母のライヴ@原宿

テーマ:
前回のブログに補足です...爆笑

仕事に出かける前、
「まだこんなに家事が残ってるのに
仕事に出かけるなんて申し訳ない...」
という気持ちがあったのも事実。

でも、冷静に考えたら
そんな感情は全く必要がないんですよね😅

仕事を任せていただけることも、
観てくださる皆さんに
良い表現ができるかどうかも

その責任の重さは、
男性だろうが女性だろうが
変わりはありませんから。

共に仕事をするのに、
家事は「自分の仕事」と
決めつけてしまっている。

私もずいぶんと、
法で縛られているわけもない
価値観にとらわれていることに
気がつきました😓






このお花は、
10月9日に原宿で行われた
母のコンサートに贈った楽屋花です音符

母の最新アルバム
ADIOS(⬅️クリックすると
アルバム紹介ページ)」を
イメージしてオーダーしたのですが、
すごく素敵に仕上げてくださり感謝ラブラブ!




母はその昔、
東京の最前線で音楽をやっていて、
当時としては初めてと言われるくらい
「結婚してから」のデビューでした。

東京と札幌の
遠距離夫婦生活で、
これも当時としては
大変珍しかったらしいのですが、

札幌に帰るたび
髪はボサボサ、
ゲッソリ痩せていく父を見て

「妻である私が
ちゃんとケアしてあげられないからだ...」
「家族がバラバラなのは私のせいだ。」と
自分を責め、
千載一遇のチャンスだったにも関わらず
結局事務所を
辞めてしまうことになります。


でも今の時代ならわかりますよね。
お世話が必要なのは、
自分で何もできない赤ちゃんだけです!
(うちの息子にだって、
赤ちゃんじゃなくなれば
やってあげるのは
本当に自分で出来ないことだけよお願い


ちなみに...
のちに父に聞いたところでは、
東京で頑張ってる母に
負けないよう、心配かけないようにと
髪型を流行のパーマ姿にして、
水泳などで
身体を絞っていただけで、
やつれていたわけじゃないらしいです。笑

健気さが通じなかった父...爆笑





夫婦二人三脚で作り上げたライヴ!

私は足を運べなかったのですが、
東京住まいの弟から送られてきた
会場の様子です。

レストランスタイルで音楽が楽しめる
素敵なお店キラキラ




ときに涙しながら聞いてくださる
温かいお客さんに見守られ、

一流ミュージシャンのバック演奏で
最高の一夜を過ごせたそうです!


母にはこれからも
自分を信じて歌い続けてほしい流れ星







⭐twitterでもぜひやりとりしましょう🎵