aiko★のひとりごと

aiko★のひとりごと

く そ ぶ ろ ぐ







「カグラバチ」「アオのハコ」を最新話まで追いついた。




(感想を含みますがネタバレ無し)




カグラバチはコミック3巻分+約20話、アオのハコはコミック15巻分+約20話となかなかハードでしたが約3日をかけて完遂!物申す
















カグラバチは「令和のBLEACH」なんて言われるくらいぐんぐん評価を上げている刀と妖術がテーマの作品だけど、その名に恥じない面白さ。打ち切りが多い昨今のジャンプ作品だからこそ、恐ろしい展開の早さで序盤から出し惜しみ無しのクライマックス展開の連続。



1話読んで何となく読まなくなっちゃってたんだけど、これは普通に最初から凄く面白いです。個人的には悪役が魅力的なのがとても好き。アクションも今の呪術より凄いのでは?ってくらい絵も凄いです。あと結構グロい驚き





アオのハコは今のジャンプでは「ラブコメ」って位置付けする人も多いんだけど、実際は恋愛と部活を絡めた青春ラブストーリーって感じ。ジャンプのラブコメ物伝統の「ちょいエロ」とか「ラッキースケベ」的なものも1つもないです。なんなら男が読んでも女が読んでもエロさを感じるキャラは1人も出てこないです凝視(個人差あり)



「そんなの面白いの?」って思われそうだけど、これが面白いニコニコ主人公大喜の真っ直ぐさ、ヒロイン千夏先輩の不器用さ、2人の青臭さに悶えたり、時に涙したりする作品。特に個人的に気に入ったのは部活動描写の迫力。バドミントン、バスケどちらも単体のスポーツ漫画としてもいけるくらいかっこ良くて躍動感のあるシーンがたくさん出てきます。



恋愛の距離感の描き方、メインキャラ以外も含めた群像劇も巧みで登場人物全員に感情移入出来る。特に序盤の大喜と千夏を取り巻く周りの反応は読者とリンクさせる描き方をしていて上手いな~って感心しながら読んでました。雛、匡、菖蒲の3人が特にお気に入りニコニコここは最新話でまた面白いことになってて今後も楽しみ!




これで定期購読中のジャンプで読んでる作品は計11作品に!サカモトデイズも隔週くらいで漫喫行って読んでるので近いうちに追いつきたい!






改めて観ると声優さんみんなピッタリ過ぎる!昇天









PlayStation Plusのフリープレイで配信された

「Red Dead Redemption Ⅱ」をやってますにっこり





クリアまでやるとかは考えず、のんびりお馬に乗って放浪中オエーPS4世代のゲームとは思えないレベルのグラフィックでロケーションの美しさに見惚れながらやってる。













ゲーム的にも楽しいんだけど、やっぱりこのRockstarの作品特有のキャラクターの挙動は気になるネガティブRDR1もGTAⅣもVも毎回進化はしつつも挙動は全く変わらないんだよね。良く言えばリアル、悪く言えばもっさり。最近のゲームはジャンル問わずアクション性が高く、キビキビとキャラが動くものが多いので凄く違和感に感じてしまいます。





予定ではこの後「Stellar Blade」を本格的に始めて18日からPS5版の「超探偵事件簿 レインコード プラス」を購入予定!(Switch版はなかったことになりやした)












☆★☆★☆














ホロライブ公式ストアで初の買い物!ニコニコ








☆★☆★☆













1個だけなんとか買えた真顔人気過ぎて推しのうさぎは買えず。多分あるところにはありそうだけど、わざわざ探す気は起きずw








☆★☆★☆











始まるの早い凝視




未だに1期を観れていないのでいい加減観なければ。原作は最新刊まで読んでるんだけど、どうにもアニメは腰重なまま2期始まってしまった。月末から仕事が忙しくなるのでマジでそろそろ観たい。いや観る!














「鬼滅の刃 柱稽古編」が最終回を迎えました。






原作では本当に短い無限城編までの「幕間」の話でしかないんだけど、そこは天下のufotable。凄まじいクオリティで実質無限城編の1話にあたる部分までやってくれましたにっこり






忠実にアニメ化したら2.5話くらいでまとめられそうなところを8話までやるのは無理があると思ってたけど、ほぼ1話につき柱1人くらいで話を作っていたので観やすい構成。アニオリついては賛否両論だったけど、無限城編、その後の最終決戦にむけた"種まき"としてはアリだったんじゃないかと個人的には感じた。ここで撒いた種は確実に最後、原作以上に活きてくると思うので。






不満というか、そこは変えないでよって思ったのは無惨の登場シーンと最後の爆発シーン。アニメの演出自体はとても良かったのですが、原作のヌルッと産屋敷邸に現れる無惨と前置きなく突然爆発するあの演出がとても好きだったのでここは残念に感じました。






ただ、爆発シーンに関してはあの規模の爆発、どこに爆薬を仕掛けてたんだろう?ってのは原作読んだ時も凄い謎だったので、アニメで時間をかけて爆発するシーンが描かれたことで屋敷全体に仕掛けられてたのが分かったのは良かった。お館様(歴代当主)が屋敷の護衛に柱や隊士を配置しなかったのもいつ無惨が来ても良いようするためだったということで同時に回収したのもお見事!(屋敷のどこにいても被害が出るため)






最後の柱結集から呼吸のシーンは分かってたけど、想像を遥かに超える作画とCGの融合!よだれ声優さんたちも脳内再生を余裕で上書きしていく神演技!特に珠世さんの坂本真綾さんが最高でした。















そしてついに発表された「劇場版 鬼滅の刃 無限城編」なんと三部作!!!になるらしい。まぁ1作にまとめるなんて不可能なのは分かってたけど、原作読み返すと三部作でも「大丈夫そ?」って感じでワクワクが止まらないニコニコ







「制作決定!」とのことだったので公開はまだ先になりそう。少なくても今年はない?無限列車編を考えても興行収入を見越して、ありがちな「3ヶ月連続公開!」みたいなのも無い気がする。2025年春、夏、冬公開なんてところが無難な予想かな。1シーズンに1作。1年1作は無いと思いたいがコンテンツとしての寿命を考えるならそれもあるのかなぁ。







何にしても無限城編はつまらない所がない、鬼滅最後にして最長編なのでどれだけ時間がかかっても物凄いものにして頂きたい昇天マジで楽しみ!!