● 本当に、どんな状況でも修復は可能ですか?

こんにちは、宮里晃子(あきらこ)です。

今日は、本当のことを書かせていただきますね。

どんな状況でも、修復可能と言っていますが、裁判にまでなってしまっている場合は、難しいです。

なんで、もっと早く、ご相談いただけなかったのか、残念に思います。

裁判だから、難しいのではありません。

そんなに戦い続けてしまっている、あなたの思考を書き換えるのに、時間がかかるからです。



もう少し、くわしく説明すると、

当たり前ですが、意識では、戦いたくないと思っていたり、戦っているつもりがなかったりします。

でも、無意識では、敵をつくりだしていたり、対立を望んでしまっているのです。

「裁判を起こしてきたのは、主人の方なんです。」

もちろん、戦いを挑んできているのは、旦那様ですね。

そう、剣を振りおろされたので、盾で身を守るしかなかったのです。

普通、誰でもそうします。

離婚宣告を受けてしまった時から、ずっと戦うしかなかったのですね。

盾を使わない、方法があります。戦わなくて、良いのです。

早く対処ができれば、大きなことにはなりません。

本来でしたら、どんなご夫婦でも修復は可能です。

ささいな出来事でも、放っておかないでください。悩んで、時間が過ぎるのを待たないでください。

平和的な解決は、かならずできます。

問題が起きる前よりも、もっと仲の良い夫婦になれるのです。

どうか、お早めに、ご相談ください。


別居、離婚調停、浮気、不倫、復縁、レス解消、モラハラ、DV、依存症、AC、インナーチャイルド、などご相談ください。

カウンセリング対面は、東京都葛飾区近郊から、お電話のご相談は全国からいただいております。

すべての存在に感謝、愛しています。