野菜ソムリエAKIKOの旬果菜彩日記

野菜ソムリエAKIKOの旬果菜彩日記

野菜ソムリエ上級プロ(野菜ソムリエ資格の最上位)
AKIKO<長島明子>が
野菜果物との出会いを中心に
日々のあれこれをつづる日記です

「季節の野菜と果物で 日々の暮らしを おいしい・楽しい・ヘルシーにラブラブ


「地元の旬の野菜で 人と地域を元気に音譜」 が活動のテーマ。


旬の野菜・果物にこだわり、料理教室、講演、セミナー、レシピ開発、レストランイベント、鳥取県農林産物ブランド化など幅広く活動しています。


ベジフルビューティーアドバイザー、アスリートフードマイスターの資格も有しており、体の中から健康で美しくなる食をテーマにした活動もおこなっています。


また、フードコーディネーター、食空間コーディネーター、カラーコーディネーターの知識を活かし、季節の料理に合わせたテーブルコーディネートの提案もおこなっています。


 


宝石赤日本野菜ソムリエ協会のHPで私が紹介されています。


  『野菜ソムリエで毎日が変わった!』 野菜ソムリエ資格取得者の声  →★


 日本野菜ソムリエ協会HPのトップページ





宝石白 プロフィールとこれまでの主な活動は コチラ


野菜ソムリエ上級プロの長島明子です。

 

大阪の野菜ソムリエの友人、植谷佐江子さんと角倉咲子さんが、今年も、泉州松波キャベツを送ってくださいました。

昨年は引っ越しのバタバタと重なってお断りをしたので、2年ぶりの対面です。

届いてびっくり。

 

なんて大きいんでしょう。

写真ではわかりにくいですが、例年だと5~6玉入っている箱に4玉。

1玉でも冷蔵庫に入るか心配になる大きさ。

 

このキャベツが、とにかく、甘くて美味しいんです。

まずは、生でかじってみると、甘いとわかっていても、その上をいく甘さ。

 

素材がいいので、手をかけすぎず、簡単料理でいただきました(笑)

作った料理の一部を紹介します。

 

回鍋肉。我が家は辛い味付けにするのですが、キャベツの甘みが際立っていました。

 

 

焼きそば。麺が見えないくらいのキャベツ。キャベツの赤道でカットし、上側を使います。

 

お好み焼き。赤道でカットした下側を使います。

このキャベツでお好み焼きを作ると、ふわっとしてとっても美味しく作れます。

卵焼きに入れてみました。卵と相性がいいですね。

コールスローサラダ。我が家はマヨネーズを入れずに、シンプルな味付けです。

たらいサイズのボールにいっぱい作りましたが、ご飯にもパンにも合うので、あっと言う間になくなりました。

ポトフ。煮込んでも甘い。

ソテー。芯が驚きの甘さです。

ここまでは簡単料理でしたが、ここからは、超簡単料理です(笑)

マスタード和え。

 

クミン炒め。

山椒塩とアマニオイルで。

パリパリキャベツ韓国風。

手ちぎりキャベツに韓国風のタレを添えて。

パリパリは韓国語の「パリパリ(빨리빨리)(早く早く!)」とかけてみました。

我が家で大好評だったのが、これ。

手ちぎりキャベツをゆかり(赤紫蘇ふりかけ)で和えるだけ。

ボールいっぱい作っても、おかわりする美味しさでした。

キャベツが美味しいからこそですね。

ほかにも、お味噌汁に入れたり、スープにしたり、炒めたり、いろいろ楽しませてもらいました。

簡単すぎる料理でも、どれも本当に美味しくいただきました。

 

今年は初めて、冷凍にもチャレンジしてみました。

まだ、食べていませんが、冷凍キャベツ、どんな感じなのか楽しみです。

今年も射手矢農園さんの泉州松波キャベツを堪能いたしました。

佐江子さん、咲子さん、本当にありがとうございました。

 

 

野菜ソムリエ上級プロ 長島明子