御宿泊予約電話番号 080-2024-5375(電話受付19時20分まで)
駒の小屋 ホームページ http://komanokoya.com/
メール info@komanokoya.com

 

 

2023・4・15
 

会津駒ヶ岳登山を楽しんだ後、

桧枝岐村から東京方面に

電車とバスを利用して戻る






おうちに帰る方法と

タイムスケジュールの御紹介で~すbyebyeaya







当たり前ですが

東京から桧枝岐村に来た

逆を行きゃ~いい訳っすaya



そうすりゃ東京に戻れますね満足




ここで御紹介してあるタイムスケジュールは

2024年5月1日~10月31日までの

スケジュールでっす


お間違えなくね~~





桧枝岐村から会津バスに乗って会津高原尾瀬口駅まで行き



ここから電車に乗って

浅草(途中で春日部や北千住に止まります)にいくGO


これが基本

いいね、わかりますねはい。





東京方面に戻るバスは

一日数本ありますが

そのうちお勧めの4本をここで御紹介します




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





まずは早めに東京方面に戻らにゃならん方用っす

 

人にもよりますが、下山は3時間以上はみておくので

 

5時過ぎくらいに小屋デッパツで下山しないといけないっす



まず

会津バスに乗って

 

檜枝岐村から会津高原尾瀬口駅まで行くのよ~んOK

桧枝岐村(8:52)発→会津高原尾瀬口駅(10:10)着




会津高原尾瀬口駅からは電車に乗るの新幹線後ろ

ここからは東武鉄道の

 

特急リバティ会津128号に乗ろう~~




この電車は以下のタイムスケジュールで浅草まで

走るぞぅ

会津高原尾瀬口駅(11:08)→

→春日部(13:41)→

→北千住(14:02)→東武浅草(14:15)着キラキラ



と、まぁこうなります

 

 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





お次は夕方には浅草着を目指したい方

 

 

御紹介のとおり、まず檜枝岐村から

会津バスに乗って

 

会津高原尾瀬口駅までいくわけさぁ



桧枝岐村(13:32)発→会津高原尾瀬口駅(14:50)着




会津高原尾瀬口駅からは何に乗りますかぁ?

 

そう、電車に乗るのよ~

 

ここからは新型特急リバティ会津

 

リバティ会津142号に乗りましょ~~新幹線後ろ



この電車は以下のタイムスケジュールで浅草まで

走るぞぅ

会津高原尾瀬口駅(15:20)→

→春日部駅(17:41)→

→北千住駅(18:02)→東武浅草駅(18:15)着



と、まぁこうなります

 

 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






そんでもって

三つめは桧枝岐村での~んびりちゃんこしてから

東京方面に戻る方用



もうおわかりですね



まずはそうそう、そうです恋の矢

 

檜枝岐村から会津バスに乗って

 

会津高原尾瀬口駅まで行くのOK

 


桧枝岐村(14:27)発→会津高原尾瀬口駅(15:45)着





ここ(会津高原尾瀬口駅)からは

各駅停車の新藤原駅行きに乗るよ~OK

 

会津高原尾瀬口駅(16:00)発→新藤原駅(16:34)着

 

ここ新藤原駅で下今市駅行きに乗り換えまっす

 

新藤原駅(16:54)発→下今市駅(17:29)着

 

そして、この下今市駅からはリバティけごん46号に

 

乗りまっす

この電車は

下今市駅(17:34)発→

→春日部(18;41)→

→北千住(19:02)→東武浅草駅(19:15)着

 

 

 

 

と、まぁこうなります

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

最後に

 

檜枝岐村から離れたくないショボーン

 

東京には戻りたくないけど戻らなきゃなんねーガーン

 

という、超~ゆっくり派のみなさま用ビックリマーク

 

 

 

もう、いくらなんでもわかるっしょOK

 

まずは桧枝岐村から

 

ふぅ~~ 

 

そう会津バスに乗って会津高原尾瀬口駅までいく口笛

 

 

桧枝岐村(16:32)発→会津高原尾瀬口駅(17:50)着





ここ(会津高原尾瀬口駅)からは

例によって例の奴

 

 

新型特急リバティ会津アセアセ

 

リバティ会津154号に乗ってこ~爆  笑
 

 



この電車は

会津高原尾瀬口駅(18:06)発→

→春日部(20;29)→

→北千住(21:01)→東武浅草駅(21:05)着

 

 

 

と、まぁこうなります





そんではみなさま
今日も元気に
↓1ポチリをよろしゅ~~お願いいたしまするぅ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

御宿泊予約電話番号 080-2024-5375(電話受付19時20分まで)
駒の小屋 ホームページ http://komanokoya.com/
メール info@komanokoya.com

 

 

2024・4・15
 
 
東京方面から電車とバスを利用して

会津駒ヶ岳に遊びに来た~い遊


というみなさま~~はーい!






桧枝岐村にありまする会津駒ヶ岳登山まで来る方法を

おさらいしましょaya



ここに書いてあるタイムスケジュールは

2024年5月1日~10月31日までのものです




お間違えなくね~~





東京方面からの路線図の基本は



東武鉄道と野岩鉄道とを利用して

東武浅草駅→北千住駅→

→春日部駅→鬼怒川温泉駅→会津高原尾瀬口駅下車


会津高原尾瀬口駅からは会津バスを利用して

会津高原尾瀬口駅バス停→桧枝岐村(駒ヶ岳登山口下車)


とまぁ、こういう感じ


2本のスケジュールをご案内いたしま~す









まずは一つ目のスケジュールね
 
桧枝岐村(駒ヶ岳登山口)に来るには

東武鉄道鬼怒川線の

東武浅草駅に朝早く集合しま~す



ここで

東武浅草駅発6:30の特急電車
 
「リバティ会津101号」

に乗ってちょ

この電車は
 
以下のタイムスケジュールで走るよ~


東武浅草駅(6:30)→北千住駅(6:43)→春日部(7:04)→

→会津高原尾瀬口駅(9:24)



ここ、会津高原尾瀬口駅で下車して会津バスの

桧枝岐行きに乗るのよ~~ん



バス出発まで少し時間があるので
 
パッキングやお手洗いなどに

いっときましょ



バス時刻表はこれ

会津高原尾瀬口駅バス停発(9:40)→

→桧枝岐村の駒ヶ岳登山口バス停着(10:48)

この滝沢登山口にはお手洗いもありますので
 
ここですませておきましょ









二つ目のスケジュールね

もう少し遅い東武浅草駅発の電車です


東武浅草駅を7:30発の

特急電車「リバティきぬ105号」に乗る

ということになりま~す



この「リバティきぬ105号」は
 
鬼怒川温泉駅に9:35到着

ここで「リバティきぬ105」を下車して
 
9:37発「AIZUマウントエクスプレス1号」
 
に乗り換えます

そうすっと、

この電車は10:20に
 
会津高原尾瀬口駅に到着します
 
ここで電車を降りて


桧枝岐村行きの会津バス10:40発に

乗ってさ、

駒ヶ岳登山口でおりましょね(11:48着)
 
 
お昼近くからの上山なので急がないと
 
暗くなってしまうことなどが予想されます
 
お気をつけくださいね

 


これより遅い電車バスだと

会津駒ヶ岳まで来るのは不可能となってしまいます

ご注意あれ~~~


お次は桧枝岐村から東京方面に戻るには・・・

をお送りしま~す





そんではみなさま
今日も元気に
↓1ポチリをよろしゅ~~お願いいたしまするぅ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
御宿泊予約電話番号 080-2024-5375(電話受付19時20分まで)
駒の小屋 ホームページ http://komanokoya.com/
メール info@komanokoya.com
 
2024・4・14

 

昨夜は

檜枝岐歌舞伎のお披露目会が

ありましたよ〜ん 




寿式三番叟ののち、

奥州安達ヶ原 文治館の段


玉藻の前旭の袂 道春館の段

の演目が掛かりましたぁ



奥州安達ヶ原は袖萩祭文の段が

有名ですが、今回の村歌舞伎は

文治館の段

これって東京でもあまり掛からない

珍しい幕だと思います

駒兄と同じくお芝居大好きな

リアル蔵丁稚の皆様

檜枝岐歌舞伎でこれが掛かれば

ぜひとも見てちょーだいね




そしてそして、

玉藻の前旭の袂 道春の段

これは有名ですね

こちらも涙なくしては見られない

大熱演でした



その上、今回は幕間に

入船亭扇蔵師匠の落語を

1時間たっぷり楽しめるという・・・


もう最高!です



演目は

「転失気」と「ねずみ」

でした



さぁ、とにかく、急いで、

小屋開けに向けて

準備をしていきまーす

菜っ葉の肥やしにならないように

頑張りまーす!





そんではみなさま
今日も元気に
↓1ポチリをよろしゅ~~お願いいたしまするぅ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ