がんばれ熊さん

がんばれ熊さん

食品スーパー店員の絵日記

うちで7年間勤めている

 

30代後半のフリーターの

 

岩本くんが解雇になりました。

 

理由はパートさんへのハラスメントです。

 

以前から彼には悪い噂が流れていました。

 

倉庫で若いパートさんの髪の毛のニオイをかいだり

 

すれ違うときにぼそぼそと卑猥な言葉を吐いたりするようです。

 

 

僕がこの店に異動してくる前から

 

そういった問題がたびたびあったようですが

 

歴代の店長が「もう少し様子をみてみる」という段階で終わっていました。

 

今の店長は

 

「俺のいるうちにこの問題を解決する」と意気込んでいました。

 

そんな岩本君ですが数か月前に問題をおこして

 

誓約書を書いてもらっています。

 

理由はすれ違う時に卑猥なことを言ったからです。

 

次こういうことがあったら解雇しますという誓約書です。

 

そして今回、同じ問題がおきたのです。

 

連日の忙しさで疲れてしんどそうにしているパートさんにすれ違いざまに

 

「本当年寄りやのう、気持ちわる~」とブツブツとハラスメントをしたのです。

 

 

報告をうけた僕は即座に休みの日の店長と本部に連絡しました。

 

30分ほどで部長がかけつけてきて、岩本君と面談。

その場で解雇になりました。

 

次の日店長は・・・

 

「岩本が抜けると品出しがきついよな」と言ってきました。

 

岩本君は性格に難があるけれど、仕事がめちゃくちゃ早いのです。

 

なので大幅な戦力ダウンです。

 

しかし、問題のパートさんが僕たちに

 

「2年前に辞めた吉田さんがもどってきてもいいと言っているよ」と言ってきました。

 

吉田さんは岩本君から嫌がらせを受けてパートにくるのをやめた人なのです。

 

さっそく戻ってきてもらうことにしました。

 

すると、すごくてきぱきと仕事をしてくれて納品を捌くのもすごく早く終わるのです。

 

 

岩本君が抜けた穴を見事にカバーしてくれたのでございます。

 

問題のあるアルバイトが解雇になった代わりに、かつての優秀な人材が戻ってきたのでございます。

 

さらに他のパートさんも出来るだけシフトに入ろうと頑張ってくれるようになりました。

 

仕事の早いアルバイトの解雇で戦力ダウンするかと思ったのですが

 

逆に戦力アップになってしまったのでございました。