7月29日(日)BASEMENT MONSTAR王子大会

「真向勝負!シリーズ9」





2)ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い シングルマッチ 30分1本勝負

●藤ヶ崎矢子(9分58秒、チャカチャカ)春日萌花○


入場からテンション上げて、はるひーをファン仲間と全力応援!


先ずは、入場のコールをなんとか完璧にしたい、

「猪木コール」のように「はるひーコール」を定着させたいと思っているのですが、アントニオ猪木の言う『馬鹿になれ』がね、ここ一番で本当に難しいのよ


アルコールの力を借りてと吹っ切れる予定が飲みすぎちゃって(ジントニック3杯)、直前でコール(叫ぶセリフ?)をド忘れしてしまうというね(汗)

あれだけ練習したのに、本番に弱いわ〜


試合は、スタートから春日選手が手拍子で『はるひコール』を煽る


『はるひ!、はるひ!』


アウェーでも人気は抜群の春日萌花選手

うんうん、いい気分♪


『やーこ!、やーこ!』


すぐさま『矢子コール』が被さってくる


ホームリングの力、Jファンも黙ってるはずないよね?


双方のコールの大合唱、客席の温度は一気に上昇


よーし、はるひーいけいけ!、やってやろうじゃん!♪


ところが、体格に勝る矢子選手がパワーで先制

エグい腰攻めに春日選手のピンチが続く







キャメルクラッチからの鼻フック

調子に乗って4方向に写真を撮らせる矢子選手
おのれ〜

まあ、便乗して僕も撮りましたけど(汗)、上手い具合にレフェリーの足とロープで鼻フックされた顔が隠れましたよ
中々のファインプレーでしょ?(笑)

おっと、応援せねば!

『はるひーガンバレ!』

この逆エビが本当にエグかったんです!

ファンの声援にも後押しされロープエスケープまであと一歩のところまで漕ぎ着けた春日選手だったのですが、矢子選手、ニヤリと笑うと楽々センターに引き戻してしまいます
こんな余裕も出せるようになったんだね、矢子ちゃん

何かを企んでる、、、って!?、そこからブリッジしちゃうの?!

そんなことしたら、はるひーの腰が!?
うわー、ヤバイよヤバイ!
足の裏と頭がくっつくぞー!?

『はるひー、しっかりー!』

さらに畳み掛ける矢子選手

投げては起き上がるロコモーション式でダブルリストアームサルトを4連発


『はるひー、しっかり!、やり返せ!やり返せ!』

ようやく春日選手の反撃!

ロープの反動を利用してコルバタで飛び付き、クルッと旋回して、矢子選手の首と腕をグイグイとクリストで締め付ける

『はるひー、絞れ!絞れ!』

軽量の春日選手を抱えたままロープへ逃れる矢子選手

『次いけー!、今がチャンス!』

はるひーは決めてたんだろうな
ダブルリストアームサルトのお返し
強力な一発!!
相手の両手首をキッチリロックしてるからね
ダメージ倍増だ

細身の体で矢子選手を軽々投げちゃうのがかっこいいんですよ!

『さっきはよくもやりやがったなー!』

彼女のオリジナル、変形のキャメルクラッチ
79.5MHz(ナックファイブ)でグイグイ絞る

『はるひー、絞れ!絞れ!』

『オッケー!、おらぁー!』

うわー、これもエグいよ

この熱さが女子の醍醐味

ダイビングフットスタンプを狙いトップコーナーに上った春日選手をデッドリー・ドライブで投げ捨てる矢子選手


自分の背丈より高いところから投げ落とさた経験ってありますか?

これがプロレスラーの日常なんですよね

ラジオパーナリティーだったり、テレビでナレーション読んだり、ライブで歌ったり、気象予報士だったり、でも、春日萌花選手はプロレスラーなのです

キャリアを10年以上も積んでる屈強なプロレスラーなんです

倒されても投げられても、何度でも立ち上がるのよ!


矢子選手のパワー

ぶっこぬきジャーマン

必死に返す春日選手


一瞬の隙を突く丸め込み

矢子選手の切り返し
カウント2.9?!
間一髪!

『スリーだろ?!』

矢子選手の動きが一瞬止まる

そこを見逃さない春日選手

バックスライド(逆さ押さえ込み)



そこからブリッジ
チャカチャカで見事スリーカウント!

あれだけ腰攻めされてたのに、あえてブリッジ技でフォールを取るなんて、春日選手の意地を感じますね


やったやった!、はるひーが勝った!

矢子選手も強かったけどね

すごく成長を感じました

でもね、成長してるのは矢子選手だけじゃないのよ
はるひーだってまだまだ育ち盛りだから(笑)

白熱したいい試合でしたよ

もう一回観たいね


納得のいかない矢子選手?

試合後に握手を求める矢子選手

と、見せかけて
パチーン!

誰が握手なんかするもんか!

あー、やっぱりね(笑)

平手打ちしてダッシュで逃げていくお茶目な矢子選手(笑)

クールビューティー
キャリアからくる余裕ですな(ニヤリ)
みんなの視線を釘付け
はるひー、かっこよかったな
うんうん、頑張った!
輝いてた♪


リングを降りる時がこの日一番の笑顔だったなあ



つづく

初めての会場、王子BASEMENT MONSTARに行ってきました

PURE-Jに参戦する我らがはるひーの応援であります

はい、駅から3分とかの道のりを45分くらいさ迷いました
これだけ迷ったのは下北タウンホールの時以来かな
板橋グリーンホールの時も迷ったな

どちらも初めての土地で、会場とは逆方向に進んでしまってたからなんだけどね

『パチンコ屋さんの隣だからわかりやすいよ』

その言葉を頼りに、今回は心強いスマホのマップで確認しつつ進みました

それらしきパチ屋は見つけましたが、会場らしき建物は見当たらず

外はあまりに暑く、パチ屋に避難しては体を冷やし、また辺りをグルグルしてはパチ屋に戻るの繰り返し

何が違っているのか?
一旦、駅まで戻りやり直す

目印のTSUTAYA、りそな銀行、ガスト、オリジン弁当、例のパチ屋、わざと行きすぎると公園もある
間違いなくこの辺り

でもそれらしいものは何も無い
絶対に無い!

アークホテルの地下3Fと聞いている
がそんなホテルは無いし(名前が変わっていたとのちに判明)、無論入り口も無い

路頭に迷っているとプロレス会場で見覚えのある人が、いかにも怪しい感じの暗くて狭いビルの通路に入っていく

こっそり尾行してみると、右に折り返して地下に降りる階段!

壁にプロレスのポスターが貼ってある!

ここだったのか!

ドラクエの隠し階段かよ!?

『でしょ〜?、最初はみんな迷うから』

顔見知りがニヤニヤしながら寄ってくる

Jは久々の観戦で、懐かしい笑顔がそこかしこ
相変わらずアットホームで居心地の良い空間

売店にお目当の春日萌花選手を発見し、顔見知りとの挨拶もそこそこにはるひーの元へまっしぐら♪(ビュン!)

売店写メ
薄暗い場内での撮影は、フラッシュのいたずらで、はるひーの瞳がまるで魔力を帯びたかのような神秘的な感じに撮れました(笑)

『うわー、ちょっと怖い感じね☆うふふ♪』

20cmも髪の毛をカットしたというはるひー
今まではおへそまであったのが、ふたつの胸の膨らみが隠れるくらいのちょうど良い長さになりました(どんなだよ?)

ますます男心をくすぐります(だからどんなだよ?)

髪ブラは男のロマン(爆)

てなわけで、大いに盛り上がった藤ヶ崎矢子選手との試合レポへと続きます(続くのか?!)


試合前の売店にて





今回と前回購入したポートレート

ファン一人一人に暖かいメッセージと丁寧な対応
彼女の売店はいつも長蛇の列なのも頷けますね