個人再生手続中に引っ越しても大丈夫ですか? | 債務整理の情報発信! エール立川司法書士事務所
2019-01-22 08:50:03

個人再生手続中に引っ越しても大丈夫ですか?

テーマ:個人再生のジツは・・・

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

昨日のサッカーアジアカップ、サウジアラビア戦を1対0で勝利した日本代表はベスト8に進出しましたね。

 

ボール保持率20%台という珍しい試合でしたが、公式戦ですからまずは結果が大事と考えれば勝ったという結果が出たことが何よりです。

 

次の試合は中2日というタイトな日程で、武藤選手が出場停止、青山選手が負傷でチームを離れるというなかなか厳しい材料が多いのですが、どんなメンバーで臨むのか森保監督の手腕に期待したいですね。

 

 

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「個人再生手続中に引っ越しても大丈夫ですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「裁判所に個人再生の申立をした後に引っ越す場合は、裁判所への報告が必要になります。」

 

です。

 

 

個人再生のお手続をすると、

借金の金額が、

5分の1(最低100万円)

持っている資産の額

のどちらか高い方まで減る、

という効果が得られます。

 

例えば、

借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている

という場合、

 

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円

を比べると、車の方が高いので、

 

この場合は、150万円を

原則3年で分割弁済する

という結論になりますね。

 

毎月の支払額は、

150万円÷36で

4万2000円くらいです。

 

こう考えると、

もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば

残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、

というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

 

 

この個人再生中に仕事の都合やご家族の都合で引っ越しをしなければならないという状況になることもあると思いますが、基本的には個人再生手続中であっても引っ越すことは出来るので、この点についてはご心配なくお手続頂ければと思います。

 

お引越しをされる時期によって、個人再生手続への影響は異なるのですが、裁判所に個人再生の申立をした後、個人再生の手続が終わるまでの間に引っ越しをする場合は、裁判所へ住所変更の報告が必要になりますし、裁判所に個人再生の申立をする前に引っ越しをする場合は、管轄裁判所が新住所を管轄する地方裁判所になりますね。

 

ですから、ご依頼後にお引越しの必要が生じた場合は、取り急ぎご連絡頂ければと思います。

 

個人再生について、

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

↓役立つ情報だったと思われたらポチしてみて下さい。より多くの人にあなたと同じ役立つ情報を!

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

 

お気軽にご相談下さい。

 

 

電話受付 午前9時30分~午後10時 042-533-4711

 

 

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

 

 

パソコンでの閲覧で債務整理の詳しい内容ならこちら。 立川で債務整理・自己破産・民事再生の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

 

エール立川司法書士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります