10年以上も飽きないアクセサリー in 銀座・浅草 ブログ

こんにちは、アキオ モリのブログ担当ホンダです。

  もう10年ほど飽きずにほぼ毎日使い続けている指輪があります。


  流行に関係なく使い続けていけるアクセサリーと、アクセサリーのある楽しい生活。

  そんなことをご紹介できたらなーと思っています。



デザイナーの森が2000年の3月3日に『徹子の部屋』に出演時の動画をアップしました。

  リンクを貼っておきますのでどうぞご覧ください。


『徹子の部屋 ~森暁雄~』 前半  後半


【銀座店】 オート ジュエラー・アキオ モリ       【浅草店】  森暁雄宝飾店              

住所    中央区銀座3-4-1               住所    台東区浅草1-36-7
電話    03-5524-0027                 電話     03-3847-2612
営業時間 11:00~19:00                 営業時間  10:30~18:30
定休日   現在は定休日はありません         定休日   水曜日


アキオモリ オンライン


◇このブログに登場の商品をオンラインショップでお求めいただく方法はコチラ です

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

南洋黒真珠とエメラルドのブローチ

先日、これから作りますよ!という、シルバーの台に大粒の南洋真珠を載せたものを発見。

ここから彫りやミル打ちを入れて、周りにダイヤモンドやエメラルド、ルビーを配して指輪にしていくのです。

 
いつの間にか売れていってました。
結構インパクトのある指輪なのですが、やっぱり目には留めていただけるようで、完成が楽しみです!
 
 
さて、この指輪に合わせたわけではないのですが、こんなブローチが新しくできてきました。
☆ エメラルドと南洋黒真珠の透かし細工のシルバーブローチ
縦:44mm × 横:52mm
¥175,000 +税
 
一つ前のブログには以前からあった白い真珠バージョンが登場しています。
白い真珠から少し妖しげな美しさが魅力の黒真珠に変えると、こんな感じに。
グッと個性的な雰囲気に変身です。
個人的にはとても好き。
 
今回もこのブローチを中心にして、様々な指輪などと合わせてみました。
 
まずはこちらのセットから。
上:エメラルドと南洋黒真珠の透かし細工のシルバーブローチ
縦:44mm × 横:52mm
¥175,000 +税
 
下左:シルバーに植物柄の彫り、カボーションのエメラルドのリング
¥20,000 +税
 
下右:シルバーに植物柄の彫り、カボーションのエメラルドのピアス(シルバーポスト)
¥23,500
 
大きさも様々な南洋黒真珠の間に、こちらも大きさや形も様々なエメラルドが輝きます。
黒真珠といっても、そこまで強いトーンではなく、濃いグレー。
パッとした白でもなく、ダークな黒でもなく・・・少し妖しげながらも使いやすい色の真珠です。
真珠とエメラルドを留めているシルバーの金具は、表からはほぼ見えないようにデザインしています。
黒真珠の黒と、その間に輝くエメラルドは、夜空に輝く星座のよう。
ちょっと個性的に仕上がる黒真珠のアクセサリーは、大人の女性にピッタリです。
 
指輪はボリュームを抑えたものをしてみました。
なめらかな表面の、プクっと盛り上がったカボーションのエメラルド。
アンティークのような燻の加工を施し、彫りが立体的に浮かび上がるシルバーの台の中で、独特の存在感を放ちます。
 
残念ながら付けている画像は用意できなかったのですが、それはピアスも同様です。
カボーションのエメラルド!というところがなんとも言えない魅力。
 
エメラルドという五大貴石のうちの一つを使っていながらも、指輪とピアスもとても合わせやすく、サラッと付けて楽しめる仕上がりになっています!
 
 
続いてのセットはこちは。
 上:エメラルドと南洋黒真珠の透かし細工のシルバーブローチ
縦:44mm × 横:52mm
¥175,000 +税
 
下左:シルバーと18金、カボーションの玉(ギョク)の指輪
¥85,000 +税
 
下右:シルバーの葡萄の葉と南洋黒真珠のイヤリング
¥19,000 +税
 
こちらのセットは少し指輪にボリュームを出してみました。
使っている石はエメラルドではなく、ギョク。
18金で覆輪をして、長方形のセンターにセッティングしています。
 
この指輪、実はさりげなく透かしの細工になっています。
分かり難いのですが、センターのいしから、放射上に細〜く細〜く掘り抜かれていて、その両サイドにミル打ちをしているのです。
 
そして腕の部分には18金の玉をあしらっています。
やはり少しでも金が入ると、指輪の雰囲気も明るくなります。
エメラルドとはまた違う雰囲気の緑色ですが、この玉の緑色も静かで、とても綺麗なのです。
エメラルドと合わせても違和感なく楽しめます。
 
イヤリングにはシルバーの葡萄シリーズの中から一番小さなものをチョイス。
10mmアップの黒真珠をシルバーで作られた葡萄の葉がクルリンと外側から巻くようなデザインです。
シルバーでクルっと巻くことで、パールが全面に出ることなく、少し控えめな印象に。
またシルバーの葉の繊細な作りも真珠のやわらかな輝きを邪魔することなく、お互いを引き立てあっています。
 
ちょっぴり個性的な真珠のイヤリングとして最近人気のシリーズです。
 
 
続いてのセットはこちら。
 上:エメラルドと南洋黒真珠の透かし細工のシルバーブローチ
縦:44mm × 横:52mm
¥175,000 +税
 
◇ 下左:南洋黒真珠の下にエメラルドのピアス(シルバーポスト)
¥34,000 +税
 
◇ 下右:10mm幅のべっ甲に南洋黒真珠、18金のリング
¥40,000 +税〜
 
今までのセットではシルバーにエメラルドや玉などの緑色の石の指輪を合わせてみましたが、こちらは黒真珠で合わせてみました。
アキオモリらしくべっ甲台に載せました。
ブローチに使われている真珠よりも黒が強く、そして緑がかっています。
より妖しげな雰囲気が漂う色合いに。
 
黒真珠のサイドには、18金の粒を三角形にしたものをあしらっています。
べっ甲の黒の上に真珠の黒。
そこに華やかさのあるゴールドが少し入ることで、より楽しく、個性的な雰囲気の指輪に仕上がっています。
ピアスの方は付けての画像は撮れていないのですが、直径13mmのわりと大きめの真珠の下に、シルバーの爪で留められたエメラルドが輝いています。
少しパールにエクボみたいなものや、ポチッと出ている部分はあるのですが、パールの下だったり、顔の方に向けて付けられる方だったりするので、実際に付けてみるとまったく問題ありません。
 
パールの大きさ、そして真珠のダークな色に引き立てられるように輝く小さなエメラルドの輝きには目が留まります。
 
色も落ち着いたトーンなので、様々なシーンで楽しめそうなピアスです。
 
 
最後は完全に個人的な依怙贔屓。
何度もブログに登場している自分のお気に入りの指輪と合わせてみました。
 上:エメラルドと南洋黒真珠の透かし細工のシルバーブローチ
縦:44mm × 横:52mm
¥175,000 +税
 
◇ 下:四角いエメラルドの銀の山羊のリング、24金の刻印付き
¥185,000 +税
 
四角くて、厚さのあるエメラルド。
透明感はないのですが、深く味わいのある色をしています。
綺麗すぎない味のあるエメラルドには、アンティークのような雰囲気のある銀の山羊のデザインがピタッと嵌ります。
24金の刻印も付いていて、まるで古い時代から受け継がれてきたような、不思議な存続感と魅力のある指輪になっています。
 
クセがあるかないかでいうとあるデザインなので、なかなか皆さんの目に留まらないようなのですが、本当に個人的にはオススメのリングです。
いずれコレは!!と思ってくださる方の元へ行くことと思っています。
 
今回は新作のブローチを中心にして、様々な指輪やピアスなどとセットにしてご紹介しました。
後ほどオンラインショップの方にもアップする予定ですので、そちらもご覧ください。
 
最後にまた動画をご覧ください

ではどうぞお気軽にご来店、お問合せください。
 
今回のブログに登場のアクセサリーはオンラインショップにも後程載せますので、どうぞそちらもご覧ください。

 

またヤマト便による代引きも可能となりましたので、メールやお電話でのご注文も楽になりました。

 
 
 
銀座店への行き方

 

【銀座店】  オート ジュエラー・アキオ モリ

住所    中央区銀座3-4-1
電話    03-5524-0027
Mail: akiomori1968@gmail.com (返信は遅れることもあります)

Instagram: akiomori1968

営業時間 11:00~19:00
定休日   現在は毎日営業しております

特定国際種事業者番号 S-3-13-31514

浅草店への行き方

【浅草店】 森暁雄宝飾店 

住所    台東区浅草1-36-7
電話    03-3847-2612
営業時間 10:30~18:30
定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-3-13-31515

 

 

【金沢店】 オート ジュエラー・アキオ モリ 金沢店

住所     金沢市長町1-2-18

電話    076-260-6233

営業時間  9:00~17:00

定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-4-1-00073

 

ボリューム感のある多連ブレスレット

なんとなくまたもやイヤーな感じになりつつありますが、せめてお出かけの時には楽しく、お洒落に。

そんなお手伝いができればなと思いつつブログもアップしています。
 
今日はシトシトと雨の降る、梅雨らしい気候の東京です。
蒸し暑くなってきて、多くの方が半袖やノースリーブなど、袖口のない装いになってきました。
 
そこで、今回のブログでは、アキオモリらしい新作のブレスレットの登場です。
サラサラっと流れるような、小さな粒を集めた、楽しく使えるブレスレットたちです。
左:プレナイトの33連のブレスレット
長さ:20cm
¥55,000 +税
 
中:小さな真珠の18連のブレスレット
長さ:21.5cm
¥55,000 +税
 
右:ラブラドライトの33連ブレスレット
長さ:19cm
¥53,000 +税
 
最近はドーンとしたモード感のあるバングルなどが流行っていますが、今回登場のブレスレットはとてもエレガントな雰囲気のあるものたちです。
小さな小さな粒を集めて、纏めて、サラッと流れるようにつけることのできるブレスレットです。
 
それぞれの素材ももちろん美しいのですが、シルバーに彫りを施して作った留め具の部分もすごく綺麗です。
あえて見えるようにつけても良いくらい。
 
それぞれのブレスレットに合わせて他のアクセサリーもチョイスしてみましたので、どうぞご覧ください。
まずはこちらのセットから。
左:エメラルドと南洋真珠の透かし細工のシルバーブローチ
縦:40mm × 横:50mm
¥175,000 +税
 
右:プレナイトの33連のブレスレット
長さ:20cm
¥55,000 +税
 
葡萄石とも呼ばれる、瑞々しいマスカットのような色が特徴のプレナイト。
アキオモリでも時々使う石ではある子ですが、いつもはツルリとした表面のものばかりでした。
このブレスレットには、細かなカットが施されて、キラキラと輝くものを使っています。
しかも一つ一つの粒の大きさが小さいので、その煌めき方も細かく繊細。
爽やかで優しい、半透感のある緑色が動くたびにキラキラと輝きます。
ブレスレットの一本一本が細かいため、ボリュームはあるのにサラッとした付け心地。
見た目にもとても爽やかです。
 
淡く優しいグリーンなので、主張しすぎることなく、軽やかな装いにもサッと合わせて楽しめます。
 
一緒に合わせたのは、南洋真珠やエメラルドのが透かしのように配置された不思議な形のブローチです。
白く優しく輝く南洋真珠は雲のようですし、その間で輝くエメラルドは星座のよう。
それぞれに大きさや形も一つ一つ異なるので、カチっとまとまり過ぎていないため、このようなカジュアルな装いでも合わせて楽しめます。
 
パールやエメラルドの間は空いていて、付ける装いがチラッと見えるので、馴染みも良く、一年を通して様々なお洒落に合わせて楽しめます。
個人的にはとてもお勧めのブローチです。
 
 
続いはこちらのセット。
左:シルバーで王冠留めされたマベパールのイヤリング
直径:19mm
¥40,000 +税
 
下:南洋真珠のシルバー台リング
¥45,000 +税
 
☆ 上:小さな真珠の18連のブレスレット
長さ:21.5cm
¥55,000 +税
 
日本人の肌の色に近い、小さな小さなパールを集めて、ボリューム感とエレガントさを楽しめるブレスレットに仕上げました。
小さなパールは手首の上でザラッと動きます。
まとまっている部分もあれば、ちょっと隙間が開いている部分もあったり。
動くたびにその形を少しずつ変えていきます。
その変化もとてもお洒落!
ボリューム感がありますが、一つ一つのパールが小さいため繊細さもあり、パッと手元を明るくしてくれるブレスレットです。
こうして一捻りして付けてみたりしても素敵です。
この長さは手首の細い方だと少し長めかなと思いますので、細めの方はどうぞご相談ください。
 
合わせた指輪は綺麗な南洋真珠をカジュアルなムードのあるシルバー台に載せたもの。
12mmオーバーの南洋真珠の指輪なんていうと、マダム感が漂いそうですが、アンティークを思わせるような、彫りを施したシルバー台にセッティングすることで、軽い装いでも楽しめる指輪になっています。
つややかな真珠の輝きと、燻銀の金属光とのコントラストはとてもユニーク。
アキオモリらしい、楽しく使える指輪です。
 
そしてイヤリング。
球から切り取ったような、平くて丸い形のマベパール。
とてもクラシカルなムードのある素材です。
シルバーのティアラのような繊細な爪でグルリと取り巻いて、イヤリングにしました。
直径は19mmほど。
通常直径19mmのパールのイヤリングとなると、前方にもドーンと出るので、すごい存在感になるのですが、平べったい形のマベパールならば、ドーンと前に出過ぎることなく付けられます。
大きめの白いパールの輝きはお顔映りをパッと明るくしてくれますよ!
 
 
最後のセットはこちら。
下左:しずく型のサファイアのシルバーリング
¥13,000 +税
 
下右:しずく型のサファイアのシルバーイヤリング
¥25,500 +税
 
☆ 上:ラブラドライトの33連ブレスレット
長さ:19cm
¥53,000 +税
 
グレーがかったブルーが爽やかなラブラドライト。
大きめののものだと見る角度によってグレーだったり、ブルーに見えたりする、ちょっと不思議な石なのです。
今回のブレスレットでは細かくカットを施しているので、その不思議な雰囲気にキラキラと輝く光もプラス。
少し妖しげなのに繊細さもあって、独特の美しさの仕上がりになっています。
このブレスレットも、一本一本な細いため、つけると腕の上でサラサラと動き、その度に不思議な光を放ちます。
また色としては優しいため、様々な色の装いに合わせて楽しめます。
合わせたイヤリングや指輪は、このブログでも何度か登場の人気のもの。
淡い少し紫色がかった透明なサファイアを使った指輪とイヤリングです。
形が丸や楕円ではなくしずく型なところもお洒落ポイント。
周りに施されたミル打ちや植物の柄もアンティークのようで素敵な仕上がりです。
 
 
最近はこの感じのサラサラっと流れるような多連のブレスレットってあまり見かけることがありません。
それだけに付けているとお洒落ポイントがグッとアップ。
今回は半袖に合わせていますが、もちろん秋冬からの装いにもピッタリな色や質感、そして存在感です。
お洒落の仕上げとして、パチンと腕に留めて、お出かけを更に楽しくしてみてください。
 

ではどうぞお気軽にご来店、お問合せください。

 
今回のブログに登場のアクセサリーはオンラインショップにも後程載せますので、どうぞそちらもご覧ください。

 

またヤマト便による代引きも可能となりましたので、メールやお電話でのご注文も楽になりました。

 
 
 
銀座店への行き方

 

【銀座店】  オート ジュエラー・アキオ モリ

住所    中央区銀座3-4-1
電話    03-5524-0027
Mail: akiomori1968@gmail.com (返信は遅れることもあります)

Instagram: akiomori1968

営業時間 11:00~19:00
定休日   現在は毎日営業しております

特定国際種事業者番号 S-3-13-31514

浅草店への行き方

【浅草店】 森暁雄宝飾店 

住所    台東区浅草1-36-7
電話    03-3847-2612
営業時間 10:30~18:30
定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-3-13-31515

 

 

【金沢店】 オート ジュエラー・アキオ モリ 金沢店

住所     金沢市長町1-2-18

電話    076-260-6233

営業時間  9:00~17:00

定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-4-1-00073

 

象牙に蒔絵のネックレス

7月になりました。

2020年も半分は過ぎ、本当であればオリンピックに沸いていたところ。
街は少しずつ人出も多くなってきましたが、まだまだ少し寂しい感じです。
 
今日の東京は梅雨の晴れ間。
陽射しはすでに夏のもの。
 
今回のブログは、久しぶりにアキオモリらしい象牙に蒔絵のアクセサリーです。
夏の軽やかな装いに、クラシカルでエレガントな雰囲気をプラスすることのできるネックレスと、それに合わせた指輪やイヤリングの登場です。
 
まずはこちらのセットから。
右:ラグビーボールのような形の象牙にアーカンサス模様の彫りに金蒔絵のグラデーションネックレス
長さ:52cm
¥230,000 +税
 
左:象牙にアーカンサス模様の彫りに金蒔絵の指輪
¥115,000 +税
 
今日登場するアクセサリーは、象牙を彫る職人さんがもういないため、どれも新しく作ることは叶わなくなっているものばかり。
アキオモリの蒔絵のアクセサリーにも度々登場するアーカンサス模様の彫りのものももう新たに作ることはできません。
 
ラグビーボールのような流線型の象牙の玉が並んだスッキリとしたグラデーションのネックレス。
象牙の優しい白いトーンは、夏にもぴったりの色です。
でも象牙だけだと少し寂しく、また古くさい感じがしてしまうことも。
そこに蒔絵の金がはいると、華やかで、エレガントに変身します。
 
美しく彫られたアーカンサス模様も金蒔絵をかけることで立体感がまして、さらに美しく。
それは指輪でも同じです。
 
象牙と金蒔絵の優しいトーンはお洒落の邪魔をすることなく、落ち着いた独特の華やかさをプラスして楽しむことができます。
 
 
続いてのセットはいつものこれ。
右:象牙に金蒔絵、岩場に立つ山羊とアーカンサス模様のフレームのネックレス
長さ:43.5cm
¥125,000 +税
 
左:象牙に金蒔絵、アーカンサス模様の彫りのイヤリング
縦:24mm  × 横:17mm
¥85,000 +税
 
アキオモリの代表的なモチーフの山羊のネックレスです。
とはいえ、こちらも新たに彫って作ることはできないという・・・なんだかさみしい気分です。
 
センターの山羊の部分は30mmほど。
そして首回りには直径8mmの象牙の玉を使っています。
同じデザインを樹脂に金彩でも作っていますが、やはりとても人気があるネックレスとなっています。
全体的なシェイプはとてもとても普通。
そこに象牙と蒔絵、そして岩場に立つ山羊というアキオモリらしい個性が加わって、他にはない楽しいネックレスとなっています。
 
イヤリングもとてもシンプル。
山羊の周りに彫られたアーカンサス模様を斜めに彫って金麦絵をかけたものです。
素材も彫っているモチーフも同じなので、ネックレスに合わないわけはないイヤリングです。
大きさも大き過ぎず、小さ過ぎず。
お顔周りに白と金という明るい色を持ってくることで、表情も明るい印象になります。 
 
イヤリングの左右を取り替えてつけると、白い象牙の面が前に来たり、アーカンサス模様の金蒔絵の面が前に来たりするので、前から見たときの見え方が2通りに。
お洋服の感じや季節によって、付け方を変えて楽しんでください!
 
 
続いてはスッキリとしたこちらのセット。
下:象牙に金蒔絵、可動式のトップのネックレス
長さ:44cm
¥130,000 +税
 
上:象牙に金蒔絵、ベルトのようなデザインのブレスレット
¥135,000 +税
 
直線的にデザインされたトップのネックレスと、ベルトのようなデザインのユニークなブレスレットの組み合わせです。
 
ネックレスのトップの部分、台形をくり抜いたような部分は可動式。
パタンパタンと動かすことができます。
首回りの象牙玉は、山羊のネックレスと同じ8mmのもの。
トップが違うと全く雰囲気が異なり、どことなくモダンなネックレスに仕上がっています。
それに合わせてブレスレットもモダンなデザインのものをチョイス。
象牙のパーツをゴムで繋いでいるので、パチンと嵌めることもできますし、こんな風に本当のベルトのように外してから付けることも可能です。
金色の部分は象牙に金蒔絵。
普通の彫りの象牙の職人さんもいないのに、こんな楽しい細工をしてくれる方は余計にいません。
 
普通のシンプルな象牙のブレスレットも素敵ですが、この一捻りどころか二捻りくらいしているブレスレットもお勧めです。
夏の袖のない装いに合わせて楽しんでみてください。
 
 
最後は少し豪華でクラシカルなムードのあるこちらのセット。
右:象牙に金・銀蒔絵、小さな真珠、10連の象牙玉のネックレス
長さ:48cm
¥258,000 +税
 
左:象牙に金・銀蒔絵、小さな真珠、しずく型のイヤリング
縦:28mm × 横:24mm
¥175,000 +税
 
ネックレスもイヤリングも、ツルッとした象牙をセンターにして、金蒔絵と銀蒔絵の細かな細工と小さな真珠のフレームをつけたようなデザインとなっています。
 
近くに寄って見てみると、細かな線で描かれた、蒔絵の細工の美しさがよくわかります。
そしてグルリと象牙を取り巻くように付けられた、小さなパールたち。
可愛らしく、エレガントな雰囲気をプラスしてくれています。
なんと言ってもこのネックレスは3mm弱の象牙を10連にしているところがとても特徴的。
流れるような繊細さが、センターの繊細な細工にもピッタリ!
クラシカルで特別感のあるネックレスに仕上がっています。
 
イヤリングもなかなかの存在感。
しずく型は耳たぶに沿うようで落ち着きの良い形です。
大きさがあってもなんとなく耳元でまとまってくれるので、華やかさがあって使いやすいイヤリングとなっています。
 
象牙の白とパールの白。
そして蒔絵の金銀という、小さな面積の中に様々な要素がギュッと詰まった、贅沢な作りのイヤリング。
是非ネックレスと一緒に楽しんでお使いになってみてください。
この雰囲気ですので、もちろん秋冬からのしっかりとしたお洒落にもとてもよく映えるセットとなっています。
 
最後にここのところ恒例の動画です。
どうぞ参考になさってみてください。
 

ではどうぞお気軽にご来店、お問合せください。

 

 

またヤマト便による代引きも可能となりましたので、メールやお電話でのご注文も楽になりました。

 
 
 
銀座店への行き方

 

【銀座店】  オート ジュエラー・アキオ モリ

住所    中央区銀座3-4-1
電話    03-5524-0027
Mail: akiomori1968@gmail.com (返信は遅れることもあります)

Instagram: akiomori1968

営業時間 11:00~19:00
定休日   現在は毎日営業しております

特定国際種事業者番号 S-3-13-31514

浅草店への行き方

【浅草店】 森暁雄宝飾店 

住所    台東区浅草1-36-7
電話    03-3847-2612
営業時間 10:30~18:30
定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-3-13-31515

 

 

【金沢店】 オート ジュエラー・アキオ モリ 金沢店

住所     金沢市長町1-2-18

電話    076-260-6233

営業時間  9:00~17:00

定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-4-1-00073

 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>