりと福田先生が私の目を見つめた。

福田先生は一瞬で何かを察知した。

「そけ座れ」

始めて椅子に座ることをすすめられた。

「はい、ありがとうございます」

私は事情をゆっくりと話した。

福田先生は腕を組み時々頷きながら話を聞いていた。

「残念じゃっどん、親父さんの転勤ならしょんなか。あんしゅ(剣道部の仲間達)も寂しがっどなー。かわいそうなこっじゃつどん、しょんなか(仕方がない)」

いつも怖いと思っていた先生が優しい目になっていた。

その日、福田先生は防具を纏い稽古をつけてくれた。

私は先生にトコトン鍛えられたが、とても嬉しかった。

稽古が終了して礼が終わった時、福田先生の方から私の転校について皆に話してくれた。

助かった。

自分からは言い出しにくかった。

私にとって知花同様に剣道部の仲間はまさしく家族だった。

これは、40年以上の歳月が過ぎた現在もその感覚は変わらない。

今日まで剣道部の友情と仲間の助け合いは続いており、福田先生ともいまだに一緒に酒を飲む。

すこぶる仲が良い。

私が転校することが決まってから、ますます剣道部の結束は強くなっていった。

数日後、あっという間に私の転校の話は広まっていった。

「真崎、わいが転校するち、ほんのこっか」

クラスで最初に聞いてきたのは真知原だった。

私は頷いてから笑顔を向けた。

「やっと精々すっど」

真知原言いながら嘲笑ったが、目は悲しそうに見えた。

錯覚か・・

放課後、教室を出ようとして、大沙湖に呼び止められた。

「真崎くん、転校すってほんのこっ」

「熊本に引っ越すことになった」

「さびしくなっね」

私は大沙湖にも笑顔を向けた。

大沙湖は笑わなかった。

考えてみれば大沙湖とは鹿児島に転校してきて以来ほとんど同じクラスだった。

幼馴染感が強かった。

大沙湖は友達が多い。

一気に広まった。

不思議だったが、同級生だけでなく、先輩や後輩からも声をかけられるようになった。

その中には一度も話をしたこともない、生徒たちも結構いた。

私は、決意したはずなのに、やはり転校したくないと言う気持ちが再び強くなっていった。

極め付けはラジオ放送だった。

当時、中学校では、ラジオ番組『鶴光のオールナイトニッポン』がいつも話題になっていた。

私たちは毎晩のようにオールナイトニッポンを聴いたものである。

深夜ラジオで喋りまくる鶴光が、リクエストの手紙を読み始めた。

『「鹿児島から熊本県の山鹿市に転校する真崎くんへ。熊本に行っても今と変わらずに元気に輝き続けてください。真崎くんを応援している女子より」リクエストはアリスのチャンピオンでーす。真崎くんっ、オレも応援してるぞ』

チャンピオンの曲が流れ始めた。

涙が溢れてきた。

ついに耐えられなくなり、声を出して泣き出した。

翌朝、教室でも部活でも、このオールナイトニッポンの話題で持ちきりだった。

私の転校はさらに学校全体に知れ渡った。

その日を境に、私はオールナイトニッポンがだんだん聴けなくなった。

またリクエストのたびにドキドキしてしまうのだ。

実際、その後二度も、私に向けたリクエストがあったことを友人たちから聞かされた。

私は転校したくないという思いで気が狂いそうにな気持ちになった。

それからしばらくして、土曜日の剣道の稽古が終わったあと、ふらりと生徒会室に寄った。

生徒会室には、副生徒会長の滝浪美乃がひとりでぽつんと座って本を読んでいた。

滝浪の読書量は半端なく、また成績も良かった。

偏差値は、全国レベルで上位の方だった。

彼女の父親は我が家と同じ国鉄職員だった。

彼女もやはり転校生で、私よりはるかに多くの転校経験があった。

生徒会の役員になった時に、彼女と転校とイジメの問題について話したことがあったが、彼女は他の生徒とは違ってとてもイジメ問題について意識が高く豊かな考えの持ち主だった。

お互いに転校生であること、彼女も宮崎市内から鹿児島に転校してきたことなど共通点も多々あり生徒会の中でも特に仲は良いほうだった。

私は彼女の前にぽつんと座った。

「どうした?元気ない。真崎くんらしくないよ。いつも誰よりも元気なのに」

滝浪はたくさん土地を回ったからなのか、鹿児島弁はさほど使わなかった。

私は本当は転校したくないけど、親の転勤で無理矢理連れていかれる辛さをこぼした。

滝浪は真剣に私の話を聴いてくれた。

彼女もまた、常に転校が辛かった思い出を話してくれた。

私のこの時の心境は、同じ境遇になった人でなければきっと本当にはわからないだろう。

滝浪も何度も何度も経験してきたことで、もしかしたら私以上に数が多かったので大変だったかもしれないと話を聞きながら思い始めた。

私は、自分たちがこんな目に遭うのは親のせいだ、親が子供の気持ちを考えないで昇格のために転勤をすすんで望んでいるのだ、と滝浪にぶちまけた。

しかし、優しい表情で聞いていた滝浪は、ゆっくりとこう話し始めた。

「私も最初は辛かったし、親のことを憎みたい気持ちもあったよ。
でもね、新しいところに行ってまた頑張ったらまた新しい友達が出来て知らないことをたくさん知ったりいろんな経験をしたり、感動的なこともたくさん出来たりして転校して良かったなぁていつも思うんだよね。
だからね、私は両親に感謝してるんだ。
私をいろんなところに連れて行ってくれて たくさんの経験を与えてくれて本当に感謝なんだよ。
真崎くんならきっと大丈夫だよ。
熊本行っても必ずたくさん友達出来るし、面白いことがいっぱい起きるよ。
今だってすごいじゃない。いろいろここであったのに、みんなに惜しまれてるでしょ。
凄いことだと私は思うんだ。
真崎くんが転校するのは、私もすごく寂しいけど、でも私だって真崎くんがあっちに行ったら熊本に友達がいることになるんだから、素晴らしいことだよね。手紙書くよ、私。
熊本行っても絶対大丈夫だよ」

私は滝浪美乃のこの言葉で本当の覚悟が出来た。

滝浪が言ったことは、今でも昨日のように思い出すことが出来る。

それは人生で忘れらない出来事となった。

「私、生徒会長に聞いたんだけど、真崎くん映画を作ってるんだって」

「うん」

「14歳で映画作るって世界中探しても誰もいないと思う。凄いことだよ。だから最後まで頑張ってね」

残された時間はもう僅かだった。

私は最後の力を振り絞って映画を完成させなければと決意した。

以下次回。

 

 

1977年7月、三年生の先輩たちにとって最後の剣道大会が開催された。


他校との交流練習試合では、先輩たちはとても強かった。


私は優勝すると思っていた。


ところが、3回戦で惜しくも負けてしまった。


練習では強くても、本番で緊張するあまり実力を発揮出来ないということがあるが、まさにそれだった。


私達一年生には、先輩たちの敗北は衝撃的だった。


先輩たちは、一学期の終業式後の部活動稽古をもって三年間の中学時代の剣道生活は幕を閉じる。


あとは受験勉強だ。



最後の稽古の日、私は館園先輩を相手に掛かり稽古をやった。


私は全力でかかっていった。


館園先輩は、私の勢いが衰えると面の一撃を私に食らわし「もう一本っ」と叫んだ。


私は必死にもう一本面を打ち込む。


「やっせん、もう一本」


力を振り絞ってもう一度打ち込む。


「気合いが足りん、もう一本」


私は、ありったけの声を張り上げて懸命に打ち込んだ。


「気・剣・体が一致しちょらん、もう一本」



この頃、福田先生が私達に繰り返し言っていたのが、気・剣・体の一致の重要性である。


気とは、気力であり精神、心、気合いにも通じるだろう。


剣とは竹刀だが、本来は刀である。


刀であれば切れなければ意味がない。確かな剣の振り捌きが重要だ。


体とは、力、動作、体捌き、それらが一つになっていなければならない。


『気剣体の一致』とは、これらの三つが調和され完全一致した状態のことをいう。


この『気剣体の一致』した一撃を、無念無双の境地で成し得ることこそ剣の道をゆく者たちの目指すところであると、福田先生は常日頃そう説いた。



私は、精魂を込めて館園先輩の面に向かって一撃を放った。


今までで一番良いと思える一打だった。


終わった、そう思ったが・・


「まだまだ、もう一本っ、気合い!」


館園先輩のもう一本は、ひたすら繰り返された。


立っていることすらできないほど、フラフラになったが、私が朦朧とすると館園先輩は、面に一撃を加えて喝を入れた。


「こらぁっ、油断するなっ!」


限界だった・・


「真崎っ、根性見みせんかーっ」


私は再び竹刀を振り上げて立ち向かっていった。



一体どのくらいの時間が経ったのだろう。全てが終わって面を取った時には、頭から湯気が出ていた。


「茹で蛸じゃっど、真崎」


知花が笑いながら言った。


掃除を終えて着替えている時だった。


「真崎っ」


館園先輩が呼んでいた。


私は、また何か怒られるのかと思い、慌てて先輩の元に急いだ。


「今日は、わいは、ほんのこち、ようきばったど
」(今日お前は本当によく頑張った)


怒られるんじゃなかったのか・・えっ今、俺はもしかして褒められたのか?


入部して以来、私にとって館園先輩は、とても怖い鬼にしか見えなかった。


その鬼が今、褒めたのか・・


私はキョトンとしていただろう。


館園先輩は私の肩をポンと叩いた。


「真崎っ、あとは南中の剣道部を頼んだど」


館園先輩は満面の笑顔を私に向けてから去って行った。


私は泣きそうになった。


明日から、鬼がいなくなるという寂しさと褒められた嬉しさで急に悲しみが込み上げてきたのだ。


しかも、あとを頼むってなんなのだ。


意味が分からん。


私は剣道部で一番下手くそで、幼少から長年剣道をやってきた同級生は部員にたくさんいるというのに。


なぜ、俺なんか下手くそのビリッケツにそんなことを館園先輩は言ったのか・・



外に出ると、西の空は夕焼け色だった。


かすかに噴煙をあげる桜島は紅く染まり始めていた。


私はその美しい雄大な姿に見とれた。


「帰っど、真崎」


知花が後ろから声をかけた。


「まだ汗が出てくっど」


言いながら、そっと涙を袖でぬぐって歩き出した。


以下次回。

 

 

剣道部を始めてから三ヶ月が過ぎようとしていた。

ついに、新品の防具を私は買ってもらった。

もう、あの臭い剣道着と防具を身につけなくて済むのだ。

私は勉強には全く身が入らず、朝から剣道の部活時間が楽しみで仕方なかった。

死ぬほど嫌いだった剣道が、一番大切になっていた。

その頃、すでに剣道部の一年生は10人ほどに減っていた。

半分以上は辞めていった。

言葉は悪いが逃げたという表現が合っている。

まるで戦国時代のような雰囲気を醸し出していた南中剣道部に残るのは大変なことだったと今更ながら思う。

それほど先輩が怖かった。

ただ怖いだけではなく、尊敬出来る立派な先輩たちだった。

厳しくはあってもイジメは一切無かった。

私達には、三年生の先輩たちが、まるで大学生のように大人びて見えていた。

師匠の福田先生になるとさらに雲の上だった。

福田先生は体つきはブルースリーそっくりで、顔もほんの少し似ていたがブルースリーの顔よりも甘いマスクをしていた。

まさに映画俳優と言われてもおかしくないほどカッコ良かった。

ちなみに、007(15作16作)ジェームズ・ボント役ティモシー・ダルトンにも少し似ている。

ただ、映画俳優でないことがすぐにわかることがあった。

究極の鹿児島弁だったことだ。

薩摩弁の中でも、極め付けの薩摩弁と言えるほど薩摩田舎のイントネーションは、筋金入りだった。

ボロボロに疲れ果てた部活が終わってからの帰り道、一年生の大将格の中村健一郎がよく言った。

「ふっだ先生は、話さんやったらブルース・リーじゃっどん、ひとこと話したらわっぜぇかごんま弁やっどな」

健一郎の言葉で、良く大爆笑になったものだ。

時代はその頃、空前のブルース・リーズームだったのだ。

誰もが、ヌンチャクを作りに挑戦していた。

手作りヌンチャクで、片方がぶっ飛んでガラスを割った経験がある男たちも少なくないはずだ。

余談がすぎた。

さて、その日私は新しい道着と防具を付けて、嬉しさいっぱいで稽古に励んでいた。

技の稽古が終わり、館園先輩から掛かり稽古の指示が出た。

掛かり稽古は、元立ち(受ける側)と掛かり手(打つ側)の二人が一組になって、掛かり手が元立ちに対して全力で面、小手、胴を絶え間なく打ち込む稽古法だ。

30秒から1分間ほど休みなく激しく打ち込む稽古を何セットもしていくため、剣道の中でも最も厳しい稽古となる。

掛かり稽古の1セット目が終わると体育教官室のドアが空いて福田先生が現れた。

福田先生は稽古場の隅の古い応接用椅子にドカンと座った。

福田先生が現れると先輩たちの気合いはさらに激しくなる。

私は、まだ慣れない竹刀に振り回されながら必死に面、小手、胴を必死に狙い打った。

南中の掛かり稽古は、とても重要視していたので時間も長く、何セットもやるために、かなりキツイ稽古だった。

5セットを過ぎてからは、竹刀をまともに持てず、立っているのもままならないほど辛くなってきた。

それでも先輩たちの勢いは変わらなかった。

「やめーっ」

そう叫んだのは、福田先生だった。

福田先生がゆっくりと近づいて来た。

「一年生!わい達がやる掛かり稽古はいっちょん、なっちょらん。そげな稽古は、やっせんど」(一年生、お前たちがやる掛かり稽古に全くなってない。そんな稽古ではダメだ)

全力でこっちはやっている。

防具を着て激しく動いて必死に竹刀を打ちまくるのは、全力で走るよりも遥かにきつい。

こんなに苦しいのは生まれて初めでの経験だ。

もう精一杯だった。

それが全くダメだ、と言うのか・・・

いくら福田先生の言葉でも腹立たしくなってきた。

「たっぞん」

「はいっ」

館園先輩が頭を下げて歩み寄った。

「手本を見せっめ」(手本を見せてみなさい)

館園先輩は深く頭を下げてから、橋田先輩の前に立ち間合いをとった。

二人が、竹刀を抜き正眼の構えになる。

この瞬間、空気が変わった。

静寂の中に張り詰めた緊張感が漂い始めた。

えぃーっ

その気合いは、私の心臓まで震わせた。

ど迫力気合いと共に打ち出された一撃一撃の技。

その打ち込みは、まさしく剣道で理想とする気・剣・体が完全に一致した技だった。

受け手の橋田先輩に対して、四方八方から確実に的を得たように館園先輩の技が打ち込まれていく。

電光石火の如く、しかもその動きは、まるで蝶が舞うようで芸術的で完璧と言えた。

私は感動して鳥肌が立っていた。

涙が溢れそうになった。

正直美しいと思った。

この瞬間、私は剣道を志して良かったと心底確信した。

福田先生が、お前たちの掛かり稽古はやっせん、と言った意味が良くわかった。

帰り道、剣道部の仲間たちと館園先輩の素晴らしい掛かり稽古の話で持ちきりだった。

私は、なぜかこれ以降は掛かり稽古が一番好きになった。

いつか自分も館園先輩のような掛かり稽古出来るようになりたい、と憧れた。

私は一層稽古に励むようになっていった。

以下次回。