オリバーさん!

テーマ:

どもども

 

元ドイツ代表で2002年日韓共催のW杯でもドイツ代表として

活躍したオリバー・カーン氏が来日しました。

 

ブンデスリーガの魅力を日本のファンに伝えると同時に、

GKに特化した指導・育成メソッドを広めようということで

記者会見が開催されました。私、司会を務めてきました。

 

 

ブンデスリーガで数多くの日本人選手が活躍している要因に、

日本人の持つ勤勉性がドイツ人のそれと合致するからだと

評価をしていたオリバーさん。

 

GKを始めた理由は、祖父から1970年代にドイツ代表で活躍した

ゼップ・マイヤー選手のユニフォームをプレゼントされた事だった

そうで…。「おじいちゃんを喜ばせる為に、頑張っていた」という

優しい少年が、のちにドイツ代表の英雄になったという素敵な

エピソードを聞かせてくれました。

 

GKはゴールキーパーですが、近年はゴールをキープ(守備)する

だけでなく、フィールドプレイヤーに繋ぐ仕事も重要であるとして

「Goal Play」という選手育成・養成プログラムを立ち上げ、

世界中で活動しているんだそうです。

 

ゴールキーパーではなく、ゴールプレイヤー。いい表現ですね!