弁護士 井上洋一の資格道~108の資格を目指して~

弁護士 井上洋一の資格道~108の資格を目指して~

愛知の町弁が、資格の力を駆使して悪を斬るため、108個のライセンスを目指します(現在105)。

「法」「お金」「心」の問題の横断的解決のため、様々な資格の取得を目指しています。

2019年前半は、リテールマーケティング(販売士)検定1級の「マーケティング」と「マーチャンダイジング」、また「家電製品アドバイザー」、「金融コンプライアンス・オフィサー2級」を受験します。


テーマ:

私の持っている消費者系2大資格に、「消費生活アドバイザー」と「消費生活専門相談員」があります。

 

でも、今は、これらに加えて、「消費生活相談員」という国家資格もできました。

 

関係がややこしいのですが、「消費生活アドバイザー」試験や「消費生活専門相談員」試験に合格すると、「消費生活相談員」資格も取得できるという制度だそうです。

 

受験生や資格者には分かりづらくなりましたが、現行制度ができるに当たって大人の事情があったのかもしれませんね(^_^;)

 

でも、現行では、一つの試験で二つの資格がもらえるのですから羨ましい限り。

 

まさに、一粒で二度美味しい資格試験になりました(*^_^*)

 

 

 

では、私のような旧制度での合格者にとって、「消費生活相談員」資格はどうすれば手に入るのか?

 

経過措置として色々なルートがあるようですが、一つは指定講習を受けることで、「消費生活相談員」のみなし合格者になれるそう。

 

「以前合格しているんだから、ただで消費生活相談員資格もちょうだいよ!」と思うのですが、一筋縄ではいかないですね(>_<)

 

 

 

とはいえ、資格マニアとしては取りこぼしできませんので、指定講習機関に認定講習を申し込みました!

 

じゃん!指定講習のレジュメです。

90分のDVD講習を5科目視聴し、各講習のレポートを書いて提出することで受講完了とのこと。

 

結構、負担が重い……(特にレポート)。

 

けれど、国家資格が一つGetできるわけですし、知識をアップデートできる有り難い機会と思って頑張ります(^^)/


テーマ:

本日は、久々の効率化グッズのご紹介。

 

ペーパーレスといっても、未だに世間には、様々なアナログの約束事があり、様々な紙の書類がございます。

 

とくに、士業の先生方は、お役所指定の紙の書類を使うことも多いと思います。

 

そんなとき、紙の書類を毎回手書きしていたら、時間がいくらあっても足りません。

 

かといって、Adobe Acrobat等の専用のPDF編集ソフトは高すぎる!

 

 

 

そこで、今回は、「入力の効率化」と題して、ソースネクスト社の【さよなら手書き】の紹介です。

 

ソースネクスト社のソフトウェアはネーミングが微妙なので、これも使えないソフトかと思いきや……。

 

実は、とてつもなく便利です!(*^_^*)

 

私は、【さよなら手書き】はバージョン1の頃から愛用していますが、いまや最新バージョンは5となっています。

 

編集画面はこんな感じ。

 

紙の書類は、訴訟事件ファイルの表紙です。

紙の書類をさっとスキャンして読み込み、あとは普通の入力ソフト同様に記入して印刷するだけ。

 

何度も使う書式や見映えを良くしたい場合など、入力の手間を大幅に効率化できます。

 

 

 

そうそう、授業の宿題や研修の課題レポートって、記入用紙が指定されていることがありますよね。

 

そういう面倒な指定がある場合も、【さよなら手書き】が解決。

 

勉強での手書きはもちろん大切ですが、それも時と場合に応じてです。

 

何でもかんでも手書きをしていたら、学ぶ時間が無くなってしまいますから(^_^;)

 

 

 

仕事の効率化だけでなく、勉強の効率化にも使える本ソフト。

 

ソースネクストのキャンペーン中に購入すれば、1,980円くらいでGetできますからオススメですよ(^^)/


テーマ:

昨年末、「事務所の理念とホームページを考える」で宣言しました、事務所ホームページのリニューアルが完了しました。

 

地元の西尾市のホームページ制作「デイオフィス」さんにお願いして作っていただきました。

 

シンプルで見やすいサイトをデザインしていただき、感謝しきりです。

 

じゃん!レスポンシブ(スマホ対応)化した、新生・愛三西尾法律事務所です(*^_^*)

「どんな袋小路に陥っても、人生はやり直せる」をメインコピーに、私のレゾンデートルたる「再生と防衛」を訴求しました。

 

依頼者のやり直しの支援をするために、また、依頼者を守り権利を実現するために、様々な資格でスキルを磨き続けているわけですから。

 

とはいえ、コンテンツ自体はほとんど以前のままなので、鋭意補充して行きたいところです(^^;)

 

 

 

データを見ると、今までの事務所サイトへのアクセスも8割がスマホ経由だったので、レスポンシブ化で少しはアクセスしやすくなったかなと思います。

 

私が手を差し伸べたいのは、袋小路に陥って、にっちもさっちも行かなくなった人達です。

 

事務所サイトのレスポンシブ化で、そんな袋小路へも声が届くことを祈念します(^^)/


テーマ:

先日受験した家電製品アドバイザー(第36回全国統一試験)、試験結果が発表されました!

 

私の結果は……。

 

無事、合格いたしました(*^_^*)

 

生活家電については9割以上取れたので、エグゼクティブ等級合格とのこと。

 

公式サイト(「一般財団法人 家電製品協会認定センター」)によると、エグゼクティブ等級は、「『プロ中のプロ』を証す特別称号」だそうです(^_^;)

 

ゴールドの認定証が貰えるそうなので、テンションが上がります。

 

これを機会に、家電芸人ならぬ、家電弁護士を目指そうかしら(^^)/


テーマ:

リテールマーケティング(販売士)検定1級について、インターネット上では合格だったものの、待てど暮らせど合格証書が届かない……。

 

商工会議所に問い合わせたところ、「自動的には送付しないので、取りに来るか、郵送代金送ってください。」とのこと(>_<)

 

岡崎商工会議所は裁判所のすぐそばですので、法廷前に受領して参りました。

 

じゃん!1級販売士の合格証書と認定証カードです。

 

ようやく私も1級販売士になれました(*^_^*)

 

もちろん、販売士資格を取ったからといって、「流通業の顧問先が増えました!」などという儲かる話はありません。

 

でも、難関試験の代名詞、商工会議所の1種資格、1級資格はこれで3つになりました。

 

「ビジネス実務法務検定1級」、「メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種」、そして、今回の「リテールマーケティング(販売士)検定1級」です。

 

「法律」、「心」、「お金」の資格のトリアーデができたことは、きっと、これからの私の生き方や考え方にもプラスになる予感がしています。

 

1級販売士弁護士の名に恥じぬよう、私の取り扱う品物の意味を、一生懸命考えて行きたいと思います(^^)/

Ameba人気のブログ