暑いね!今年尋常じゃない暑さだね!どうも、暑いのも寒いのも苦手ですakicyanです。

 

え~っと連休はですね暑くてなーんもやる気がおきなかったわけですが、今日の掴み、アルジェンティアの進捗です(進んでるのか)。

 

まず首のフード状のブースタータンクにはブースター基部を設置しました。

 

以前のブログでも書いたようなやり方でドラパス - 独式小型スプリングコンパスシャープ(0.3mmシャープ付)を使用し、フードの左右対称位置に上のような穴をあけます。相変わらず使ってるのは京商 -SPナイフエッジリーマーですけど、ちょっと最近入ってこないのでご容赦ください…。

で、その後スラスターパーツ(何かのジャンクです;)を接着、シモムラアレック - シャインブレード6 (ステンレス製ヤスリ)でぎりぎりまで削ってしまってから、最近何かと助かってる3M - フッキット ブルークリーンサンディングシート 75x60ミリ 10枚入(各種)の #600で削ってツライチ近くまでもっていきます。

 

最終的に隙間など埋める必要がありますがこんな感じ^^

 

もう一つは腕!先日の記事の続きですが、なんとかできた肩にすーぱーふみなの腕を逆さま(本来の向きとは上下逆ってことね。)にして接着。

 

因みに胸部装甲はHGズゴックの脚の部品を使ってます。

 

腕と肩の接続はガイアノーツ - 瞬間クリアパテR(10g 超高粘度型)です。

その後、ホライジング - マジックスカルプ (各種)ナチュラルを使用して全体をなだらかにします(画像では左腕のみ処理済み)。

 

因みに胸部はふみちゃんのものをそのまま使い、その上にズゴックの脚をかぶせてます。腹部は何かのガンダムの脚(脛)だったと思います。特徴的なナイトクロウ付きの腕はまた次回(ってまだそこまで進んでない)。

 

さて、ようやく今日のテーマ行きますが新商品です^^

 

ネタは複合資材 - スポット50(300ml)各種複合資材 - スポットPP(420ml)各種複合資材 - スポットNX2(420ml)各種の一挙3点!

 

  

実は以前、同じプライマーではありますが、別のメーカーから出ていたフィックスプライマーやプライマーZというものを取り扱っていましたが、現在絶版になっています。

 

このスポット50とPP、そしてNX2はいずれもその代替となる高性能のプライマーです。

一応ページにも書いてありますが、50はPP素材にはつかないベーシックタイプ、PPは名前の通りPP素材にもつくようにした50の改良型、そしてNX2はキシレンやトルエンといった有害物質を含まない、PRTR法(特化則規制法)という基準をクリアした、前の2製品より安全基準の高い製品です。

さて、そもそもプライマーって何?って方もいらっしゃるかと思うんですが、このプライマーというのは総合的な下地処理剤

 

サーフェーサーというものはご存知の方も多いと思うんですけど、目的はよく似てますよね。

サフの中にも一部このプライマーの役割を果たすものがありますが、元々サフは薄く希釈した溶きパテを吹き付ける感覚の下地処理剤で、どちらかというと細かいヤスリの傷埋めを主な目的としている表面処理剤なんです。

 

【プライマーを使う利点 その1】

 

こういう性質の違いを考えていくと、プライマーを使用する利点はいくつか出てくるわけですが、まず一つ目は、薄いエッチングパーツを塗装する際の下地処理に最適であるという点。

 

エッチングパーツというと、GPARTSでは以前から海魂(OceanSpirit)の極薄エッチングパーツを販売されていますが、これらは当然ながら非常に薄く、そして精度が高いのが特徴です。

とりあえず塗装する場合の下地処理をしたこちらの画像を見て比べてみてください。

 

 

 

いずれもΦ3.0mmの鋼魂のエッチングパーツです。

明らかにプライマーを使った方がはっきりとしたモールドを残すことができるのがお分かりいただけると思います。

 

これは1500番というどちらかというと番手の細かい方なのでこの程度ですが、一般的なサフの場合、どうしても薄いエッチングパーツの段差は埋まってしまいます。

 

もちろんこれは下地段階なので、この上に塗装をすることを考えると、右のサフを吹いたパーツは更にモールドが埋まってしまうことが予想されますよね。つまり薄いエッチングには圧倒的にプライマーがお勧めなんです。

 

【プライマーを使う利点 その2】

 

 

手前味噌ですけど、自分がやってる工作のように、パテやプラ、金属部品などを組み合わせた異素材の集合体のような模型を塗装する際には特に楽です。

 

というのは、当然ですが金属部品やエッチングパーツは事前に下地処理が必要ですし、さらにパテなどとのつなぎ目(上の作例のような状態)が沢山あったりするものの場合、そのまま塗料を吹いて下地の色味の違いで綺麗に発色してくれなかったりする場合もあります。

 

もちろんサフを吹いてもOKですが、利点1のように、作業中に何度か繰り返し吹くと、細かいモールドが埋まってしまう可能性があります。今回入った3点はいずれも塗料成分の非常に薄いもので、サフのように傷を埋めることはできません。この利点を逆手にとるわけです。

特に黒は、何度か吹いても簡単には細かいモールドが埋まらないサフ替わりとして使えるところが便利です!

 

【プライマーを使う利点 その3】

 

言わずもがな、最後はレジンキットやPP素材の塗装下地にもまんま使えるという点。

レジンキットは小さいサイズのものも多いですが、塗装前には離型剤を落としてから下地にプライマーサフが必須です。

特にフィギュアの場合、肌色などで塗装する下地を吹きたい場合は、できれば発色も考えてグレーのサフ下地にしたくない場合もあると思います。そんなサフレス仕上げにはクリアーのプライマーが断然お勧め!

クリアーなら下地色を活かしつつ、さらに細かいモールドも気にせず、そのまま吹いてすぐ塗装に行けるという大きなメリットがあります。

 

 

・・・と、大体こんなところですが、いろんな意味でまだまだ利点などが広く認知されない限り、そうそうは定着しないでしょう。なので今後、少しづつ使って製品の認知度を上げていきたいと思っています。ぜひ使ってほしいのよね!(笑)

 

最後に今回、入荷にあたりましてご協力を頂きました凸+凹(デコとポコ)の店さんと文具とプラモの店 タギミさんに深く感謝します!

※この商品、一時すったもんだありましてもう入荷を見送るところだったんですがホント色々助かりましてございます!(笑)

 

※あ、そうそう7/20(金)までなので、もうちょっとまたひとつポチっとお願いします!!(*'人')

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

酒餅エントリー受付中!また100件超えじゃ!

 

なんと開店10年目にして『カラーミーショップ大賞2018』なんていう、実に恐れ多いタイトルにノミネートされてしまいましたG PARTSのakicyanです!

どういうものかは↑のページをご覧いただければと思うんですが、ちょっとだけ書き加えますと。

 

カラーミーショップは、当店がオープンからお世話になっているネットショップ構築&運営システムのASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)です。オープン当初の10年前から、非常にレベルの高いかつ安価な使いやすいシステムを提供してくださっていて、私個人としてはここが個人向けでは最上位のネットショップ向けASPだと思ってます。

実は去年までは自主的にエントリーするものだったそうなんですが、今回から初めて「ノミネート」、つまりカラーミーショップからのオファーによって選ばれた店舗にこの案内が届いたのだそうです・・・!(感慨深い)

 

正直、小学校卒業以来、大した賞状とか資格とかタイトルなんて獲ったたことのない人で、この紙をもらってカミさんに勧められて、なんとなくエントリーしてもらってからすっかり忘れてました(笑)

 

応募店舗からさらに審査された結果、ノミネートショップに選ばれて、先日より一般投票も始まってますので、ぜひご覧いただけた皆様、清き(1日)一票をお願い致します!

 

 

さて!アルジェンティアじわじわ進めていきましょう。

今日はもうちょい時間のかかる頭と新ネタ。まず新ネタ何なのかというと、「リブドロックワッシャー」というもの。

これはテーパー状のリブ(筋)が両面に入ったワッシャーで、まずはどういうものか見ていただければ分かります。

 

 

久々の非常にいい形したネジネタ(笑)^^ 因みに画像はステンレス製のタイプで、もう一つ遅れてスチール(鉄)製のも来ます。

 

これを例えばどう使うかというと、スラスターの中に仕込んだり、関節部分の軸棒隠しにしたりといろんな意味で汎用性の高い形と用途が考えられるわけです。

 

例えば今回作っているアルジェンティアでは、ツインテールの付け根部分のディティールや、耳(?)パーツ内部のディティールに使ったりの予定なんですけど、これ以外にもレンズパーツの内部に使ってみたり、首の付け根なんかに仕込んだりと色々夢の広がる部品。

 

何もなかった部分に仕込むと、実にグッとくるディティールだと思います。

 

因みにアルジェンティア、現在頭部はホライジング - マジックスカルプ (各種)ナチュラルを使ってボリュームアップしつつ、形を整えてます。

 

パテ形状出し作業は魚地球印 - 精密ヤスリ(180mm 油目 #6)の丸、および楕円を使用。

緩い曲面は主に楕円で、これは角が立たず「思わず」削ってしまってガックリすることもありません。特にオデコパーツの周囲の面を出すのに使用してます。

 

丸は耳の周辺の面取りに使用します。基本的にこの二つでほぼ大丈夫ですが、これだけですと細かい鑢筋が残るので、最終的にゴッドハンド - 神ヤス 800番(各種)5mmで処理したのが上の状態です。

 

まだ各部の形状のバランスと処理のゴールが見えてませんが、ボチボチ進めようと思ってます^^

本当は今日はどうたい進める予定でしたが、なかなか細くて難しくて(笑)

 

次回は胴体進めておきますんでお楽しみに♪ なわけでカラーミーショップ大賞2018、ぜひ投票しに行ったって下さい^^

 

因みにいい機会だったのでほかの店舗さんも見て回ってください!すごい店舗さんがいっぱい!かっこいいいし、もうびっくりです(笑)

 

そんな中で、うちみたいな個人店がいいのかしら…(*´ω`;) とか思ったりもしたんですが、出ちゃったもんはもうどうしようもないよね(笑)

ひとつよろしくお願いいたします!!

 

 

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

酒餅エントリー受付中!また100件超えじゃ!

2週間ぶりにTwitterのロックが解除されましたakicyanです!


ちなみに2週間、自力以外のロクな宣伝媒体もないままお店を放置したらどうなるか、という過酷な実験を行ったに等しい状態となったわけですが、経営者としては、1週目の週末あたりで本気で『終わった』と思いました。

 

G PARTSという店は実際、宣伝費用をほとんど使っていません。

普段はTwitterとブログによる認知度UPと、月一回のメルマガでのコアユーザー様へのアプローチ程度です。

 

つまり、いずれも広告で言うと「自力媒体」という、自動的にお客様の集まる仕組み(検索結果広告やパーソナライズバナー広告といったもの)ではない店舗独自の広告でしかありません。

 

所謂ネット広告的なものでは一部低予算でできるSNS上の広告を4月から試験的に開始しましたが、これもSNSの情報発信がなければ一切展開されないもので、ほぼ自力に近いもの。

 

Twitterの発信がロックによって止まり、またそれによって事実上『アカウントそのものが検索上から消えた』ことで、例えば検索サイトなどでの検索結果に表示されるショップへのリードが全くなくなってしまうので、それだけでも、常にお店を見に来て下さるお客様以外ほぼ誰も来ない状態になったといえると思います。

 

※一応書いておきますが、今回の『ロック』とは、よく言われる『凍結』とは違い、完全にアカウントを消されるわけではありません。ログインも出来ますし、アカウント自体はツイッター社の確認まで「一時的に使用できない状態」に置かれることで異議申し立てやツイッター社からの連絡も届きます。以前、凍結を食らったことがありますが、この際は連絡もなく、全くアカウントを回復する見通しが立たず、別アカウントを作らざるを得ませんでした。

 

ご存知の通り、「自力媒体」でここまで来たお店ですから、その自力そのものがなくなるとどうなるか、想像がつくと思います。

 

今月の売り上げは通常月の2/3程度まで落ち込み、昨年対比では▲74%まで落ちました。これまでにない大変な落ち込み。

一番心配なのは、キャッシュフローです(経営者の方なら1、2か月後が恐ろしいとすぐ想像つくと思います)。

 

とはいっても、ツイッターを悪者にしてはダメ(笑)

 

これは、ある意味「自力にばかり頼ってきた経営者としての危機管理能力の欠如」が招いた状況なんです。

 

つまり、いざ自分が健康を害した場合や、それこそツイッターが潰れてしまったり(スミマセン)した場合を考えていなかったからこそ起こった事態。つまり『自分に頼った仕事』をしてきた結果、自分が動けなくなった場合のリスクマネジメントを怠ってしまったんです。

 

ちなみに6/27(水)にようやく解除されたんですけど、奇しくもちょうどその日、10年前にショップをオープンしたその日でした(笑)

で、10年経ってもまだこのブログを書いているとは正直思いもしませんでした(笑)

 

オープンして10年経った今だからこそ書きますが、ネットショップなんて大して売れやしません。もっと言うと、売れても大して儲かりません

 

売れた・儲かった』というのは、厳密には『その仕事をした結果、苦労に見合った報酬が入ってきた』という意味だと自分は思うんですが、そういう意味では全然売れませんし、大して儲かりません(笑)

 

10年前、ブログの記事からネットショップをスタートした当時は、個人でのネットショップ経営など時代のはしり。

がむしゃらにやってなんとかここまで来ましたけど、じゃあ苦労した分儲かって大成功なのかと聞かれると、そういう実感は残念ながら全くありません。なんとかやれてる、そういうしかないです。それが、今時のネットで仕事をする個人経営者の本音です(笑)

 

これは多分、かなり多くの個人のショップ経営者さんが「ウンウン」と頷く部分だと思うんですけど、今ならさしづめYoutuberさんですかね(笑)

 

彼らも、設備への先行投資や、日々の更新で休みなしのような状況で働き続けて再生回数を増やさなくちゃいけません。止まれば収入も止まります。ほぼ自身の体力と能力をフルに活かした仕事の仕方をしてますが、だからと言って苦労して作った動画が必ず多く再生されるとは限りませんし、その結果、苦労がそのまま実入りになるわけでもない。過酷だと思います。

 

ちなみに当時ブログ記事はある意味『集客装置』として大事な役割を果たしてくれたわけですが、10年経った今では、Twitterやインスタグラム、フェイスブックやLINEといったSNSによる導線におされて、ブログ記事ひとつ書く間に10件20件の宣伝をタイムラインへ投げかける方が集客には明らかに有効な時代になってしまいました。つまり手軽にお客様を呼ぶ方法を極める方が賢い手法なんです(まぁ手堅いといった方が正しいかもしれません)。

 

で、そんな中でのツイッターのロック。

ギリギリの状況で助けられたのは、やっぱりこのブログとメルマガ、そして常に巡回してきてくださる常連のお客様方でした。とても嬉しかったです。この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

 

10年で随分集客方法や導線も変わったんですが、サイトの中心はPCからスマートフォンへ移ったといえますし、同じネットとはいえ、今後更にどうなっていくかも全くわかりません。もっと言えば、売れる模型用のツールも人気のマテリアルも変わるでしょう。その中で、自分はまだ最低、あと○○年は頑張ろうと決めてます(笑)

 

そういう変化し続ける環境に柔軟に対応して前に進めるように、そしてまたキリのいい時に、『もう始めて○○年経っちゃいましたakicyanです!』ってこのブログが更新できるよう、今回の大失敗を活かしていきたいですね(笑)

 

 

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

酒餅エントリー受付中!また100件超えじゃ!