もうすぐ春ですね。

病院から見える景色は、自分が18才の時に上京して初めて住んだ新宿の街並みになります。


新しい門出、ターニングポイントとなる今、


自分の人生を振り返るには、


最高のロケーションとなります。

青春の詰まった街並みを見ていると、

色んな事、

思い出します。


あれは、2004年の春、裸一貫、ミズノのバッグひとつで降りた新大久保駅

右も左もニューハーフとかも良く分からない自分を、
協栄ジムの中辻先輩が駅まで迎えに来てくれて、
寮までの道のりを案内してもらいながら、自分の東京での暮らしが始まりました。


あれから、17年…


色々と冒険しましたが、


終わってみれば


あっと言う間でした。



そんな自分の思い出を、

絵日記の様なこのブログに、少しでも残せたらと思って居ます。



押忍。