こんにちは

愛澤 咲月です。
 
ほったらかしにしてましたアセアセ

久しぶりに
アメブロを開くと、
パスワードをいれてくださいと出まして…


…忘れたガーン

ってなりました。


息子とお別れしてから
すっかり
息子のことを綴るブログになっていて


書くことがなかったわけではなく、

書きたいという想いはあっても
気力が出なくて…

という日々でした。


9月には

亡くなった人へ出せるポスト
大聖寺さんの「緑のポスト」へ

車を走らせ、
息子にお手紙を出しに行ったり。

(緑のポストについては、note 〜こころの声〜にも
書きたいと思います。)



ハロウィンには
息子のコーナーを
少しだけ飾り付けしたり。


いつものように
息子のへその緒が入った
ぬいぐるみポーチに
話しかけてみたり。


まるで
おままごとのような


単なる「お母さんごっこ」
に感じて、
余計にしんどくなったり…



いろいろ
でした。

20回目の月命日だった日は

もし
産まれていたら…

今頃、息子は
どんなおもちゃや
どんなお菓子を

欲しがったんだろう?

と、考えながら
お菓子を選びましたニコ
ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

占い師として
女優活動として

忙しくしているおかげか?



「私にも、息子がいるねん!」

「私もお母さんやねん」

「なんで、隠さなあかんの」

「ここにいいひんだけやねん」


そんなふうに

口に出すことも無くなりました。

心の中で
収まっていますアセアセ


ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

先日、
2年ぶりに会った友達と

ランチをして
お寺へ散策に行きました。


妊活中の
彼女もまた、赤ちゃん用品のCMなんかを
複雑な気持ちで見ていると言っていて、

私はそれが一生続くんだと思うと

気が遠くなる思いでした。


と、同時に


どうか彼女が無事に授かり、
私のような悲しい思いをすることなく

我が子を抱きしめる日が来るといいなと

思ったのです。

これ、
私にとって、


大きな進歩です…たぶん。


でも、


実際そうなったら


私は、素直に喜び、
彼女を祝福してあげる自信は

ありません。

大好きな友達の
子供をまだ
可愛がれないと思うのです。


ひどい!と、思われても

いいけれど


どうか
「ひどい」と、私に言わないでほしいなと思います。


けれど


大切な友達に

私と同じ思いは絶対にしてほしくない。


それだけは
本当ですニコ



クリスマスクリスマスベル
お正月と鏡餅


(コロナなこともあるけれど…)


なんだかんだ、
親戚たちで集まる機会が

あるんだろうなと思います。

いつもと違う形だとしても。


きっと

父や母は
おじいちゃん、おばあちゃんに。


祖父母は
ひいじいちゃん、ひいばあちゃんに。





今年生まれたらしい


甥っ子だか
姪っ子だか

に会いに行くか

会いに来るか


そんなことが
あるんだろうと思います。


わたしは


ある日、突然

LINEのアイコンで

その「存在」を知らされた身なのですが。

もう
ほとんど縁を切ったので、

わたしは、
ただ、ただ、

仕事へ出かけようと思います。


そして

クリスマス・イブクリスマスツリー

21回目の月命日を
迎えるので


私たちらしい 


一日を過ごせるよう


生きたいと思いますニコ


愛澤 咲月 あいざわさつき