台本、雑記置場

台本、雑記置場

声劇台本・宣伝を書き綴っていく予定です。
御用の方はTwitter、mail、またはブログメッセージにてご連絡頂けましたら幸いです。
Twitter:@akiratypeo913
mail:akira3_akira3★yahoo.co.jp ★→@に変えてください

現在comicoノベル公式にて毎週日曜日、電子の海のコックリさんを連載中です。
『電子の海のコックリさん』 http://novel.comico.jp/19928
こちらもよろしくお願いいたします。

テーマ:

【ホラーゲーム】

 

 いらっしゃいませ。
 いかがいたしましたか?
 ほう、ゲームの買取りを……。ええ、ええ、もちろん承っておりますよ。

 それではさっそくお品物を拝見させて頂けますでしょうか?

 ははぁ、このソフトは……。
 お客様、ホラーがお好きなのですね。
 わかりますとも。このゲームは知る人ぞ知る『本物』が出てくるゲームでございますから。

 世間でも評判になりましたよね。


 迫力がありましたでしょう?
 暗い部屋に、ぼんやりと浮かび上がる女の霊……。
 他のゲームとは全然違う。比べ物にならない不気味さ、恐ろしさ、背筋が凍りつくような空気……。

 本当に傑作ですよね。
 おっと、おしゃべりが過ぎましたね。それでは品物を拝見させていただきます。
 状態は良好ですね。説明書もきれいで、盤面も傷ひとつない。物を大切にされるお方だ。

 ああ、これは……うーん、困りましたねぇ。
 あのですね、このソフト、大事なものが欠けているんです。
 いえいえ、ケースも問題ないですし、日焼けなどもしておりません。

 見た目は何も問題ないのですが……。


 じゃあどうしてって? 弱りましたね……。
 しかたない。これは、私のとお客様だけの秘密のお話にしてくださいね。
 なぜこのゲームだけほかのホラーゲームと比べてこれほど

 『この世のものではない者たち』を再現できたのだと思います?
 なぜこれほど『ああ、あそこに居る』という恐ろしい感覚や臨場感を生み出せたのでしょう?

 ……ここの会社って倒産しましたでしょう。
 従業員たちに立て続けに不幸があって会社がたちいかなくなっちゃった。
 斬新なゲームで世間の注目を浴びたとたん、なんで急にあんなことが起きちゃったか……。


 それは、ですね。
 データ化してしまったんですよ。
 生きた幽霊、って言ったら言葉がおかしいですけどね。

 いわくつきの場所へ行ってね。そこにいた幽霊を予め用意した依代に憑かせたんです。
 それを解析して、なんとデータに落とし込むことに成功した。
 囚われた霊は数え切れないほどのゲームソフトに複製されて、中に取り憑いたまま販売されたんです。

 

 恐ろしいことでしょう?
 おや、信じられませんか?
 でもとってもとっても怖かった、そうでしょう?
 今までにない心霊体験だったでしょう?
 それはデータ化された霊が、意思を持ったままゲームのなかに閉じ込められていたからなんですよ。

 お客様はゲームを通して、幽霊に触れていたのです。

 さっき、大事なものが欠けているって言いましたよね。
 もうこのソフトの中にはいないんですよ、閉じ込められた霊が。
 だから状態がよくっても、値はつけられません。

 じゃあ、その霊はどこに行ったかって?
 お客さん、このゲームをずいぶんと長い時間プレイされたみたいですねぇ。
 ええ、ええ……。
 わかるんですよ、後ろに、視えますから――。

 

 

【了】

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス