【私の"ロゴ"ができました】

・

This amazing logo designed by

@mrk.mrk.mrk 

・

・

このアメージングなロゴのデザインはアメージングな

@mrk.mrk.mrk ã•ã‚“❤️

・・

My original logo has made!!!!!

・

・

・


2020年5月に依頼をして

・

8月にデザインを全てやり直して

・

ゼロから創りなおし、11月には完成。。

・

しかし12月に私が背景を透明にしてほしいと依頼したことがきっかけで

少し変更をするのとになり😂

・

そして

2022年1月6日、

・

1年半かけて、デザイナーさんと共にクリエイトしたロゴが

・

ようやく公開します‼️

・

私の屋号"Kodô"

・

コドウ です。

・

それは命の鼓動

・

私を生かしてくれている心臓の鼓動

・

"私"が"私"という 大いなる意識と

・

肉体を持ってこの地球で生きている

"私"の

・

感じるままに表現するダンスや言葉、表現しうる事すべてが

・

私のKodô(コドウ・鼓動)であるということ

・

・

そんな想いを込めて、創っていただきました🥺🥺

・

・

ロゴはね、ずーーーっと作りたかったんです✨

最初にまりこさんに依頼したのは2020年5月

・

・

前から彼女のインスタアカウントをフォローしていて

・

・

度々みるTシャツのデザインや、アートの投稿をみて

・

色使いや作品のポップで可愛らしさ

かっこよさの中に毒っぽい所が見え隠れして

てカッコイイ!とおもっていました。

・

・

・

Marikoさんの作品は、

シンプル「魂に響く。」

・

私も、自分の魂に響くようなロゴを彼女にお願いしたい!と思ったのがきっかけでした。

・

・

やりとりの中で、たくさん、私について聞いてくだいました。

・

何故このKodôにしたのか?

・

Sakurakoさんにとってのダンスとは何なのか?

・

好きな事

嫌いな事

好きな音楽

あるゆる側面からわたしの事を知ろうとしてくださいました🥺

・

・

サルサを踊っている動画も見てくださったり。。

・

気づいたら、私の生い立ちまで、オープンハートで打ち明けておりました😂❤️

※まりこさんはそこまで聞いてないのに、です😂

・

・

すごい真摯に、作品作りをしてくだろうしてるのが伝わり、ありのままの等身大の私でやりとりさせてもらおう、と思ったのです😆

・

・

2020年の8月に最初のデザインが仕上がり

私も彼女も、"これで完成間近"!

という時に

・

・

お互いの連絡がが何故か数週間少し途絶えた時がありました。

・

・

・

わたしはこのデザインで行こうと思っていたのに、何故か次の段階に進めない?進みたくない?もどかしさを感じていました。。

・

・

そしてなんとまぁ、心の中から聞こえてきた私の声

・

・

"うーーん。。ちょっとデザイン変えてほしいかもしれない。。"

・

・

私の心の声『ん?。。。え?。。おーい!

ちょっと待てぇぇ!!!

・

3ヶ月も何度も話し合ってアイデア練り直したんだよ?

・

今更、デザインが気に入らないなんて、、

デザイナーの彼女に失礼!!だし、

・

そんなこと言えなーーい!!!!😨

・

ダメダメダメーーーほらほら、よく見てよ、このデザインでいいんじゃん!最終的にこれでいいって話あったじゃん!』 

・

・

・


↑↑以上が私の心の中の会話でした😂💦

※たくさん理由つけて納得させようとしてる🤣

・

・

・

いや、常識的に考えたら、ここで、全てを白紙に戻すなんて、相手に失礼と思うし、まずやり直しってもっと時間かかっちゃう。。

・

・

やり直ししてる間に、ロゴを創る気力がなくなってしまうかもしれないし。。

・

・

こういう時こそ、まずすぐに行動するんじゃなくて

一旦保留にしておこうと思いました。

・

・

そうしたら、なんと、少し経ってからまりこさんから連絡があって、前に自撮りをした写真をなんとなく彼女にみてもらいたくて、送ったんです。

・

・

『この写真を見てたら、なんだか黒い蝶🦋がうかんできて、、。』と、まりこさん。



・

・

・

すぐにその場で蝶を描いてくれて、ラインに送ってくれました。

それで、私、すごい、気に入っちゃって😲😆😂❤️💖💖💖💖💖‼️

・

・

私が彼女とやりとりの中で"Sakurako"を前面に押し出したい!と言ったことがあって、

・

そのやり取りから、彼女は、最初に出来上がってたデザインの根本に違和感を感じていたらしく、

・

修正しようとしても、イマイチぴんときてなかったとのこと。。

・

その時が、ちょうど私達の連絡が途絶えていた期間でした。。。😲

・

・

震えました。。。!

・

二人して、既に決まりそうになってたデザインに違和感を感じてたなんて‼️😂😂🤣

・

・

そこで正直に私からも


"デザインを0から作り直しだなんて、お願いする勇気がなかったけど、このデザインで、進めることに違和感があったんだ、と"

・

・

もうね、これで確信したんです。。

・

自分のハートからの思いに正直に向き合うこと

・

隠さないこと

・

相手の反応や

・

周りの意見

・

一般常識に振り回されないで、怖がらないで、

・

自分の正直な気持ちを"自分のために"表現してあげること

・

・

結果、それが、相手と深く繋がれる突破口になるということ

(その自分の気持ちが、相手が受け取ってくれるかどうかの結果はどうであれ)

・

・

・

・最終的な仕上げの時も、私の中でSakurakoをいれるのかどうか?で、迷い🤣

・

・

・

その時も彼女の鋭い愛のツッコミが入り照れ

・

・

たっぷり時間をかけても大丈夫です、と言ってくださいました。

・

・

そして、その迷いの裏にはやはり私が向き合うべき、心の課題があったんです。

・

・

それもちゃんとノートに書き出しながら、炙り出せました。

・

・

たかが、ロゴ、されどロゴ。

だってそれは自分の象徴となるものだから。

・

・

・

本当に自分に向き合うのって、

実はすごいエネルギーがいるし、

たまに、向き合うのもしんどすぎる時だってある。

・

だけど。。。

・

・

業務的にこなすデザイナーさんなら。。

・

ここまで突っ込んで、聞かないし

・

相手のちょっとした、迷いにきづいたとしても、納期だったり、修正の手間など考えて、

・

・

ただ"注文通り"にロゴを作っていたはずでしょう。。

・

・

修正何度でもいいですよ!って言ってくださいました。

・

でもそれって、逆にいうと、

"本当に自分が納得いくまで、作品に向き合いましょう"っていう 二人の間の約束なんです🥺💖

・

・

本当に本当にあなたに出会えてよかったです。

・

・

このご縁に、この魂の仕事に、感謝ですいっぱいです💖🙏🙏


She always  lead me to  find the core patiently like ask me "Why you think so?"

"Why you choose this"etc..

・

I also have been open heart to share 

my  personal life ,my felling,and my

opinion..

・

・

if this is the other designer who handles it as just a "business",

She or He just cares about deadline and save the time to make it done quickly..


I am so lucky that i met you and love your art work from your soul..