SONY α7Ⅳを衝動買いして以来、SONYのミラーレスの中古品集めが止まらなくなりました。とうとうα7の初代のジャンク品を買ってしまいました。

カメラエラーのジャンク品を値切っても35000円と言う馬鹿げた値段です。


結構時間がかかって届いた物は外装はほとんどキズなく美品でした。付属品は純正バッテリーと純正の充電器でした。





説明ではメニューが写っていましたが届いた物はいきなりのカメラエラー📸でした。


マウント側を見るとシャッター幕が閉じています。センサー保護では無いです。


何度か電源をオンオフしてたらシャッター幕が開きました。

そのままシャッター切るとカメラエラーになります。


また何度か電源を操作するとシャッター幕が開きます。


この状態でメニューをいじることができました。

もしかしてと思い動画を撮ってみると撮れます。

もうシャッターユニットの故障確定です。

それではシャッターユニットをアリエキスプレスに注文です。

フルサイズ用かつ先幕、後幕有りのユニットなので高いです。


NEX用は3000円ちょっとでしたから3倍から4倍の値段です。うまく治っても47000円弱と高いカメラになってしまいました。


シャッター押したらカメラエラーになってたけど写真が残されていました。ショット数調べたら13361枚でした。こんなんで壊れちゃダメでしょう?SONYさん。

ま、外装綺麗なわけだ。

中古で売ってるカメラのショット数なんて参考にならんです。

次回はユニット交換です。GW中に来ると良いな。



SONYのミラーレスカメラNEX-3シリーズを集めてみました。

NEX-3シリーズは

NEX-3

NEX-C3 

NEX-3L

NEX-3N

α5000



の5台(代)です。α5000は名前こそ違いますが最後のNEX-3です。

面白いことにシリーズは系統としての統一性がありません。なんでNEX-3の次がNEX-C3なのにその次はNEX-3Lなのか。NEX-5シリーズと比べても統一性がありません。

センサーのピクセルは

14.2MP、16.2MP、16.2MP、16.1MP、20.1MP

です。14.2MPでも今でも充分な画素数です。

iPhoneは今でも12MPです。

ハイビジョンなら1920✖️1080でおよそ200MPで4Kならおよそ800MPです。撮った写真を4Kで見るならまだまだ余裕です。今のところプロでなければ充分です。


サイズ的にはC3が小さい感じでその次の3Lが大ぶりになっています。3Lはシャッターボタンの位置を見ても他のと違う感じです。ポップアップストロボが付きましたが、アクセサリーシュー用の端子も付いています。LCDが自撮りように180°回転しますが少し後ろに迫り出してやや下向きにもできます。

この後の3N、α5000とも違う機構です。



3Lだけ本体からマウントがはみ出していません。それだけ大ぶりになってます。この写真で見るとC3だけ小さく見えますね。3LからUSB充電に対応したので充電器たくさん要らなかったです。


いずれにせよフルサイズのαでもクロップされるけどレンズは使えますので使い勝手良いです。


普段の散歩等はα5000で旅行とか特別な時はα7Ⅳですかね。動画もα7Ⅳかな。






ブラックアウトすると言うジャンクなα5000買ってみました。8500円でした。

パワーズームレンズ:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付きです。

あともう1点、問題点はズームかふらつくとのことでした。

特に問題外観に問題は有りません。


革製のハーフ。いい感じの色合いです。


液晶も傷は少なく美品です。


純正のバッテリーが入っていました。


この後ブラックアウトして記録できないとの事でした。


上部ケースは使わないので捨てちゃいました。下のハーフカバーだけ使います。ストラップも付いていたのでそのまま使います。


近所のカフェの犬🐕を撮ってみました。

ズームがふらつく件は本体のズームレバーがやや接触不良気味で反応が鈍いせいのようです。レバーをゆっくり動かせば問題ありません。またレンズのズームリング、ズームレバーとも問題なく動きます。

1日、散歩しながら写真撮ってみましたがブラックアウトせずに特に問題なく撮れました。バッテリーもまだまだ大丈夫そうです。


現行機種がこのカメラの10倍の価格である事を考えればもう文句なしです。


元々オールドレンズの母艦が目的でしたからとても良い買い物でした。本体のズームレバーが怪しいのが残念ですがマニュアルレンズでも「全画素超解ズーム」がつかえるのは嬉しいです。




ジャンクなカメラ買ってみました。
SONY NEX 3Nです。
7000円でした。レンズだけでも動けば良いかなと思います。








そのままで起動しました。


シャッターボタンを押すとカメラエラーとなります。どうやらシャッター幕が動いていないようです。


思わぬ所に欠けが有りました。どうやら前オーナーが筐体を開けようとして壊した様です。ここには内部に爪があったと思われます。



アリエクスプレスでシャッターユニット買いました。3000円ほどです。1Wほどでとどきました。早かったです。




分解しました。シャッターユニットが見えています。


ユニットを組み込んで途中まで組み立てました。


途中まで。


起動しました。


テストです。動きました。

シャッターも大丈夫なようです。


最後まで組み立て修理完了しました。


注意点2つ。

他の方の情報にあった様にフラッシュのチャージが残っています。フラッシュのフラットケーブルを差し込む時に反対の手でシャッターを押さえていたら感電しました。指が痺れて火傷の症状になりました。触ると今も痛いです。


組み立ての時、ダイヤルに接続するフラットケーブルをシャーシの上に出しておくのを忘れて再度分解する事になりました。


MDFにスピーカー用の穴とバスレフダクトと端子用の穴遠開けます。


ドリルの歯は95mm 50mm 38mmを揃えました。


バスレフダクトを除き穴の淵は見えないので綺麗さはあまり気にしない。バスレフダクトも裏側なのでそれほどこだわらない。


穴あけ中に焦げます、焦げ臭くなります。


スピーカーの取り付けネジ穴は現物合わせで。


穴の内側に焦げが見えます。



まずはバスレフダクトを取り付け。


組み立ては木工ポンドでツライチになるように慎重に本の重しとはたがねで固定。


1日ほどおいてから仮に吸音材、端子、スピーカーを取り付け。



塗装は音出ししてからゆっくり考える。