ペット3

テーマ:
ハムちゃん亡き後

犬が飼いたい!と言い始めたチョージョ。
ペットコーナーに行っては、
このワン可愛い😍❤️💕光線で訴える。

もちろん、そんな光線
マトリックス並みにかわす私ニヤリビックリマーク音譜

ある日
チョージョがノートに何やら描いていた。
犬が飼いたいと犬の絵を描いた。
「サンタさん、わんちゃんをください」
と祈りを捧げる…キョロキョロ
根負けしそうなオヤジは
買うより助けてあげたほうが良いよね、と
里親HPを毎晩見せていた。
見ると、飼えなくなった純血種の小型犬達がずらりと並んでいるびっくりガーン
小型犬のブームの裏を垣間見てしまったえーんガーンドクロ

ある夏の終わりの夜
まだ暑いので
網戸ドアにして
夕飯を食べていたら
網戸ドアの外に居るものと目が合った!びっくり
ドアから敷地境まで10m以上あるのに
何か居るってあり得ない…
よく見ると👀

犬が…
犬が情け無い表情で
こちらを見ている
とにかく
情け無い、と言ってしまう表情だった。

そっとドアを開けると一瞬逃げた。
だが遠くには行かない。
1mくらいしか逃げない。
お腹空いてるの❓
でも、犬が食べれるものが直ぐに見つからず

ゆで卵が一つあったのであげてみた。

続く…



ペット2

テーマ:
ある日
いつものようにホームセンターに行った。

そして
いつものように
私と子どもたちでペットコーナーへ。
猫や犬、魚コーナー、小動物コーナーと
一通り見て回る。

部材類を買ったお父さん、
ペットコーナーで合流。
そして
子どもたちに何かせがまれ
小動物コーナーへ。

店員さんが慌しく動き始めた。

滝汗はてなマーク目

小動物コーナーから出てきた子どもの手には
ケーキ箱のような箱が…

箱の中には、小さな生き物一匹が入っていた。

ジャンガリアンハムスター🐹

グレーの小さい体にクリクリの黒いお目々ラブ
可愛い❤️💕

ハウスや必要な物も買い揃えて
その日から、ハムちゃんは家族になった。



ここまでは美談。
ここからは現実。

それから、お世話は私の役目。
毎日汚れる綿や おが屑の交換に追われ
ハムハウスやかじる棒やトイレや砂や…
ドンドン増える用品
ハウスも網状だとかじって歯に悪いっていうので
買い換えること2回。
透明アクリル天板の広いハムハウスで優遇された。
すっかりハムちゃん下僕と化す笑い泣き

ある秋の日
いつものように
ハウスの清掃でおが屑の全取っ替えとハウスの洗浄をし、日光消毒。
小物も洗って干して
設置し直した。
ハム小屋に綿を戻そうと思って見たら
結構うん○まみれ。
買い置きの綿も無く
まだまだ暖かいし、綿は明日買いに行こうと
決めた。

その夜
その年の秋の最低気温更新ガーン
朝起きて、寒さに震えながら、ハムハウスをみると
ハム小屋の入り口でハムちゃんが伸びて寝ている。
はてなマークはてなマークはてなマークはてなマーク
ハムちゃんはいつも寝るときは丸くなるのに…
よくよく見ると👀

悲しい結末😭

運悪すぎ…ガーン笑い泣き

ペット

テーマ:
猫が居なくなって

生き物は飼わないと思っていたけど

子どもたちは、
周りのお友達の家やホームセンターに行くと
ペットに釘付けラブニコニコ恋の矢

お祭りで金魚すくいをして
一匹お持ち帰りびっくり
一匹じゃ可哀想だからお友達を買ってよ!
と言われて、結局もう一匹…と増えたけど
水の管理が大変!ガーン
何故って
水槽置くスペースが
狭いトレーラーには無いプンプン
大体、こんな狭い空間に大人2人子ども2人ひしめき合っていて苦しいえーんプンプンムキー
水槽は外へ…
外にガラスの水槽は
すぐに緑の世界に変わる。
外ならと、水鉢にしたら
いつの間にか姿が消えた。
カラス?

その後数匹買ったりお祭りですくってお持ち帰りしたけど、長く続かず、最終的に空になった。

ー続く…


まだまだ続く

テーマ:
昨日雨☂️の中
卒業式でした。

成長した姿に感動したけど
着ていった「なんちゃって制服」の
スカート丈が短い事に
体育館で卒業生が入場して来た
その瞬間に
初めて滝汗
気がついてガーンポーンゲッソリゲロー滝汗笑い泣き
目頭が熱くなる度に
目線がスカート丈に移動させると
涙より腹立たしくなる、という事を繰り返し

全く泣けない卒業式でした!

その後
子どもたちだけで企画した卒業パーティに!

最近のお子さんたちってスゴイですね〜。
うちの子は、そういう積極的な子についていくタイプで、自分では企画運営なんて全く出来ないテイタラクな奴でして…笑い泣き

話がズレました…

夢の国話第三弾!

その卒業パーティで
「行くなら、あなた達とだけ」
と言っていた子が
「お母さんが2回行っても良いって行ってるから行こう」
って誘って来たとの事。
ダブルブッキングした子とは違う子だけど
その子とは、大の仲良しで
ダブルブッキングした子のいう
「男子と行くから!」という事に
逆らえないのだと。
でも、一緒に行く男子は苦手なタイプで
どっちかというとチョージョ達と行きたいと言って来た。

という事で

急遽、本日話合い。

そうして


結果


行くと決まったんだってびっくりびっくりポーン滝汗笑い泣き


天気予報で予測して
晴れの日に決定だそうな。
ただし、その子が夜から塾らしく
強制的に
早帰りらしい…てへぺろ
私も夜に次女の病院予約が入っていて
夜間の迎えが出来ないので
早帰りなら、揃って自力で帰って来てもらおう。

という事で
丸く収まった?のか…

なんだか、短期間で色々考えさせられ
落ち着かない日々だったわ。

もう変更無しで
お願いしますショボーン

夢、また夢…

テーマ:
夢の国のお話の続き…チュー

時間が合わず、諦めたと言ったり
やっぱり行きたい!と言ったり…ゲッソリ
もういい加減にしてほしい。

しかも、今度は前回のお友達とは違う子達に
声を掛けたらしくびっくり

LINEで
「行くならあなた達とだけだよー」
っていう返事が来るし
いつの間にか、日時の調整入って
行く気満々ポーン
そんな時、LINEで1人対応がおかしい子がいた。
一人だけ「その日は難しい」だの言っては
いい返事が来ない。
親もいい加減イライラして来て
その子の親に連絡を直接入れてあげてしまった!口笛

その子の親からの返事は
「夢の国に行くという話は聞いてるけど、日時は聞いていないから、本人に聞いてみる」という事だった。
しばらくすると
「他のお友達と行く予定になってるから、一週間に2回入って予算的に難しい」
という返事が来たガーンあせる

まさかのダブルブッキング⁉️

聞いてないよ!と即答し
腹癒せとして
「そんな話聞いてないし、塾で忙しいって言ってた!」と
嘘言ってる事を伝えておいた。
さすがにドン引きして謝って来たけど
最終的には、
明日子どもだけで話合いだね、だって。
なんかイラつくムキーッメラメラ

結局、男子数人と約束したから、チョージョ達とは行かないって言ってたらしい。
しかも、嘘ついていて謝りの一言もないとの事。
チョージョに
「もうお友達ではいられないよね?そんな子とは…」と言ってしまった。

そうして
夢の国は、夢として終わると決定した。

決定したはず…



まだ続く



夢の国

テーマ:
最近の小学生

卒業と共に、小学生だけで夢の国に行くのが
フツーらしく

御多分にも洩れず
チョージョも行くと言い出した。

ショーワな私には
小学生だけでって言うだけで
「えっ!」
って思ってしまうけど
周囲の親達の当たり前感に押されてしまって
OK🙆‍♀️してしまった。

子どもたちで話が進んでいるようなので
一応時間とか聞いてみたら
朝早いのは良いとして
帰り予定時刻で
「ええっ!それはダメ🙅‍♀️!」
って言ってしまった。
夢の国まで電車で乗り換え入れて1時間。
花火🎇🎇を見てから帰ると言う。
帰宅は10時過ぎる…
しかも電車で帰宅すると…

小学生だけで!

他の親達が平気でいるのに
愕然とした。

そこで
「あなただけ6時に現地を出てお迎えで帰宅」
という条件を付けてみた。

一緒に行くというお友達が
「朝からアゲアゲ⤴︎⤴︎で一日中居たいから
途中で帰るっていう子とは行けない!」
と言われたそうな…ガーン

それでは、と
こちらも譲歩して
「6時以降子どもだけというのは良くないから
私が6時に入って
8時に車で帰るのは?」
と提案してみた。

その時既に遅し、
相手が
あーだこーだとやり取り続きで
キレかかっていた。

結局行くお友達を変えるか辞めるかになった。

夢の国って6時以降子どもたちだけで居てもOKっておかしくないですか?
調べたら
本国では、規制が掛かったそうですね。
しかも最近。遅くね?キョロキョロ

そして
親達の感覚びっくり
おかしくね?
子どもだけで、夜間の電車って…びっくりびっくり
塾で夜間に一人で電車に乗るのもアリな世の中に
なってるらしく、感覚が麻痺してるのか
聞くと
子どもの自主性に任せてるっていうショボーン
確かに
しっかりとしたお子さんばかりで、
パーティの企画運営したり
とにかく我が家の子どもとは
雲泥の差を感じる笑い泣き

どちらが正解なんてないけど
無理に危険を冒す必要はないビックリマーク
我が家は我が家。

まだまだ未成年。
何かあってからでは遅いからニコニコ
考えは曲げられないニコ

月日は流れ…

テーマ:
放置し続けて早何年⁉️

気がついたら

今週末に

長女は小学校を卒業します。

あっという間だったような、

色々悩み苦しんだり

思いっきり笑ったり

様々な事にチャレンジしたり



背丈もあと10cmくらいで
横並びです。


4月からは
着慣れぬ制服を着て
中学生。


秋になっちゃったよ

テーマ:
暑い夏から、急に朝晩寒い日が続きましたね。

気がつけば、春にはキラキラ水面が光っていた水田が

美しい緑色になり、

いつの間にか金色になってるじゃありませんか。

そして、あっという間に刈り取られて

新米の時期に。

果物も、

梨に柿、りんご、ブドウ…早生みかん…!

あらら。

あっという間に、本当にあっという間に一日が過ぎて行きます。


キッズもそれぞれ成長してきた証拠に

洋服のサイズUP、お財布アップアップギブアップしそうです。

秋は、それぞれの運動会、保育園の遠足、芋掘りなど、

行事も満載。

大変だ…