今回は予告通り台座のお話^^

前回のブログでも書きました通り、作品を展示することを前提にした模型やフィギュアの制作ってことならば展示するためのシチュエーションを丸ごと考えてみましょうっていう話です。

 

これは以前Webデザインの会社にいた当時の話なんですが、Webデザインというのは以前は単純にサイトのデザインをするだけだったわけですが、次第にそのデザインによって商品展開、お客様への訴求手段といったマーケティング等も全てひっくるめたトータルなデザインを提案できる能力が要求されるようになってきていました。

 

それから制作するサイトの会社をコーディネートする能力のあるWebデザイナーは、後にWebマーケッターだったりWebコンサルタント、Webコーディネーターなどといった肩書きとなる『単なるサイトのデザイナーにとどまらない』仕事をこなすようになっていきます。

 

例えば映画の宣伝サイトであれば、映画の内容や世界観を再現したサイトの構造やデザインはもちろん、それと並行してグッズの企画販売戦略だったり、マスコミ戦略だったり、話題性を上手く先導するSNS戦略などというものも含めたトータル的なマーケティングがされているのが現在の形だと思われます。

 

無数ともいえる映画の中で、誰かに興味を持って見ていただくにはどうしたらいいか、そういう想いが上記のような現在の形にまで進化したとも言えるでしょう。

 

では模型の展示会であれば、ブログやツイッターやフェイスブックなどによる告知で多くの方に来ていただくという方法もあるわけですが、先日の静岡ホビーショーのように一般の『これまで全く模型と繋がっていなかったお客様』には残念ながら通用しません。

 

そういったお客様に足を止めてじっくり見ていただくには、仲間うちでの宣伝とはまた方向性の異なる手法が必要です。その一つが今日書く『台座(スタンド)』。つまりメインの模型を見ていただくためのマーケティングのひとつという見方です。

 

相変わらず前置き長くなりましたが(笑)、今回はしっかりコンセプトを決めて作ってきた模型なので、それに合わせた雰囲気の台座を作ろうと思います。

 

まず用意するものは台座のベースとなるもの。今回は100円ショップに並んでいた「ざる蕎麦皿」をチョイス。直径約20cmと、ほぼ制作した作品がすっぽりはいるサイズで、PS製ですから

塗装も楽です。

 

メードインジャパーンの印字が光ります(笑)これは逆さに伏せた状態で、ここにそのまま模型を乗せてもそれなりにスポットライトが当たったようになって目立ちます。

なんですけど、今回はここにこんな感じのテクスチャーを加えたいと思います。↓

 

 

これは以前ショップでも取り扱っていたウォーハンマービジョンという、シタデルカラーでお馴染みゲームズワークショップから出ていた作例画像満載の月刊誌に掲載されていた写真で、ひび割れた地面の台座ですね。

 

それもただ割れてるんじゃなく、右の画像のようにゴゴゴゴっていう地鳴りが響いてくるようなおどろおどろしい雰囲気にしたいと思うんですねー^^ これを通称ゴゴゴ台座と呼ぶことにします(笑)

 

100円ショップはそれはそれはいろんなグッズがあって非常に便利。特に手軽にオリジナルの台座用の材料が手に入るので、毎回楽しみでしょうがない(笑)

 

この地面にする基礎の部分は何かというとこれ。

 

皿の天面と同じサイズにカットした段ボールです。ここにシャープペンでテケトーにデザインを描きます。

 

 

まぁこの通りに切らなくてもいい程度の低い下書きでスイマセン(笑)

これを元に、ひび割れ部分を段ボールの中の段々を切らないようにして1番上の表面の部分(1層目)だけを切っていきます

 

 

 

その後、ひび割れの中はこのようにペン先などで潰していきます。

 

 

まぁ大体でいいです(笑)そこへまたも100均グッズの優れもの、『ふわっと軽いねんど(DAISO) 黒』を指でグイグイ押し付けていきます。

 

これ前のザンボット3の台座の時にも使ったんですが軽いし固まるとポロポロ砕けたりしないしスゴイですよ!接写で見るとこんな感じ。ひび割れ部分の中までしっかり練り込んでやります。

 

 

さてまだまだここから。乾燥(晴天時で3~4時間くらい)したらひび割れ部分をカッターなどで剥がしていきます。

 

 

さあ、ここからがお楽しみの塗装!

まずはガイアカラー 009 ブライトシルバー (メタリックカラー 15ml入)をひび割れの中と周辺に吹いていきます。この辺はラッカーとかエアブラシじゃなくても、アクリル塗料や絵の具の筆塗りでもOKだと思います。

 

更にこの上にガイアエナメルカラー イエロー(10ml入)を同じく吹きます。またエッジ部分は目立つように筆で直接塗りつけます。

 


最後にガイアエナメルカラー 蛍光レッド(10ml入)をひび割れの中央に筆塗り、ガイアエナメルカラー ホワイト(10ml入)をエッジ部分にドライブラシしてほぼ完成。

 

 

最後に、マグマ部分にシーフォース- カラメルUV 透明色 ルビー(UV硬化カラー樹脂)と、シーフォース- カラメルUV 透明色 シトリン(UV硬化カラー樹脂)を流し込んでやって、太陽光で1時間ほどで硬化させます。

 

 

作業時間は意外に短くて1日。段ボールを使ったのは割れた地面とその下の層をはっきり区別して再現したかったからで、手元に大量にあったのでやってみたという行き当たりばったり具合(笑)

 

これに模型を乗せてみます。最初の真っ黒の作成前の台座と比べてみてください^^

 

 

実はあと、蕎麦皿に金枠の塗装を施す予定なのでこれまた完成ではないんですが、いよいよラビリス完成までもう少しってところまで来ました~。あ~楽しかった(笑)

 

展示するにあたってはあと注意点はもう一つ、完全に固定できるようにすることが必須です。

今回の作例だと、台座側がほぼ中空ですので、台座下から足の裏にビスを通してやると一番いいですね。巨大まさかりは余りの重さで本体に追従する(笑)ので、固定無しでも大丈夫でしょう。

 

あ、そうでした新商品を一つ(笑)

今回カラメルUVを割れ目の隙間に流し込む際にこれを使用しました。

 

All Brush(オールブラシ)30本入

先日入荷して以降、じわじわと売れていてとても嬉しいです。実はこれ、使い捨ての細いブラシなんですけど、使用後に溶剤などを洗い流せばまた使えます(笑)

攪拌や混合のほか、今回のようなレジンのように筆を使いたくないマテリアルを扱う際には便利。あと溶きパテなんかを擦りつけたりするのにも使えるでしょうね。

ラビリスの塗装の際には10本くらいを使用しましたが、洗ってもう一回か二回は使えるようにしてあります^^

 

さて、こんな具合で展示会向けに台座、気軽に作ってみてはいかがでしょう?

この他、展示会では動く演出や、LEDなどを使った発光ギミック等、様々な工夫で足を止めてもらう事もできます。いずれも失敗してもまた別の方法でやってみればいいですし、何しろ大して手間もお金も掛かりません。そして、やるとやらないとでは大違いの見栄えになるのは、間違いありませんヨ!ヽ(^o^)丿

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

AD

2017年静岡ホビーショーまた行ってまいりました(^^♪

今年は業者招待日もサボり、また作品展示もなく、気楽な観光気分で合同展示弾丸ツアーなはずだったんですが、意に反して結構ギチギチな内容密度のスケジュール、パンパンに張った足で会場3周する羽目になりました(笑)

 

ただ、それくらいやってもやっぱりすべての作品なんて見られるわけもなく、挙句足がつってしまう体たらくですからね。一杯画像撮ってガン見してきましたが、これについては申し訳ありません割愛させてください。

(もしご覧になりたい方は ツイッターアカウントでhttps://twitter.com/GPARTS_Master 5/13(土)の画像を見ていただければもうほんの一部ですが撮らせていただいてます)

 

土曜の天候は大雨で荒れ、野天では飯をゆっくり食う事などままならぬ(いつもはゆるりと芝生スペースで食ってました)状況でしたが、いやなんかやっぱり行って良かったです^^この場を借りて、会場でお世話になりました皆様に深く御礼申し上げますm(_ _)m

 

さて、そんなテンションの上がった状況でラビリスは塗装を進めました。今回は散々やってきたシタデルカラーのレビュー的使用は封印してますので、ほぼガイアカラー(エナメル含む)とクレオスウェザリングカラー各種を使ってます。

 

念のため書いておきますが、まだ完成じゃないですよ!?(笑)…とりあえず進めます(笑)

 

頭部のケーブルはNIPPOLY - 自遊自在(デザインワイヤー)各種の2.0mmのマリンとトマトにGSIクレオス - Mr.プレミアムトップコート つや消し(88ml)を吹いて完全にツヤを消してます(商品ページ画像参照)。

 

本体色のブルーグレーの下地色はガイアカラー 062 ミディアムブルー (基本色 15ml入)、水色はガイアカラー メカトロウィーゴカラー うすみどり(15ml入)です。シルバーはガイアカラー 009 ブライトシルバー (メタリックカラー 15ml入)を混色無しでそのまま使用して吹いてます。

 

足についてはほぼMGFバーナビーの中の人そのままで、モールドも消してません。上のフックはジャンパー線(極小IC端子・30個入)のJR-07とJR-2をそれぞれ使ってます。

 

太腿や脛の突き出たボルトはWAVE- O・ボルト[1](95パーツ)です。設置するパーツと同径の穴をあけ、PANTHER(パンサー)- スチールバー(ドリルビット) 屋根形 各種の3.0mmで面取り後差し込んで接着しただけです。

今回の塗装では、立体を絵を描くように仕上げていきたいと考えて始めました。

本体の基本塗装のガイアカラーミディアムブルーの上には、ウェザリングカラーシリーズを大量投入(笑)

これを使ったのは初めてでしたが、シタデルカラーで言えばシタデルシェイドにあたる汚しやフィルタリング塗装を簡単に実現できるよう開発された特殊なエナメルカラーです。

 

一層目にはウインザー&ニュートン - アーチスト・ホワイトスピリット(75ml)でかなり薄めたGSIクレオス - Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド シェードブルー、更にGSIクレオス - Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド レイヤーバイオレットを重ねます。

 

更にその上にGSIクレオス - Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド スポットイエローを明るい部位に乗せていき、ちょっと独特な雰囲気の明暗のある色味が完成。シルバー部分もGSIクレオス - Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド レイヤーバイオレット、その上にGSIクレオス - Mr.ウェザリングカラー ステインブラウンでスミ入れ、ってもうリンクだらけで辛いよね(笑)

 

髪は先ほどのシルバーの上にガイアカラー 044 クリアーブルー (クリアー 15ml入)、更にその上にガイアカラー 050 クリアーホワイト (基本色 15ml入)。このクリアーホワイトはホント面白い塗料なのでぜひ試してみてください。癖になります(笑)

 

カラーリングはシルバーはオリジナルを踏襲しつつ、よりメリハリが出るかと思われるダークカラーでまとめることで、アイギスとは大きく違いシャープで強そうな雰囲気を出すようにしました。

チェーンナックルの腕は、本来赤色ですが、ややきつく感じたので使ってみたかったみずいろを使用してみたんですが、意外にバランスが良くてほっとしました(笑)

 

当然ですがまだ残ってるのはアノ武器ね。

 

 

これね、実はNIPPOLY - 自遊自在(デザインワイヤー)各種の3.2mmトマトをケーブルに使ってブースターと繋げるようにしてるんですが、全部取り付けると想像以上に重くなりまして(笑)

 

台座に何かで固定する方法を考えないと、少し揺れたぐらいでも、棒を掴んでる本体ごとすっ飛ばされるくらい(笑)の勢いでひっくり返ります。(いや笑いごっちゃない)

 

そんなわけで、超重武器が完成しても、それを台座に上手いこと固定出来る方法がないとマズイわけですねエエ(汗

 

ただ、今回の静岡HSでもですが、やはりジオラマやビネットといった台座を含めた展示の仕方を考えている出品者さんやサークルの皆さんは、やはり見に来るお客様への魅せ方が上手いなと感じました。

 

これは、目に留まるものを時間をかけてみようとする一般のお客様の傾向を感じ取っている出品者さんは誰でも思うと思うんですね。

 

合展の会場の雰囲気が分かる方は分かると思いますが、あれだけの作品数と人の数の中、一般の方はやはり時間をかけて全てを見たいのではなく、印象に残る作品を瞼に焼き付けたいんです。そのため、当然どうしても目に留まる目立つ演出を凝らしている作品や卓に引き寄せられます。

 

自分の作品やサークルの展示を見てもらいたい気持ちは皆さん同じだと思うんですが、集客(?)がうまい卓は、やはり展示の仕方に様々な工夫を凝らしている訳です。

 

昨年のHSに間借りして参加させて頂いた時は、やはりロボットをただ立たせるだけは本当の意味で見てもらうための工夫が不十分だと感じたので、同年の旧キット選手権の展示の際には台座を含めた展示を考えました。これはある意味、『見てくださるお客様の為に』必要な作業だったと確信してます。

 

なので、今回もせっかくですから、模型で1枚の絵を『愛をこめて』描くつもりで、台座も含めた完成を目指そうと思ってるわけですエエ。

 

・・まぁそうは言うもののどこかで展示するあてがあるわけでもないんですけどねw

 

さて!先月末から今月にかけては色々落ち着かない状況でしたのでブログの更新も十分できませんでした。もうちょっと色々やりたいこともありますので、頑張りますね♪

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

AD

Tech set are!

例年は暇な4月だった(恐らく多くの方が新年度開始に伴う実生活の繁忙期なハズ)んですが、今年の4月はどういうわけかお客様の数は昨対10%増し増しとなりまして、「今月はヒマだろ~~(*´ω`)」とか油断かましてた結果思いっきりブログの更新おろそかになりましたスミマセン…OTZ

 

と、ご想像の通り、その間進捗状況を上げられるものもなかったため、GWの休みに入るや晴天の中、部屋にこもって塗装やら工作やらを慌てて進めてたりできてますので、まぁ当然ですがお休みがあれば進むこともあるっちゃある(笑)

 

そうはいいつつ、ちょっとづつ進めていました作業を、商品リンクとともに少しご紹介しましょ。

 

まず素体のMGFバーナビーですが、これがきっちりした素晴らしいキットっていうのは前から言ってますのでもういいか。因みに奥の現在塗装作業にようやく入りましたラビリスもこのキットが素体になってます。

今回の宇宙の騎士テッカマンは、多分同世代の方にしか通じないと思うんですが、実はかなりのマッチョ体形

 

変身前の主人公は随分痩せてスラっとした体形のケツ顎の坊やなんですが、ペガス内部でテックセット(変身)して出てくるとやたらマッチョになっているんで、きっと身体強化も兼ねた何らかの作用も働いているんでしょう。

 

ただ、実質あのマッチョな体形が今的アレンジにどうかといわれますとね、ちょっと違うんじゃないかと。そういう意味でこのバーナビーは非常にすらっとしていていい^^

 

そんなわけでまずは頭から進めていきます。今風にアレンジするのが目的なので、テッカマンの頭の特徴的な耳の部分の尖ったVの字状のエンブレム、額のボルテッカ、そして黄色に輝く目。このあたりの記号があればテッカマンにほぼ見えるはず(笑)

 

 

頭部は下あごパーツにホライジング - マジックスカルプ (ナチュラル)を盛ってやり、それ以外のパーツは基本、未使用で保管していたMGFバーナビーの部品を適当に摺り合わせながら設置していきます。

 

額のボルテッカは、体内のエネルギーを頭部に集めて発射するための放射口と解釈してより大きくはっきりとしたものにしてみました。

 

 

捨てサフを吹いて形状の確認と細部のチェックを並行してやっていきます。目の部分のマスキングにはガネット - よくまがーるマスキングテープ(20m)を使い、ボルテッカには使いまわしのホライジング - マスキング ガム(35g)をひとつまみ(笑) エラく汚い色してますけど、これホント少量でも何回も使いまわしがききますから塗った後も捨てないで下さいね!(なんか時々大量に購入される方もいるから一応書いておく)

 

あと、頭蓋パーツは実は本来の頭部パーツとは違うものを使っていますんで、目の入る狭いVの塗装が発生する場合に備えてフィールド・ワン - プラモブロック (1x2)を使用して脱着可能に(丸印)。

 

 

胸部はキットのプロテクトスーツをほぼそのまま使います。特徴的な赤、黄、青の三本ラインなどは、サイズ等を確認して今回はエバーグリーン HOスケール(0.56mm厚 10本入)各種の8212を使用。

 

 

(余談ですがこのHOスケール、名前がプラ棒と分かりにくい名前なので全く売れませんが、実は本当にただのプラ棒です。それ以上でもそれ以下でもないです)

 

更に特徴的な肩!これはですね、改造始めてバラバラにしたはいいが全くテンションが上がらず放置した1/100グフから方アーマーを頂きます!ホントスミマセン!(なんとなく)

 

右が角は無くなってますけどキットのままの状態、これを縦横向きを変え、大きい角の向きを逆に付け替えたのが左。

 

カットしたのは[送料無料] エコーテック - 超音波カッター ZO-40で、穴埋めも実はカットした角部品を逆から差して接着後、超音波カッターをヒートペンのようにして使って溶かして埋めてます。

胸や腹にプラ棒貼るだけじゃん!とか思ってると、これがなかなか(笑)いらないモールドや完成後も活かすためにそのまま残すモールドなどを考えつつ、削る部分と削らない部分を慎重に判断しながら作業ですなー。

 

 

白い部分がエバーグリーン HOスケール(0.56mm厚 10本入)8212を使って拡張している三本マーク部分です。あと丸いパーツはインターアライド - 切れているプラ材(各種)を使用。

 

いずれも厚みが薄いので思いっきり曲がる腰との境界部分などには非常に使いやすいです。厚みを出すには、単純に接着後に同じ8212を重ねて接着するだけ。腰部のベルトはこの方法で5枚も重ねて設置してます。

 

なお、こういう薄いプラ棒を曲げて接着するには、アルコール系の流し込みではなくHunbrol(ハンブロール)- Liquid poly (リキッド ポリ) (強力流し込み接着剤)を使用します。アルコール系の流し込み接着剤だと、プラ棒に浸透して割れてしまうことがあるからです。

 

 

再度捨てサフで形状を確認しつつ、改修ポイントを考えます。

 

現在のラビリス。

 

因みに髪は情報量を増やすために筋を入れたんですが、検討中のオリジナルツールの元の元の元のツールでやってます。いいツールなんですけど、どうも持ちにくいのと、刃先の使い勝手が悪いんですね。こういった点を踏まえて今よりいいものを画策中。ラビリスはなんとかGW期間中にできないか頑張ってます(笑)

 

さぁお店の方はですね、5月これまで以上に色々新しい商品出てきますから楽しみにしててね!

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

AD