AI's eye(港区議会議員 清家あい)

AI's eye(港区議会議員 清家あい)

仕事と子育ての両立はできないし、保育園も幼稚園も足りないし、みんなの力を集めてなんとかしたい。港区議会議員「清家あい」活動中です。

  • マニフェスト大賞 最優秀賞受賞
  • 清家あい_公式HP_リニューアル|友達に広げて下さい
  • Facebookやってます|友達申請してね

元新聞記者で、いまは港区議会議員、11才女児の子育て中です。


アメンバー申請してくださる方は、お住まいのエリア、ご職業、お子様の年齢など自己紹介を必ずメッセージでお送りください。


ぐるっぽ「港区ママの会」もやっています。「港区ママの会」に参加していただける方は、あめんばー申請をお願いいたします。

わたしの政策に関しましては、「清家あい official siteに詳しく書かせていただきましたので、ご一読いただければうれしいです。


メールアドレスは、ai@seikeai.jp(@は小文字に変更)です。

区政へのご意見、ご要望など、なんでもお気軽にご連絡ください。
必ずお返事させていただきます。

【スペシャルニーズがある子のためのインターナショナルスクール建設プロジェクト!】

 

東京インターナショナルスクールの坪谷ニュウエル侑子理事長が、20年前に、自分の預金を切り崩して作られた、発達障害や不登校などスペシャルニーズがある子供たちのためのインターナショナルスクール「東京インターナショナルスクールプログレッシブスクール(TIPS)」。

 

少人数学級で、心理カウンセラーや言語聴覚士などのスペシャリストを配置し、それぞれの児童、生徒に合わせた柔軟な学習環境を用意することで、卒業生の8割が大学へ進学。2割は専門学校やアーティストを目指すなど、それぞれの個性を120%生かしていける教育を実現されています。

 

これまでに何度もこちらの学校(港区から引っ越して、今は目黒区にあります)には、視察に行かせていただきました。

そして、子供たちが、みな生き生きとして、ファミリーのように楽しそうに学び合っている姿に、毎回感動させられてきました。

 

でも、国の教育制度からは外れているため公的支援が得られず、坪谷先生のポケットマネーで作られたこの学校は、かなり古い民家を改装して作られていて、校庭がないので近くの公園を使っていました。そして、先生の長年の願いは、生徒たちのために、理科の実験室と、楽器を演奏できる音楽の教室を作ってあげたい、ということでした。

今回、新校舎を建設するための土地がやっと世田谷区に見つかりました。

新校舎を建設し、実験室や音楽室を設置して、子供たちの能力を伸ばしていく教育環境を整備するために、クラウドファウンディングを始めました。

あとちょっとです。

 

先生がおっしゃっているように、今回のプロジェクトを通じて、TIPSが「個別教育のモデル校」として広く認知されること、そしてスペシャルニーズのある多くの子供たちや保護者の「希望の光」となること、と心から願っています!