あかね社長の夢への道-アメリカで起業・日本から世界を目指す-

富裕層ビジネスコンサルティング・会員制サロンThe Sapphireを運営するビーナスインターナショナルの江田あかねが仕事や夢について思いを綴ります。

NEW !
テーマ:

お越し下さりありがとうございます!

 

 

 

思えば、ざっと数えただけでも1000回以上、尋ねられた言葉があります。

 

 

「誰か良い人いませんか?」

 

 

 

 

 

お仕事でも、知人との会話でも登場するこの言葉。

 

 

良心的な人、良識的な人といったニュアンスも含まれますが、

 

こういう場合は、自分の理想に近い人を意味するほうが多いようです。

 

 

 

 

企業であれば、理想的な人材、ビジネスパートナー、問題を解決してくれる人物など。

 

個人の方であれば、理想的な恋愛・結婚相手、相談相手など。

 

 

 

 

 

 

ご紹介するならミスマッチは避けたいので、ヒアリングをしますと

 

『良い人いない?』の良い人は、仕事が早い人、キャリアがある人を意味したり、

 

条件をのんでくれる人を指す場合もありました。

 

 

 

恋愛・結婚相手になると複雑化し、

 

「カッコ良くて、優しくて、ちょっと悪い感じがいい。」なんて言われることも。汗

 

良い人と悪い感じ・・・困る

 

 

 

 

 

 

最近は場数を踏んだせいか、『良い人いない?』と聞かれて、

 

奥のニーズまで読み取る事が、ある程度出来るようになりましたが、

 

始めのうちは、良い人=性格が良い人以外は想像出来なかったので、

 

ご紹介すると「気立ては良いけれどね・・・」と言われる事がありました。

 

なんで?気立てが良いのが一番なのに~えーと内心思ったことも。

 

 

 


ある人が思う良い人、自分が思う良い人、一般的な良い人。

 

良い人にも色々あり、又、時と場合にもよるようで、言葉って複雑です。水

 

 

 

 

 

 

これらは、商品やサービスを提供する際にも言えることで、

 

全ての概念が一致するとは限らず、一括りには出来ず、ニーズも様々です。

 

 

 

 

 

一人一人の要望に応えることは難しいかもしれませんが、

 

自分が持っている考えを見直してみると、新しい発見があったり、

 

私の場合は、多面的に物事を捉える事が出来るようになりました。

 

 

 

 

 

 

斬新なアイディアも、既成概念を打ち破ることから生まれると聞きます。

 

たまには視点を変えて、想像力を膨らませてみるのも良いかも知れませんね。ニコニコ

 

 

 

 

 

キラキラ最後までお読みいただきありがとうございますキラキラ

いいね!した人  |  リブログ(0)