もーすぐ11月なわけですがここ浜松も朝は寒くて昼は暑いという、季節感の崩壊した毎日。

こんな調子で体調のすぐれない方も多いんではないでしょうかどうもakicyanです。

 

さ、そんなわけで近況からね!近況報告^^

 

まず桜姫は塗装作業中なんですが、色々大変なことになってまして(笑)

 

 

髪の毛状のレーダージャミング装置、ディティールには海魂 - 鋼魂 丸ノズルXI (AW-018)コニシ - ボンド布用 クリヤー (旧アクアリンカー)で貼り付け固定。

 

最近セメダイン - ハイグレード 模型用(20ml)というクリアパーツを綺麗に接着できる接着剤を仕入れして販売してますが、成分も容量もほぼ同じで価格も変わりません。布用クリヤ―にはヘラついてますが、まぁ無くてもいいもんですし、どちら使ってもダイジョブ(*'▽')

 

これ例えば他にも取り外しできるようにしたい部品をちょっときつめに止めたりもできますし、はみ出しても硬化後透明なので全然目立たないですから大丈夫^^ 金属パーツには水性接着剤おすすめです。

 

それよりね。実は塗装後にパーツをはめ込んだ際に膝関節部の可動部2つ、ポッキリ逝っちゃいました。

 

あああああああああああ(^▽^;)

 

実はこの部品の塗装、複合資材 - スポットNX2(420ml)各種のブラックを吹いただけなんですが、吹く前からクリアランスかなりキツメで、内心「あ~やばいかなぁ」と思ってたんですわ。

でもこのスポットシリーズ、ほんと塗膜も薄いですし、干渉度も低いだろうとタカをくくったのが運の尽き。

 

曲げたとたん左右おんなじ部位が見事に真っ二つになりました~。

 

なんですが!

ここで何とこの部品、もう一つ予備キット持ってて(オメいくつ持ってるんだバーナビー)ぎりぎりセーーッフ!!

多分なんとかなります。(勿論色々作り直しダケドネ;;)

 

もう一つ、アルジェンティアの方も、ちょっとづつですが進めてます。ガイアノーツ - NAZCA ピンクサフ (50ml入)を使用してピンク下地部分をサフ作業中。

 

と、11月のSCM(静岡キャラクターモデラーズ展示会)に向けて多分これまでにないハードスケジュール(展示予定作品2つ未完成ってありえねぇ)で作業してます。

 

この調子だと台座まで作れないかもですけど、なんとか見てもらう努力はするのでひとつ生暖かい目で見守ってください(笑)

さらに、80年代ロボ主役機を並べるという企画もあるそうで、そこにみんな大好きザンボット3も持っていくことになりました。

 

顔にピンいってませんけども。ちなみに久々に出したら凄みが半端ないっすね。

やっぱり今作ってる女の子のロボとはアプローチが違うわと(笑)台座もスペース的に大丈夫なようなのでそっちもメンテしないといけません。

 

そんなわけでとてもヤバイことになってますが、実は11月はこのほかお店の方もちょっと頑張らなきゃいけない月でして、その準備もボチボチ始めてます。

  

お楽しみに!

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

酒餅は只今ロスタイム中!!

前の更新から一か月経っちゃった!!

・・・ってホントこのひと月の間色々ありまして、実はろくに模型できてませんakicyanです。

 

でもそれなりに進捗ね!色々書くので今日は長いよw

まずアルジェンティアは、ガイアノーツ -サーフェイサーエヴォ (50ml入 ホワイト)吹きながら細かい部分を少しづつ処理してます。

 

 

特に足は縞模様と併せて非常に難しいんですが、模様と模様の境界を左右のロール可動部位にしてあります。

前回更新時の太ももにホライジング - マジックスカルプ (ナチュラル)を盛って整形、可動しない部分の筋は壷高(つぼだか) - 両刃スリ込ヤスリ (目立てヤスリ)を使って彫ってます。

・・・と単純にこう書きますと、あっさり彫って終わりだと思うでしょ?

 

 

違う。そんな単純なわけがない(笑)

 

実はこの筋彫り、かなり上手に計算しないと筋彫れない(笑)

まずロール可動部(画像だと少し隙間が空いてるので分かるよね)から、どれくらいの幅で筋を掘れば設定の通りの色分けができるかあたりをつけて適当にしるしを描きます。

 

で、ここでドラパス - 独式小型スプリングコンパスシャープ(0.3mmシャープ付)、これで当たりをつけた幅でちょうどいいあたりを図って幅を固定、基準のロール部から幅を揃えるためシャープでポイントを打ちます。

 

で、それをガネット - 筋彫り用ガイドテープ(3mm)で繋げるようにラインを引けるように貼ってやり、壷高(つぼだか) - 両刃スリ込ヤスリ (目立てヤスリ)で彫るわけです。

 

左右対称の筋彫りはもちろん、等幅の筋彫りなどを掘る場合もこのコンパスシャープ使えるということ。

1本の脚ができれば、あとは反対の脚にも同様に処理するんですが、まぁできるけどやっぱりメンドクサイ(笑)

 

このコンパスシャープの活躍個所は他にもかなりあって、特にこういった曲面形状の部品への筋彫りには必須アイテムです。

例えば前に書かなかったんですが、この腕部のナイトクロウが出る部分。

 

細い筋でもなくて、そこそこ太目の溝を彫るわけですけど、これもこのドラパス - 独式小型スプリングコンパスシャープ(0.3mmシャープ付)で測ってポイントを書き、左右同幅で処理できるというわけ。

 

特に曲面部位に使えると書いたわけは、曲がった部位はいわゆる定規のようなものを当ててもズレやすく、また正確に測りにくいからです。この腕に関しては同様に、別の筋彫りでも活用されてます。

 

正直非常にゆっくりと進んでいて遅いわけですが、理由はただただ忙しいから(笑)

 

新ネタに追加されたいくつかご紹介しますと、まずはクアトロポルテ - スリットモールド、ありそうでなかったヤツです!

 

 

例えば塞がってるダクト状のパーツなどに長さと形を合わせてカットして貼り付ければ、あっという間にダクト完成。

 

続いてロボザムライ ”KUNAI” 弐ノ型、壱ノ型の後継型ですが、壱ノ型もこの弐ノ型と同じ、さびにくいステンレス素材にアップデートされてロボザムライ ”KUNAI” 壱ノ型 改として同時リリースです。

 

 

 

 

 

これはね~使える(笑)

商品ページにも画像載ってるので見てほしいんですけど、なだらか曲面を綺麗にするするってスクレ―ビングできるのね。

これがねー、使ってみるとタマラン(笑) 

 

 

特にフィギュアや曲面の多い造形をする方にお勧めします。今回のアルジェンティアはこれらなかったらホント辛かったと思います。あ、あと弐ノ型はぎゅっと握ると武器みたいなでちと痛いから気を付けて(笑)

 

更にEIGHT - デザインドマーキングデカール #1、これ、いわゆる「固め貼り」を意識した「デザインドデカール」というもので、最近だとベルテクス(P.M.W-Vertex)コンビネーションデカール01(各種)でも同様の固め貼り的なデザインがされたデカールなんですが、これ既に夏ごろにリリースされて模型誌ではプロモデラーさんの作例でも使用されているのでリリース直後から人気です^^
 

  

 

 

更に更に、有澤さんの人気ブランドidolaからは新しいidola - エッチングガイド5idola - レクタングルガイドidola - アーマーロックプレート1(角丸長方形)idola - アーマーロックプレート2(長方形)が揃ってリリース。

 

 

 

 

※ちなみにidola製品の無くなっちゃってるものはちょっと先の再入荷になりますよ!

 

紹介するもの多すぎる!!>< アカン・・・!

まぁとにかくこのツールのるつぼ過渡期、たぶんもうピークは越えたと思うんですけど、ただね、個人的にはまだまだこれからだと思ってまして。

 

なぜかというと、ガンプラなどの模型の海外への輸出量、このところ非常に増えているようで。

 

プラモデル出荷、反転上昇に「ガンダム」の“海外機動力”10/14(日) 16:49配信

 

この流れ実は最近特に顕著で、ガンプラに関しては海外、特にアジアでの人気も非常に高くなってるようです。

 

ツールやマテリアルについては、以前は日本のメーカーが先導してきたものでしたが、10年ほど前からは国内の小さいながらも実力のある各社が、革新的な専門ツールを多数生み出して来た流れを作ってきました。

 

このツールが、海外から逆流してくるというタイミングが近いうちあるんじゃないか、そう思ってます。

 

事実、中国のエッチングパーツメーカーの海魂(OceanSpirit)のアイテムは随分前から扱っていますが相変わらず人気ですし、比較的最近追加されたボイジャーモデルINFINI Model(インフィニモデル)といったアジアの各メーカー、いずれもアイデアを凝らした面白い製品や、既存品にはないサイズ展開の消耗品をリリースしてきたりと実に元気がいい。

 

個人的には、様々な個性的な中小メーカーが群雄割拠するツール・マテリアル戦国時代は実に好ましいと思ってるので、どんどんやってほしい、そう思います。既出メーカーさんでももちろん使えないようなものももちろんありますが(笑)、基本的には失敗も含め、海外メーカーにもこれからは精一杯頑張ってほしいなと思ってます。楽しみだね~(笑)

 

 

さて、前のブログで10月頭までの短い期間でゆうパックの値上げに合わせた対応に頭痛めてましたが、対策としてぎりぎり寸前でヤマト運輸宅急便宅急便コンパクトを導入することにしました。配送料について詳しくはページをご参照ください。

 

配送料の値上げというのは前にも書きましたが、そう簡単なことではなくて。ただ書くと長いので端折ります。

 

端折ると、すったもんだの挙句、うちの場合かなりの数の商品が宅急便コンパクトで出荷できるということが分かりまして。

そこでゆうパックや宅急便とネコポスの間で設定できる料金形態のコンパクトを導入し、ゆうパックの値上がり分をクッション的に和らげる役割を担ってもらうことにしたわけです。

 

ところが同時期に、今度はDM便がもう商品出荷に使うことができない旨の通達が来まして、これまた同時に対応する必要が出てきてしまって、さぁ大変(笑)

 

もう冗談抜きでこのところ休みなしです。ええ、またブラック個人事業主です(それ昔っからや)。

 

まぁでも値上げ後も、おかげさまでお客様には継続して来ていただいてまして、多少なりとも苦労した甲斐がございましたm(_ _;)m

 

ただ、コンパクトも宅急便も、実はほぼぎりぎりで導入をしたため、価格のつめが全くできてなくて、現在進行形でまだ改善を交渉中です。だって今のままだと完全に足が出ちゃってるもん(笑)

 

さらに来年は消費税が10%に上がることが正式に発表されちゃったわけで(=_=)

 

これ、分かります?これって送料を値上げするだけじゃ対応できないんですよ。なぜかって、段ボールや梱包材の価格も10%に上がりますでしょ。

単純に今の配送料は運送会社さんに払うだけの費用ではなくて、そういった関連資材等も含めてペイできなければどんどん赤字を増やすだけ、最終的には儲からないのに回転してるだけっていう不毛な仕事になっちゃいますから。

 

そもそも送料も消費税も、利益にはならないんですよ。

全部まるっと支払いに回るんです(笑)

 

・・・というか、未だに全て配送料無料とかでやってる所がありますけど、どういう了見なんだろうか一度飲みながら話をしてみたいよ(笑)

 

そんなわけで今後もまだまだあちこち波乱の様相。まるで下町ロケットだよ。ロケットの部品作ってるわけじゃないけど(笑)

 

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

酒餅は只今ロスタイム中!!

9月でございます(笑)

 

そうそう!まず以前のブログでカラーミーショップ大賞2018ノミネートされました~♪とお知らせしましたが、おかげさまで本当に沢山のご投票を頂きました!とっても嬉しかったです!^^

 

が!先日大賞発表になりまして、開けてみますと各賞いずれも受賞ならず・・・残念!(≧Д≦;) 

 

またも無冠の帝王に更なる箔が付いてしまいました(笑)

個人商店としては多分すごい数の投票頂いたと思うんですけどね~~。

 

審査基準がもちろん一般投票だけではなかったので、さすがに難しいやろなぁとは思ってましたが、でもほんと投票頂いた皆さまには心から御礼申し上げます!ありがとうございました!来年は・・・あるんかな?!(笑)

 

・・・さて、そうこうする間にアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の放送も終了しまして。

そう、終わっちゃったのよ(笑)遅れて観ていた私も気が付くと視聴終了してました。

 

ダリフラ、ロボットアニメということではありましたが、後半はもうロボットアニメの枠ではちょっと語れないような展開に目を白黒させて(例えが古い)観てました(笑)

まぁやはりなんというか、つらい展開で終わってしまうのではないかとハラハラしてましたが、今の時代のアニメと言えばいいんでしょうか。うん、まるく収まる感じというんでしょうか。ガンダムやエヴァンゲリオンじゃないですが、ロボットアニメってまぁロボットは最後何の役にも立たないんですよね(笑)まだ観てない方はまぁ観てみてください。

 

さて!アルジェンティアの続きですが、牛歩ながら進んでます。

まずはこのロボの最大の特徴のデカい腕ね!

 

前にも書きましたが、旧キットの1/100 ズゴックの腕をほぼそのまま使ってます。形状がもう大変理想的で、上部にはWAVE- G・タンク ショート(プロペラントタンク)のSサイズをカットして組み合わせてあります。

 

 

順次捨てサフ。今回のは白地にピンクというカラーリングなので、最初からガイアノーツ -サーフェイサーエヴォ (50ml入 各色)のホワイトを使用。・・・まぁ特にズゴックのパーツがね、シャア専用だったらまだピンクだからよかったんだけど深緑だしねw

 

この流れで続いて脚。実は一番の難関がこの脚!

とにかく設定がショッキングピンクの縞模様のストッキング履いた様なデザイン。

もっと言うと、特に女性的な脚部のラインの再現が可動モデルでとても難易度高いのと、特徴的な腰の装甲(ホットパンツ)

 

で、その腰のアーマーで結局何を使うか散々悩んだ挙句、出てきた結論がこれです。

 

ピルクルのボトル!!(特保)

 

 

あ~素晴らしい。特定保健食品なうえに飲んだ後でこんなところで役に立つなんて!!!!

 

あ、あっさりスルーしてますが、ブーツらしき脛(すね)に関しては、確か1/144旧キットサザビーのプロペラントタンクを芯にしてホライジング - マジックスカルプ (ナチュラル)でボリュームアップ、膝関節はすーぱーふみなそのままです。

 

あと各フランクスに共通ですが、足首は本来設定ではないんです。

 

しかしアクションシーンでは明らかに接地部が「ぐにゃり」と曲がって地面にまっすぐ接地してますので、恐らく設定では軟質性の装甲かなんかの内部に、接地に柔軟に可動するようなフレームがあると考えられます。

 

ただ、これを再現するのは非常に難しい。

当然自己解釈との組み合わせで無理のないの表現をするとしたら、こういう形でしょう。

 

・・・要するに足首作ったわけ(笑) 

踵は設定にあるのですーぱーふみなで不要になったライフルの部品を使って適当にでっち上げてます。

 

青い部品はジャンクになってたHGUCズゴックの腕の蛇腹パーツ(HGUCズゴックはこのほかボディの装甲や膝下部分などに活躍してます)。この部品はボールジョイント接続なので、このボールジョイント部品を使えばある程度のポーズをとった場合もうまく接地できるというわけで^^

 

でも、ここからさらに削ったりが大変。とにかく脚が一番きつい(笑)図のような具合に削るは盛るわ、とにかく繰り返し作業中。

 

 

因みに腰のホットパンツは先程のジャンクになっていたHGUCゴックの腕関節の芯のボールジョイントを使用。

 

動くってことは干渉無しではいられないわけなんですけど、とにかくこの可動のタイミングが難しい。

普通に設置するだけでは間違いなく引っかかって動かないので、このボールジョイントパーツは助かりました。さすが往年のガンプラのアイデアは見事(笑)

 

動きに合わせてスライドするよう、とりあえず設置部位を少しづつ変えながら設置位置を決定しました。立膝ついても大丈夫です。

 

因みにピルクルのボトルはPS製なので、例えば普通に市販のプラスチック用接着剤が使えますし、あと上の画像にあるように断面で厚みを表現するのに使用したエバーグリーン HOスケール(1.68mm厚 10本入)各種の8608を接着するなどの加工も楽。形的にも面倒な形状だったので、実に助かりました(笑)

 

さ、お店の方ですが実はここで先にお知らせしなくちゃいけないことが。

実は10月から配送料が大幅に変わります。ご存知の方も多いと思うんですが、ゆうパックの配送料が10月から改定されることが8月に発表されました。

 

これ、実は前回の値上げをはるかに超えるUP率でして正直かなりしんどいです(笑)

 

GPARTSは上にも書いたカラーミーショップというネットショップ運営用のASPを経由して様々なサービスを実現していますので、ゆうパックについても個別契約ではないわけですが、それでももうボリュームディスカウント自体ほぼない状態になるので、相当上がります。

もちろん配送料は、梱包材や緩衝材、あと段ボール箱やプチ封筒などの配送用の素材類の価格の上昇もあり、それらも含めて設定してますので、現在その見直し作業をしてる真っ最中なんですが、正直結構大変(+_+)

 

来週には決定する予定ですが、今までのようにはいかないと思うので、ほんとどうぞご了承ください^^;

 

さて!それでもまだまだ面白いものをUPしなきゃいけません(笑)いーっぱいあるのそういうの(笑)

次回はいくつか紹介しますのでお楽しみに♪

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

酒餅エントリー受付中!また100件超えじゃ!