福縁譚

福縁譚

福縁堂主人の骨董ブログ(主に中国工芸中国美術の鑑定話や小論文、感想、雑談など)
ご覧になりたい古陶磁テーマを画面の右バナーの中間にある「このブログを検索」バーをご利用して検索してください。

少し前の記事で”代理入札業者は吊り上げに利用されている”と記事をかきましたら、
見ことに攪乱が入った。
まあ、それを置いといて、これから書かないこともないと思いますが、一杯攪乱はいったら、またIDを作り直せばいい。
こちらの何かを販売したかの履歴は段階的に消去する意味上でいいことです。

さってと、今日の話題は”どんな出品は吊り上げ詐欺出品か?”という見分け方の体験だをします。

*まず、吊り上げことは2種類があります。
一つは骨董商が真面目なものを定価スタートスタートして、たまたま、今日集客なかったため、低価格で落札してしまうおそれて、自分で買い戻す事。
それは都内の公式オークション場でも、たまたまセーブしてしまうことがあります。地方のオークションはなおさら、その場でオークション会社の名義で買い取ってしまう。

ネットオークション上はそゆう操作もありますが、一応買い戻すといって、温存してしまう。
私もこゆうことは仕方がないと別に怒りはしません。

もう一つは怒るですね。つまり、どっか集まったゴミや写しを集中してヤフオクのようなネットオークションで車輪大戦です。
毎日のように大量出品、大量入札、出鱈目の金額で、本物以上に金額を吊り上げして、毎日一人二人を落ちれば”収益”です。いいえ、収益とは言え詐欺ですよ。

その違いは、上の方”セーブ”のため、下の方が”故意に騙し取る”ですね。

この下の話は2番目の吊り上げ詐欺出品の見分け方を例をあげて紹介します:

 

この出品ですが、プロなら、一目で新製品だと分かります。まあ、1万円台ならまた許容範囲ですが、

しかし、ウォッチリストに65人が追加していることはちょっと怪しいです。

普通こゆう御土産品はほしい人は一人二人なら正常ですが、”65人”明らかに気分作りですね。詐欺ですね。

 

一応入札前に必ず、ほかの出品を見ててください。出品の品位から出品者の素顔が分かるです。

まあ、全部現代工芸品ですね。大体、在日の方が古陶磁の写し販売している出品になります。

まあ、定価で5千とか1万円とかは文言がないですが、問題は”骨董”として知識もない方がなんだかんだ吊り上げることは

故意であれば、詐欺ですね。

 

ここで、大体この出品者は危ないと分かるはずです。いくら好感の品があっても入札をやめましょう!

 

では、上の例の出品はその晩でいくらなったかを題名で落札記録を検索して出ました:

18万4千円ですね。入札数は96と。もう代理入札業者と手を込んでやっているので、

最近になって私が漸く分かったことは、こゆう詐欺出品はもともと海外の代理入札業者の副業でしゃっているじゃない。

だから、何十個のIDも操作できるわけ。

 

当然、この詐欺出品者の一日の出品は20件ほどありまして、全部多く入札されるですが、落札記録は月に一件ぐらいしかないので、

ほかは全部キャンセールされているですね。これは10月二四日までににおよび落札が削除されると思います。

 

では、入札つられていついつ入札してしまう方が性格が弱い方だろうと思いますが、落札前と落札後に内に簡易鑑定依頼してくれる方が結構います。あんな新品なのによくも高く連れられたなとショックですよ。

 

つまり、ここまでのチェックポイントはまた”やめる決心”には不十分ではないかと次にチェックすることは:

 

この出品者の最近の落札記録です。どんなものどんな価格で落札されたか、最初に統計データからも様子が伺えます。

この例の出品者の統計データは6月以内12件落札、1ケ月以内5件、週一の頻度です。

評価しない人もいると考えて、多くでも週2の落札。

 

でも、毎日大量出品しているじゃ~、しかも入札がすべてある(これだけで吊り上げ業者だと分かる。普通の出品は全部入札入ることはまずない。) つまり、毎日の落札は全部キャンセール、1~2件は記録残ることは公告作りですね。見せ落札です。

 

さらに、上の宣徳水洗の入札詳細からみてみますと

2200円までは一般の入札者です。その上評価千件超えるIDは基本的に海外の入札業者のIDで(当然若いIDもある)、海外の人だけ繰り上げしているので、海外でそんな人気なら、日本で出品するよりも中国でやったほうがいいですかと?結局在日の出品者と在日の吊り上げ業者が日本ヤフオクで詐欺やっているですね。

 

もうちょっと出品ページチェックします、注意すべきところがあります。

妙に長い注意事項を添付して、本気の骨董瓜を装う

 

でもね、自分は誰かを書かれていないから、これは重要なポイントで、身元不明な販売者から買いませんじゃないですか?

 

落款はだれかはない。

日本の場合は、自営業から法人まで法定の表示方法がある。それはないので、個人出品でしかないから、

しかし、個人出品で不用品の出品ではないようですから、骨董品瓜専門の詐欺ものです。

(私の最近の疑いはそれは代理入札業者の副業です。)

 

身元不明は出品者から高額な骨董を買わない!

これは重要ですね。

 

内みたいに、店舗や法人情報を表記公開しているとこしか買わないことと

怪しいと思うなら、福縁堂簡易鑑定をご利用くだしさい。

早く利用したらだまされないわと利用者からの感心の声がよく聞いてます。

そこまで吊り上げられたら、支払いはちょっと待ってとどんなものか?福縁堂に聞くと損しない。

 

 

ヤフオク!簡易鑑定サービスは手軽で迅速は売りですから、以前はYesかNoの答え限定で1100円にしていたですが、

今年からは取引ナビで疑問や解説のやり取りを可能にしたから、2200円へ価格変更しました。

面白いことは変更後は利用者が結構増えましたね。やはり、詳細を納得まで話したい気持ちが多いですね。

 

では、この章は”プロの吊り上げ詐欺出品”の見分け方を紹介しました。

当てはまるなら、最初から入札の意思をやめた方がいい、落札寸前でいきなり価格暴騰してしまうから、それは全部パソコン自動入札ですから、買ってないわ!

 

福縁堂主人

 

国際時事解読:中国の殺手鐗

最近びっくりしたニュースが多いですね。耳が疑うぐらいです。

*今日華為のCFO孟晩舟女士が3年(カナダの)自宅軟禁の末カナダ法廷より釈放された。報道によりますと孟女士はアメリカ司法省と司法取引が成立したことで、
アメリカへ渡す必要なくなり、バンクーバー現地法廷で拘束解除されました。

昨日、中国方面の二人のスパイ容疑のカナダ人を釈放した。今日は出国されたという。カナダ方面は歓びの言葉以外に、中国へ”人質外交”への批判も忘れてはいないようです。

しかし、最初”人質外交”したのアメリカとカナダですから、ブーメランではないか?中国がやったのは人質外交ではなく、報復外交というなら正しいではないか?
ちょっと西側の政客は自己正当か発言は当たりのようで精神的病気ですね。

孟晩舟女士はなぜカナダで拘束されたというか、彼女は複数の国のパスワードを所持し、カナダはお気に入りで子供がカナダで大学通学しているから自宅も購入している。
つまり、スタンダードな中国の金持ちですね。中国の制作では二重国籍が認めないが、カナダは認めるから、カナダ政府は孟晩舟を拘束することは正直外交問題ではないと思われます。
しかし、孟は中国の重要人物なので、暗黙的二重国籍を認めているじゃないですか?これは特権階級というもので、今回の事件は華為への影響よりも、
こゆう特権階級へのショックが大きい。
つまり、二重国籍はリスト伴うことで、今度孟が帰国後は3年前と政策は大分違うので、外国パスポートを返さないと中国国籍取り消す処分されるかもしれない。
今の政府は厳しいですからね。


*恒大集団倒産リスクが発酵している。世界経済へ影響が大と言われてますが、その原因は恒大の負債の半分は海外投資だから。
恒大の海外負債の総額は中国の外貨貯備の三分の1に到達すると言われてます。恒大倒産なら、ウォール街ではリーマンショックと同然な効果がある。

国内銀行の融資は国内の不良債権になって、国がお金出した買取ることです。
個人の投資家からの集金は今は恒大の所有者や経営層で個人担保で解決する方法で政府から圧力を掛けている。
では、海外の融資は中国政府系の5大銀行が担保になっているから、つまり、恒大が倒産させた場合は、国家が賠償しなければならない。

こうなりますと、中国政府は巨大なアメリカ国債を市場に投げ売りします。アメリカ国債は暴落に繋がります。
そうなりますと、アメリカ政府の債務問題が悪化して、アメリカ政府はデフォルトになるおそれがある。

そして、日本はアメリカ債権の最大所有国として、損失が大きい。でも韓国よりはマジ。

ご覧の通り、中国政府は恒大の倒産をアメリカ政府への圧力掛ける殺手鐗として使っている。ロシアは前から匂わせたから、ロシアの先月まで所有しているアメリカ国債とドルは全部クリアした。
イランも同様爆売りしていた。中国は最後の止めになります。

だから、アメリカ政府の抗中は軟化したわけです。

*中国は在中国カナダ企業188家を閉鎖した。これからカナダからの農産品輸入を全面取りやめることになります。

この穴を誰か埋めるか、それはTPPです。つまり、東南アジア10国とニュージランドの御褒美だ。


*今日中国政府は東北三省は日本大して投資開放と宣告しました。満州か台湾か?利益か政治か日本に選ばせるです。
突発的な中国のTPP加盟は今からみれば、実は台湾のTPP加盟動きを止めるためにあると分かります。
日本と台湾の計画は最終段階で手りゅう弾を投げ込んだです。

当然中国のTPP加盟は、アメリカ不参加で無意味になったCPTPPをリアルな巨大市場の参入で有意味に寝返したと思います。
当然、東盟諸国は中国の加入を歓迎するにちがいないが、日本を説得するために中国は東北地区対日本限定的開放することは、
正直日本経済復興の起爆剤にもなると思いますので、日本政府は考えざる得ない。

*台湾のTPP加入は臨時決定ではない、報道通り日本政府と5年の準備があったが、一番のネックは福島産問題ですね。
台湾の人民の理解を得られなかった。けれども、中国大陸から”果物の禁輸”の件で台湾政府にTPP参加の提起のチャンスを与えた。
もしろ、いいチャンスに利用されたわけ。けれども、どう見ても台湾の参加は無理で、日本と台湾だけの合意はできないから、政治ショーにすぎない。
これから、中国政府は逆手柄を取って、台湾との経済貿易協定ECFALを解除してしまえば、台湾経済は死ぬです。

*TPPは経済団体であり、政治団体ではないことはメンバー諸国は頭にはっきりの経済観念があってほしい。特に日本政府。
もし、TPPを政治反中団体と一筋な考えを買えなければ、CPTPPの結果は解散か中国に乗っとられるか?70年代の中国国連加入劇は再演するかもしれない。
いいえ、再演するだろう!すでにベトナム、シンガポール、マレーシアは賛成の声が出ましたので、日本やオーストラリアが一貫反対ならば、
CPTPPの分裂せざる得ない。一方は中国と東盟十国&韓国+ニュージランド、一方は日本、オーストラリア、イギリスとか、笑えないですね。

*3日前に香港国安局長が”双十節のお祝いは国家安全法違反ですから禁止です。”と注意をテレビ発言しました。
これは、前香港特首、現中国人民代表大会副委員長梁振英氏が今年香港議員の選挙後に来港指導後のできことで、中国政府は台湾政府は敵対政府として舵を取った意味する。

*中国現在自己倒産している不動産会社は各地に現れたという。その影響で香港の不動産価格も連続下落している。香港市民が”漸く狭い家から脱却できる”と期待満々そうです。

*昨日29機の中国空軍編隊は台湾東部へパイロットしました。消息筋よりますと、台湾東岸の海に中国海軍の編隊も同時現れたという。
日本のマスコミはそれは台湾がTPP参加申し込みへの対抗措置と報道していますが、ぜんぜん違います。
多分、東岸の海にアメリカの潜水艦が航行していると思います。台湾領海侵入を阻止のためである。

*売電大統領がイギリス首相と会談の場で尿失禁したことはYouTube上で炎上しているのに、アメリカや日本のマスコミは全然報道がない。
言論自由の国が厳密にマスコミをコントロールしているか伺えますが。トランプ前大統領まで禁言できるのはアメリカの資本集団だ。
結局嘘の民主自由国だ。日本も同じです。

 

*私はこの記事書き終わたところに、ニュージランドは中国のTPP参加を支持の意向を発表しました。

福縁堂主人

 

(只今ヤフオク!にて千円スタート出品中)
ヤフオク! - 福縁堂鑑 明嘉靖 景徳鎮窯豆青釉小服茶碗 在銘 (yahoo.co.jp)

*今日中秋の名月!、中国北京ほか、深(しんせん)澳(マカオ)港(ホンコン)のトップスター集まる大湾区中秋晩会が盛大に開催されています。
晩会には台湾の芸能人は招かれていないようです。

ところで、今日の台湾は多くの農家が泣き寝入りです。中秋の集まりもないようです。
来年の生活のめどが立たない。

寄生虫って今から出たものではない、馬英久総統時代の”一つの中国”の合意の下で、台湾の農作物の通関は”国内扱い”で大きな目で見過ごしている。
寄生虫を殺すパルメザンも入関後に中国側の卸業者がコストを掛けてやっている。それは善意です。

でも、民進党政府以来は恩返しがなく、旦那の給与を使っているのに、浮気している妻と同然です。
台湾の果物の9割以上は中国大陸が買い取っているのに、普通だと神様じゃ?
でも、台湾の民進党政府や農民も含む”俺たちの作物がおいしいから大陸が買いたいだよ”と売ってやる気分だ。
”頭コンクリ”という言葉は台湾も通じるみいた。

台湾政府の農業省部長は昨日”10億元補助用意しているから”とか”中国をWHOへ提訴する”と急に発表した。
その大きな言葉話す理由は農民を安心させ、そうでないと農民が反乱するだからね。

*パイナップル禁輸以来、台湾政府はすでに10億元の補助金が出したらしい。大分のお金は農協と輸出商の損失補助に当たって、
ある意味に民進党の財布ですから。農民の懐に入るお金がわずかない。だから、今回は果物農場の地元町会はテレビで産地直売を宣伝している。

アメリカ豚輸入再開後に、大陸は台湾豚肉製品を禁輸した。それも10億元補助。
今回の”蓮霧”と”佛頭”禁輸に、また10億元補助。
来月の蜜柑禁輸また10億元かかる。

では、来年はどうする?果物農民がまた作るでしょうか?年々補助でしょうか?

おそらく、ミサイル装備のお金が無くなるので、それはよしと大陸は本気で経済制裁しているのだ。

だから、WHOとは関係がない。

*日本政府は台湾のパイナップルを買い増やして、サポートしていた。
まあ、台湾では日本への輸出は750%増加と宣伝していたですが、本当の話は日本への輸出は0.5%から4%へ増加しただけで、
90%以上は国内安売りやパイナップルケーキとか加工品に回した。
よし、それは円満に解決したというなら、

今回禁輸された”蓮霧”と”佛頭”日本ではなじみない果物ですが、保存も聞かないもので、パルメザンがやるのも皮が薄いから洗うできないので、
薬残留があるからほかの国は買わないものです。
でも、日本のネット浴はすでにYoutubu上で”日本が買う”とか”日本人がたべったげる”とか豪言している。
あいつらはほんとうくそですよ。
先月ニュージーランドは台湾産のマンゴーとライチ輸入禁止した。生きた寄生虫が発見されたから。
アメリカは今までパルメザン処理の果物の輸入は禁止ですから、台湾の果物が買ったことがないが、
なぜか、パイナップル事件直後に台湾産の”佛頭”を少量開放した、結局アメリカ人はほとんどためない果物だから、
在米の中華物産に下ろしているだけです。
この影響で日本政府は台湾パイナップルを入れたわけで、裏には”福島産をよろしく”つもりもあったと思います。

しかし、しかし、ネット浴よ。
10月台湾蜜柑を食べると言うことは慎重にしなさい。農協に殺されるからね。

ネット浴はばっかじゃない?、日本国の寄生虫だ。

福縁堂主人