SEA.SON代表 あきばブログ「日常」

SEA.SON代表 あきばブログ「日常」

カラダとココロの癒しの会社、株式会社SEA.SONの代表のブログです。




テーマ:

私の恩師である社長は

今までになかった新しい事業形態を

次々と成功させていった素晴らしい才の方でしたが、

 

新しい事で成功するいために

彼がいつも口癖のように話していたことを

ここに 公開したいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それは、

 

 

 

社員の方たちが賛成しているか?、反対しているか?・・・

 

 

どうか?と

 

いうことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

賛成していたら〇

 

反対していたら×

 

かというと

 

 

実にその全く逆で

 

反対していたら〇 で  GOです。

 

賛成が多ければ  ×  待て か もう一度考え直す ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

その社長さんは、社員さんの大半が賛成していたら

逆に、がっかりしていたのが印象的でした。

 

 

 

またその 逆に

全員が反対するような

そういった事こそ 大きな成果を挙げていたことが思い出されます。

・・・・・・・・・・・

新しい事は 一般の人からは 思いもよらない形で成功する

 

そんな体験をさせてもらった 貴重な時間でした。

 

 

よく考えれば、

一般の人が 普通に上手くいく、 成功すると 考えるものは  

たいがい  もう古く、

すでにだれかが考えているか、手を付けているかなので

すでにもう 「遅い、古い」 とも いえるのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・

そして今 振り返ってみて、

 

私も今そのころの彼と同じくらいの年齢になって、

(※彼の成功の足元にも及ばないにせよ)

 

それはそうだよなあー  と  共感します。

 

皆が上手くいかない、損する! と反対し

 

しかし、それをやることによって

たくさんの人の幸せな未来が見えるとしたら・・

リスクをとって、その道を進むのが

新しいことを立ち上げてゆく人の質であり

そいうった人は

たぶんなんでもうまくやってしまうのだと思うのでした。


テーマ:

絵てがみって

 

大人も子供も

 

 

かっこつけられないところがいいんです。

 

子供のピュアな心も

 

大人の少し固まった心も

 

みんなそのまま 映しててくれるから  

 

子供も素直に受け取れる・・、大人も隠せなくなる・・・

 

そこが    いい。

 

 

すこし頑固になった 心も

 

ちっともはずかしくない。

 

子供たちは

 

ちゃんと

 

わかっているから・・・。

 

子供たちは

 

いい大人が好きなんじゃあない

 

素直で正直な大人が好きなんだと思う。

 

 

絵てがみを

 

出そう。

 

子供も

 

大人も

 

また

 

子供から  大人へ

 

大人から  子供へ・・・・!

 

隠せてないんだから    隠さなくていい    それが  これからの  大人と子供の 関りの基本 だと  思うのです。


テーマ:

大阪のマンションの隣にできた30階建てのタワーマンション…

裏には大きな病院の工事がはじまります。

そしてもうひとつ大きな土地があり

こちらにもなにか工事が始まる模様…

 

この辺をとりまく環境もどんどん変わってゆく中

私も来年6月 こちらのマンションに引っ越すことに…

 

若いスタッフ2人が、次々とマンションを購入したのもあり

 

私もとうとう大阪に購入、引っ越しを決めました。

 

ものすごく今の部屋、

大きさといい、使い勝手といい、管理人さんといい、

すべてにおいて気に入っているので…

この部屋、買わしてください! と頼んだのですが・・・  ダメでした。

 

そんなことで

時間の流れ・・・ そろそろここも 出る時期なのでしょう…

 

そんな時期、なのでしょう…

 

環境も変わるので  私の気持ちも少し切り変わるのでしょう…

 

とりあえず

   また 新しい気持ちでスタートを切ります。

 

ああ、ひさしぶりの引っ越し、今からちょっと憂鬱。

 

というのも、私の部屋、荷物多すぎ…なのです。

今から イメージして 準備に入ってゆこうと思います・・。


テーマ:

高揚から生まれる一体感でなく、
個として心の中に沈んでゆく中から生まれる一体感の体験型コンサートでした。
外側の贅沢は高揚しても一時的ですぐに慣れ飽きてしまいますが、
内なる贅沢はどこまでも広がり続いてゆく…。
その方向性、やり方を個々がそれぞれの方法で見つけてゆく、
そんな時代に入ったと思う。

本当の贅沢。

 
それはまず
はじめてに
内に持つべきだと
思うのでした。