リリース真剣勝負

テーマ:

前回 、広告ほどのお金をかけなくても販売促進ができる方法として、
広報があるという話をしました。


一言に広報展開といっても様々なアプローチがありますが、
基本中の基本としては、リリース資料の作成・配布が挙げられます。


何か記事にしてもらいたいゲームがあったとしても、
ただ黙っているだけでは、どこも取り上げてくれません。
パブリッシャー側から報道機関に向けて、
積極的に情報を発信していく必要があります。

そうした、企業側からの情報発信書類を
一般に「プレスリリース」と呼んでいます。


プレスリリースというと、よく企業サイトの片隅に
PDF形式で載っているようなものを想像されるかもしれません。
こうした「ただ載せておくだけ」の発表の仕方もあるのですが、
よほどの話題作でもない限り、
自社のHPに掲載しただけではやはり記事にはなりません。
通常はもっと積極的に、半ば押し付けがましいくらいに
リリースを配っていく必要があります。


具体的に何をするのかというと、

雑誌編集部やテレビ局といったメディアに対し、
一方的にプレスリリースを送りつけるのです。


これは別に失礼なことでも何でもなく、ほとんどの報道機関には、
このようなリリースを受け取るための専用窓口が

はじめから用意されています。そうした窓口に向けて、

通常は一社だけでなく、複数の機関に積極的に資料を送付していきます。
(一昔前はFAXが主流でしたが、近年はメール等でデータを送ることが多いです。)


当然、ありとあらゆる企業が日々リリースを出していますから、
報道機関には相当量のリリース資料が集まっていきます。
メディア側はその中からよさそうな

(=視聴率や部数がかせげそうなものや、そのメディアの方針にあっている)ものをチョイスし、記事にするのです。


つまり、記事にするかどうかは

あくまで受け取ったメディア側が判断するものであり、
リリースを送ったからといって、必ずしも記事にしてもらえるとは

限りません。


掲載の有無を自分でコントロールできない……
これが、広告に対して広報が持つ弱点の一つです。


少しでも勝率をあげるには、


・数多く送る
→少しでも引っかかりが見込めそうなメディアには、
 遠慮せずとりあえず送ってみます。
 送付先が多ければ、それだけ取り上げられる確率もあがります。


・送り先を選ぶ
→とはいえ、あまりに関係ない報道機関には送るだけ無駄です。
 例えば、パズルゲームのリリースをスポーツ新聞社に送っても
 まず記事にはなりません。


・資料を魅力的に仕上げる
→リリース書類は通常文字のみを基本とする形式が多いですが、
 これだけで魅力を伝えきるのは難しいため、
 企画書などの別添付資料や画面写真なども送ると効果的です。
 特に画像資料が多いと、記者も記事を書きやすくなります。


・挨拶まわりをする
→書類を送りつけてハイ終わり、ではなく、
 編集部にアポイントを取り、直接商品紹介をしにいくこともあります。
 顔見知りになって不利になることはないので、これは意外と重要です。


・メディア側への協力姿勢をアピールする
→発売前の試遊ROMをたくさん貸し出したり、

 読者(視聴者)プレゼント用に商品を提供したり、

 といったことをすると効果的です。


と、このような工夫と努力が不可欠です。


こうしたことを面倒がり、ただ機械的に
リリースを送っているだけではなかなか記事にはなりません。
有名タイトルでない場合などは特にそうです。


リリースを送るライバルは山のようにいます。


その中からいかにして選ばれ、記事にしてもらうか……
ここでもまた、目に見えない戦いが繰り広げられているのです。