ワンニャンホンポの生体入荷情報!!

ワンニャンホンポの生体入荷情報!!

大阪門真市と大阪旭区千林のペットショップ、ワンニャンホンポです

入荷したてのわんちゃん、ねこちゃんをいち早くご紹介していきます

お問い合わせ、ご質問はいつでも大歓迎
大和田店TEL072-887-1212まで
千林店TEL06-6953-1122まで

こんにちは☺️

先日、初詣がてら宝塚の清荒神にお参りに行って来ましたニコニコニコ




参拝後、時間的にゆとりがあるので宝塚辺りで何かしら観光や食事するとこを探していました

と、その時、仲の良い知り合いのブリーダーが宝塚歌劇オタクだったのを思い出しましたアセアセアセアセアセアセ

いい年したおっさんにも関わらず熱烈な宝塚ファンで、事あるごとに宝塚を熱く語ってきます 笑

わたくし自身は宝塚にはさほどと言うか全く興味がなかったので毎回、聞き流す程度でしたニコニコニコ

せっかく宝塚に行くし、清荒神参拝後、宝塚でも見れないかな?と、本当に軽い気持ちで例の宝塚オタクに連絡しましたほっこりほっこりほっこり


すると、食い付く食い付く 笑

とにかく、見て欲しい❗見ればわかる❗というものですから重い腰をあげ、宝塚でも見てみるかっ!!!!と、なったわけですニコニコニコ

チケットを取る方法を聞き、まずは検索しましたが、チケットなど全て売り切れで取れるわけもありません…

これは後で知ることになるのですが、宝塚のチケットは発売と同時に一瞬で全ての日程…全ての席が瞬く間に完売いたします滝汗滝汗滝汗

公式サイトでチケット取れんかったわ…と、宝塚オタクブリーダーに連絡を取ると、当たり前や…と失笑され、このサイトで探してみ…と、転売サイトを教えてもらいましたニコニコニコ

何とかここで探して是非見に行ってくれ…と熱い気持ちが伝わってきたので、頑張って明日のチケットを探しました

探した公演は雪組のfffという演目です

そして、奇跡的にチケットを譲ってくれる相手が見つかり当日公演前に宝塚歌劇の入り口で待ち合わせの段取りがつきました

いざ宝塚歌劇の駐車場に行くと、ベンツベンツ、BMW
、ベンツベンツ、レクサス、ベンツ、見たこともない外車…笑

なんだここはっガーンガーンガーン高級車の展示場に来たのかっ!!という印象でしたニヤニヤニヤニヤニヤニヤ

そこにわたくしの13万キロオーバーのホンダフリードが場違い的に入りましたニコニコニコ

ちょっとした異空間に来てしまった感がありました

ともあれ人生初の宝塚観劇です

周りを見渡すと、セレブセレブ、マダムマダム、アイドル…たまぁ~におっさん 笑

そこに大阪のヒョウ柄のおばちゃんは居てませんでしたデレデレデレデレデレデレ

宝塚ファンからすればここは夢の国、ディズニーランドに並ぶ聖地です

皆さんこの贅沢な空間と空気を楽しんでいるようでしたニコニコニコ







人生初の宝塚観劇ですニコニコニコ

いやぁ~、おっさんはイチコロでしたよ酔っ払い酔っ払い酔っ払い

ヤバいな、これは、スタッフを招待しないと…

おっさんがこういうものを見るより、スタッフの女子達に見せてあげるほうがいいよこれは、となりました

その時は雪組公演のほぼ終わりの日程だったため、雪組公演の次の星組公演のロミオとジュリエットに照準を定めスタッフを招待しようとなりました

その前に、まずはわたくし自身が見てロミオとジュリエットを招待出来る公演なのか?面白い演目なのか?見ないと…ニコニコニコ

ヤバいな、ちょっと宝塚ファンになりかけてね?と思いつつ…チケット探しました

宝塚オタクブリーダーはわたくしを自分を趣味友に引き込め満足してました 笑

そして、星組公演のロミオとジュリエット






いやぁ~またまた来てしまいましたニコニコニコ




またまた、イチコロでしたよデレデレデレデレデレデレ

星組トップの男役、礼 真琴さん
星組トップの娘役、舞空 瞳さん

お二人とも宝塚音楽学校を主席卒業したエリートコンビです

とにかく歌が非常に上手くて引き込まれてしまいましたよニコニコニコ





宝塚主席コンビの男役と娘役は本当にエリート中エリートですニコニコニコ

時を同じくして、我らのお店にも2頭のエリートポメラニアンが産まれました






ピンプクの赤ちゃんですニコニコニコ

キリッとした顔立ちは星組トップの男役の礼真琴さんに似てるかな!?

そして…







しらたまの赤ちゃんですニコニコニコ

見るからにかわいい顔立ちは星組トップの娘役の舞空瞳さんに似てるかな!?

この2頭もまた、競争率が高いポメラニアンの中で残ったポメラニアンを交配を繰り返しやっととの思いでたどり着いた当店自慢の2頭です

こちらは福岡からお客様がわざわざ2回もご来店頂き購入して頂きました

YouTubeに動画も上げてくださり、遠方に居ながら成長が見れて毎回楽しみにしていますニコニコニコ




宝塚の座席チケットはSS席が一番高く12500円します
しかも、一般では販売すらしていません
こちら席は宝塚友の会に入会しないと入手出来なくなっています

続いてS席は8800円で、一番席数が多く一番一般的な席になります

そして、A席5500円、B席3500円、立ち見2500円となります

入手困難な順番は料金が一番高いSS席が圧倒的に入手困難な席になります

続いてS席、A席、B席、立ち見となります

要するに料金が高くなればなる程入手困難になるということです

この点は我々のポメラニアンにも似た現象が起こります

料金が30万円の30万円の価値のあるポメラニアンと、100万円の100万円の価値があるポメラニアンなら、圧倒的に後者が入手困難になるということです

100万円の価値がある100万円のポメラニアンが作れたならアッという間に予約が入ります

そもそも100万円の価値があるポメラニアンを作れないんですね…

上記の2頭はそれに近いお値段でしたがこういったポメラニアンは作りたくても簡単に作れないんです

何年も何年も真剣にブリーディングに取り組み、昼夜問わず努力をして年間で数頭レベルです

30万円の価値の子犬が100万円で販売していることもあるのでそこはクオリティをしっかりと見定めなければいけませんが100万円の価値がある100万円の子犬はその価値に対抗出来る子犬がそもそも居てない…もしくは数が圧倒的に少なくなります

30万円の価値のある30万円の価格がついた子犬ならどこにでも居てるので競争率が上がり販売が100万円の子犬に比べ遅くなります

不思議な現象ですが事実です

それと、高価になればなる程マーケットサイズが広がり遠方からのご来店が顕著に増えます

ニーズとは多種多様でこういった高級志向のニーズもまた存在していて居ないものだから、新幹線に乗り飛行機に乗り買いに行くわけです

我々もお母さん候補を探しに遠征を何度となく繰り返してきました

どことなく、宝塚のSS席争奪戦によく似てますねニコニコニコ

命に価格が付いてることに違和感もあるかと思います

どの子も生を持って産まれてきた以上、10万円であれ100万円であれその命の重さは一緒です

救う命、買う命、ニーズは沢山ありますがどの命も尊いものです

近年のコロナ禍により、ペット価格は歴史的に高騰していますが保護犬などの譲渡がその裏で足りなくなる程進んでるそうです

我々にも引退犬は居ないか?の愛護団体からの問い合わせがよくあります

ペットショップの犬があまりにも高いため救われる命が増えた格好です

ニーズは多種多様ということを日々よく体感いたします




皆さまこんにちは、お久しぶりですニコニコニコ

 
今日は我々の日々のお仕事でもあるブリーディングについて詳しく書いていこうと思いますほっこりほっこりほっこり
 
 
 
 
 
 
 
 
かわいいですね~笑い泣き笑い泣き笑い泣き
当店のピンプクの赤ちゃんです…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24時間ポメラニアンのブリーディングを考えて交配に交配を繰り返し、やっと目指したポメラニアンが出来ました
 
ここまで来るには苦労と苦悩の連続…でもこのクオリティを作れるようになりました
 
このポメラニアンこそ、我々の目指したホワイトポメラニアンですニコニコニコ
 
これからはこのクオリティのポメラニアンを安定して量産出来るようにさらに精進していきます
 
 
こういうかわいい子犬を生産するお仕事がブリーダーです
 
ペット産業の市場規模は1兆5千億円ほどあります
 
 
 
他業種と比較すれば、ホビーや航空機産業、新聞より少し小さく、タクシーやスポーツ用品、漁業やバスより市場規模は大きな感じです…
 
ひとくちにペット産業と言ってもそれはそれは多岐に渡ります
 
ペットショップはもちろんですが、ペットフードメーカー、ドッグカフェやドッグラン、ホテル、獣医、トリマー養成学校などなど、ペットに関連する全てですニコニコニコ
 
それらの産業を産み出してる原点はなんと言ってもブリーダーです
 
日本にブリーダーという職業が無ければ子犬は産まれてきませんので、ブリーダーが居ないと1兆5千億円のペット産業は全て無くなり消失してしまいます
 
同時にこの国から犬が消えます滝汗滝汗滝汗
 
子犬の輸入はコストや検疫で現実的にほぼ難しく現実的では無いために我々日本人は国内で飼育するペットを国内で生産するしかありません
 
ブリーダーという職業はペット産業が国内で成立している以上必ず存在をし続ける職種とも言えますニコニコニコ
 
 
 
 
 
 
南阿蘇の白川水源ですほっこりほっこりほっこり
 
皆さんは水源地に行ったことありますか!?
 
わたくしは水源地巡りが大好きで、どこか旅行行けば必ず近くの名水を検索します
 
南阿蘇には阿蘇山の恩恵で非常に水量豊かな水源がたくさん存在いたします
 
その中でも白川水源は非常に有名で、もちろん水を汲み放題です
 
水源から湧きたての水を飲むと地球のエネルギーを体内に吸収した気持ちになり、とても心身ともに清浄された気分になります
 
ブリーダーとは水源とよく似ていて、ペット産業の源流になります
 
ブリーダーが生産した子犬から様々な業態の産業が生まれ雇用を産み出し、そして多くのペット愛好家のもとへ届けられます
 
そしてその愛好家達に支えられペット産業が成り立っています
 
そのブリーダーですが、一般のペット愛好家の皆さんにはあまり馴染みがない存在かもしれません
 
一体ブリーダーとはどんな人達が居てどのようにお仕事をしているのでしょう!?
 
今日はここら辺を詳しく書いていきますニコニコニコ
 
このブログのフォロワーさんには、ペット産業に従事しておられる方もたくさんいてます
 
獣医さんやショップを経営している方もフォロワーで居てますし、よく知り合いのブリーダーさんからブログ見たよ…とかも言われたりもします
 
なので余り赤裸々に書くと反発もあるかもしれません…笑
 
まず、日本国内のブリーダーの大きな特徴ですが、非常に高齢化が進んでいて中心となってブリーディングしているのは団塊世代手前の50代後半から60代後半までの方々が非常に多い印象です
 
加えて、20代のブリーダーは皆無、30代も非常に少ない印象です
 
これは、林業や農業、漁業や酪農などと共通している問題ですがブリーダーもまた現役世代の高齢化、次世代を担う若い世代が居てない状態です
 
一線で活躍しているブリーダーの多くは30年以上ブリーディングしている方も多く見受けられます
 
これら高齢ブリーダーはいずれ現役を引退いたします
 
近年、犬の飼育頭数が猫の飼育頭数に追い抜かれた…等のニュースを聞いたことないですか!?
 
猫は犬に比べ、飼育コストが犬の半分だから猫の飼い主が増えた…また、猫は多頭飼いが多い…とか、いろんな事言われてますが、実は一番大きな要因があります
 
これは子犬の生産数が年々減り続けてるという事実です
 
その事により猫のほうが飼育頭数が逆転してしまったんですね…
 
この傾向はこれからも顕著に出てくると思いますし、合わせて子犬の価格は上がり続けていくでしょうえーんえーんえーん
 
ペット産業、ブリーダー以下の業態は比較的屋台骨がしっかりしていて、資金も豊富で成長もしてます
 
が、それを一手に支えるはずのブリーダーは非常に高齢で資金力もそれほど無く脆弱でもろく崩れやすい個人の集まりです
 
束にならない、組織もない、自我が強く、扱いにくい、何とも自由な集団で、そしてもろく、弱く、高齢の集団が1兆5千億円の頂点、原点に居てるのが未だに信じられないですポーンポーンポーン
 
これは、知られざるペット産業の大きな大きな弱点と言っても間違いないと思いますえーんえーんえーん
 
ここの問題点を解決しなければやがてペット産業は必ず衰退をし、市場規模が縮小していくでしょう
 
コロナ禍でペット価格は高騰していますが、供給が全く追いつかず、現在もその価格は高止まりしています
 
オークションの出現により、ペットショップは安易に子犬子猫を仕入れることが出来るようになりました
 
結果、良くも悪くも生体販売するペットショップが増え続けてその勢いは未だに衰えません
 
皆さんの近くでも、新しい複合型ショップが出来たら必ずその一角にペットショップが入っていると思います
 
お店は増え続けて、ブリーダーは減り続けるからこそ、価格が上がり続けます
 
 
 
 
 
 
 
ペット価格の移り変わりです 
これは一目瞭然ではっきりわかります
 
上は2006年に仕入れたポメラニアンの伝票です
下は2020年に当店がオークションに出したポメラニアンの価格です
 
いずれも卸売り価格です
 
15年の時を経てポメラニアンの卸売り価格がこれ程上がりました
 
個体差等々、一概には言えませんが2005年当時はポメラニアンの卸売り価格は2万円~5万円、2020年になると、我々のポメラニアンでも25万円~35万円ほどになります
 
長い時間の中で比べると非常に解りやすく子犬価格が上昇しているのがわかると思います…
 
今、生体価格がこれだけ上昇しましたが、裏を返せば15年前はこんな価格で流通していたのです
 
その当時のブリーダーは長い間ブリーディングをしてきてやっと陽の目を見たことになります
 
犬を苦労して出産させ、兄弟犬全部売っても10万円にもならない時代が長く長く続いたんですね…
 
まあ、辞めますよ、合いませんからアセアセアセアセアセアセ
 
それでも、好きな人達が残ったのと、合わないなら量産して合わそう…という人達が残りました
 
この、量産型ブリーダーこそ、いわゆるパピーミルと呼ばれるブリーダーの施設です
 
この一部の大迷惑なブリーダーのお陰で、ブリーダーの風当たりが厳しくなり、いつしかブリーダーイコール悪…という社会的雰囲気が生まれてきました
 
こうした背景では、とても次世代を担う若手が手を挙げブリーダーになろうとはしません
 
こうした悪徳ブリーダーの悪徳商法を規制するために出てきたのがブリーダーの数値制限です
 
この数値制限は今年6月から施行される動物愛護法にて改正されます
 
当初ブリーダー1人に繁殖犬15頭という改正案でしたが、時限措置により1人あたり25頭になりました
 
一年後に5頭減り20頭、二年後に10頭減り15頭となりました
 
わたくし個人の意見としては15頭で良かったんじゃないか?と、思ってます
 
やはり、強い規制の中でしっかりと法律を守ったブリーダーのみがこのお仕事に従事をし、世間にも認知され、堂々とブリーディングしたほうがこの業界の為にも良いのではないか?と思うからです
 
でも3年すれば一人15頭の時代がやって来ます
 
既存のブリーダーはそれに向けしっかりと準備をしなければなりません真顔真顔真顔
 
当初、15頭の数値制限に決まれば、ブリーダーの半分は廃業をし、子犬価格が1頭100万円の時代が来る…と言われてました滝汗滝汗滝汗
 
これにはわたくしは懐疑的に思ってました
 
一人15頭になれば、業界はブリーダーが居なくなるぞ❗廃業するぞ❗子犬価格が暴騰するぞ❗と、声を上げてましたが、わたくしの知り合いのブリーダー、またその知り合いのブリーダーの中で廃業を検討してる人なんて誰一人居てませんでした
 
それもそのはず、コロナ禍の価格高騰でブリーダーはやっと春が来た❗バブルが来た❗と大盛り上がりです…笑
 
そんな甘い蜜を吸った人達が辞めよう、辞めるわ…なんて絶対あり得ません
 
この価格高騰がいつまで続くかは誰にもわかりませんが、この高騰の恩恵を受けれる人達は今現在、稼働中のブリーダーのみになります
 
この人達は、苦労して暗黒時代を生き抜いてきたブリーダーが多く居てますから、それを間近で見て居てなんとも微笑ましくそして喜ばしい光景に映ります
 
何々がなんぼで売れた❗とか言って喜んでる姿を見るとこっちまで喜んでしまいます
 
それも自分たちもこの恩恵を受けれる最前線にいるからかもしれません
 
ブリーダーは良い生体を作って、いい評価を受けると素直に嬉しいものです
 
今現在ブリーダーの人達は本当に儲かっていることは間違いないと思います
 
それでも、ブリーダーが不足していて供給が追い付いていません
 
これだけ儲かるなら新規参入でブリーダーが増えてきてもいいと思いますがなかなか若手選手が出てきませんぐすんぐすんぐすん
 
鼻息が荒いのは既存ブリーダーのみで、新規ブリーダーが出てこない理由とはなんなんでしょう⁉️
 
この現状を体感してる自身からすればブリーダーは大変な仕事ですが、それに対して返りがマーケットでしっかりと確立してますからオススメ出来ます
 
でも、新規参入しようとすると、まず犬を揃えるコストがもう半端ないぐらい高騰してます
 
メス犬1頭30万円ほどで集められたとしても30頭で1000万円近く要ります
 
そこから育て上げ生産出来るまでに一年…
 
しっかりとした赤ちゃんを産む保証もありませんし、非常に高いスキルが要求されます
 
新規参入しようとすると結構高いハードルかもしれませんアセアセアセアセアセアセ
 
通常、こうした次世代を担う若手というのは誰かブリーダーの元で従事をしていて、スキルを身につけ、独立…というのが本来王道だと思います…
 
実はこの王道のスタイルが今は激減、ほぼ崩壊していますアセアセアセアセアセアセ
 
以前は割りとブリーダーも人材を受け入れブリーディングを雇い入れたスタッフと共に協業していました
 
いつの頃か、コンビニのバイトスタッフが店舗のアイスクリームの冷凍庫に入ってる写真など、寿司店のバイトスタッフがゴミ箱に捨てた魚を取り出し捌いて客に出したり、そんな動画がSNSで投稿され、炎上をし、社会現象になりましたよね?
 
バイトテロとまで言われたものです
 
この頃辺りからブリーダーはこんなバイトスタッフがもし自分たちのとこに居たら?もし、自分たちのブリーディング環境をバイトスタッフが勝手にSNSで投稿されたら?これは本当に恐いことだ…と、いう風潮になり、より殻に閉じこもり始めました
 
そもそも、誰に見られても問題ないブリーディング環境ならそういう心配もないでしょうが、大抵そうはいきません
 
だいたいのブリーダーが見せたくない場面などを持ち合わせてると思います
 
そういう場面を湾曲をし、悪意を持ってSNSに投稿されたら溜まったもんじゃない…それなら下手に人を入れず身内でやろう…となるのですガーンガーンガーン
 
これではダメですえーんえーんえーん
 
隠れてこそこそブリーディングをすること自体がブリーダーへの偏見に繋がるので、結果として自分たちで自分の首を締めていることになります
 
当店は危機感を持ってこの流れを見ていますから、親犬や飼育環境などには恐らく他のブリーダーより意識レベルが高いと思っています
 
いつでもお客様に親犬をお見せ出来るよう、日々トリマーが親犬のお手入れをしています
 
繁殖だけで使う犬とは考えておらず、ペットとして飼育をしストレスを出来るだけ掛けないブリーディングを目指しています
 
1人15頭の数値制限…根拠はわかりませんが、日常的に親犬たちの面倒を見ていると、いろいろ仕事が増えていきます
 
仕事中、あっ、この子のお尻汚れてる…とか気が付けばもつれてた…とか、ケンカをして出血した…とかもあるでしょう
かと思えば食べたものを戻してみたり、それを他の犬が食べにきたり…いらんもんを食べてたり、身体中がおしっこで濡れていたり…と、ありとあらゆる対処しないといけない仕事が同時多発的に出てきます
 
たくさんのスタッフが居れば対処出来ることも自分だけなら対応出来ずに、後でやろう…となるわけです
 
その後でやることが増えていき、やがて何も出来ずにどんどん崩壊していきます
 
ブリーダーは日常にこうした種があちこち落ちていてそれを怠るとたちまち手がつけれなくなり、いわゆるパピーミルみたいな飼育環境にすぐになります
 
こうしたことを物理的になくすには、スタッフを増やすか飼育頭数を減らすしかないんですねショックショックショック
 
1人15頭…誰が考えたか知りませんが割りと的を得た数値だと思います
 
それぐらい親犬たちの管理は大変だと自分たちがやっていていつも感じますニコニコニコ
 
自己利益の為に増やして増やして、そして崩壊…可哀想な親犬たちの写真を見ると我々でさえ心が痛みます
 
そうしたブリーダーは本当に一刻も早く退場をしてもらって健全なブリーダーが本来の仕事が出来、社会からちゃんと認知をされリスペクトされ堂々とこの仕事に従事出来る日が来ることを願っています🎵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブリーダーは24時間休みなしです…
 
お産はいつ何時やってくるかわかりません
 
お産にしっかり立ち会い、頑張ってる親犬たちのサポートをしてあげないといけません
 
想定外のことがこれでもか、これでもか…と襲ってきます
 
対処するには、その想定外を対処したキャリアを持つのが一番です
 
それがやがてブリーディングへのスキルとなり、失敗が少なくなっていきます
 
どんな赤ちゃんだって、どんな時でも助けてあげたいですがブリーダーをしていてこれを100%出来るブリーダーは絶対に存在しません
 
必ず悲しい現実にぶち当たりこれらを乗り越えていかないといけません
 
出産時に子犬を死なせてしまうと想像以上に辛く、脱力感が襲ってきます
 
ブリーダーにとり赤ちゃんを死なすことは収入が絶たれることですからその意味に於いても苦労をして自分は何をやってるんだろう…という思考になります
 
 
育たなかった時どんなことが出来たのだろう…常に考えさせられます
 
 
 
 
冷凍の初乳です
 
母乳の冷凍は常にストックをし、いつでも使えるようにしています
 
赤ちゃんは弱ったら助からないので、弱る前に弱りそうな赤ちゃんを見つけ出し対処しないと助けれません
 
これも24時間監視してお母さんが産んでくれた小さな命をお母さんと共に育てていきます
 
子犬価格の対価は非常に難しいですが、ブリーダーはその小さな命の為に必死になり自己を犠牲にしてお仕事をしている方が大多数です
 
もし、ブリーダーに興味があるならわたくしは持っている知識のその全てをお教えいたします
 
ブリーダーにしか見れない素晴らしい光景がそこにはありますニコニコニコ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

皆さまこんにちは、ご訪問ありがとうございますニコニコニコ

 
ルディーとポンキのYouTube動画、どハマリ中ですほっこりほっこりほっこり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポンキかわいい~ですね~酔っ払い酔っ払い酔っ払い




 
 こちらはルディー、ポンキと全然顔が違いますニコニコニコ

ルディーもかわいい~ですね🎵

もうYouTube見るのが日課になりつつありますニコニコニコ
 

 




動画はいろいろアップされてて、チャンネル登録数は驚異の70万人

韓国のYouTuberの愛犬ですが視聴回数も半端なく、月の広告収入は200万円ぐらいあるんじゃないですか!?!?

でも、ずっと見てられるし、時間も忘れるぐらいのかわいい2頭です

と、言っても特筆すべきはやはりポンキの可愛さですよね~

体重は1.5キロ、お目目は出目金並みの大きさで、ルディーと比べてもわかるようにマズルが短くショートボディで寸胴スタイルで短足の毛量たっぷりから整えたテディベアカットほっこりほっこりほっこり

まさに白ポメファンのあこがれのスタイルじゃないでしょうか!?

ポメラニアンファンに限らず犬好きには堪らん容姿スタイルですよね⁉️

ポンキはまさしくチャオリヤのスタイルが色濃く出てますから当店のポメラニアンの究極系と言っても過言じゃないです

韓国もそして中国も富裕層を中心に台湾チャオリヤ犬舎のポメラニアンは大人気です



 泳いでる姿もかわいい~ですねえーんえーんえーん

なにより、YouTube動画では飼い主のママさんは決して顔見せしませんが、ひたすらポンキとルディーに話し掛けコミニュケーションを取っているんですニコニコニコ

そこが、一番の見どころで、ママさんの愛情が痛いぐらい伝わってきますほっこりほっこりほっこり

愛し愛され、幸せなペットライフがそのまま見れますよ

ポンキの容姿は当店ではちょっとベティちゃんに似てます





ポンキの可愛さには到底及びませんが、当店の姫ですニコニコニコ

たまたま短くカットしてたので写真を撮りました

このベティちゃんはただ今、産後でやっとこさ子育てから解放され今はのびのびと暮らしてますニコニコニコ

そして、そのベティちゃんの赤ちゃんは…と言うと…お姫様2頭出産しましたニコニコニコ







これも本日撮影ですニコニコニコ

ベティちゃんに似てます滝汗滝汗滝汗

実はもう2ヶ月半が過ぎそろそろ毛が抜け始める頃合いです

もちろん残留させて大事に大事に育ててます

将来の当店のポメラニアンの代表的なスタイルを作ってくれる存在と思ってます

チャオリヤ血統のポメラニアンのブリーディングを志したとき、日本では数少ないチャオリヤの血液を使ったブリーダーさんに、突然押し掛けいろいろ話を聞かせて貰いました

あの頃はポメラニアンのブリーディングをしたくてしたくて愛知県、和歌山県よく走ったものです 笑

ずいぶん時間が経ちましたが、その時の教えで、お母さんになる女の子はその生涯で出産する女の子は10頭も居ない…

生涯を掛けても10頭の女の子を産まないから、この子だ…と思うお母さんの出産したかわいい女の子は残留させて置いたほうがいい…と教えて貰いました

ベティちゃんの赤ちゃんは女の子は門外不出、販売をせず全て残留させています

ポンキのようなかわいいポメラニアン、いわゆるたぬき顔の小さなホワイトポメラニアン…

皆さんあこがれ、もちろん目指すところの当店の理想…

こういったポメラニアンはブリーディングしてる立場から言わせるとかなり難易度が高いです笑い泣き笑い泣き笑い泣き

このポメラニアンを作れるブリーダーは日本全国くまなく探してもほんの一握りしか居てないと思います

普通にペットショップ巡りをしていてもまず出会えません

そして、その一握りの中に我々が入り、理想としているポメラニアンがそこにあります

ポンキのようなポメラニアンを作れる全国的にも数少ないブリーダーだと自負しています

長い間、ポメラニアン一本、しかもチャオリヤの特徴を追及してブリーディングしてきましたが、最初に教えて貰いましたブリーディング法から独自に取り組んで来たことが一つあります

これも相当難易度が高いんですが、サイズを小さくしてきました

正攻法は産まれた女の子の一番大きな女の子を残留させるんですが、当店では約6年を掛けて親犬のサイズを500グラムサイズダウンさせました

チワワサイズのポメラニアンが一番需要があり、皆さんのあこがれです

ポンキのようなサイズ感ですね~

実はブリーディングしていくうちに親犬のサイズがいわゆる小さくなると難産、大きくなると安産…と言う一般的に言われてることが、実はそうでもない…と分かってきました

3キロ強のそこそこ大きなお母さんでさえ、普通に難産になることはたくさんありますし、2キロのお母さんがポンポン出産する事もたくさんあります

6年でたった0.5キロですが、大きな0.5キロです

ただ、ポンキはお母さんにはなれません…ポンキは避妊してますが…

1.5キロでは厳しいです

ここら辺はキャリアやスキルが物を言うので難しいブリーディングになります

ポンキのようなショートボディなら通常は2頭しか出産しません

ポメラニアンが高いのは出産頭数が少ない…と言うのも納得出来ます

そして、ルディーは当店なら…たくさん似た顔立ちが居ますが、今回はしらたまの写真を撮って見ましたニコニコニコ






しらたまちゃんルディーに似てるかな⁉️笑

ところでポメラニアンのテディベアカットですが、あれはポンキだから可愛くなるんですよ

普通のポメラニアンがポンキカットしてもそうそうポンキの容姿には似ても似つかない仕上がりになりますよ

そう、ルディーでさえポンキのようにはなりませんショックショックショック

そして、ポメラニアンをテディベアカットするなら、ハサミカットしてあげてくださいねニコニコニコ



こちらの動画を見て頂いたらポンキの幼少期が見れますが、面白いことにポンキの幼少期はいわゆる涙焼けが酷く目も当てられないほど顔面が真っ赤っかですニヤニヤニヤニヤニヤニヤ

それが涙焼けがキレイに無くなり今では全くと言っていい程焼けていません

これにはポメラニアンをブリーディングしている立場として非常に興味を持ちました

別の動画でママさんがQ&Aにてこのポンキの涙焼けに触れており、対策は特にしなくて目元を小まめに拭いているだけ…と答えています

と、言うことならポンキの涙焼けが改善した理由として考えれるのは食生活が影響を及ぼした…と考えるのが妥当かな?と思います

動画では、ポンキ達への食生活がよく出てきますが、我々ペットショップの店員としても決して推奨出来る食生活とは思えません

と、言うのもママさんは市販のドッグフードは使わず、気の向くままに手料理を作りポンキ達へ与えています

実は、これが非常にポンキ達へ健康にいい影響を与えてるのではないかな?と思いました

よくよく見てみると食べてはいけないものもしっかり理解しておられますし、肉食系雑食獣の犬の食生活に沿ったバランスの取れた食事を与えています

我々はドッグフードが一番、人間が食べてるものは与えてはダメ…と教育されてきましたから、これらの考えを今一度見直すきっかけになりましたニコニコニコ



飼い主のママさんのポンキ、ルディ達への語りに癒されますニコニコニコ