障害レッスンその1(1鞍目)芦毛!!

テーマ:
こんにちは!Mimiです(・∀・)ノ

タイトルを見てザワザワした方も
いらっしゃるかと思いますが、
まずは聞いてください笑


実はですね、
明日からの週末、
ミルたんはお稽古先生と
外の試合に出場する予定です。

今日はまだミルに乗るつもりでクラブにに行きましたら、
ミルたん、もぅ会場に向かってしまったそうで、お留守でした

そっかー。。。
まあ、それなら別の馬でいいんですが…
誰になるのかなー…


芦毛のえっちゃんだぁ!!!!(≧▽≦)

えっちゃんは私が3級とる間、
ずっと苦楽を共にした親友です‼

うれしい‼(*≧∀≦*)
えっちゃん大好き‼

えっちゃんに乗るの、今年初です‼
久しぶり~嬉しいな!!!!

ミルフィーユで鍛えたこの技術を
えっちゃんで再び試す機会が来たのね!!
頑張るわ‼

そう思って、
D先生の1鞍スタート。

エンジンかかるまで
止まったりゴネゴネするえっちゃん。
誰の時もそうなる、
お決まりのスタートです。
頑張って‼仕事だよ‼

最弱な長鞭を入れ、
ワタシのノロいテンポで
徐々にほぐしていきます。

常歩で右手前・左手前
軽速歩で右手前・左手前

鞭を強く使えない私を見て、
D先生が追い鞭を導入。

やだやだやだやだやだやだやだやだやだ

追い鞭嫌いな私。

やだから頑張ります
出します前に出します頑張ります

えっちゃんではなく、
私のがD先生にビビりつつ、
なんとか右手前だけ、
リンクしたソコソコな軽速歩になりました

左手前は
なんだかひょこひょこして
上手くリンクしなくて。

でも先に進んじゃいます

駈歩  右手前・左手前

久しぶりの乗り心地。

結構、馬の体を真っ直ぐにするのが難しい。

私、よくえっちゃんで3級やったな笑 と
自分で笑えるほど、
真直性をだすのが難しい笑

まあいっか。えっちゃんだし笑

よくはないんですが笑、
私とえっちゃんは
こんなもんなもんなんです。
でも、久しぶりにしては
いいよね!!(≧▽≦) 仲良し!!

あ~幸せ…と
えっちゃんといる事をひしひしと
感じる私。

正反動も、昔よりなんか
うまく乗れてる気がするよ‼

えっちゃぁぁぁあん!!
かわいー!!(≧▽≦)

それしか考えずに
駈歩20m輪乗りをしてましたら、
D先生が
20m輪の輪線上に
キャバレッティを1本置きました

お!! えっちゃんとキャバレッティ、
懐かしい‼3級経路っての感じ!!(≧▽≦)

『ふつーにそのまま、
輪乗り駈け足を続けてればいーですから』
とD先生はいう。

ふつーに輪乗り駈歩やってればいいのね、
はーい。

ふつーにキャバレッティに向かいました
『キャバレッティに向かう』という
表現に値しないほど、
ふつーに駈歩輪乗りで
たまたまよくみたら下に横木がありました、くらいの感じです。

一応は、
3級経路でやったのを思い出して
真ん中に入るようにしました。

スッタカスッタカスッタカター

なんか
またいだ瞬間だけ、
ちびっと体が上に持ち上げられました

でも、
何もない通常の駈歩輪乗りと
ほぼ変化がない感じです。

カツーンとキャバレッティを踏んだ音とかしてないから、
ふつーに通過しているようです。

右手前駈歩で何周かぐるぐるノンストップでやって、
左手前にかえてまたやりました

手綱も姿勢も
通常の駈歩輪乗りの状態をキープして
何周かぐるぐる。

これが駈歩でキャバレッティ越えるってことか!

やっぱ、
高さがあるものとかじゃないから、
別にごくふつーに駈歩してれば
いいだけなんだね!(^^)

『60cmとかになったら
歩数図ったりする必要がありますけど、
今はそれでいいです‼』ですって。
はーい。

へえ! となんか、障害の練習っぽくない!?(≧▽≦)
て感じて
ちょっと楽しいと常歩してたら
次の瞬間、
ビールケースを2つ両手に持ってきた
D先生。


なにしてんの、それ。笑

またイジワルやめてー
イタズラしないでよー

『大丈夫大丈夫(^_^)笑』
『大丈夫大丈夫、落ちないでくださいねー』と
ビールケースを置いて、
先ほどのキャバレッティーを置いて

クロスバーの出来上がり。

え、出来る?それ笑

『ふつーにさっきと同じ、ただ駈歩してればいいですから~』

うー はーい…

スッタカスッタカスッタカ キュ!

えっちゃん、驚いて
ビールキャバレッティの前でストップ!!

でもね、
えっちゃんと私はいつでも
【遅い駈歩】コンビなので、
止まられてもツン!!て
前につんのめりもしませんでした笑

『わーお、止まった!』とは
私もD先生も言いましたが、
直ぐに私が再走し直そうとしたら、
『あ、待って‼えっちゃんに一回見せてあげてください』

こう?
ビールキャバレッティの前でしばし停止。

えっちゃん、じー……(物体を見つめる)

えっちゃん、見た?
『じゃあ、もぅ1回行きましょう(^_^)』
はーい!

スッタカスッタカスッタカ

3・2・飛びますよ‼
ぴょん‼

先生の掛け声のまま、
えっちゃんビールケースキャバレッティ
飛びました!!

飛んだ~~~!!!

えっちゃん、すご~い!!(≧▽≦)

えっちゃんすごいえっちゃんすごい を
連呼する私ww
だって、おりこうだもーん!!
えっちゃんすごーい!!(≧▽≦)

そのまま駈歩を止めず
同じ繰り返しを何回もやります

ぴょん‼ えらいねー(≧▽≦)
ぴょん‼すごいねー(≧▽≦)

私が遅れても
ギリっギリでもちゃんとぴょんする
えっちゃん!!
えらいねー(≧▽≦)

先生の掛け声で
踏切を感覚で掴んでいきます

空中のタイミングがあってる時は
着地したあとも
違和感なく
普通の駈歩に繋がる感じですが、
なんとなくズレた時は
ちょっと着地後、尻がドムドム弾んじゃう笑

多分、尻がドムドムしないやつが
【良い感じに飛んでる時】なんだな。

手前変えて
左手前で同じように駈歩でいきます

あ!!!
真っ直ぐに入れない‼

『ですねー』
『ちゃんと誘導して~』

あれ‼? なんかギリギリになっちゃう!


『えっちゃんは左手前が苦手な子だから
内に倒れ込みやすいから
ここいらへんを通ってください』
と、D先生が隅角に立って
『私の外を通ってください』

はい…

そのラインを行ったら
ビールキャバレッティの真ん中にちゃんと到達して
無事にぴょんしました‼

わーお、誘導難しいわ笑

『先生、そこにずっと立ってて』
って言ったら
『自分で持ってくの笑』って
言われたww

目線的なアドバイスをもらって
なんとか左手前も何回かぴょん出来ました笑

『得意な方でもぅ1回やっときましょう』
って
右手前でまた
駈歩ぴょん→止まらずぴょん
(縄跳びみたいですね笑)
で、何周かして、

今日は終了~!!

すごーい!!
えっちゃん、飛べたよー‼(≧▽≦)


てか、
ビールキャバレッティーが登場するまで
障害のレッスンだと気づいていませんでした笑

スタート時点で

鐙がやたら短く設定されてて
昨日せっかく足をしっかり下に深く伸ばす
乗り方きれいに出来たのに、
先生何すんのさ、くらい思ってました笑

キャバレッティ置かれる前、
正反動してた時に、
『今日は障害鞍だから~』的な話がちらりと出た時も、
『明日試合あるから、いつものアンキー誰か持って行っちゃったのかな』と
思ってました笑

ホント、
何の前説明もないD先生レッスン笑

いや、D先生のレッスンて
ハタから見たら障害のレッスンぽくても
『今の馬場レッスンですよ』とかあるから
よくわかんないんですよ笑

ただ、言われたままを
やるのみ笑

レッスンの最後に
全てが解る仕組みです笑

私の場合、その方が良いので、
とても合ってるんですけどね(^_^)

結果、今日のD先生のレッスンは
障害のレッスンだったようなので、
私の中で
『これは【障害レッスン】としよう』となりました。

【障害レッスンその1】だー!!(≧▽≦)


D先生は
私が馬場1級取りたいと目指してることや、障害もちびっとやってみたいっていうことも全部分かってるので、
この感じで今後も先生にお任せして
たまに練習やる感じと思います

配馬や馬場の関係で
決まるんでしょうね。

うちのクラブは馬が少ないので、
障害の練習やりたくても馬がお品切ならできないし、
馬場の経路練習も
馬場が空いてないとできません。
なので、
私は練習何でも良いし、
先生が思うなら間違いがないので
まるまるスケジュールもお任せです。

今日のは『まずは飛ぶ瞬間の感覚を知る』ってレッスンだと思います

今日初めてレッスンだから
きっと大事な記憶になります。

えっちゃんで良かった!!
また宜しくね、えっちゃん!!(≧▽≦)
















AD